<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

No.1081 奥深いワインとフードのペアリング Ridge Vineyards@Sonoma

カリフォルニアを代表するワイナリーのひとつ Ridge Vineyards(リッジ・ヴィンヤード)。よく知られているのはクパティーノの山の上にある見晴らしのよいワイナリーだけど、実はソノマにもワイナリーを持つ。そこで開催された秋リリースイベント Fall Release Celebration at Lytton Springs にやなまん大将夫妻にお誘いいただく。ありがとうー!

Ridge Vineyards


ソノマの Healdsburg にあるこちらの Ridge に来るのは初めて。有名なジンファンデル Geyserville、Lytton Springs の畑はソノマにある。山の上のワイナリーとは違い、平地に広がるブドウ畑。

Ridge Vineyards


試飲したのは、この秋ニューリリースのワインたち。

Ridge Vineyards


そして、それぞれのワインにペアリングされた、ソーセージ中心のアペタイザー。ソースや添え野菜もワインとの相性が工夫されていて、これは興味深い☆

Ridge Vineyards

・2008 Monte Bello Chardonnay w/ Rock Shrimp & Scallop Sausage (シャルドネ)
・2007 Mazzoni Home Ranch  w/ Chicken Apple Sausage (ソノマのジンファンデル)
・2009 Pagani Ranch Zinfandel w/ Chicken Apple Sausage (ソノマのジンファンデル)
・2009 York Creek Zinfandel w/ Sicilian Pork Sausage (ナパのジンファンデル)
・2009 Lytton Springs w/ Sonoma Duck Sausage (ソノマのジンファンデル)
・1998 Lytton Springs w/ Sonoma Duck Sausage (1つ上のヴィンテージ違い)
・2008 Monte Bello w/ Sonoma Lamb Sausage (カベルネ)

ペアリングとして一番よかったのは、シャルドネとシーフードソーセージ。ソースにバニラビーンが使われていて、リッチなソースにシャルドネの樽香がふんわりよく合い、それぞれで食べるよりお互いぐっと美味しくなる。その他、同じジンファンデル Lytton Springs でも、若いヴィンテージはソースの甘さがワインを渋く感じさせたのに、古いヴィンテージになるとワインにまろやかさが出てフードと合うようになったり。



ワインとして一番お気に入りだったのは、1998 Lytton Springs。色は古いワイン特有のレンガ色。(写真は、左が 2009 Lytton Springs、右が 1998 Lytton Springs。)カラメルのようなまろやかさに、熟成の力を実感。その他、2009 York Creek も若々しさが好き。夫のお気に入りはスパイシーさとフルボディがジンファンデルらいし 2009 Pagani Ranch。

Ridge Vineyards


フラッグシップのカベルネブレンド 2008 Monte Bello($145)はまだ全然若くて、今飲むにはもったいない。(と、ワインメーカーご自身も仰っていた。)

Ridge Vineyards


Ridge はいろんな畑を持っているけれど、ジンファンデルで言えば歴史も長く生産量も多い Lytton Springs や York Creek、今回はなかったけれど Geyserville が安定して美味しい、と個人的には思う。

Ridge Vineyards



食べ物とのペアリングで、こうまで変わってしまうワイン。面白いけど、自分が家でサーブすることを考えるととても悩ましい。。よい経験でした。やなまん大将、ありがとね。

Ridge Vineyards

Ridge Vineyards
http://www.ridgewine.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-29 04:03 | ワイン&ワイナリー

No.1080 Cold Stone Creamery でアイスクリームが無料♪(2011/9/27夕方限定)

明日9/27(火)、アイスクリームショップ Cold Stone Creamery(コールドストーン・クリーマリー)にてアイスクリームが無料でもらえます。夕方5時から8時まで。

これは、難病と戦っている子供たちの夢をかなえ、生きる力や病気と戦う勇気を持ってもらうための活動団体 Make-A-Wish Foundation との毎年恒例共同企画。今年で10周年。ですので、基本的には無料ですが Make-A-Wish Foundation への寄付を店頭で募っています。(以前は実施していない店舗もあったのですが、今年は全店舗で実施されます。)
f0097972_930046.jpg

10th Annual World’s Largest Ice Cream Social
http://www.coldstonecreamery.com/promos/makeawish/index.html
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-27 09:30 | 日々のつれづれ

No.1079 あの韓国ベーカリー Paris Baguette がパロアルトにもオープン!@Palo Alto

朗報
「まるで日本のパン屋さん」のような韓国ベーカリー Paris Baguette(パリス・バゲット) が、サンタクララに続きパロアルト University Ave にもオープン!(サンタクララ店の様子はこちら。)

Paris Baguette


しかも何だかとっても近未来的。

Paris Baguette


奥へ進むと、お馴染みのトレーとトングでパンを選んでいく方式。(でも気になったのが、この高さ、この目線だと、子供たちが手でばんばん触っちゃうんですよね、、、それは止めて欲しい、涙)

Paris Baguette



実はまだプレオープン。実際のオープンは9月30日(金)!オープニング期間中、

1.(30ドル以上お買い上げで)マグカップ
2.(10ドル以上お買い上げで)ソフトチーズケーキ
3.(何かお買い上げで)コースター

の特典があるそうです。

Paris Baguette

パロアルト店にもあの美味しいカレーパン入るかなあ。


Paris Baguette パロアルト店
http://www.parisbaguetteusa.com/
383 University Ave
Palo Alto, CA 94301
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-26 14:18 | レストラン

No.1078 久々上質フローズンヨーグルト Blush Organic Frozen Yogurt@Burlingame

久し振りのバーリンゲーム散策中に見つけた新しいフローズンヨーグルト屋さん。また新しいお店ね、と思ってYelpを見ると、"Blush Organic Frozen Yogurt was chosen as the best organic yogurt shop in the Bay Area! (June 2011)"!?途端、ミーハーの血が騒ぐ。Blush Organic Frozen Yogurt。サンフランシスコやミルピタスにもあるフランチャイズチェーン。

Blush


有名なオーガニック乳製品メーカー Straus のヨーグルトやミルクを使用(サンフランシスコの Bi-Rite やサンカルロスの Harmony も Straus 仲間)。その他の素材もオーガニックや自然なものにこだわる。店内の壁には大きな字で、「Probiotics(体によいプロバイオティクス菌)」「Metabolism(代謝)」「Immune(免疫)」「Lower Cholesterol(コレステロールを下げ)」「Lower Blood Pressure(血圧も下げます)」と、ヨーグルトへの、オーガニックへの、そして健康への啓示が大きな字で説明されていて、思考回路から健康になりそう。

Blush
こっちを向いてぼーっと食べたい気もしますが、笑。


Small サイズに2種類のフレーバーを入れてもらう。(フロヨー屋さんは2種類にしても値段は一緒のところが多いです。)Mango と、Blush 特製フレーバーのイチジク&ドラゴンフルーツのコンビーネーション Blush。うわーあ、、これは美味しい。すっとした、凛とした、ヨーグルトそのものの味がする。フロヨーよりも断然ジェラート派、アイス派の私なのにこの感動。一口ひとくちしっかり堪能。個人的にはマンゴーと、別の日に食べたパイナップルがとってもお気に入り。

Blush



このお店を見つけたとき、実はフローズンヨーグルトより目を引いたのがこれ。サンフランシスコの老舗アイスクリーム Mitchell's のサイン!食べたかったのー!

Blush


Mitchell's の一番人気、Ube(ウベ:紫いも)。これも、、美味しい!甘味料の味じゃなくて、本当に紫いもの味。しかも粒々と芋そのものまで入ってる。日本で食べる上質な紫いもアイスに匹敵するんじゃない?アメリカのアイスだけに期待してなかったのに幸せ。(Blush 一押しの Mitchell's アイス Grasshopper(バッタ)にも挑戦。ミントアイスに砕いたオレオクッキーとカラメルソース入り。・・・確かに美味しい!チョコミント嫌いの私が、初めて美味しいと思えたミントアイスとの出会い。)

Blush


話をフロヨーに戻して、と。
一時期はセルフ量り売りのフローズンヨーグルトにはまっていたけれど(いろんな味を食べられるし、量も調整できるし、安い)、こういう本当に美味しいフロヨーを食べてしまうと、質の違いは歴然。セルフ店、行けなくなりそう。そしてここ、通いそう☆


Blush Organic Frozen Yogurt
http://www.blushyogurt.com/
1212 Donnelly Ave
Burlingame, CA 94010

月~日:定休なし。San Francisco、Milpitas、Walnut Creek、Dublin にも店舗あり。カキ氷(Shave Ice)メニューも。フロヨー味のカキ氷?



-+-+-

"The Bay Area’s Best Frozen Yogurt" の情報源はこちら。他店も納得のランクイン。

BEST Organic:Blush Organic Frozen Yogurt
BEST Gourmet:Fraîche Yogurt
BEST Import:  Pinkberry
BEST Self-Serve:Nubi Yogurt
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-22 14:25 | レストラン

No.1077 洗練、革新し続ける情熱のモロッコレストラン Aziza@San Francisco

モロッコ。エキゾチックな響き。2010年に初めてミシュラン1つ星を獲得し、2011年も引き続き1つ星に輝いているのが、サンフランシスコのリッチモンド地区にあるモロッコレストラン Aziza。モロッコレストランでは世界初のミシュランスター。

Aziza

モロッコ出身のオーナーシェフ Mourad Lahlou(ムラッド・ラルー)氏は、レストランオープンから10年経った今でも革新を遂げ続ける探求家としてベイエリアでも一目置かれている。伝統的なモロッコ料理をモダンに革新的に、より洗練されたものへ。カリフォルニアのローカルで新鮮な素材へのこだわりも忘れない。ペイストリーシェフの Melissa Chou(メリッサ・シュウ) 女史も、SF 50 Treats to Eat Before You Die で "Most anything made by pastry chef Melissa Chou at Aziza" とほぼ最大級の賞賛を得ている。最強タッグ。


薄暗い空間にろうそくが揺らめく。馬蹄形アーチが並ぶムーア様式、赤のシャンデリア、モザイクが散りばめられたランプ、青いスエード椅子。気分はアラビアンナイト。

Aziza


Aziza のメニューはユニークで、まずメイン素材が書かれていて、その横に他の素材の名前のみが続く。なのでメニューからは料理のイメージが掴みづらい。そんな時はちょっと奮発だけど決められたコース(Tasting Menu、75ドル)がいいね、と行く前から決めていた。そしたら、結局その日のメニューからスープ、前菜、メイン、デザートを自分で選ぶ形式。優しく丁寧なお姉さんにいろいろ伺いながらマイコース完成。

Aziza


Aziza は独創的なカクテルでも有名。ハーブ、スパイス、野菜、フルーツなど、驚きの組み合わせがずらり。この日選んだのは almond, smoked sea salt foam, agave (tequila)。スモーキーなシーソルトの泡と、ローストされたアーモンドが鼻腔をくすぐるテキーラ。うま。

Aziza


アミューズ。右から、スパイスや野菜や食用フラワーが乗ったライスクラッカー、ゴートチーズ&ジャムのカナッペ、ハイビスカスドリンク。右から順番に食べてください、とのこと。ライスクラッカーが香ばしくてお気に入り。

Aziza


コースの1品目はスープ。lentil soup (medjool date, celery, parsley) と today's pea soup (fennel, orange) をそれぞれ。大きな白いお皿に芸術的に並べられた素材はまるでキャンバス上のアート。そこに目の前でスープを注いでくれる。お気に入りだった本日のピースープは、優しく滑らかな豆にフェンネルと柑橘オレンジがとてもいいアクセント。レンティルスープもデーツの甘さがアクセント。(注いでもらった後なので写真はなし。)



beet - melon, ash yogurt, purslane, chili
コース2品目。前菜より、ビーツ。キラキラ光る宝石のように並べられた食材たち。驚くほど甘い紫ビーツ、ミニキューブに切られたゴールデンビーツ、旬のメロンの甘みと、ぴりっとチリ。口の中でコントラストが楽しい。

Aziza


prawn - corn, black garlic, yolk, bok choy, shellfish
コース2品目。前菜より、海老。半熟の卵黄が中央に隠れていて、これがすべてをまろやかに纏め上げ、うなるほど美味しい。スパイスであるスモークパプリカがモロッコ異国情緒。

Aziza


ここで箸休めのモロッコスープが登場。コンソメ風のポテトスープの中にこれまた半熟卵黄が隠れていて、よくかき混ぜて食べると最高に美味しい。ちょうどいい食感のルートベジタブルが底にころころ。

Aziza



duck confit - basteeya, raisin, almond
コース3品目。このお店のシグネチャ、最もモロッコらしい一品と説明された、鴨のコンフィ。薄いフィロで巻かれたダック・コンフィはスパイス豊かに香り、レーズンとの相性も抜群。添えられたジャムと甘めのハマスをつけてもまた美味しい。シグネチャ・ディッシュの名にふさわしい一品。

Aziza


cod - feuille de brik, piquillo, clam, okra, preserved lemon
コース3品目、。本来はダック・コンフィが全コースでサーブされるはずなんだけど、コンフィを脂っこいパテと勘違いした私が(パテ苦手)変更してもらった前菜メニュー。タラとクラムのすり身を薄いパイ生地で巻いて揚げてある。揚げたてふわふわ、レモンの酸味が爽やか。(これもとても美味しかったけれど、ダック・コンフィのままでもよかった。それくらいダック・コンフィは美味しかった。)

Aziza



squab - fig, turnip, corn, fig leaf emulsion
コース4品目。メインより、ひな鳩。モロッコといえばのラムもあったんだけど、お店の方のお勧めでこちらをチョイス。とても柔らかい肉で、まったく臭みもなく(ジビエ好き)、不思議なスパイス風味のソースとフィグの甘さがよくあう。

Aziza


cauliflower - couscous, almond, castelvetrano, harissa
コース4品目。メインより、カリフラワー。私はこれにノックアウト。本日一番のお気に入り。バターでじっくりソテーされた香ばしいカリフラワーとアーモンド。ハリッサと呼ばれるエキゾチックな香辛料ペーストが味をくっと引き締める。そして Aziza 自家製クスクス。煮汁を吸い込んだクスクスとはちょっと違い、ふんわり食べ応えのある細かな細かなパスタ。(まあ、そもそもパスタなんだけど。)ほんのりレモンの酸味のお影でバターもしつこく感じない。ノックアウト。夫が驚くほど、完食。

Aziza



ワインは、お店の人のお勧めでフランス・ロワールの白ワイン Muscadet(ミュスカデ)。やや辛口のフレッシュで飲みやすいワイン。ワインは次回はお気に入りを持ち込みでもいいかも。

2010 Domaine de la Pépière, Muscadet Sèvre et Maine Sur Lie



mint bavarian - hibiscus, pistachio, lime-buttermilk foam
コース5品目。デザートに、ミント・ババロア。ミント好きの夫は大満足。見た目も繊細で可愛い。

Aziza


私はというと、酔いも回って、ごく普通のキャラメル・アイスクリーム&ホワイトチョコ・ムースを頼んでしまう。美味しかったけれど、どうしても創作性に欠ける。地中海料理に多いミント、ローズ、ラベンダー、リコリスなどを使ったデザートが苦手なんだけど、Melissa Chou ペイストリーシェフほどの人が作るものなら、ビーツ・シャーベットやリコリスルート・アイスクリーム、ラベンダーケーキを選んでみればよかった、と後悔。


最後にプチフールと、お土産の自家製グラノーラ。翌日食べたグラノーラは、香ばしいゴマと、塩とスパイスが効いていて、エキゾチックな甘辛さ。面白い。

Aziza



もともと期待は大きかったけれど、それを大きく上回る大満足ディナー。まず目で、洗練されたプレゼンテーションを堪能。どの料理にも刺激的な土着スパイスの香りがし、基本は北アフリカの伝統的な調理に根付いているんだ、と食べる毎に実感。どの料理にもフルーツを上手に使っているのも感心。ベジタリアンメニューも充実。特にお気に入りは、海老、モロッコスープ、鴨のコンフィ、カリフラワー。

ただ、いくつかのレビューにも書かれているように、サービスは非常にスロー。(テーブルに通されて、ワインを選んで、メニューを決めて、前菜が出てきた時点で既に2時間が経過していた。)それでも最後にはこの満足度。ゆったりとしたペースを余裕を持って楽しむ、そんな大人のレストラン。次来たときはどんな進化を遂げているんだろう。また必ず訪れたい。


Aziza
http://aziza-sf.com/
5800 Geary Blvd.
San Francisco, CA 94121

水~月:ディナーのみ。火曜定休。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-20 02:21 | レストラン

No.1076 旅先で愛が冷めるパートナーの言動

金曜日!今週も一週間お疲れ様でした。

あはは、、、と笑えない記事。うんうんと頷いてみたり、我が身を振り返って猛反省してみたり。。

妻が選ぶ 「夫に愛想を尽かす旅先の行動ワースト5」
http://allabout.co.jp/gm/gc/384925/
夫が選ぶ 「妻にどん引きする旅先の行動ワースト5」
http://allabout.co.jp/gm/gc/384925/2/


試食、楽しいんですよね。助手席では寝ちゃうんですよね。。(うちはどっちも寝るけど。)はい、、料理への文句、言っちゃいます。反省。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-17 05:00 | へんなもの

No.1075 歴史的ドーム建築 Palace of Fine Arts@San Francisco

フジコ・へミングさんのピアノコンサートで初めて訪れた Palace of Fine Arts

Palace of Fine Arts


サンフランシスコの最も北に位置するので、ゴールデンゲートブリッジを渡るときに遠くから眺めるだけだった薄レンガ色のドーム状円形建築。実際訪れると、規模の大きさにびっくり。そして美しい。

Palace of Fine Arts


Palace of Fine Arts は、1915年に開催されたサンフランシスコ万国博覧会のために建設され、現存する数少ない(元々の場所に残っている建物としては唯一の)重要な歴史的建築物だそう。現在はコンサート会場として利用されている。(ローカルな余談。ベルモントのステーキハウス The Van's も、サンフランシスコ万国博覧会で Japanese Tea house として建築された建物で、後に現在のベルモントに移された。)

Palace of Fine Arts


サンフランシスコの観光名所としてはもちろん、結婚式やウェディング・フォトの撮影場所としても大変ポピュラーだそうで、この日も何組かのカップルがラブラブ撮影中。映画 『ザ・ロック』 で逃亡したショーン・コネリーがニコラス・ケイジと対峙した撮影場所としても有名。

Palace of Fine Arts


ライトアップされた Palace of Fine Arts も美しいそうです。

Palace of Fine Arts Theatre
http://www.palaceoffinearts.org/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-16 03:19 | ベイエリアお出かけ

No.1074 フジコ・へミング東日本大震災復興支援チャリティーコンサート

2001年 9.11 アメリカ同時多発テロから10年。そして、「11日」という痛ましい奇遇の 3.11 東日本大震災から6ヶ月。サンフランシスコで開かれたフジコ・へミングさんの東日本大震災復興支援チャリティーコンサート Fuzjko Hemming Piano Solo Concert USA Tour 2011 へ。

Fuzjko Hemming

フジコ・へミング(Fuzjko Hemming)は、ロシア系スウェーデン人建築家の父と、日本人ピアニストの母との間にベルリンで生まれる。幼い頃から天才少女として頭角を現し、日本とヨーロッパで音楽活動を続ける。一時は両耳の聴力を失うという悲劇に見舞われるも(現在左耳は40%回復)、NHKドキュメント番組 「フジコ ~あるピアニストの軌跡~」 が大反響を呼び、デビューCD 『奇蹟のカンパネラ(La Campanella)』 は日本のクラシック界では異例の大ヒットとなる。

「あなたにとってピアノとは?」 と訊かれて、「猫達を食わせていくための道具ね」 と答えられた、78歳の愛猫家のピアニスト。(実際は大変なチャリティー活動家でいらっしゃいます。)



コンサートは、ショパンに始まりバッハ、ムソルグスキー、代表作であるリストの 『ラ・カンパネラ』。クラシック音痴の私でも聞き覚えのある名曲ばかり。



中でも一番引き込まれたのは、アンコールで弾かれたベートーベンの 『テンペスト』。深くて重厚で、駆け足のように繰り返されるリズム。アメリカの早かった10年を思い、今の日本に思いを馳せ。




お歳がお歳だけに、体全体で溢れんばかりに表現するような演奏ではないけれど、深く静かに奏でられるピアノ。何千回、何万回同じ曲を弾いてきたんだろうと考えながら、彼女の人生と、自分の人生と、思い出と、猫たちを思う。家族や、大切な友人を思う。演奏中、いろんなことが頭に浮かんで、他の聴衆の人たちもそれぞれ特別な思いに包まれながら聴いているんだろうと、再び思う。

彼女が5歳のときに母と弟の3人を残し、一人スウェーデンに帰国してしまった父。素晴らしい才能で音楽活動を行いながらも、生活面では母からのわずかな仕送りと奨学金で何とか凌いていたという、大変貧しく苦しい日々だったそう。ヨーロッパで、貧しさから真冬の部屋に暖房をつけることができず風邪をこじらせ、聴力を失ってしまったという不運。今、どんな思いでピアノを弾き続けるのだろうと、このお歳で海外ツアーを行うのだろうと、思う。

フジコ・へミングさんに、惜しみない拍手を。


-----

本文中でフジコ・へミングさんに対し軽率・不適切な敬称を使用していたため、修正させていただきました。大変失礼致しました。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-15 00:28 | ベイエリアお出かけ

No.1073 Whole Foods で使える20ドルお買い物券が10ドル!

LivingSocial から、Whole Foods で使える$20ギフトカードが$10で購入出来るオファーが出ています!このディールはすごい

f0097972_2342839.jpg


ぽちっと買っちゃいました。サイトが少しスローですが、難しくはありません。購入商品の制限などは特に書いてないので、アルコールやギフトカードなどにも使えるはず。一度に20ドル使わなくてもいいとも書かれています。

購入期限はアメリカ西海岸時間で明日9月14日(水)8:00AMまで。クーポンの有効期限は今年2011年12月13日まで。クーポンがプリントアウト(使用)できるようになるのは翌日のようです。

購入数100万件に達しSold Out。間に合わなかった方は残念!それにしても、たった数時間で1000万ドル、1ドル76.9円で計算すると77億円。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-14 02:35 | 日々のつれづれ

No.1072 子供の可能性は無限大

さあ、今週もあと一日。頑張っていきましょー!

昔からある先生と子供のジョーク集。英語ですが簡単なのでさらっと読めます。

子供の可能性って無限大。
お気に入りは、「クロコダイルのスペルは?」、「お兄ちゃんとまったく同じ作文じゃないの!写したの?!」、「面白くない話を話し続ける人を何と呼びますか?」


TEACHER:  Why are you late?
STUDENT:  Because Class started before I got here.
____________________________________

TEACHER:  Maria, go to the map and find North America.
MARIA:    Here it is.
TEACHER:  Correct. Now class, who discovered America ?
CLASS:    Maria.
____________________________________

TEACHER:  John, why are you doing your math multiplication on the floor?
JOHN:     You told me to do it without using tables.
__________________________________________

TEACHER:  Glenn, how do you spell 'crocodile?'
GLENN:    K-R-O-K-O-D-I-A-L'
TEACHER:  No, that's wrong
GLENN:    Maybe it is wrong, but you asked me how I spell it.
____________________________________________

TEACHER:  Donald, what is the chemical formula for water?
DONALD:   H I J K L M N O.
TEACHER:  What are you talking about?
DONALD:   Yesterday you said it's H to O.
__________________________________

TEACHER:  Winnie, name one important thing we have today
          that we didn't have ten years ago.
WINNIE:    Me!
__________________________________________

TEACHER:  Glen, why do you always get so dirty?
GLEN:     Well, I'm a lot closer to the ground than you are.
_______________________________________

TEACHER:  Millie, give me a sentence starting with ' I '
MILLIE:    I is.....
TEACHER:  No, Millie..... Always say, 'I am.'
MILLIE:    All right, 'I am the ninth letter of the alphabet.'
________________________________

TEACHER:  George Washington not only chopped down his father's cherry tree,
          but also admitted it. Now,
          Louie, do you know why his father didn't punish him?
LOUIS:     Because George still had the axe in his hand.
______________________________________

TEACHER:  Now, Simon, tell me frankly, do you say prayers before eating?
SIMON:    No sir, I don't have to, my Mom is a good cook.
______________________________

TEACHER:  Clyde, your composition on 'My Dog' is exactly the same as your brother's.
          Did you copy his?
CLYDE:     No, sir. It's the same dog.
___________________________________

TEACHER:  Harold, what do you call a person who keeps on talking
          when people are no longer interested?
HAROLD:   A teacher.
__________________________________



他にもこんなのがあったなあ、と、過去ブログ。私、暇人。
生徒と先生の笑い攻防戦
歳をとるのはいいことだ The Benefits of Aging
外国人が創造した素晴らしい日本語
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-09 22:02 | へんなもの