<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

No.977 東日本大震災によせて 5

水で溶く必要のない赤ちゃん用ミルク」をアメリカから被災地へ送るための署名が、ばんずさんのサイトで紹介されています。断水や水道水の放射能汚染が問題になっている地域で、これは大変助けになるはず。1分程度で終わるネット署名で、名前は非公開にも出来ます。アメリカ、日本、世界中どこからでも署名可能。ご賛同いただける方、ご協力をお願いします!こちら、目標の5000人を達成しました!よかったあ!

被災地の赤ちゃんに水不要のミルクを! (ばんずさんブログ)
http://ameblo.jp/fostercity/entry-10844896142.html

Petition for Formula Companies to Donate to Japan's Babies (署名サイト)
http://www.thepetitionsite.com/2/Feed-hungry-Japanese-Babies/


f0097972_2571274.jpg
Miyukiさんより、ikuraさんのあたたかいポスター。

日本語だと「頑張って」という言葉が出てきてしまうけれど(私もつい頑張ってしか出てこないけれど)、
被災地の方々はもう痛いほど、痛ましいほど頑張っているはずだから。
"Keep hope. Don't give up." 明日への希望を、届けたい。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-30 03:00 | 日本

No.976 Talking Kitty Cat

しゃべる黒ネコシリーズ。(ただし、Fワード満載。ご注意を。)



パート2のオチがお気に入り。(ネコを飼ってる人なら "やるやる~" と頷くはず。)



4.5は餌をねだる Durif そっくり。(Durif もこんなFワードしゃべってたらやだなー、、っていうか、「.5」ってなに。)


なんとパート16まで続く。(4.5で飽きたけど。)最後まで見た人は本当にネコ好き?(・・・暇でしょ、なんて言いません。)




-----

本当に見て欲しかったのはSarahさんが教えてくれたこのCM。

祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=UNbJzCFgjnU


今回震災に遭われたすべての市と町と村で、いつかこんなCMの企画をして、みんなが笑ってくれたら、そのときこそ本当に泣いてしまう。そうなってほしい、心から。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-28 07:37 | いきもの

No.975 アイリッシュベーカリー John Campbell's Irish Bakery@San Francisco

スコーンが大好きで、イギリスの(ここ重要)スコーンが大好きで、同じ系列と勝手に思っているソーダブレッドも大好き。サンフランシスコに本場アイリッシュベーカリーがあると知ったのは麗しのmikaさんのブログJohn Campbell's Irish Bakery。2年越しの念願の訪問。サンフランシスコの Geary Blvd 沿いにアイリッシュカラーのグリーンのお店。

John Campbell's


St. Patrick's Day 2日前。お姉さんもグリーン(せくしー)、お店の壁もグリーン(これはいつもか)。

John Campbell's Irish Bakery


午後1時半頃に到着したら、もう結構な種類が売り切れていて。それでも次々とお客さんは訪れる。目的のソーダブレッドがあることだけ確認して、ほっと一安心。

John Campbell's Irish Bakery



St. Patrick's Day 当日に食べた Irish Brown Bread(オリジナル全粒粉ソーダブレッド)。ソーダブレッドはイーストの代わりにベーキングソーダを使って膨らます焼き菓子に近いパン。アメリカのソーダブレッドよりぐっと甘さ控えめ。全粒粉は香り高いけれど、ややぼそぼそ、ぼろぼろ。いやいや、きっとこれが本場の味。

John Campbell's Irish Bakery


こちらは Irish Raisin Soda Bread(レーズン入りソーダブレッド)。レーズンたっぷりで全粒粉より甘く、スコーンに近い。我がままを言うと、2つの中間くらいの感じがいいのにな。

St. Patrick's Day


もうひとつの本命、Scone。mikaさんお勧めアイリッシュクリーム入りスコーンはもとよりなく、残っていたのはレーズンスコーンのみ。それでもよし。外はさくっと、中はもっちり、甘さ控えめ。アメリカのスコーンよりはずっとイギリス風。でもやはり本場には敵わないなあ、、パターが違うのかなあ。

John Campbell's Irish Bakery


Custard Tart (カスタードタルト)、Apple Tart (アップルタルト)、Mince Tart (ミンスタルト)。ミンスタルトのミンスはひき肉だと思っていたら、近年はリンゴやブドウ、柑橘類を砂糖とスパイスで煮込んだお菓子系タルトが主流らしい。このフィリングは甘ーい。カスタードとアップルは甘さ控えめ。特筆すべきはタルト生地。なんとクッキーのショートブレッド生地。珍しいのはもちろん、さくさくの食感が美味しくてとてもお気に入り。(粉砂糖がかかっているミニパイもありますが、そちらはショートブレッド生地ではなく普通のパイ生地。お好みでどうぞ。)

John Campbell's Irish Bakery


ダークホースは Irish Crusty Bread と名付けられたバゲット。40cmくらいはありそうな大きさで買うのをためらっていたら、やなまんから半分おすそ分け。固めのハードブレッドかと思いきや、中はふわっと軽く、でももちもち。パン自体に甘みがあって美味しい!サイトの説明にも Light, fluffy, and airy with a crisp crust とあり納得。パン食いではないうちでも、これはリピートしたいくらい。

John Campbell's Irish Bakery


Foccacia(フォカッチャ)がまた美味しかった!Creamy Tomato Mushroom(クリーミートマト&マッシュルーム)、Pesto(ペスト)、Ham & Turkey(ハム&ターキー)。具がピザのように濃厚で、フォカッチャ生地ももちもち。これもリピート確定。

John Campbell's Irish Bakery

このお店は、お菓子系より食事系パンがお勧めかも。Beef Pastie (ビーフパイ)や売り切れていた Shepherds Pie (シェパーズパイ)、他の種類のフォカッチャも絶対食べたい。Corned Beef Cabbage Sandwich (コンビーフ・サンドイッチ)を買えば、年中セントパトリック気分。

再訪決定。


John Campbell's Irish Bakery
http://www.johncampbells.com/
5625 Geary Blvd.
San Francisco, CA 94121

定休なし。お目当ての品物があるなら午前中に訪れたほうがよいです。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-26 14:19 | レストラン

No.974 St. Patrick's Day 2011

3月17日はアイルランドのお祭り St. Patrick's Day (セント・パトリックス・デー)。アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日で、みんなが緑色の物を身につけてお祝いする日。私にとっては「コンビーフと黒ビールとソーダブレッドを食べる日」。

本来のコンビーフ(Corned Beef)は日本の缶詰コンビーフとはまったく別物。塩漬けにされた(corned)、肉の塊(beef)。これを野菜と一緒に3時間くらいコトコト煮ると、簡単なのにとっても美味しいアイリッシュ伝統料理の出来上がり。今年はメジャーブランド SHENSON の Brisket (肩ばら肉)3.5lb(約1.6kg)。これで4人分。大きいように思うけれど、コンビーフの肉は縮んでしまうので結構食べられる。

St. Patrick's Day


今年のもうひとつの主役は、サンフランシスコのアイリッシュベーカリー John Campbell's Irish Bakery の本場ソーダブレッド。ソーダブレッド(Soda Bread)はイーストの代わりにベーキングソーダを使って膨らますパンで、St. Patrick's Day が近くなるといろんなグローサリーにお目見えする。でも、どうせなら本場が食べたい!と、わざわざサンフランシスコまで買出しに。全粒粉のソーダブレッド。(別に緑のパンではありません。)全粒粉は香り高いけれど、ややぼそぼそ、ぼろぼろ。アメリカのソーダブレッドよりはぐっと甘さ控えめ。これが本場なのかな。

St. Patrick's Day


メインのコンビーフ。付け合せは、赤黄紫カラフル3色ポテト、玉ねぎ、にんじん、かぶ(Turnip)、そしてキャベツ。キャベツが煮汁を吸ってくたくたになると、たまらなーい美味しさ。コンビーフには一般的に Brisket (肩ばら肉)と Round (もも)があって、Brisket は結構脂部分があるけれど、その旨味を野菜が吸ってくれるので好評。やなまんが作ってきてくれたほんのり緑のクリーミーなアイリッシュ・マッシュ・ポテトを添えて。

St. Patrick's Day


デザートまで緑づくしのクリームチーズパイ。爽やかパイナップル入り。Jelloで色づけしてくれた心憎い演出。

St. Patrick's Day



コンビーフは本当に簡単。缶詰コンビーフ観が変わること請け合いデス。St. Patrick's Day が終わってもまだまだパウチで売ってます。レシピはこちら

-+-+-

あとの祭り。もとい、祭りの後。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-25 06:10 | アメリカのイベント

No.973 東日本大震災によせて 4

いつの間にか(ほぼ)おむつ卒業。何があっても、私がどんなに落ち込んでいても、その間にもこの子は確実に成長している。情けないけど子供から強さをもらってる。立ち止まっていられないんだよね。

友人のFacebookのつぶやきより。
子供という存在は、守ってあげてるようで、実は自分たちが守られて、支えられている。それを教えてくれるのは、母になった強い友人たち。

---------------------------------------------------------------------------------



震災についてはもう心の内に留めて、と思っていたんだけど、ちょっとだけ皆さんと共有したくて。

「15才の君へ」篇【60秒】 (関西電力株式会社)CM
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zOeXc_v0Mvk


日本にいる大切な友人から、「遠く離れていて心配だと思うけど、日本はきっと大丈夫。」というメールをもらいました。今回の震災の復興には気が遠くなるような時間がかかるのかもしれません。決して癒えない心の傷もあります。でも、15年後の笑顔のために、15年後に元気になった東北を思い描いて。(15年後って何歳だっけ。)


---

国内で投稿された心に残るつぶやきや、海外から寄せられた応援メッセージをまとめたprayforjapan。日本中を励ます素敵な言葉がまだまだ寄せられてる。

「大丈夫」の漢字には人が3人集まってるから
安心を感じる言葉なんだって
@373ccho


ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、
「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ。」と返事が。
彼らはタフだ。肉体も、精神も。
@yoshimicov


子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、
レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。
店員さんがその子供の背中に向けてかけた「ありがとうございます」という声が、震えていました。
@matsugen


NHKの男性アナウンサーが被災状況や現状を淡々と読み上げる中、
「ストレスで母乳が出なくなった母親が夜通しスーパーの開店街の列に並んで
ミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった。
すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。目頭が熱くなった。
@bitboi


停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、
原発で事故が起きると、それを直しに行く人がいる。勝手に復旧してるわけじゃない。
俺らが室内でマダカナーとか言ってる間クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる。
@yoh22222


あ、ベイエリアのストームもあがった。すごいな、日本。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-22 05:22 | 日本

No.972 東日本大震災によせて 3

今、震災に際して何もできなくて勝手に凹んでいる人へ。今から地道に貯金して、2年後3年後に東北に旅行にいく計画を立てよう。きっとその頃にはとりあえず復興できた観光地が閑古鳥で苦しんでいるはず。貴方達の出番はその時だ。本気で心配しているなら...

知人のTwitterより。
次回日本帰国時の旅行先は東北に決定。かっちゃん、いいこと言うね。自粛ムードで外食産業や旅行業界の売り上げが大きく落ちているそうです。こんなときだから、外食して、旅行して、ドライブは止めにして、小さなお店をご贔屓にして、中小企業を助けて、日本産の物を買って経済を回してあげよう。

---------------------------------------------------------------------------------



サンフランシスコ・ベイエリアで開催された日本への義援金・支援金チャリティーの記録です。このような活動を企画してくださる方々に敬意と感謝を。

*** 終了イベント ***
2011年
Help for Japan Bake Sale
・3月23日(雨天中止)、3月30日(水)、4月6日(水) 15:30~18:30(雨天時はサイトにて告知)
・パロアルト・ダウンタウン

Charity Bake Sale
・3月26日(土) 9:00~13:30(雨天決行、なくなり次第終了)
・メンロパーク(場所は上記リンク参照)
・クッキー、ブラウニー、マフィン、ケーキなど

Concert and Bake Sale for Relief of Earthquake and Tsunami Victims in Japan (
・4月1日(金) 18:30~19:30
・フォスターシティ(Sea Breeze school)
・宮城県出身の方主催による、琴、尺八のチャリティーコンサート、およびベークセール

Japan Earthquake and Tsunami Charity Concert (
・4月1日(金) 18:30~20:30
・パロアルト(First Christian Church of Palo Alto)
・子供たちによる演奏会やバザー

Bakesale for Japan (
・4月2日(土) 10:00~14:00
・サンフランシスコ、バークレー、オークランド、サンノゼ、ナパ、サンタクルーズ、ロサンゼルス、ポートランド、ニューヨーク、その他全米規模で開催

Learning Springs Academy Bake Sale and Charity Bazar
・4月1日(金) 8:00~9:00、11:00~13:00 ベークセール
・4月2日(土) 10:00~13:00(雨天決行) チャリティーバザー(TV、プリンター、キッチン用品、ベビー用品、子供服、など)
・サンノゼ(Learning Springs Academy)

東日本大震災チャリティクラフトセール Handmade with Love –Pray For Japan-
・4月3日(日) 10:00~14:00
・サンノゼ(Njeri’s Morning Glory School and Art Center)
・ブリザーブドフラワー、アクセサリー、子供用エプロン、エコバックなど、プレイグループのママさんによる手作り品販売

Oakland A's Japanese Heritage Day
Oakland A's(松井選手)vs Seattle Mariners(イチロー選手)
・4月3日(日) 13:05
・オークランド球場(Oakland-Alameda County Coliseum)
・チケット毎につき1ドルを Red Cross に寄付

Hope to Japan
・4月5日(火) 18:00~21:00
・サンフランシスコ(ホテル・ニッコー)
・サウサリートのSushi Ramを始めとするベイエリアのレストラン、ワイナリーなど、食品関連業者30社による立食パーティー
・1人150ドル、定員500名

東日本大震災支援古本市 (
・4月9日(土) 11:00~15:00
・ニジヤマーケット・マウンテンビュー店
・日本語のほか英語や中国語の本も若干、DVD、CDもあり

Yoshi's Japan Relief Benefit (
・4月9日(土) 13:00~16:00
・サンフランシスコ(Yoshi's San Francisco)
・共に宮城県出身である Yoshi's の神尾シェフと Terra、Ame の曽根シェフ主催、有名レストラン10店以上のシェフによるチャリティーランチ
・1人75ドル、定員400名

東北大震災義捐金ブティック
・4月10日(日) 11:30~15:30
・ウォルナットクリーク
・フード(たい焼き、おこわ、おはぎ、おからケーキなど)、手作り小物(着物地バック、コースター、小豆ヒーティングパッド、手作り石鹸など)

さくら学園チャリティーイベント 『かえる』
・4月10日(土)10:00~15:00
・プレザントン(さくら学園)
・地元ベーカリー、レストラン、個人によるベークセール、バザー、各種ゲーム、ラッフル抽選会など

Help for Japan Bake Sale & Music (
・4月12日(火) 11:45~13:00
・サンマテオ・アダルトスクール(789 East Poplar Avenue, San Mateo, CA)
・日本人生徒と先生方によるお菓子、カリフォルニアロール、フラワーアレンジ、クラフト等の販売および音楽演奏

Flamenco Stands with Japan (
・4月14日(木) 19:30~22:00
・バークレー(La Pena Cultural Center:3105 Shattuck Avenue, Berkeley, CA)
・フラメンコのチャリティーショー
・1人10ドルからの寄付金をお願い

スーザン・オズボーン Susan Osborn チャリティーコンサート
・4月15日(金) 19:00
・エルセリート(Sycamore Congregational Church:1111 Navellier St., El Cerrito, CA)
・カーネギーホール、国連総会、日本武道館、長野オリンピックなど数々の名高い場所で公演してきた歌手スーザン・オズボーンさんによるコンサート

JAPAN RESTART – Charity Concert for Northern Japan Earthquake Relief Fund 2011
・4月16日(土)12:00、15:00 の2部
・サンフランシスコ・ジャパンタウン(Sundance Kabuki Cinemas)
・日本、スペイン(フラメンコ)、ベトナムなど、インターナショナルなミュージシャンやパフォーマーによる音楽およびパフォーマンス
・チケット 30ドル

チャリティーベークセール
・4月16日(土)、17日(日) 10:00~16:00
・サンフランシスコ・ジャパンタウン(スーパーミラ)
・サンフランシスコの日本語学校「リトルエンジェルズ」の保護者らによるベークセル、Sand Boxのパンやお菓子も販売

東日本大震災・被災者救援ガレージセール (
・4月23日(土)、24日(日) 8:00~14:00
・ロスガトス(Las Madres Neighborhood Playgroup)
・シリコンバレーで小さなお子さんを持つお母さんネットワークのNPO団体による、衣類、本、家庭用品、ベビー用品、焼き菓子などのチャリティーセール

Help Japan Concert - Avloni Academy of Music (
・4/24(日) 14:00
・サンノゼ(Le Petit Trianon Theatre)
・シューマン国際コンクール受賞者を含むロシア人ピアニスト達によるチャリティーコンサート、およびオークション
・チケット 一般20~30ドル、 学生10~15ドル、VIP 100ドル(2席分)

Japan Earthquake Relief Dance Recital (
・4月24日(日) 17:00~18:30
・パロアルト(Albert & Janet Schultz Cultural Arts Hall (Oshman Family JCC))
・バレエ、コンテンポラリー、ジャズダンス、ヒップホップなど多彩なダンスパフォーマンス
・1人20ドルからの寄付金をお願い

A Benefit for Japanese Earthquake Relief (
・4月28日(木) 18:30~20:30
・パロアルト(Zara Restaurant: 260 S. California Ave. Palo Alto CA)
・震災支援フラメンコイベント第2弾
・フィックスメニュー 30ドル、寄付金 10ドル

チャリティ・ガレージセール&べークセール (
・4月29日(金) 9:30~12:30
・バーリンゲーム
・家具、食器、子供用品、ビーズアクセサリーに加えて、お菓子やお惣菜のセールあり

Play for Japan USA Benefit Concert with Anne Akiko Meyers (
・4月29日(金) 20:00
・ウッドサイド(Woodside High School Performing Arts Center)
・世界で活躍中のバイオリニスト Anne Akiko Meyers さんによるチャリティーコンサート
・チケット 35ドル~150ドル

Bay Area Artists for Japan (
・4月28日(木) 17:00~20:00 オープニングレセプション
・4月29日(金)、30日(土) 11:00~17:00 ギャラリー
・サンフランシスコ(Mina Dresden Gallery)
・ベイエリアのアーティストを中心にしたアートの展示販売会

CREATORS FOR JAPAN - Fundraiser Art and Craft sale
・4月30日(土)、5月1日(日) 12:00~18:30
・サンフランシスコ・ジャパンタウン(New People)
・世界中の有志クリエーターたちによる震災チャリティーイベント、ハンドメイドのアート&クラフト、手作りスイーツなど

Run For Japan USA 走ろう、日本のために。 (
・5月1日(日) 8:30
・マウンテンビュー(Shoreline at Mountain View Park)
・8 Km Fun Run(30ドル)、3.5 Km Fun Walk(20ドル)

Benefit Concert – Hear for Japan with Capriccio Chamber Orchestra
・5月5日(木) 17:30
・パロアルト・スタンフォードショッピングセンター(Bloomingdale’s in Stanford Shopping Center)
・1人35ドルからの寄付金をお願い
・Bloomingdale'sから、当日夜の売上の10%が寄付される

みどりのそよ風コンサート (
・5月7日(土) 10:00開場、10:30開演
・サンノゼ・シュタイナー学校(Njeri’s Morning Glory School and Art Center)
・サンノゼ・シュタイナー学校企画、懐かしい日本の童謡と唱歌を始めとした親子で楽しめるコンサート
・入場料無料、会場に義援金の募金箱を用意してあるのでお志を入れていただけましたら幸いです、とのこと

Spring boutique at The Prairie Queen Quilt Shop (
・5月8日(日)(母の日) 11:00~16:00
・サンノゼ(The Prairie Queen Quilt Shop)
・多くのベンダーおよび製作者によるキルト作品の販売およびベークセール

Burlingame Mothers' Club フリーマーケット
・5月15日(日) 9:00~14:00
・バーリンゲーム(Burlingame Recreation Center Gymnasium)
・入場料 1人3ドル、1家族5ドル(入場料は地元慈善団体に寄付、東日本大震災への寄付ではない)
・フリーマーケットの一区画を借りての震災義援金チャリティーを実施
・ハンドメイドのベビー用品、ベビー服、マタニティ服、お菓子など

12th Annual Hakone Matsuri 箱根祭り
・5月15日(日) 11:00~16:00
・サラトガ(箱根ガーデン)
・餅つき、茶会、三味線、サイレント・オークションなどの中、震災支援ブースにて古本市&Tシャツ販売あり
・箱根ガーデン入場料 5ドル

東日本大震災チャリティイベント キッズチアリーディング (
・5月20日(金) 15:00~17:00
・サンノゼ(三育学院サンタクララ校)
・被災地応援をテーマにしたチア体験、被災地への寄せ書きなど
・対象:小学校1~6年生、参加費 15ドル、定員 50名

Japan Earthquake and Tsunami Relief Fundraiser チャリティーディナー (
・5月22日(日) 17:00~20:00
・ヒルズボロー(Hillsborough Racquet Club)
・オードブル、寿司、ローストビーフ、デザートディナー、ワインバーに加え、サイレントオークション、蕎麦手打ちデモンストレーション、琴の演奏など
・寄付金 50ドル

Art, Love and Japan チャリティー・アートショー (
・5月25日(水) 17:30~21:30
・サンフランシスコ(Sugar Cafe)
・アートオークション、フラメンコショー(18:00)、ミュージック、オークション、くじ引き、食事およびカクテル(有料)

Bake & Rummage Sale (
・5月27日(金) 14:30~17:30
・サンノゼ(Primary Plus Phelan School)
・プリスクールの生徒によるお菓子の販売や有志の方による子供用品、生活用品などのガレージセール

Bake & Rummage Sale 第二段 (
・6月4日(土) 9:00~12:00(チャリティーバザー&古本市)、10:00~(ベークセール)
・サンタクララ
・子供用品多数、古本市、ベークセール

San Jose State University Japanese Student Association
Fundraising Dinner for Japan Relief
 (
・6月4日(土) 17:30~20:30
・サンノゼ(Buddhist Temple)
・チャリティーディナー、49ers野球選手のサイン入り記念品やNFLフットボール選手の帽子などのオークション
・チケット 1人25ドル

Japan Disaster Relief Fundraiser (
・6月12日(日) 12:30~17:00
・マウンテンビュー(Mountain View Buddhist Temple)
・サイレントオークション、古本市、日本文化ブース、食べ物など

JAPAN Earthquake Relief Concerts (
・4月10日(日) 15:00~17:00 サンフランシスコ(Christ United Presbyterian Church)
・6月12日(日) 14:00~16:00 サンフランシスコ(Sequoias-San Francisco)
・ベイエリアで活躍するティーンの若き音楽家たちによるチャリティーコンサート
・1人10ドルからの寄付金をお願い

チャリティー映画上映 『107+1 天国はつくるもの Part2』 (
・6月19日(日) 11:00、15:00
・サンタクララ(三育学院サンタクララ校)
・「私達には何ができるのか」「生きるとは何か?」を問うドキュメンタリー映画
・チケット:12ドル

チャリティー映画上映 『二重被爆』 (
・6月26日(日) 14:00、17:00
・バークレー(浄土真宗センター)
・広島と長崎で2度被爆した山口彊(やまぐちつとむ)さんによるドキュメンタリー映画
・料金:無料

Studio Botan Grand Opening Party / Northern Japan Relief Charity Night (
・8月13日(土) 18:00~20:00
・サンフランシスコ(Botan Japan/Asia Cultural Exchange)
・ベイエリア・フラメンコグループによるパフォーマンスなど
・入場無料

JAZZ KATSU -Japan Relief Benefit- (
・8月27日(土) 14:00~18:00
・サンノゼ・ジャパンタウン(Wesley United Methodist Church in San Jose Japantown)
・揚げたての串カツを味わいながらジャズを楽しんで、寄付を集めようイベント
・入場無料、前売りチケット$10で串カツ2本つき、当日串カツを買うことも可能だが、目標700本が完売した時点で販売終了

陶芸チャリティセール
・9月9日(金) 10:00~14:00
・売上は全て日本赤十字に寄付

三育学院サンタクララ校 チャリティー・バザー (
・9月18日(日) 10:30~13:30
・サンノゼ(三育学院サンタクララ校)
・収益は全額、桃・柿育英会に寄付

6th Annual SAKE DAY 2011 "A Toast to Recovery" (
・10月1日(土) 16:00~20:00
・日本酒、料理、沖縄民謡演奏に加えて、サイレントオークションなどの企画あり
・収益は全てJCCCNCを通じて寄付

お琴チャリティーコンサート&ベークセール (
Helping hand for children from the disaster in Japan

・10月2日(日) 12:00~15:00(琴コンサート 12:30~13:30)
・サンマテオ(サンマテオ仏教会)
・お琴、尺八のコンサート(無料だがドネーションをお願い)およびベーク&クラフトセール

チャリティガレージセール
・10月2日(日) 10:00~12:00
・サンノゼ
・被災地の子供たちに冬のマフラー、手袋などを送るプロジェクトのための資金集めガレージセール

チャリティーバサー
・10月15日(土)12:00~15:00
・ウォルナットクリーク
・おこわ、焼き菓子各種、食べるラー油など、キルト、レース編みなどのクラフト、「がんばれ日本Tシャツ」も販売

人形劇とおはなし会 「三匹のこぶた」 (
・11月20日(日)
  午前の部:10:30 Palo Alto(Sora International Preschool)
  午後の部:14:00 San Jose(Njeri’s Morning Glory School and Art Center)
・日本語お話会活動ぽぽんたの会による東日本大震災復興チャリティ公演、話し手は東日本大震災復興支援活動を続ける藤田浩子さん

ABC虹の会 第3回クラフトセール (
・12月3日(土) 12:00~14:00
・サンフランシスコ・ジャパンタウン(紀伊国屋書店2F)
・東日本大震災遺児を支援するABC虹の会によるクラフトセールおよび募金活動

東日本復興支援コンサート (
・12月10日(土) 17:30
・サニーベール(Sunnyvale SDA Church)
・SF日本語補習校サンノゼ校と三育学院の保護者を中心とする合同チャリティーコンサート
・入場無料、当日は寄付を募り全額「桃・柿育英会」に寄付される

Operation R (
サンフランシスコ界隈在住の日本人女性4人による東日本大震災支援活動。バークレーのカイトフェスティバルでのメッセージ集めと募金活動(こちら)や、サンフランシスコ・ドロレスパークでの似顔絵に漢字で名前を入れて募金を募る活動(こちら)など。

にこにこBOXプロジェクト (
被災地の子供達にギフトボックスを直接送るプロジェクト。塗り絵、クレヨン、シール、ぬいぐるみ、英語の絵本、お年寄りの方々にはリリアンなど。アメリカのかおるさんから日本・塩釜の佐藤さんへ送られ、佐藤さんから被災地の幼稚園や避難所へ配布されている。

その他、JapaCurryらーめん天馬、Sprinkles Cupcakes、寿司豊味、Bacchus Management Group、Santana Rowサンノゼ豊味寿司Freeman Vineyard割烹波浪など、レストラン等も売り上げの一部を寄付にあてる声明を出してくれています。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-21 06:25 | 日本

No.971 東日本大震災によせて 2

被災していない人間までがいつまでも落ち込んでいてどうするの!?
本当に大変な思いをしている人たちから見れば厚かましい話だよきっと。
口に出さなくたってこんな事態が頭から消え去るわけないじゃない。
いま必要とされているのは涙じゃなくて救援だ。
自分にできることは精一杯する。
そしていつも通りの自分の生活をする。
それが一番だと思うし、そうするしかないんじゃないかな。
私はそういう風に過ごそうと思う。


happy_rubyさんのブログより。

---------------------------------------------------------------------------------



「自分は自分のできることをやって、そして普段どおりの生活を」と思った矢先、あるきっかけでまた "ずしん" と鉛のように落ち込み、罪悪感に押しつぶされた。でも、そんな私を救ってくれたのはやっぱりMiyukiさんのブログ。「しっかりしなさい!」と頬を叩かれたような気持ちで、笑いながら泣いてしまった。

笑うには、普段どおりの日常が送れているのを認めるには「勇気」がいる。「罪悪感」、「泣いてばかりで」、「被災者の方々を思うと、、」と悲しみに暮れるほうが楽な時もある。それが悪いとは決して(決して!)思わない。同じ痛みを感じようとすることで自分の気持ちを納得させるのも、必要な手段なのは痛いほどわかるから。

でも、happy_rubyさんも「口に出さなくたってこんな事態が頭から消え去るわけないじゃない。」と書いているように、今の日本人なら誰だって心を痛めている。本当に涙をこぼしている。明るく振舞っている人だって、心を痛めてない訳がない。すべての人に賛同してもらえる考えではないだろう。でも、私は笑って普段の日常を送る「勇気」を持とう。これは、また落ち込みそうになったときの自分を律するための決意表明。



こんなサイトがありました。皆さんにも読んでもらいたいです。

【すべての方へ】災害時のメンタルケア(追記あり)
http://juicylab.blogspot.com/2011/03/blog-post_13.html


Durif
shinaちゃん、shinaちゃん、どうしたの?いつもみたいにボール投げて。
あとね、もうすぐカリカリの時間っぽいよ。

カリカリはもうあげたでしょ。(昨日災害ニュースに没頭して30分忘れてたけど。ごめん。)

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-18 04:25 | 日本

No.970 東日本大震災によせて

罪悪感にかられて日々を疎かにしないでください。
不謹慎という言葉を恐れて人を笑顔にするのを忘れないでください。
どんな仕事であれいつもと同じ事を淡々と続ける事が日本の力になります。


ゴマさんのブログより。
同じ思いでつい先ほど一日かけてブログを書き終えたのに、震災ニュースを見て再び圧倒的な悲しみに飲み込まれてつぶれてしまった。でも私にできるのは、泣くことではなく、強く前向きに支援すること。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------




東日本大震災発生後、インターネットやテレビのおかげで十分な情報に感謝しつつも、溢れかえる情報の波にのまれ、ブログにも何を書いていいのか、自分は何をすればいいのか、情報をわかりやすく発信すればいいのか、何をそんなおごったことを、、、など、悶々とした時間を過ごしていたのですが、同じブロガーとして尊敬して止まないMiyukiさんが、私の中ではぐちゃぐちゃだった情報と気持ちをその文才でまとめてくださって、肩の重荷がすとんっと落ちたような気分でした。そか、とにかく書いてみよう。

まとまりのない文章になるかもしれないけれど、思ったことを書いてみよう、と。長くなると思います。ご興味のある方はお付き合いください。


-+-+-

何度も涙した。

心に残るつぶやき (Pray for Japan より)
http://prayforjapan.jp/tweet.html

あなたたちは一人じゃない (東北関東大震災 宝地図ムービー)
http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc&feature=player_embedded


To Japan from OIGC - You're Not Alone!
(ベイエリアを代表するゴスペルグループ The Oakland Interfaith Gospel Choirs より)
http://www.youtube.com/watch?v=GZoi1Mn34IY&feature=player_embedded



今回多くの人が痛感・再認識した、日本人の道徳心、秩序、自制心、譲り合い、助け合い。そんな日本への全世界からの賞賛と応援と支援。世界に誇れる日本。祈ることしかできなくて、祈るだけじゃ何の助けにもならないと思ったこともあるけれど、世界中が日本のために祈ってくれているのが本当に嬉しかった。私も祈ろう。

嬉しくて何度も涙して、ただ、こうした応援メッセージや素敵な言葉の数々は、一番勇気づけてあげたい被災地の人たちには届いていないんだろうと思うと、やりきれない気持ちになる。それでも、だからこそ、情報を受信できる私たちが支援し続ける気持ちを忘れないことが大切。



-+-+-

一日中、テレビとUSTREAM NHKをつけっぱなしにしているものだから、過酷な現状が絶え間なく入ってくる。こんなことを言うと叱責されるかもしれないけれど、悲痛な思いが積み重なって、「何も出来ないもどかしさ」とはまた別の意味で、負の感情に疲労困憊、というのも正直なところ。

日本にいれば、度合いの大小はあるにせよ多くの人が辛い状況下にあって、それでも生活と経済を立て直そうと耐えている。一方私は、普段どおりの日常が送れていて、不謹慎にもいつものようなブログをふっと書きたくなったりもする。そんな考えの足りない自分に自己嫌悪し、落ち込んだり。そんな時見つけた、こんなブログ。

「不謹慎」という病
http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20110314

支える側も、思い詰めすぎるのではなく、罪悪感を感じつつも、適度な「ガス抜き」をしながら、普段どおりの「日常」を送って、被災した人たちを少しずつ、そして長い目で支え続けていく。それでいいのだと、少し肩の力を抜くことが出来たブログでした。もちろん、今の段階で「あのレストランが美味しかったー」などというブログを書くつもりはないけれど、時間が経てば、またいつものそんなブログに戻りたいと思っています。(その時期が、人によってはまだ「不謹慎」と思われるかもしれず、難しいのだけれど。)


併せて、「不謹慎 vs ユーモア」、「自粛 vs 普段の生活」などの議論が盛んになっていますが、経済復興のために普段どおり仕事をしたり生活をすることと、被災者や不自由を強いられている関東・東北の方々の気持ちを考えない発言をするのは別問題。普段の生活を「不謹慎」と非難するのもまた別問題。私も気をつけます。

東日本大震災で「ユーモア」が許されないこの緊張状態は危険
http://agora-web.jp/archives/1279887.html
不謹慎・自粛ムードに関する反論
http://agora-web.jp/archives/1278351.html



-+-+-

最後に、寄付について。

寄付大国アメリカに住むようになってから、寄付に対する意識がずっと身近になった。嬉しい変化。もちろん、確実に現地に届けてくれて、一番いい使い方をしてくれそうな団体を選びたい。だから、各団体がある程度出揃うのを待っていた。

できること・してはいけないこと (from かもくん - 毎日募金情報をUpdateしてくれています、さすが!)
http://kamokun.blog33.fc2.com/blog-entry-10521.html

【義援金・募金・寄付できるサイトまとめ】東日本大地震 (from yukiさん
http://matome.naver.jp/odai/2129989217646489401

在サンフランシスコ領事館 義援金の受付先 (日本赤十字社に寄付予定)
http://www.sf.us.emb-japan.go.jp/archives/PR/2011/pr_11_0314.htm

個人的には、やはり日本赤十字社が信頼できるかなと思っていたので、同額を会社が拠出し(マッチング)倍額の寄付をしてくれるグルーポンやDMM(募金先は共に日本赤十字社)はいいですね。グルーポンの締め切りは3月31日、DMMの締め切りは3月18日16:30。



海外にお住まいの方であれば、シリコンバレーのカリスマブロガー 『ON、OFF AND BEYOND』 渡辺千賀さんが紹介されている「日本の地震への救援のための寄付に適切な団体リスト」も参考になりそうです。

Japan Earthquake and Tsunami (from Charity Navigator)
http://www.charitynavigator.org/index.cfm?bay=content.view&cpid=1221

アメリカ納税者はアメリカのNPOを一つ選んで寄付しよう (from 渡辺千賀さん)
http://www.chikawatanabe.com/blog/2011/03/donation.html




海外にいても日本を思う気持ちは、押しつぶされそうな気持ちは、他人事どころかさらに積もっています。この気持ちを風化させないように。そして、同じような思いを持っている他のブロガーさんたちの声も聞きたい、です。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-16 14:57 | 日本

No.969 サマータイム開始(Daylight Saving Time Begins)と、東北地方太平洋沖地震

こんなときですが、日常は流れ、生活をしなければいけません。
今週末の日曜日(2011年3月13日)から、アメリカではサマータイムが始まります。(アメリカでは Daylight Saving Time と呼びます。)土曜日の夜のうちに時計を1時間先に進めておきましょう。
f0097972_4515219.jpg
Spring forward, Fall back.(春は進めて、秋は戻そう。)



-+-+-

2011年3月11日。日本で発生した「東日本大震災」。国内観測史上最大のM8.8、阪神・淡路大震災の地震エネルギーの約180倍の威力(その後M9.0、阪神大震災の1450倍に修正されました)だったんだとか。宮城県の平野部に押し寄せる津波の映像は壮絶で、言葉を失いました。アメリカでもずっとトップニュースとして取り上げられています。津波の余波はここベイエリアにも届いていて、津波で行方不明になった人もいます。

時間が経つにつれて甚大な被害がどんどん明るみに出始め、夜が明けてニュースを見るたびに増えていく死傷者の数を、胸が締め付けられる思いで見ています。

電話回線が麻痺する中、インターネットは比較的生き続け、「Skypeでなら連絡が取れた」という方も多かったようです。インターネットが普及している地域、世代への偏りはあるものの、Twitter や Facebook などのソーシャルネットワークの力を痛感。一方で情報は入るものの見守るしかなく。心が痛みます。

これからも被害は拡大、長期化するはず。火事や津波、土砂崩れなどの二次災害への心配で精神的にも辛い日々を送られる方も多いでしょう。こういうときに何をすればいいのか、何はすべきでないのか、遠隔地からも何ができるかを考えなければ。長期化しても風化させない気持ちも大切。亡くなられた方々、怪我をされた方々、被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-13 04:51 | 日々のつれづれ

No.968 スターバックスでミニペイストリーが無料♪ (2011/3/10~3/12)

スターバックスでは誕生40周年を記念して、何か飲み物を買うとミニペイストリーが無料でもらえます。期間は3/10(木)から3/12(土)の3日間、午後2時から午後5時まで。
f0097972_16582359.jpg



無料でもらえるのは、ロリポップケーキやミニカップケーキなど、いずれも200カロリー以下のこんなかわいいスイーツたち☆(でもこんなメニューありましたっけ。今までミニ・バニラスコーン以外気がつきませんでした。)
f0097972_1712635.jpg



Starbucks Tribute Days
http://www.starbucks.com/blog/667/tribute-days
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-03-09 17:05 | 日々のつれづれ