<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

No.922 サンフランシスコ版ミシュラン(Michelin Guide San Francisco, Bay Area & Wine Country 2011)

とうとう強豪が並びました!ナパのレストラン Meadowood が、これまでサンフランシスコ&ベイエリアで唯一3ツ星だった French Laundry に次いで3ツ星を獲得!

Michelin Guide San Francisco Bay Area & Wine Country Restaurants 2011
f0097972_945155.jpg


Meadowood (St. Helena)は昨年2ッ星からの見事な金星昇格。これでサンフランシスコ&ベイエリアの3ツ星レストランは2店になった。(ちなみに、ミシュラン3ツ星を獲得しているレストランは、全世界に118店。)2ツ星は昨年と同じ顔ぶれで Coi(San Francisco)、Cyrus(Healdsburg)、Manresa(Los Gatos)。

1ツ星にも新たに11店が選出。日本人として、またペニンシュラ在住として、Meadowood 以上に嬉しいのが 和厨 Wakuriya (San Mateo)の1ツ星ランクイン!おめでとうございます!サンフランシスコの Frances (San Francisco)、Saison (San Francisco)、Spruce (San Francisco)は上々の評判で順当入り。Campton Place (San Francisco)はフレンチとインディアンの創作料理が評価される。Alexander's Steakhouse (Cupertino)はサンフランシスコにも新しくオープンしたが、そちらはあまり評判がよくないので、あくまでクパティーノ店への評価だとか。また、Baumé (Palo Alto)、Dio Deka (Los Gatos)、Madera (Menlo Park)と、ペニンシュラ&サウスベイ勢が頑張って新たに1ツ星の仲間入り。Congrats to all!

一方、残念な驚きは、カリフォルニア料理の草分けとして名高い Chez Panisse (Berkeley)がとうとう星を失う。(最近いまひとつ、、という噂は本当だった?)他に星を失ったのは、Michael Mina (San Francisco)、Fifth Floor (San Francisco)、Range (San Francisco)。Michael Mina はこれで、2ツ星、1ツ星、星なしへの連続降格となる。旧 Aqua 跡地に移転したばかり。ちょっと手広くビジネスしすぎなんじゃないですか?



-+-+-

★★★ (3つ星:2店)
The French Laundry (Napa: Yountville)
The Restaurant at Meadowood (Napa: St. Helena) Moved Up!

★★ (2つ星:3店)
Coi (San Francisco: North Beach)
Cyrus (Sonoma: Healdsburg)
Manresa (Los Gatos)

★ (1つ星:39店)
San Francisco
Acquerello (Nob Hill)
Ame (SoMa)
Aziza (Richmond & Sunset)
Boulevard (SoMa)
Campton Place (Financial District) New!
Dining Room at the Ritz-Carlton (Nob Hill)
Fleur de Lys (Financial District)
Frances (Castro) New!
Gary Danko (North Beach)
La Folie (Nob Hill)
Luce (SoMa)
Masa's (Nob Hill)
One Market (SoMa)
Quince (North Beach)
Saison (Mission) New!
Spruce (Marina) New!

Wine Country
Applewood (Sonoma: Guerneville) New!
Auberge du Soleil (Napa: Rutherford)
Bouchon (Napa: Yountville)
étoile (Napa: Yountville)
Farmhouse Inn & Restaurant (Sonoma: Forestville)
La Toque (Napa)
Madrona Manor (Sonoma: Healdsburg)
Mirepoix (Sonoma: Windsor) New!
Redd (Napa:Yountville)
Santé (Sonoma)
Solbar (Napa: Calistoga)
Terra (Napa: St. Helena)
Ubuntu (Napa)

Peninsula, South Bay and beyond
Alexander's Steakhouse (Cupertino) New!
Baumé (Palo Alto) New!
Chez TJ (Mountain View)
Commis (Oakland)
Dio Deka (Los Gatos) New!
Madera (Menlo Park) New!
Murray Circle (Sausalito)
Plumed Horse (Saratoga)
The Village Pub (Woodside)
Wakuriya (San Mateo) New!


Michelin Guide 公式サイト
http://www.michelinguide.com/us/sf_stars_2011.html
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-27 09:46 | レストラン

No.921 ビールの祭典 Oktoberfest@Campbell

ビールの祭典、オクトーバーフェスト(Oktoberfest)。

Campbell Oktoberfest
上げ底だねぇ、お姉さん。


オクトーバーフェストは、ドイツのミュンヘンで開催される世界最大規模のお祭り。今では世界各地でもドイツ移民の多い土地などで開催されている。ベイエリアでは最大規模というキャンベルのオクトーバーフェストに初乗り込み。

Campbell Oktoberfest


近所の小規模なオクトーバーフェストは Art and Wine Festival とあまり変わりなく、参加するのも地元のブリュワリー(ビール醸造所)という「単にビールを飲むだけのイベント」だったけれど(目的はビールを飲むことだからそれでいい気もするのだけれど)、さすがキャンベル、ビールも食べ物も本格的。そしてすごい人!人!人!

Campbell Oktoberfest


会場奥に本格的なドイツ料理のブースを発見。上2つは英語で説明があるけれど、それより下は説明ないし、、「Wurst = ソーセージ」 だけでも知っててよかった。

Campbell Oktoberfest


これがその Bayerische Bratwurst und Polnische Wurst mit Kartoffelsalat und Sauerkraut (バイエルン・ソーセージとポリッシュ・ソーセージ、ポテトサラダとザワークラウト添え)。白ソーセージは茹でではなくグリルで登場。食事も美味しかったけれど、やっぱり何よりドイツの白ビール、ヴァイツェン最高!

Campbell Oktoberfest


テントのメインステージでは、アコーディオン演奏にヨーデル風 「ヨ~ロレイヒ~」 の高い裏声にあわせ、みんな踊る踊る。思わず手拍子024.gif

Campbell Oktoberfest


一番ドイツらしいブース以外は基本 Art and Wine Festival と変わらぬメニュー。それでも所々でドイツ語メニューもちらほら。バイエルンの旗もたなびく。

Campbell Oktoberfest


でも、なぜかここで、ずっと食べたかったアメリカ屋台定番のB級フード Funnel Cake (ファネル・ケーキ)をゲット。野菜のフェンネル(Fennel)ではありません。じょうご状(Funnel)の器具から搾り出された生地を揚げるからファネル・ケーキ。要はドーナッツ。思ったより油っこくなく、揚げたてで美味しい♪ 最後はさすがに重かったけど。ドーナッツ何個分?(でも、リピートするな、これは。)

Campbell Oktoberfest Campbell Oktoberfest

ただ、うちからキャンベルは遠かった。。


Campbell Oktoberfest
http://www.campbellchamber.com/pages/specialevents/oktoberfest.htm
毎年9~10月にキャンベルのダウンタウンで盛大に行われる、ベイエリア最大のオクトーバーフェスト。ビールを買う際、「チケットブース」と「ビール受け取りブース」が別になっており、ビールを受け取るブースがどこも長蛇の列になるのが難点。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-27 04:03 | ベイエリアお出かけ

No.920 ジャック・オ・ランタン Jack O' Lantern 2010

去年はサボったジャック・オ・ランタン。今年は彫ることにしました。

Pumpkin Carving
ボクの勇姿をほるですか?


今年新たに導入した道具がこれ。彫刻刀(Wood Carving Knife、Linoleum Cutter)と穴あけ機(Hole Cutter)。

Pumpkin Carving


まずはふたになる部分をくり貫いて、

Pumpkin Carving


中の種やわたを取り出す。

Pumpkin Carving


夫はミニのこぎり(Miniature Saw)でくり貫ける型だったけれど、

Pumpkin Carving


私が挑戦したのは、彫刻刀で表面を掘るデザイン。Martha Stewart のこのデザインに一目惚れ。これが思った以上に大変。錐(きり)を使ってパターンをかぼちゃに映す作業が細かくて、神経集中。こういう作業に手を抜けない性格。。

Pumpkin Carving


転写してしまえば彫るのは楽チン。

Pumpkin Carving


2時間後、ようやく完成。
(実はテンプレートはこの3倍のパターンだったんだけど、この日体調が悪く、3分の1で断念。)

Pumpkin Carving


点灯式072.gif
私のほうは穴が小さかったので灯りが漏れる感じにはならなかったけれど、日中も楽しめるのでまぁよしとしよう。

Pumpkin Carving


彫刻刀だとこんなのこんなのこんなのが、穴あけ機やクッキーの型抜きがあるとこれこれこんなことが出来てしまうので楽しい。


ただし、パンプキンを彫るのは当日3日前からにしましょう。3、4日で速攻でカビます。そして、放置しておくと、ぐじゅぐじゅに腐って溶けていきます。。。



-+-+-

※彫刻刀(Wood Carving Knives)は Jo-Ann や Michaels で見つかりますが、穴あけ機(Hole Cutters)は Home Depot や Orchard Supply Hardware(OSH)にも売っておらず、Amazon で注文。穴あけ機は、穴の中に詰まったパンプキンをどうやって取り出すかが課題。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-24 10:15 | アメリカのイベント

No.919 Pinkberry でフローズンヨーグルトが無料♪ (10/22)

明日10/22(金)、Pinkberry で季節フレーバー Pumpkin Pinkberry が無料でもらえます。夕方4時から7時まで。

f0097972_6232213.jpg


「お勧めトッピングつき」とあります。画像からするに、ハニー・グラハムクラッカー&ホイップクリーム&シナモンパウダー。可愛いパンプキンパイの出来上がり☆食べたーい。

Pinkberry
http://www.pinkberry.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-22 06:24 | 日々のつれづれ

No.918 ナパと共に歩む老舗グローサリー Oakville Grocery@Napa

29号線沿い、Opus One の少し手前にある小さな人気店 Oakville Grocery (オークヴィル・グローサリー)。1881年オープン、来年で創業130年。

Oakville Grocery


ナパの現存する最も古いワイナリーたちと共に歩んできた老舗。同じ場所に佇み、自らを "Little Country Store" と呼ぶ。

Oakville Grocery


広くない店内には、ローカルのオリーブオイル、ヴィネガー、ちょっと変わったソースやマスタード、パスタや手作りジャムなど、見飽きない商品でいっぱい。

Oakville Grocery


オリジナル商品もいくつか。トレードマークは可愛いウサギ。麻で出来たエコバッグをお土産に、はもちろん、ピクニックセットはすぐにでも使えそう。

Oakville Grocery


ランチをオーダー。サンドイッチの他、お惣菜、チーズ、生ハム、サラダも充実。細かく注文を聞いてからひとつずつ作るので少し時間はかかるけれど、並んで待っている間にもあれもこれもと手が伸びる。Acme Bread とチーズとサラミに地元産スプレッド。それだけ仕入れれば立派なピクニック。

Oakville Grocery



パロアルトのスタンフォード・ショッピングセンターにあった支店が閉店して以来、なかなか足を運べなくなって、ますます愛着が沸いてしまったウサギのお店。ピクニックで人気のワイナリー V. Sattui や大手 Dean and Deluca のテイクアウトに飽きたら、こんな小さな田舎のお店もお勧めです。


Oakville Grocery
http://www.oakvillegrocery.com/
7856 St. Helena Highway (CA-29)
Oakville, CA 94562

営業は朝から夕方まで。定休なし。ソノマの Healdsburg にも支店あり。12時過ぎには大混雑なので11時前に来たけれど、それでも結構なお客さん。お土産をゆっくり見たければ時間をずらして。


Oakiville Grocery
29号線を北上、右手に見えてくるレトロなコカ・コーラの壁画が目印。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-21 11:59 | ワイン&ワイナリー

No.917 ブドウ畑に込められた情熱ワイン Marita's@Napa

■ Marita's Vineyard (マリタス・ヴィンヤード)

この日のメインイベントはやなまん夫妻の伝で誘っていただいたプライベート・テイスティング。初めて聞くワイナリー Marita's

Marita's Vineyard


メキシコ出身のオーナー Bulmaro Montes (ブルマロ・モンテス)氏は、ナパのワイナリー Joseph Phelps で30年に渡りブドウ畑の総責任者(Vineyard Manager)を勤めていた凄腕。かの 2002 Joseph Phelps Insignia (インシグニア)が、Wine Spectator 誌 "The Best Wine of the Year in the world" に輝いた年のブドウを造っていたのもこの方。その後、事業副担当(Vice President of Operations)にも抜擢されたが、自分のワインを造る夢を捨てきれず、2003年に Joseph Phelps を去り創設したのが同ワイナリー。

Marita's Vineyard


造っているワインは2種類のみ。フラッグシップワイン Marita's とセカンドラベル Soma。いずれも100% Cabernet Sauvignon の赤ワイン。同じ畑、同じブドウだけど、その年最上の出来の樽から造られるのが Marita's で、それ以外は Soma となり、更に残りはバルク生産のワインカンパニーに売却するのだそう。

Marita's Vineyard


そんなごく少量生産のブティークワインをテイスティングできるのは、このプライベート・テイスティング形式のみ。少人数でテーブルを囲み、まるで家族のように、軽食とワインに舌鼓。

Marita's Vineyard


Bulmaro さんは用事があるとかでお話できたのは10分くらい。残念。でもその後、マーケティング担当の Pilar さんというおばちゃまがいろいろ説明してくれる。ワイナリーのこと、特にブドウへの思い。このティスティングで出されるお料理はすべて Pilar さんお手製。みんなが絶賛したのが、バルセロナ出身の彼女特製スパニッシュオムレツ。ワインを邪魔するから胡椒も使わず、味付けは塩とオリーブオイルのみ、なんと摩り下ろした玉ねぎが入ってる。卵ふわふわ、ポテトもほくほく。完璧な焼き加減。みんなで奪い合い、あっという間に完売。

Marita's Vineyard


肝心のワイン。

・2005 Marita's Vineyrard Napa Valley Cabernet Sauvignon ($150) GOOD!
・2005 Soma Napa Valley Cabernet Sauvignon ($86) GOOD!
・2006 Soma Napa Valley Cabernet Sauvignon ($86) GOOD!

わ、美味しい。これは美味しい。Soma は鮮やかさと酸味が特徴、若いうちから楽しく飲める。Marita's はより複雑で樽香が感じられ、深い果実味とエレガントなタンニン。どちらもカベルネ100%とは思えない口当たりのよさとマイルドさ。Marita's はしばし時間が経って最高によくなり、最後はむしろ Soma のほうがフレンドリーな印象。ただ、交互に飲み比べていると、他方に戻った瞬間、他方の特徴(酸味とか苦味とか)が際立ちすぎてしまう。Marita's でも Soma でもいいから、1本をじっくり飲んだほうが楽しめるね、というのが夫との共通の感想。どちらにもいい個性があって、どちらも素晴らしい。


出されたお料理は、生ハムのブルスケッタ、きのこソテーのブルスケッタ、絶品スパニッシュオムレツ、グリッシーニ2種(パルメザン&ガーリック)、マンチェゴ(スペインのチーズ)、ダークチョコレート。ワインもたくさん頂いて。

Marita's Vineyard
チーズを切り分けて、ワインを注いでくださった、Pilar さんの旦那様。


あまりにもアットホームで、最後のほうは Pilar さんも椅子を持ってきて腰を据え、完全に世間話モード(笑)トレジョーのオリーブオイルが美味しいのよとか、スパニッシュオムレツのレシピやコツを聞いたりなど。心配になるほど商業っ気なし。


猫もシニカルですよ。くくく。

Marita's Vineyard

犬も無防備過ぎますよ。わーふわふわふわふっ♪

Marita's Vineyard


一般のお店ではなかなかお目にかかれないワイン。こんな素敵なプライベート・テイスティング、みなさんもいかがでしょう?詳細はこちら。やなまん夫妻ありがとう!(ちなみに今回は日本人のみ12人でのランチタイム。ディナーもある様子。)

Marita's Vineyard (要予約)
http://www.maritasvineyard.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-20 00:50 | ワイン&ワイナリー

No.916 カエルも飛びます、秋ナパ@Napa

秋ナパ。

■ Napa Wine Company (ナパ・ワイン・カンパニー)

Opus One の隣にある Napa Wine Company が運営する共同テイスティングルーム。多くの造り手がここの醸造設備を利用して(Custom Crush Facility)ワインを造っている。カリフォルニアワインの重鎮かんちゃん手がける個人向けオーダーメイドワイン Crushpad の元祖商業版。このテイスティングルーム、数年前までは "Cult Wine Central" と呼ばれていたはずなんだけど、その呼び名は今はURLにしか残っておらず。

Napa Wine Co.


自分では醸造設備を持っていないワイナリー、などと決して侮れない。ナパ・ワイン・カンパニーのカスタム・クラッシュを利用したワインメーカーは、もはや伝説的なワインメーカー Helen Turley (ヘレン・ターリー)やワイン造りの女神 Heidi Barrett (ハイジ・バレット)、『Bryant Family (ブライアント・ファミリー)』 や 『Pahlmeyer (パルメイヤー)』 などの錚々たるワイン、次世代カルトワインと呼び声高い 『Ghost Block (ゴースト・ブロック)』 なども世に送り出している。ナパ・ワイン・カンパニー自身もナパに自社畑を所有し、ワインを造っている。

Napa Wine Co.


以前は様々な造り手のワインをテイスティングできたのが、現在は1つの造り手のみのセレクションから5種類を選ぶようになっていた。この週の造り手は Michael Pozzan。テイスティング料25ドル。

Napa Wine Co.

・2007 Annabella Chardonnay ($14)
・2008 Michael Pozzan Gold Series Zinfandel ($22)
・2007 Annabella Cabernet ($15)
・2008 Michael Pozzan Cuvee 14 Cabernet Sauvignon ($20)
・2007 Marianna ($45)

ワインはどれもまあまあ、という感じ。

それよりも。対応してくれたお姉さんが素人で、質問しても的を得ない返答ばかり。このテイスティングルームには期待していただけに非常に残念。(1つの造り手しか飲めないのも残念だったけれど、これはサイトにも載っていたことで調査不足。)

実は、私たちをどっぷりワインに引っ張り込んでくれた、今はもう日本に帰国してしまった恩人夫妻が、"Cult Wine Central" だった頃にここで出会ったのがハイジ・バレット手がける 『Showket (ショーケット)』 という素晴らしいワイン。Showket について尋ねてみると、既に生産を中止したのだそう。代わりに、現在ハイジ・バレットが手がけているのが 『Lamborn (ランボーン)』 。110ドル。そういうワインをテイスティングしてみたかったな。





■ Frog's Leap (フロッグス・リープ)

カエルがびよーんと飛び跳ねるラベルで有名な Frog's Leap

Frog's Leap


最初にフロッグス・リープがスタートした場所がカエルの養殖所跡地だったこと、創設者兼ワインメーカーのジョン・ウイリアムズ氏がワイン造りの修行を積んだのが Stag's Leap だったことにちなんで、Frog's Leap。ウイリアムズ氏(というかフロッグス・リープ)は、私でも知っているくらい、ナパのオーガニック栽培の第一人者としても名声高い人物。

Frog's Leap
飛びます、飛びます。

テイスティング客で賑わうワイナリー。予約なしで訪れたけれど気持ちよく対応してくれて、庭の見えるテラス席に案内。そう、ここはテーブルに座ってのテイスティング形式。20ドルで4種類のワインにおつまみ付き。高騰ナパにあってこれは嬉しいサービス。

Frog's Leap

・2009 Frog's Leap Sauvingnon Blanc, Rutherford ($18)
・2007 Frog's Leap Merlot, Rutherford ($34)
・2006 Frog's Leap Rutherford ($75) GOOD!
・2007 Frog's Leap Petite Sirah, Rutherford ($35)

メルローは、ハーブや茎の感じはあるもののあまりメルローっぽくなく、でもまろやかでよい。夫が気に入ったのが3番目のカベルネ・ソーヴィニヨン。クラシックなナパのカベルネらしい、ダークフルーツのどっしりとした味わい。プティ・シラーはまるでブルーベリージュースを飲んでいるようで、これもプティ・シラーらしくはないけれど面白い。

・2009 Frog's Leap Pink, Rutherford ($14) GOOD!
・2008 Frog's Leap Zinfandel, Napa Valley ($27) GOOD!

するとワイナリーの人が「ほかに飲みたいのある?冷えたロゼやジンファンデルもなかなかいいよ」と気前よく注いでくれる。ロゼは66% Zinfandel、34% Valdiguie (Napa Gamay) のブレンド。ほの甘くて女性好み。美味しい。お勧めのジンファンデルも、王道ジンの香り、フルーティさと適度な軽さ。ブレンドが似ているからか Ridge のジンファンデルみたい。


ワイナリー自慢の庭を散歩。トマト、ナス、きゅうり、ペッパー、フェンネル、キャベツ、ケール、チャード。見事に育った野菜たち。柿やイチジクの果実もたわわに生っていて、作物を育てる才能を見た思い。Green Thumb。だからきっとブドウも美味しいんだね。

Frog's Leap

断然人に勧めたくなる気持ちのいいワイナリー。「風見鶏」ならぬ「風見カエル」もお見逃しなく。この後本日のメインイベントに続く。


Napa Wine Company
http://www.cultwinecentral.com/
Frog's Leap
http://www.frogsleap.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-18 14:22 | ワイン&ワイナリー

No.915 東欧スイーツの伝統の秘密 Crixa Cakes@Berkeley

バークレーのダウンタウンから少し南に下った静かな通りにある、ハンガリー、ロシアのケーキ&ベーカリー Crixa Cakes (クリクサ)。ピンクのけむりがゆるゆると立ち上るデザインは魔法のランプのよう。

Crixa Cakes


ハンガリー、ロシア。東欧のスイーツ。ってどんなスイーツなんだろう。そんな想像を膨らませながら、オーナー Elizabeth Kloian さんの言葉を読む。

「子供の頃に連れて行ってもらったロシアンベーカリー。お店の名前もストリート名すら思い出せないけれど、店先の情景とお店に漂う香りは今でもはっきりと覚えている。アメリカではそれが見つからない。」

「良質の牛乳で出来た生クリーム、生粋のバターから作られたバタークリーム。ジンジャーケーやパンプキンパイはスパイシーであるべきだし、クッキーはしっかりとバターで、プティングはクリーミーでミルキーで、ジャムはペクチンなど使わないフルーツの凝縮で。パイ生地は植物性ショートニングなどではなく、本物のスイートバターで作らなきゃ。酔っ払わせたいわけじゃなくて、たっぷりのダークラムやキルシュやブランデーは芳醇なケーキ作りに必要な要素。こうした歴史と伝統を忘れず受け継いでいきたいし、それをお客様にも伝えたいから。」

上質な本物の東欧に、出会えそうな気がする。



-----

店内は素朴なアンティーク調のディスプレイ。天井からぶら下がるブリキの調理器具は、田舎の台所を思わせる。

Crixa Cakes


ショーケースにはシンプルなケーキ、カウンター横のガラス越しには素朴な焼き菓子。売り切れてる品もいくつかあって、フレッシュに1日に必要な分だけ作られているんだろうな、と思ったり。

Crixa Cakes



あれもこれもと盛りだくさんの記録。まずは、カフェで頂いた2つのケーキ。

Vatroushka - Russian-style cheesecake ロシア風チーズケーキ ($4.25)
Russian-style cheesecake of sweet curd cheese, sour cream and vanilla. In Hungarian, Túrós pite.
しっとり柔らかなレアチーズケーキ風。甘さも控えめ。底のクラストもしっとりで美味しい。今回食べたケーキの中では一番お気に入り。夫にも買って帰ってあげようとお店に戻ったら、、完売。

Double Purple Pie プラムとブルーベリーのパイ ($4.85)
Blue with joy. Thick pieces of tangy purple plums and sweet blueberries.
パイは季節物のフルーツなので、どんどんメニューが変わる。今回はプラムとブルーベリーでWパープル。これがすごい大きさと厚み!パイ生地はざくっと厚めで、評判どおりさくさく、パイというよりガレットのよう。フィリングのフルーツはいい酸味。でもちょっと甘め。

Crixa Cakes



お持ち帰りのケーキたち。(箱の中で寄ってしまって形がいびつなのが残念。)

Strawberry Cream Cake ストロベリー・クリームケーキ ($5.25)
Tender kirsch-soaked vanilla chiffon with fresh plump strawberries in brandied vanilla custard. Lightly sweetened whip cream and crushed amaretti.
キルシュ・リキュールを含ませたしっとりシフォンケーキ。シフォンだけでなくケーキ全体からもリキュールの香りがする。この生クリームの味・・・、練乳だ。まあまあ甘い。夫はこちらが好き。

Crixa Cakes


Orosz Krémtorta - Russian Cream Cake  ロシア風クリームケーキ ($4.85)
Rum cream with candied peel and raisins, and vanilla sponge cake. In Hungarian, Orosz Krémtorta.
一方、私はこちらがお気に入り。ラムが香る大人のケーキ。スポンジはストロベリーケーキのシフォンより口当たりしっかりで、比べるとやや甘さ控えめ。オレンジピールのほろ苦い味がアクセント。

Crixa Cakes


Tiramisu ティラミス ($4.85)
Espresso soaked sponge cake with brandied mascarpone cream, dusted with cocoa.
しっとり感が絶妙なティラミス。よくある "浸しすぎたスポンジ" にはならず、しっとり。リキュールたっぷりなのがいい。マスカルポーネが上品で美味しい!さすが Crixa の一番人気。アメリカで食べたティラミスの中では確実にベスト3入り。(Soprano Tiramisu というチョコレートムース・バージョンもあるのでお好みで。)

Crixa Cakes


Almond Cake with Raspberry アーモンドケーキ ($1.85)
Rich, moist, fine-grained butter and marzipan cake with tart red-raspberry jam.
Crixa Top 10 にランキングされてるアーモンドケーキ。焼き菓子大好きなので、この黄金色に惹かれてつい。しっとり&バターたっぷり。甘め。

Crixa Cakes


Saffron Bun サフラン・バン ($2.35)
Adapted from Hannah Glasse's 1747 recipe. Lightly sweet, spicy with currants and saffron.
実はこれがダークホース。普通のパンかと思いきや、ブリオッシュ生地にドライフルーツが入ってる。サフランのスパイシーさが嫌味のない程度に。甘くて柔らかくて、そうだ、この味はクリスマスに出回るパネトーネにそっくり。ケーキを差し置いて、実はいちばんのお気に入りかも。

Crixa Cakes


ケーキメニューは月替わり、パンや焼き菓子は曜日替わりのものもある。チョコレートケーキも充実だけど、チョコ系はちょっと重そうで甘そう(個人的印象)。今回買えなかった Kifli (ハンガリーの三日月形のパイのようなジャム入りパン)、Custard Kolachy (クリームパンのような菓子パン)、Poppyseed Rugelach (何層にも重ねた柔らかいペストリーに黒いポピーシードがつまったデニッシュ)など、個人的にはケーキよりも朝食的な甘いお菓子パンに惹かれてる。Miyukiさんお勧めの Bread Pudding や生クリームが挟まったメレンゲ Bizet with Cream も次回用にメモメモ。(後日談。Bread Pudding はしっとりしすぎずしっかり目で、パウンドケーキみたい。ふんわりバナナの香りがしてとても美味しい!)

内陸部の東欧だけに、リキュールやジャムなど保存が利くものが多いのかも。「甘さ控えめなスイーツ」ではない。素朴で、どちらかというとリッチ。でもそのリッチさは、正真正銘の上質な素材を使って、正しい伝統を伝えようとする気持ちの表れ。次回用メモを持って、また行っちゃうだろうな。


ピンクのウサギが目印。

Crixa Cakes
http://www.crixacakes.com
2748 Adeline St
Berkeley, CA 94703

日月定休。サイトに月替わりのメニューが随時掲載されています。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-13 14:54 | レストラン

No.914 集って、幸せになって、また集いたくなる Gather@Berkeley

Gather
素敵なネーミングのレストランに、大好きな人たちと、「集う」。

Gather


バークレーのダウンタウンに程近いこの場所を教えてくれたのは Miyuki さん。オーガニック、ローカル、食材へのこだわりだけでなく、それを育ててくれた人々に対する敬意など、コンセプトだけでもぐっと惹かれる、そんなダイニングへのアンテナはさすが。・・・・・だから、みんなそのブログを見て、みんなそこに行きたくなって、Miyuki さんに我がままを言ってもう一度お付き合い頂いた。すみません。。

Gather


緑流れる清々しいオープンキッチン。THIS WEEK'S FARMS の表示だけでなく、Miyukiさんによると、野菜からスパイスに至るまで、それがどこから来たものなのか、希望するお客さんにはリストにして渡すことだってできるのだそう。

Gather


奥には、ダウンタウンがすぐ傍とは思えないような気持ちのいいテラス席。今回はこちらに決定。

Gather



4人で、サラダ2品、ピザ1品、サンドイッチ1品を頼んでシェア。いろいろ食べれる嬉しいシェア♪

Berkeley Burrata エアルームトマトとブラータチーズのサラダ
heirloom tomatoes, arugula almond pesto, shaved summer squash arugula salad
彩りも美しい、今回一番のお気に入り。ブラータは、外側がモッツアレラ、内側がモッツアレラ&クリームで柔らかくなったイタリアのチーズで、中のとろっとほの甘い部分はデザートのよう。このブラータと旬のエアルームトマトとぺストを一気に口に運ぶと、、、うわ、美味しい。マリアージュ。細長くスライスされたサマースカッシュもしゃきしゃき。ドレッシングはごくシンプル。野菜の美味しさに自信があるからこその調味。

Gather


Today's Special 生ハム、ブラックフィグ、チコリ、アルグラのサラダ
もうひとつは本日のサラダ。グリルした葉野菜に目のない私。この紫チコリ(Radicchio:ラディッキォ)も、グリルの香ばしさで旨味がぐっと凝縮、増幅。バルサミコ系ドレッシングは、そんなグリル葉野菜にも旬のブラックフィグにも生ハムにもよくあって、上手くまとめあげる。これも美味しかったなぁ。

Gather


Lipstick pepper pizza リップスティック・ピザ
Linda’s baby torpedo onions, olive-caper herb sauce, cashew-olive oil puree, roasted shiitakes
Miyuki さんが「近年一押しのヒットピザ」と賞賛されていて、Miyuki さんや再訪組るんさんには同じメニューになってしまうけど注文してしまったピザ。なんといっても名前がキュート☆唯一ヴィーガンのピザだったので店員さんに「トマトソースもチーズも乗ってないよ」と念押しされ。いいのです。名前の通り、ぷるぷる唇のようなぷっくり生地。これがもちもちで、底は薄焼きで期待通りの美味しさ。ソースは、オリーブ、ケイパー、ハーブ、濃厚なカシューナッツのクリームといろんな味がして面白い。この形状の生地は、このピザだけなのかな?

Gather


Braised mushroom マッシュルーム・サンドイッチ
grilled ciabatta, cashew-pepper “cheese,” little gems
こちらもヴィーガンメニュー。ベジタリアン・サンドイッチだと大きなポートベロ・マッシュルームが挟まっていることが多いけど、このサンドイッチには刻んでソテーされたブラウン・マッシュルーム。ヴィーガンなので、カシューナッツとパプリカで作ったほんのちょっぴりスパイシーな "チーズ" 風ソース。サイドのサラダがつやつや新鮮。

Gather



とにかく、サラダというか野菜が美味しいのなんの。季節感溢れる野菜もドレッシングも食感も、熟考された最高の組み合わせがひとつのお皿に見事に集結、という感じ。こうまで美味しいと、他のメニューも野菜中心で選びたくなる。他のピザもシンプルで魅力的なものばかりだったな。

そして。野菜やサラダの美味しいレストランには、是非夫を連れて行きたくなるのよね。そして、「うん、この野菜うまい」と言ってほしい。ここはそんなレストラン。さすが Chez Panisse(シェ・パニーズ)お膝元のバークレーなり。ランチは12時を過ぎるとあっという間に満席になる人気ぶり。是非予約をして「集って」ください。

Gather
http://www.gatherrestaurant.com/
2200 Oxford Street
Berkeley, CA 94704

月~日:ランチ、ディナーあり。定休なし。週末はブランチメニュー。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-09 23:33 | レストラン

No.913 トレジョーはプラスチックバッグだっけ?

久し振りにエコバッグを忘れて Trader Joe's に行ったら、プラスチックバッグに入れてもらった。トレジョーって紙袋だけだと思ってたのにびっくり。

Plastic Bags

もうひとつびっくりだったのが、「次の買い物の時に再利用してください」の表示。紙袋ならともかく、プラスチックバッグをエコバッグのように再利用する人って見たことないけれど。(家でのゴミ袋には大活躍。デュリフのトイレ用には必須。)


と思ったら、 Safeway や Nob Hill Foods のプラスチックバッグにも再利用してねって書いてありました。知りませんでした。

Plastic Bags



ところで。最近トレジョーで見つけた、ころころウィールつき引っ張れるタイプの縦長エコバッグ。このトロリータイプのエコバッグ、ロンドンで頻繁に見かけて便利だなと思っていたところ!アメリカでも流行るかな?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-10-08 15:23 | 日々のつれづれ