<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

No.736 白濁かなり豚骨 味千ラーメン@Fremont

日本でチェーン展開する熊本ラーメンの味千ラーメン。2007年にイーストベイのフリーモントに進出したけれど、オープン当初はまだ味もサービスも慣れてないせいか、よい印象がなく。オープンから2年半。久し振りに足を運ぶ。

Ajisen Ramen


週末のランチ時、お客さんが次々と来店。結構繁盛してる様子。メニューはカラー写真つきで、以前より随分充実した感じがする。壁にも写真つきのメニューがずらり。

Ajisen Ramen


自家製トントロラーメン
豚骨白濁スープに「千味油」と呼ばれる褐色のタレ。スープを一口。お、前回より断然美味しくなってる。確かに熊本ラーメンの味。トントロは、一口目は「うまい!」と感動した夫だけど、脂っこすぎて半分でギブアップしてた。スープも、最後まで食べていくとちょっとしつこい。でも一口目の九州とんこつの印象はいい。野菜がたっぷり入っているのは嬉しい。

Ajisen Ramen


和風トンコツ醤油ラーメン
スープを飲んでも「これがとんこつ醤油?」と思う不思議な味。その原因は鰹節。鰹節が大量に入っているので、不思議なとんこつ醤油に仕上がっている。(だから英語名が Umi Ramen なのか!でも Umi って外国人には通じないじゃん!)個人的にはトントロラーメンの白濁とんこつのほうが好き。

Ajisen Ramen


火山ラーメン
唐辛子マーク★★★の火山ラーメン。英語名は Volcano Noodle。ピリ辛の味噌とんこつスープ。上にどーんっと練り唐辛子。細いストレート麺は(私的に)ポイントアップ。チャーシューが美味しい。ただ、辛くて・・・辛すぎて・・・。(「当たり前じゃん、何頼んだと思ってんだ」と当然の突っ込みを受ける。)でも徐々に慣れてくると、味噌ととんこつと辛さがいい旨みをかもし出してる。

Ajisen Ramen


鶏の唐揚
ここ、6種類の唐揚げがあって面白い。日本風唐揚、七味唐揚、にんにくカレー唐揚、甘酢だれ唐揚、照焼バルサミコ、そして名古屋手羽。初めてなので(冒険しない夫の希望により)、王道日本風唐揚を。1ピースがでかっ!でも、からっと揚げたて、大きいのに中までちゃんと火も通ってるし、味も黒こしょうが利いててなかなか。しゅうくんの唐揚には敵わないけどね。(内輪ネタ。)

Ajisen Ramen



オープン当初よりずっとよくなったと思う。(ラーメンだけは本当に好みだけど。)九州こってりとんこつラーメン好きの私のほうが満足。イーストベイでなければもっと足しげく通ったかも。いつも王道をはずして頼んでしまうので(汗)、次回は思い切ってパイクー麺。

味千拉麺 Ajisen Noodle / Ajisen Ramen
http://www.ajisensf.com/
http://www.aji1000.co.jp/ (日本のサイト)
47890 Warm Springs Blvd.
Fremont, CA 94539

火~日:ランチ、ディナーあり。月曜定休。カード不可、キャッシュのみ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-31 10:23 | レストラン

No.735 アンティーク通り Niles@Fremont

ある週末、何しよっかとぼやいていると、夫から「ナイルズ行ってみる?」との提案。イーストベイのフリーモントのナイルズ(Niles)は、アンティークショップが立ち並ぶストリート。アンティークにはまったく通じてない私だけど、可愛い食器や雑貨を見るのは大好き。行こう行こう☆

Niles


ナイルズのダウンタウン。アンティークショップが15、16軒立ち並ぶ。日曜日なのに全然賑わってなくて(笑)、その雰囲気がまたいい。おばあちゃんが顔なじみの店員さんと世間話。おじいちゃんはベンチで煙草をふかす。町全体がのんびりした社交場。(と思ったら、ハーレー乗り付けたむきむき兄ちゃんのたまり場のバーもあり。)

Niles


アンティーク音痴の私でも知ってる FireKing (ファイヤーキング)や Old Pyrex (オールド・パイレックス)がぽんぽん見つかる。食器に限らず、家具や置物や小物まで様々。あるお店の店頭にあった、ピンクのガラスのキュートな食器セット、あれはなんていうアンティークだったんだろう。

Niles


珍しく戦利品。初アンティーク。FireKing と Old Pyrex のベーキングディッシュは10ドルと8ドル。こういうどっしり厚手のアンティークは本当に可愛い。ルクルーゼの地位危うし。

Baking Dishes



初めてのアンティーク巡り、これくらいこじんまりしててちょうどよかった。
アラメダのアンティークフェアモントレーのアンティークモール Cannery Row はもっともっと大規模だけど、ちょっぴり興味がでてきちゃった。お財布の紐が硬いから、どっぷりアンティークにはまることはなさそうな人種ですが(笑)。ちなみに今週末の日曜日(Aug 30, 2009)に、年に一度の Niles 45th Annual Antique Faire and Flea Market が開催されます。う、楽しそう。


Niles Main Street Association
http://www.niles.org/
カーナビ(GPS)や Google マップで場所を探す場合は「37521 Niles Blvd., Fremont, CA 94536」辺りを入れるとアンティーク通りへ導いてくれる。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-27 06:11 | ベイエリアお出かけ

No.734 ごつごつカラフルなエアルームトマト(Heirloom Tomato)

快晴カリフォルニア。エアルームトマト(Heirloom Tomato)が今まさに旬。

Dinner Party


エアルーム(heirloom)とは、"a valuable object that has belonged to a family for several generations"、「先祖伝来の貴重な財産・家宝」という意味。野菜でいうと、在来種の遺伝子組み換えのされていない伝統的な野菜のこと。トマト以外にも、スカッシュやメロンなど様々な野菜にもエアルーム品種が見られるそう。エアルームトマトだけでも何千種類とか。

形はいびつ、色も大きさもばらばら。だからかえって、お気に入りの一個を選ぶ作業は、掘り出し物を探す気分♪ 切ってみると、種の並び方もこんなに特徴的。

Dinner Party



-+-+-

やかなり 053.gif
シンプルに塩のみ。冷蔵庫でキンキンに冷やして、トマトだけを味わう。緑は一番青野菜くさく、オレンジは歯ごたえがあって果物のような甘さ。黄色はちょっとレモンのような味がするの、本当に。赤は一番普通のトマトに近いけど、独特の野菜くささは美味しい。

Dinner Party


この日は他にも、友人お手製自家製ツナとほうれん草のカナッペ、そら豆とコーンとフェタのサラダ、焼きなすとわかめの白和え、干しブロッコリー辛子醤油和え、干しズッキーニ&リーク焼きと、野菜大好きの宴。いずれもメインの味付けは塩、その他の調味料も少量ずつ、野菜の力をぐんっと借りて。

Dinner Party Dinner Party Dinner Party Dinner Party



渡米直後に興味津々で食べたエアルームトマト。年々好きになっていく。野菜天国カリフォルニア万歳。
(夫もトマト食べれたらいいのに。ぶつぶつ。でも随分野菜克服したね。感謝。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-26 03:14 | アメリカの野菜

No.733 うまうまべジーサンドイッチ Ike's Place@San Francisco

美味しいアメリカンなサンドイッチを探そう!」巡りも一息つき。しかし、ちょっと遠出のサンフランシスコだったため訪れていなかったサンドイッチ屋さんがもうひとつあった。カストロ地区にある有名店 Ike's Place

※あまりの人気店になってしまったため、近所住民からの人混み、騒音、ごみに対する苦情で訴訟となったが、場所を移って待望の再オープン!

実はこのお店のウリは Veggie & Vegan。つまり、ベジタリアンサンドイッチ。・・・と、夫に伝えた瞬間、夫は一気に興味喪失。ところが、あるきっかけで食べたベジバーガーが驚くほど美味しくて夫びっくり。さらに、Ike は普通の肉のサンドイッチも絶品だという情報を得て、Ike 熱再浮上。

Ike's Place


週末やランチタイムは激混み長蛇の列と聞き、平日11時オープンと同時に訪れる。お店は小さくて、お客さんが3人入れば一杯。

Ike's Place


このお店、メニューの種類が尋常じゃない。ゆえに?お店の中にすべてのメニューが掲げられているわけではなく。私たちは事前にホームページでメニューをチェックして行ったけれど、その場だったら(後ろからのプレッシャーもあって・・・)きっと決め切れなかっただろうな。ちなみに、現在サイトに載っているメニュー数は、一般肉サンドイッチ 68、ベジタリアン 52、ヴィーガン 25、サンドイッチだけで合計145種類!

ホームページにも登場するお店のオーナー Ike さん(後ろ姿のお兄ちゃん)。サンドイッチはすべて注文が入ってからパンを温め、必要があれば肉をスライスし、ひとつずつ丁寧に作っていく。(時間がかかって長蛇の列にもなるはずだ。)

Ike's Place



Super Wario スーパー・ワリオ
Vegan Meatballs (meatless meatball), Mozzarella Sticks, Marinara
注文したのはベジタリアンメニューから、べジーミートボールとモッツァレラスティック、マリナーラソースのサンドイッチ。パンはもちろん Dutch Crunch!
Ike のサンドイッチには必ずダーティソース(Dirty Sauce)と呼ばれるクリーミーなガーリックマヨネーズソースが入っていて、そのダーティソースとマリナーラソースが混ざっている部分がめちゃうま。ガーリックマヨってどのお店でも売りにしてるけど、ここのはガーリックがシンプルにしっかり効いててすごく好み。夫がうなったのは、モッツァレラスティックとべジーミートボール。知らずに食べれば肉じゃないなんて気づかないかも。ダッチクランチもカリカリ部分に味があって、ソースでふにゃっと柔らかくなっても美味。

Ike's Place

※サンドイッチの名前に気が付きました?そう、任天堂スーパーマリオのワリオです。このメニュー、べジーではなく普通のビーフミートボールだったら Super Mario という名前。王道ミートでないからワリオ。面白い☆他にもルイージやクッパもいました。写真がちょっと汚くて残念。



ダッチクランチ(パン)は bonne sante のほうが美味しかったけど、夫の感想はトータルでは五分五分。それくらい美味しかった。私は今のところ bonne sante に軍配。次回は Ike でもターキー&ブリーを試して公平審議しようではないか。

というわけで、サンドイッチ・ランキング更新。

 1. bonne sante (訪問ブログ
 1. Ike's Place (支店ブログ)  ※同着1位
 3. Mr Pickle's (訪問ブログ
 4. Little Lucca (訪問ブログ
 4. Lorenzo's (訪問ブログ


そうこうする間に、店の外には徐々に列が出来始めてた。次回もオープン直後狙いかな。


Ike’s@San Francisco
http://www.ilikeikesplace.com
3489 16th Street
San Francisco, CA 94114
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-25 05:20 | レストラン

No.732 ゴディバで毎月タダチョコもらっちゃおう☆

ベルギーを代表するチョコレートGODIVA。アメリカのゴディバでは、Rewards Club に入会すると毎月以下の特典があります。入会金、年会費無料。

f0097972_9473338.jpg

  * 毎月チョコレートが1つ無料!
  * 毎月10ドル以上お買い上げごとにフリーギフト進呈(月1回)
  * 毎月オンラインショッピング送料無料(月1回)

何も買わなくても店頭に行ってカードを見せれば、毎月1個チョコレートがタダでもらえます。嬉しい!10ドル以上お買い上げのフリーギフトは毎月変わるそうで、先月はトリュフ2個でした。トリュフは1個約2ドルなので、5個買えば2個タダでついてくる計算。また、現在ゴディバのオンラインショップで最大60% OFFセールを開催中。送料が無料になればさらに嬉しい♪ 今月まだタダチョコもらってないっ!急がなきゃ!


GODIVA Rewards Club
https://www.godiva.com/member/rewardLogin.aspx#close

※英語ではゴディバではなくゴダイバと発音するんですよね。カメラのNikonもニコンじゃなくてナイコン。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-23 09:51 | アメリカ生活を始めよう

No.731 サンフランシスコのパフェといえば Ghirardelli@San Francisco

ベイエリアでの夢。それは、ギラデリの特大パフェをひとりで食べること

はぁ?と思われるかもしれませんが、「ギラデリのパフェは特大サイズ」と聞いて以来、それを独り占めするのが渡米以来の夢だった。でも、特大サイズとなると 2,000kcal くらいあるだろうし、かといって食事を抜いてパフェを食べるなんて夫がいい顔しない。

そんな折、同じように「パフェを食べるとご飯が食べられなくなるので旦那と一緒のときは無理だなー」とぼやいていらっしゃる方を発見。逃しません。

   「ギラデリパフェランチ、ご一緒しませんか?!

猛烈アタックの末、快諾!いよいよ夢が適う!


-+-+-

前書きが長くなりましたが、サンフランシスコのお土産として人気の高い(?)ギラデリチョコレート。1852年創業で150年以上の歴史を持つ。1998年スイスのチョコレート会社 Lindt の子会社になるまでは、全米で最大の単独チョコレート会社だったそう。

そのギラデリチョコのチョコレートショップ&カフェがサンフランシスコ、フィッシャーマンズワーフ近くのギラデリスクエアにある。

Ghirardelli Square


パフェのメニューはサンフランシスコにちなんだ名前でいろいろ。Gold Rush (ゴールドラッシュ)、Golden Gate (ゴールデンゲート)、Cable Car (ケーブルカー)、Haight Ashberry (ヘイトアシュベリー)など。

中でも最強なのは、1906年のサンフランシスコ地震にちなんだ The Earthquake。アイスクリーム8スクープ、8種類のトッピングにホイップクリームとバナナとチェリーのデコレーション!噂によると優に 4,000kcal 越え。
f0097972_2173617.jpg


さて。店内はちょっぴり凝ったアメリカのパーラー。ランチタイムきっかりに入ったので、全然混んでおらず。(普通混むのはランチの後ですよね。)

Ghirardelli Square


お店の中にちょっとしたチョコレート工場。とろとろのチョコレートが機械で攪拌されている様子を見物できる。これ、客が食べるチョコレートに使われるのかな。。

Ghirardelli Square


待たされることなくパフェ登場☆右は Gold Rush (ピーナッツバターとチョコレートファッジとバニラアイスのサンデー)。左は Haight Ashberry (ストロベリーチーズケーキアイスとバニラアイスとストロベリーソース)。奥が Intense Dark (エスプレッソアイスにチョコレートファッジ)。

Ghirardelli Square


そんなに大きくない、というのが正直な感想。(とうとう麻痺したか・・・。)親指と人差し指を広げたより多少大きい程度。グラスも細いし。実際3人ともぺろっと食べれちゃった。まぁ、ランチ代わりですが。甘いけど、思ってたほどは甘くない。Cold Stone のアイスのほうがよっぽど甘いと思う。これで 300kcal x 5層でざっと 1,500kcal くらいでしょうかね。

Ghirardelli Square


私の頼んだ Gold Rush は、アイスクリームが1スクープしか入ってなくて、後はピーナッツバターとかファッジばかり。(他のサンデーはアイスクリーム2スクープ。ピーナッツバター星人ゆえ誘惑に勝てず。)次回はチョコレートディップのワッフルボールに好きなアイスを3スクープくらい盛って、ピーナッツバターをかけて食べたい。(再び野望が出来た!でもいつ叶うんだ、汗)

Ghirardelli Square



Ghirardelli Ice Cream and Chocolate Shop (@Ghirardelli Square)
http://www.ghirardellisq.com/ghirardellisq/food.php?id=16
900 North Point St
San Francisco, CA 94109

駐車場はギラデリスクエアの専用駐車場あり。お店で Parking Validation をもらうと駐車場代が割引になる。カフェは並んでいる間にメニューを決め、入り口で注文して中で席につく形式なので、あらかじめメニューを研究しておくといいかも。(メニューはこちら。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-22 02:24 | レストラン

No.730 ワインカントリー・ガイドブック☆ 『カリフォルニア・ワイントピア』

ワインライターの旦那様を持つお友達のゴマさんが執筆されたワインカントリーのガイドブック 『カリフォルニア・ワイントピア』 が出版されました072.gif (ゴマさん、発刊おめでとうございます!)

Durif
わいんのむ?


ゴマさんの人柄のような優しくわかりやすい文章&翻訳でつづられるこのガイドブック。カリフォルニアワインの代表的なブドウ品種の説明に始まり、ワインラベルの読み方、お勧めワイナリー、魅力的なレストラン、テイスティングルームでのテクニック、などなど。いわゆる教科書的なガイドブックではなく、これまでお2人が実際の肌で感じてきた生の視点で書かれています。かといって単なるエッセイではなく、ブレイクさんの確かな経歴と知識に基づいた内容。ブレイクさんがそっと教える「ワインライターの日常」コラムも、この本ならではのスパイス。

カリフォルニアならではの青い空と雄大なブドウ畑。個性的なワイナリーの数々。読めば読むほどワインカントリーに飛んで行きたくなってしまう!そんな言葉がぴったりな一冊。「ワインのことはよくわからないんだけど、ちょっとカリフォルニアワインを勉強してみたいな」という方には特に是非!読んでいただきたいガイドブックです。


日本では書店や楽天、アマゾンで購入可能。楽天は日本国内なら送料無料、アマゾンは海外発送可能です(本より送料のほうが高いですが、、)。アメリカ在住であればお近くの紀伊国屋書店でお取り寄せできるそうです。

■ 楽天
カリフォルニアワイントピア
■ アマゾン
カリフォルニアワイントピア ~極上ワイナリーへの旅~ (私のとっておき)



-+-+-

著者略歴:
W. Blake Gray (W. ブレイク・グレイ)
サンフランシスコ・クロニクル紙のワイン記者・編集として、2007年まで年間200種類以上のワインを評価。2000年には、ナパ・ヴァレーを紹介する初のインタラクティブ・オンライン・ガイドを立ち上げている。サンフランシスコに拠点を置くワイン・ネゴシアンのCEO副社長として活躍。ワイン、蒸留酒、カクテル等、数々のコンテストの審査員、またワインの殿堂(Vintners’Hall of Fame)の選考会委員長を務めている。1991年から98年まで東京に在住し、美味しい日本酒と真美に出会う。

石川 真美
北京大学を卒業後、テレビ東京でアナウンサー、報道局国際部記者を務める。2002年に結婚を機会に、サンフランシスコに移住。現在はアメリカの日本酒業界に身を置く。山梨県生まれの、旅行、ダイビング大好き人間。ブログ「サンフランシスコ・ワイン日記」でサンフランシスコ生活とワイン徒然を更新中。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-19 04:08 | ワイン&ワイナリー

No.729 胃も心も大満足ブランチ The Village Pub@Woodside

スタイリッシュなベイエリアの食通iloveapplesさんに刺激され、またもや素敵なレストランに出会う。ウッドサイドにあるミシュラン1つ星レストラン The Village Pub。アメリカの王道ステーキハウスというイメージしかなかったのに、日曜に素敵なブランチをやっているとiloveapplesさんからの情報。しかも「The Village Pub のブランチはサウスベイで一番美味しいんじゃないかしら?」なんて殺し文句つき。

自転車アスリートたちが集うマーケットの近く、CA-84沿いに看板発見。

The Village Pub


・・・と思ったら正しい入り口はCA-84の裏手。仰々しいレストランではなく、白い木造の建物はアットホームなお家のよう。

The Village Pub


The Village Pub 創立時のメインシェフ Mark Sullivan 氏は、Food & Wine Magazine 誌で "America's Best New Chefs of 2002" にも選ばれた才能の持ち主。現在 Sullivan 氏と共に腕を振るうのは、何よりもローカルな食材を大切にする Dmitry Elperin シェフ。

天気がよくて寒くもなく、最高のブランチ日和。テラス席には木漏れ日、柵の脇には素朴な草花。

The Village Pub



実はすごーくメニューで迷って。スコーンが大好きなので「本日のマフィン&スコーン」にするか、iloveapplesさんお薦めのパンケーキにするか。いったんパンケーキを頼んだものの、スコーンが気になって気になって、ウェイターさんに「スコーンってどんなスコーンですか?」「いくつくらい入ってます?」など質問しまくった挙句、結局注文せず。。夫は呆れ顔。ウェイターさんも苦笑いで下がっていく。あぁ、大反省。

それでもスコーンが気になり続けていたら・・・なんと、ウェイターさんがにこにこしながら「あまりにも気になっていらしたようなので」と、すっと笑顔で差し出してくれた一皿。うわぁぁぁぁ、、、あまりの気配りに大感激。もちろん、サービスです。

The Village Pub



で、ちゃんと注文したメニュー(笑)

Lemon Ricotta Soufflé Pancakes / Blueberry Butter レモン風味リコッタチーズのパンケーキ
ふわっふわのパンケーキの中に練りこまれたリコッタチーズ。暖かいうちはしっとりと生地になじみ、少し冷めるとリコッタチーズがやや固まって、よりチーズ味を楽しめる。いつもはたっぷりメープルシロップをかけるのに、これはかけるのがもったいないくらい生地自体が美味しい。ほんのりレモン味がブルーベリーバターを和らげて。しっかりボリュームのパンケーキ2枚、ほぼ完食。ご満悦。

The Village Pub


The Village Pub Eggs Benedict エッグ・ベネディクト
夫の注文したエッグ・ベネディクト。イングリッシュマフィンの上に、ハムと半熟卵と、バターとレモンと卵黄から出来たとろーりオランデーズソース。パンケーキよりボリューム控えめ。パンケーキに夢中で食べてないけれど、夫いわく「絶品」だったそう。

The Village Pub



後でホームページで以下のような一文から始まる philosophy を見つける。

People don't dine out just to eat. They go to restaurants to be taken care of, to be pampered and cared for.
(人はただ食べるためだけに外食するのではない。行き届いた配慮で、手厚くもてなされることを求めてレストランに行くのである。)

そうそう。そうなのです。そのための対価も含まれているのです。The Village Pub ではこの哲学が忠実に遂行されていたことを改めて思い起こす。スコーンの件以外にも、気持ちのいいサービスは完璧。実はスコーンのお味は、美味しいけれどいわゆるアメリカのスコーンだったのですが(笑)、そんなことはどうでもよくなるくらい。これらのサービスを受けられただけでこのレストランに出会えたことに大満足。

ワインも豊富に揃っている様子。今度は大切な誰かを誘ってディナーで訪れたいねと、話しながらレストランを後にした午後でした。

The Village Pub
http://www.thevillagepub.net/
2967 Woodside Road,
Woodside, CA 94062

月~金:ランチあり、土曜はディナーのみ。ブランチメニューは日曜限定。定休なし。
Spruce(@SF)、Mayfield Bakery & Cafe(@Palo Alto)、Pizza Antica(@Santana Row)と同系列。(Bacchus Management Group)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-17 13:40 | レストラン

No.728 歳をとるのはいいことだ The Benefits of Aging

アメリカのおじいちゃんおばあちゃんはパワフルですからね。車もがんがん乗り回すし、インターネットも使いこなすし。こういうウィットに富んだネタがぽんぽん出てくるような、がははと笑ってジョークにしちゃえるような、余裕綽々なおばあちゃんになりたいものです。


The Benefits of Aging

01. Kidnappers are not very interested in you.

02. In a hostage situation you are likely to be released first.

03. No one expects you to run--anywhere.

04. People call at 9 pm and ask, did I wake you?

05. People no longer view you as a hypochondriac.
* hypochondriac: 心気症(体のわずかな異常への誤解から、異常も病気も見つからないにも関わらず、自分が今重い病気にかかっているのではないかと思い込む病気)

06. There is nothing left to learn the hard way.

07. Things you buy now won't wear out.

08. You can eat supper at 4 pm.

09. You might live without sex but not your glasses.

10. You get into heated arguments about pension plans.

11. You no longer think of speed limits as a challenge.

12. You quit trying to hold your stomach in no matter who walks into the room.
* hold in one's stomach: おなかを引っ込める、おなかの出っ張りを気にする

13. You sing along with elevator music.

14. Your eyes won't get much worse.

15. Your investment in health insurance is finally beginning to pay off.

16. Your joints are more accurate meteorologists than the national weather service.

17. Your secrets are safe with your friends because they can't remember them either.

18. Your supply of brain cells is finally down to manageable size.

19. You can't remember who sent you this list.
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-14 13:59 | へんなもの

No.727 今年も最高の Diamond Creek と Failla のラブリーピノ@Napa

ブルゴーニュワインを語り始めたら夢の世界へ行ってしまう(笑)ブルゴーニュ命のTさんにお誘い頂いて、ナパの Diamond Creek で毎年開催されるテイスティングイベントへ。素敵なピノにも出会った大収穫のナパツアー。



■ Failla Wines (フェイラ・ワインズ)
ナパ北部カリストーガにあるワイナリー、Failla。オーナー兼ワインメーカーは、カリフォルニア・ジンファンデルの金字塔 Turley のワインメーカーも勤める!Ehren Jordan (アレン・ジョーダン)氏。San Francisco Chronicle 誌の "Winemaker of the Year 2008" にも選ばれている。それだけでも興味津々だったけれど、今年のピノノアールの祭典 Pinot Days でワインの大御所かんちゃんゴマさんが「Failla のピノは美味しかった」と言うものだから、それは飲んでみなければ。

テイスティングは完全予約制。丁寧なメールのやり取りで好印象。朝の11時。私たちあわせて3組6人。(うち1組はシカゴでワインバーを営んでいるカップル。Failla の大ファンっぽい。)

Failla のテイスティングルーム兼オフィスはとっても素敵!古い山小屋風の建物の中は、こだわりのインテリアやアンティークでいっぱい。もちろん著名なワインボトルもたくさん並んでいて、これらはジョーダン夫妻がこれまで飲んだワインなんだとか。

Failla

リビング風のソファーに座って、ワイナリーの歴史やワインの説明を聞く。アットホームな雰囲気の中、ワインを傾けながら質問したり談笑したり。柔らかい時間がゆったり流れていく。

Failla Failla

テイスティング料は1人10ドル。ワインを買うと差し引いてくれる。

・2007 Chardonnay Monument Tree Anderson Valley ($38)
・2007 Pinot Noir Sonoma Coast ($34)
・2007 Pinot Noir Keefer Ranch Russian River ($45) GOOD!
・2006 Pinot Noir Hirsch Vineyard Sonoma Coast ($65) GOOD!
・2007 Syrah Phoenix Ranch Napa Valley ($42) GOOD!

文句なく美味しいピノ。特に単一畑の Keefer と Hirsch Vineyard はどちらも著名な畑だけあって本当に美味しい。Keefer は鮮やかなベリー系、Hirsch はより上品で落ち着きがあり、果実味と酸味のバランスがとてもいい。フェイラはブルゴーニュスタイルのピノを目指しているんだそう。もう、うっとり。先日のFreemanに引き続き、素晴らしいピノに出会えたもんだ。

最後のシラーがまた驚き。フルーツ爆弾みたいなカリフォルニアのシラーではなく、パワフルだけど落ち着きがあり複雑。ヴィオニエがブレンドされているからかお花のような後味が残る。夫は「Turley のワインみたい」と。前年の 2006 Syrah Phoenix Ranch Napa Valley は、Wine Enthusiast 誌の2008年 TOP 100 の第一位に選ばれたんだそう。

ワインは言うまでもなく、ワイナリーの雰囲気や対応も申し分なくご満悦。いやー、来てよかった。

Failla





Diamond Creek Vineyards (ダイアモンド・クリーク・ヴィンヤーズ)
カリフォルニアのプレミアワイン、Diamond Creek。今年も運よく年に一回のテイスティングイベントに参加できて幸せ。

Diamond Creek Vineyards


2時からのツアーには去年参加したため(去年の様子はこちら)、今年は3時からのテイスティングより参加。ダイアモンド・クリークには "Lake"、"Red Rock Terrace"、"Gravelly Meadow"、"Volcanic Hill" の4種類のカベルネ・ソーヴィニヨンがある。「Lake」は特別で良年にしか造られない。今年も「Lake」以外の3種類、リリース予定の2007が飲み放題!

Diamond Creek Vineyards

Red Rock Terrace は果実味と酸味が豊か。Gravelly Meadow は深みのある重厚で複雑なワイン。Volcanic Hill は Red Rock Terrace に少し似ていて、酸味控えめ、タンニンしっかり、暑い中でもきりっとした印象。香りがどんどんよくなる。最初は Volcanic Hill が一番好きだったけれど、最後は Gravelly Meadow に落ち着く。いや、落ち着けない。どれも最高に美味しい。未リリースの段階でこれだけ美味しいのに、何年か寝かせたらどうなるんだろう。

目下、ナパで一番好きなカベルネ。(これ以上高いナパのカベルネなんてそうそう飲んだことないもので。苦笑)でも、1本175ドル。Lake に至っては 1999 ヴィンテージが400ドルです。買えませんってば。

Diamond Creek Vineyards





■ Frank Family Vineyards (フランク・ファミリー・ヴィンヤーズ)
こちらもカリストーガにあるワイナリー。去年(2008年末)頃まではナパにおいてテイスティング無料!と重宝がられていたけれど、現在は10ドル。ご時勢ですかね。(ワインを買うと差し引いてもらえる。月から木は無料。)

Frank Family Vineyards

・Blanc de Blancs ($35)
・Rouge ($35)
・2007 Chardonnay, Napa Valley ($32.50)
・2007 Reserve Chardonnay, Carneros ($55)
・2006 Zinfandel, Napa Valley ($36.75)
・2005 Cabernet Sauvignon, Napa Valley ($45) GOOD!
・2005 Rutherford Reserve Cabernet Sauvignon ($85) GOOD!

Frank Family はスパークリングも造っていて、Rouge は100%ピノノアールのチャーミングな色が印象的。色とは一転、思ったよりドライでブラックベリーのような濃い味。その他のワインもどれも美味しい。この「どの品種を飲んでも一通り美味しい」を満たすワイナリーは貴重ですごいと思う。

ただ、朝一だったので準備が出来ておらず対応がかなりおろそか。目も見ず注ぐだけのワインもあったり。それはないよなー。でも、朝からすごく人気のワイナリーだった。ちゃんと対応してくれる時に来ればワイナリーの印象も全然違ったかも。

Frank Family Vineyards





■ Alpha Omega Winery (アルファ・オメガ・ワイナリー)
1、2年ほど前に初めて名前を聞き、それがどれもいい評判で、あれよあれよという間に有名になっていった感のあるワイナリー Alpha Omega。29号線沿いに大きな看板。

Alpha Omega Winery

モダンで洗練されたワイナリー。テイスティングルーム内も、天井が高くスタイリッシュ。ボトルを購入し、テラスで楽しむ人も少なくない。

Alpha Omega Winery

テイスティング料は15ドル。プラス10ドルでシグネチャーワイン ERA を飲むことが出来る。最近話題の、デキャンタージュしなくてもグラスにワインを注ぐ段階で同じ効果が得られるワインエアレーターで注がれる。へぇ。(ワインエアレーターは「カリフォルニアワインのお勝手口」でも紹介されてます。)

・2008 Sauvignon Blanc Napa Valley ($34)
・2006 Chardonnay Napa Valley ($46)
・2006 Cabernet Sauvignon Napa Valley ($74)
・2006 Rroprietary Red Wine Napa Valley ($82) GOOD!
・2006 ERA Napa Valley ($160) GOOD!
・2007 ERA Napa Valley (バレルテイスティング) GOOD!

ERA はカベルネソーヴィニヨンとメルローがほぼ同比率のブルゴーニュスタイルブレンド。Oakville や To Kalon、Spring Mountain のブドウが使われている。どっしりとしたタンニンでさすがに美味しい。2006を飲んだ後、2007のバレルテイスティングまで。若さはあるけどこれもいい。でも、160ドルとは強気の値段設定。(だったら私は175ドルの Diamond Creek を買いたい。)

ナパでは珍しく6時まで開いているワイナリー。私たちも一日の最後に訪れた。ワイナリー人気と遅い訪問が重なってか、対応が相当にいい加減。平気で長時間放置されるし、ワインは飛ばされるし、ボックスワインを売りつけようとするし。商業的になりすぎてて、、、残念。

Alpha Omega Winery


-+-+-

今回はどのワイナリーも全体的に美味しかった。Failla と Diamond Creek はもちろん、Frank Family と Alpha Omega もレベル高し。(ワイナリーの対応がよければ本当によかったのに。)樽香の強すぎるカリフォルニアのシャルドネが最近苦手だったけど、今回飲んだシャルドネはどこも上品で美味しく、カリフォルニアのシャルドネも悪くないな、と再認識。

ブドウがすっかり実をつけて房になっていた。ナパのブドウの成長を見ていると一年が巡るのが本当に早い。

Failla Wines (要予約)
http://www.faillawines.com/
Diamond Creek Vineyards (一般非公開)
http://www.diamondcreekvineyards.com/
Frank Family Vineyards
http://www.frankfamilyvineyards.com/
Alpha Omega Winery
http://www.aowinery.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-11 10:48 | ワイン&ワイナリー