<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

No.606 Christmas Day 2008

」 をすっかり書きそびれ今年も残すところあと3日ですが、、、2008年クリスマスの幸せ記録。


今年もパティシエChicoさんにブッシュ・ド・ノエルをお願いしようとご連絡した際、「今年は特に予定もないので、」とぽろっとこぼしたのが幸せの始まり。「じゃ、うちにいらっしゃいませんか?」えぇぇ、いいんですかぁぁ!是非是非伺いますっ♪

25日のChicoさんはサンタクロース並みの忙しさ。注文を受けた7台のブッシュ・ド・ノエルと24個のモンブランを作り、(ギャブゥさんばんずさんが紹介されています)、午後皆さんが取りに来られる合間にクリスマスディナーの用意。そんな多忙な一日の結果、どーんっ、こんな豪華なラム(Rack of Lamb)が登場。

Christmas Party


ええ、もう、絶品。すごーく柔らかくて、スパイスもばっちり。付け合せのブリュッセル・スプラウトとバターナット・スカッシュのソテーも最高。お手製のクランベリーソースをたっぷりかけて頂きました。

Christmas Party


〆のChicoデザートは Chocolate Molten Cake。表面かりっとしっとりチョコレートケーキの中に、絶妙に溶けたチョコレート。甘すぎず深みのある大人の味。これはやばい・・・。美味いー☆「Chicoスイーツの中でも1、2を争うよ」と、チョコスイーツが苦手なはずの夫も絶賛。その言葉でどれだけ美味しいかがよくわかる、うんうん。

Christmas Party


残ったラムやChicoさん手作り石鹸、その他のChicoデザート(チョコレート・トフィー!)など、持ってきたプレゼント以上のお土産をたくさん頂いて。毎度のことながらChicoホスピタリティにどっぷりつかった一日でした。


元気で明るく前向きで頑張りやなChicoさん。周りの人を元気一杯にしてくれるChicoさんは、まさにサンタクロースのよう!お忙しい中、最高のお食事と楽しい時間を本当にありがとうございました058.gif ラムのレシピ、ブログで紹介されるのを待ってまーす♪
Christmas Lights
Ho ho ho!

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-30 09:37 | アメリカのイベント

No.605 デトックス結果

Whole Foods のキットを使っての2週間短気集中デトックス。結果報告を延ばし延ばしにしていましたが、あんなに堂々と宣言した手前、さすがにご報告しなきゃいけないだろう、、と重い腰を上げました。この口調からもわかるように、納得のいく結果ではありませんでした。。057.gif 薬が悪いのではなく、私側の原因も大いにあるのですが。

Complete Body Cleanse



■ デトックス中の様子

・最初の数日は軽い頭痛と耳鳴り。でも、私の感覚では、生活や運動に支障をきたすほどではなく。夫は最初から普通に出勤。
・後半はそれらの不調もなく、普通に週3回のテニスを続ける。
・自分では意識していなかったけれど、夫には「疲れているように見える」と指摘されることも。
・水をすごく飲むので、足がむくむ
・皮膚もデトックスしてくれているのか、皮膚がぽろぽろむける。(単なる乾燥肌・・・?)
・アメリカの特大サイズの錠剤を飲み続けるのが、夫にはかなり苦痛だったらしい。

Big American Pills


デトックスの一番の症状は、腸のクリーニング。夫は期待どおり、大変好調だったのですが。実は私、もともと慢性の便秘症で、そのための薬を常用していました。今回のデトックスキットに含まれる薬がほぼ同じ成分のものだったため、代替できるだろうと思っていたのですが・・・私は見事な便秘に。最初の1週間でまったく便通がなく、お腹は張るわ、吐き気はするわ、これじゃデトックスの目的に逆行している、、ということで、常用便秘薬(微量)を併用する羽目に。通常よりトックス?を溜め込んでしまった私は、この時点でそもそもあまり効果が期待できる状態ではありませんでした。。

次に。デトックス2週間の間は健康食を心がける、ということで、インターネットで「デトックス」と名のつくレシピを探し、純粋にレシピ通りに料理を作ったのですが。野菜をたくさん取ろうというお題目だけで、世の中のレシピって案外油を使うのね・・・と気づくのにしばらくかかりました。普段自分が作っている料理でも十分野菜は入っているし、普段のほうが油分に気を使っていたので、逆に体重は増えてしまいました。(私は便秘のせいもある。)

最後に。これが致命的。デトックス2週目、夫が急遽出張で日本帰国が決定。ここで精神力の弱い私、1人で自炊するはずもなく、健康食に勤めなければいけないデトックス中にありえないつまみ類やスナックやスイーツの日々を送ってしまいました。夫は夫で外食続き。



■ デトックス後の効果

・「活力がみなぎる」という点について。
 しばらくは少し元気にはなった(気がする)。でも、デトックス中に感じた頭痛やだるさと相殺すれば、
 毎日普通の生活を送ったのでいいのでは・・・?と思ってしまう。
・「肌の調子がよくなる」という点について。
 正直、ほとんど変化を感じなかった。(ま、デトックス結果を得られる状況でなかったからかもしれない。)
・「体が軽くなる、体重が落ちる、消化器系の調子がよくなる」という点について。
 これも正しいデトックスが出来ていたかどうかが不明なので、期待した変化は見られず。




・・・ここまで書いて、情けなくなってきました。。

なので、今回のデトックスは、失敗とまでは言わなくても(夫のクレンジングはなかなか好評だったようだし)、私には体質も実行方法も結果もいまいちな、消化不良な感じで終わってしまいました。

ただ、デトックス中は思ったより疲れなかったし運動も出来ることがわかったので、(※個人差はあると思います)、1回目のお試しとしてはよかったのかもしれません。食生活も、どんな感じで気をつければいいかコツがつかめたし。

なにより、これだけ流行っているデトックスとクレンジングキット。もう1回くらい、今度はもっと適正なやり方と食生活でチャレンジしてみようと思います。(期待を持たせておいてこの結果、すみません。次回もしよい結果になったらご報告しまーす。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-25 04:24 | たべもの

No.604 ミュージカル 『クリスマス・キャロル(A Christmas Carol)』

今年はあまりミュージカルを観に行かなかったけれど、年の最後に 『クリスマス・キャロル』 を観に行った。ご存知、英国の文豪チャールズ・ディケンズの代表作。

f0097972_5421585.jpg


シアターは、サンフランシスコのユニオン・スクエアのすぐ近く(刀屋ラーメンの目の前)にある A.C.T.(American Conservatory Theater)。非営利専門劇場(Nonprofit Professional Theater)として運営されており、恵まれない子供たちに無償鑑賞を提供したりしている。チケット代は運営費用の60%しかカバーしておらず、寄付によってなりたっているそう。

A.C.T.


『クリスマス・キャロル』 あらすじ:
作品の主人公は、エベネーザ・スクルージ(Ebenezer Scrooge)という初老の商人で、冷酷無慈悲、エゴイスト、守銭奴で、人間の心の暖かみや愛情などとは、まったく無縁の日々を送っている人物である。ロンドンの下町近くに事務所を構え、薄給で書記のボブ・クラチットを雇用し、血も涙もない、強欲で、金儲け一筋の商売を続け、隣人からも、取引相手の商人たちからも蛇蝎のごとく嫌われている。

明日はクリスマスという夜、事務所を閉めたあと自宅に戻ったスクルージは、かつての共同経営者で、十年前に亡くなったマーレイ老人の亡霊の訪問を受ける。マーレイの亡霊は、金銭欲や物欲に取り付かれた人間がいかに悲惨な運命となるか、自分自身を例としてスクルージにさとし、スクルージが悲惨な結末を回避し、新しい人生へと生き方を変えるため、「過去のクリスマスの霊」、「現在のクリスマスの霊」、そして「未来のクリスマスの霊」の三人の精霊がこれから彼の前に出現すると伝える。(Wikipediaより)


感想。とってもとっても楽しかったです。ミュージカルといっても台詞が多く、正直ほとんど聞き取れなかったのですが(汗)、あらすじを読んでいっていたのでストーリーは理解。特に、3年連続で主人公の強欲老人スクルージを務める James Carpenter 氏の演技は素晴らしかった。観客席にはドレスアップした子供たちが多く来ていて、諸所にユーモアも盛り込んだ演出も楽しめました。最後のシーンなんて、思わずじーんときてしまい。贈り物や恵まれない人への寄付の精神とはこういう気持ちからやってくるんだなぁと。惜しみない拍手を送って、暖かい気持ちで帰路につきました。

f0097972_5424292.jpg
(写真は A.C.T. のサイトからお借りしました。)


ミュージカルに限らず絵画も音楽もなんでも、いい作品をレベルの高い場所で鑑賞するのは本当にいい刺激になります。(ミュージカル以上に劇が苦手な夫は、途中で夢の彼方へ旅立っていました。。)


A.C.T.
http://www.act-sf.org/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-24 06:07 | ベイエリアお出かけ

No.603 愛される豪快ガーリックソース Lorenzo's Sandwich Shop@Belmont

最近週末のランチはサンドイッチショップ巡り。Yelp を見ては近所で評判のよいデリを開拓している。今回はベルモントにある Lorenzo's Sandwich Shop (ロレンゾズ・サンドイッチ・ショップ)。Ralston Ave と Alameda de Las Plugas の交差点の近く。ここに通い続けて20年以上とか、地元の人たちに愛されるデリらしい。

Lorenzo's Sandwich Shop


土曜日の12時半頃。お客さんが続々とやってくる。小さなお店だけど、3人くらいの店員さんが平行してオーダーを取るので、それほど待たされることはなく。メニューを決めて、5~6種類のパンとチーズの中から好みの物を選ぶ。

Lorenzo's Sandwich Shop


注文したのは、Yelp で一番人気の Hot Pastrami on Dutch Crunch Roll。ホット・パストラミは辛いという意味ではなく、おもむろにチーズと一緒に軽く電子レンジで温めてパンにはさむ。

Lorenzo's Sandwich Shop

一口かじって、おー、美味い。ここのサンドイッチの人気の秘訣はガーリックソース。"The legendary garlic sauce" と絶賛する人もいるくらい。このガーリックソースをケチャップボトルのような容器からどばどば振り掛ける!でも強烈すぎるガーリック味ではないので大丈夫。(私は強烈過ぎるくらいがいいんだけど、笑)マヨネーズとビネガー漬けにしたキャベツ、ピクルスが、暖かくジューシーなパストラミにとてもよくあう。とろ~り溶けたチーズもぴったり。パストラミに負けない Cheddar にして正解。

ヘルシーなサンドイッチとは対極の、典型アメリカーンな豪快サンドイッチ。コーラと一緒に大口開けてかじりつこう。


Lorenzo's Sandwich Shop
911 Villa Ave.
Belmont, CA 94002
(650) 592-4321

火~土:9:30 - 15:30、日・月曜定休。クレジットカード不可、現金のみ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-23 06:11 | レストラン

No.602 New York 2008 食事編

旅行中はお手軽B級グルメが定番。ちゃんとした服も用意できないし。お上りさんっぽく超定番な有名店ばかりを巡ってみた。情報元はまっぷるガイドブックと、私の心の友 Yelp(笑)


-+-+-

ニューヨーク最初の一食は 『一風堂』。定番の白と赤。すごいなぁと思うのは、「アメリカで頑張ってるラーメン屋」の味ではなく「日本のラーメン」の味がすること。サイドメニューもお酒もあってちょっとした居酒屋を目指してる感もあり。でもラーメン1杯13ドル。。

Ippudo N.Y.
Ippudo N.Y.



ザガットで何年もニューヨーク・ナンバーワン・ピザに選ばれているという 『Grimaldi's Pizzeria (グリマルディーズ・ピッツェリア)』。NY最古のオーブンで焼く薄焼きピザは、カリカリ過ぎず、焦げすぎず、まさに絶妙な焼き加減。トマトソースに深みがあってめちゃうま。大好きなベイエリアの Amicis も East Coast Pizza だしね。

Grimaldi's Pizzeria



Dean & Delulca など、グルメデリの草分け的老舗 『ZABAR'S (ゼイバーズ)』。ゼイバーズといえばスモークサーモンってことで、隣のデリでスモークサーモン・ベーグル。これは・・・やばい!うまーい!!これまで食べたスモークサーモンの中で文句なしのベスト!

Zabar's



ニューヨーク在住の友人に連れて行ってもらった、彼女一押しの居酒屋 『炙り屋錦乃介(あぶりやきんのすけ)』。久しぶりの炉辺焼き。鶏つくねに朴葉焼きにざる豆腐。日本以上に日本居酒屋らしいこのお店。味も大満足。ニューヨークの和食のレベルの高さを思い知る。恐るべし。

Aburiya Kinnosuke
Aburiya Kinnosuke



1888年創業、120年間続く超定番パストラミサンド 『Katz's Delicatessen (カッツ・デリカテッセン)』。映画「恋人たちの予感」のロケ地としても知られ、タクシーで乗り付ける観光客が後を絶たない。黙ってても客は来る。そんな店になってしまったため、バルセロナの 7 Portes 以来の横柄な店員態度。ありえない天狗っぷり・・・。パストラミサンドはまぁ美味しいけれど、15ドルもするこれを地元の人が毎日食べにくるとは思えず。(Chico さんが訪れていた Carnegie Deli のパストラミサンドもyelpでは人気。)

Katz's Delicatessen



ニューヨークyelpの全レストラン中、最も多いレビュー数を誇るバーガーショップ 『Shake Shack』。評価も★4つと悪くない。人気の Shack Burger は In-N-Out みたいにシンプル勝負で美味しい。サイドで人気の Cheese Fries もほくほく。ところがここ、スタンドバーだった。屋外パラソル席のヒーターは使用不可で、多少暖かい日だったからよかったものの、ディナーを寒空の下で食べるのは厳しかった。。

Shake Shack



「SEX AND THE CITY」に登場して一躍有名になったカップケーキ 『Magnolia Bakery (マグノリア・ベーカリー)』。ベイエリアでまだ Sprinkle Cupcakes も食べてないのに、ニューヨークでアメリカン・カップケーキ初挑戦。おー!スポンジうまっ。表面さくっ、中はふわっ、甘すぎないし。アイシングは想像どおり激甘。食べれるけどさぁ、、半分くらいの量のほうがスポンジを邪魔しなくていいのに。もったいない。

Magnolia Bakery



ニューヨーク・チーズケーキの代名詞とも言われる 『Junior's』 のチーズケーキ。プレーンが売り切れで、2番目に人気の Strawberry Cheese Cake を。もう、ぎっしり濃厚!これまで食べたニューヨーク・チーズケーキの中で一番濃厚。(夫はここで、ニューヨーク・チーズケーキとレアチーズケーキの違いを知る。夫が好きなのはレアのほうだったらしい。)



Junior's



夫の故郷の小さな町で食べた、高校時代の行き着けのピザ。これも生地が絶妙な焼き加減で耳はぱりぱり。トマトソースも最高。ニューヨークはどこへ行ってもピザが美味しいと言われるのが頷ける。

Sunrise Pizza



ニューヨーク在住Ayaさんの、スペイン人の友人一押しのタパスバー 『Xunta Tapas Bar』。雰囲気がすごい。スペインでタパスを堪能した矢先だけに、本場のタパスメニューがずらり並んでて感激!美味しかったのは、イカ墨煮、肉厚アンチョビのビネガー漬け、かりかりクロケット、スパイシーチョリソ。チーズはNG。ビールの種類も豊富で、そりゃ飲みすぎマス。※Close してしまったそうです。。

Xunta Tapas Bar

Xunta Tapas BarXunta Tapas BarXunta Tapas BarXunta Tapas Bar
Xunta Tapas BarXunta Tapas BarXunta Tapas BarXunta Tapas Bar



ホテルの朝食は激甘ドーナッツがずらーり。もちろん取り放題。ひょえー。さすがの夫でも「あ、あまい・・・」。見ればわかります。

Complementary American Breakfast



旅行の〆も(夫の希望により)ラーメン。ニュージャージー州 Mitsuwa に入っている 『山頭火』。やはり日本のラーメンの味。夫は讃岐うどんも見つけて、ぶっかけに手を出す。(うどんはいまいち。)私は、伊藤園の抹茶・ほうじ茶・バニラのトリプルソフト。う~ん、ビバ!日本のソフトクリーム!これが常時食べられるニューヨークも最高。

Santoka
Sanuki UdonJapanese Icecream




そんな訳で、B級ながらも食道楽な旅を無事遂行。どれも平均以上のチョイスで満足。(私、よく調べた!)ただ正直、サンフランシスコやベイエリアも食のレベルなら負けてない!ベイエリアのレストラン開拓への決意を新たにした旅でもありました。


-+-+-

2008年ニューヨーク(New York)観光編はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-21 06:37 | ニューヨーク 2008

No.601 New York 2008 観光編

12月の週末をはさんで、4泊5日でニューヨークに行ってきました。目的は、冬のニューヨーク・イルミネーション☆そしてもうひとつは、夫の故郷巡り。前の週まで雨続きで、私たちが訪れた日に久しぶりに晴れ間が見えたそう。よかった。


-+-+-

1日目はマンハッタンの南、Lower Manhattan 地区へ。この日は寒かったぁ。最高気温は6℃あったけれど、とにかくニューヨークは風が冷たい。。

自由の女神(Statue of Liberty)行きのフェリーが出るバッテリー・パーク(Battery Park)から自由の女神を眺める。島へは行った事があるので今回はパス。(この眺めで十分。)

Statue of Liberty


ウォール街の象徴、雄牛のブロンズ像(Charging Bull)も、観光客の手にかかればこんなことに・・・(汗)

Charging Bull


ニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)。前職で担当した某証券取引所の仕事が、実は夫とのきっかけだっただけに、ここは外せません(笑)さすが世界の中心。星条旗の電飾がカッコいい。

NYSE


ツインタワー崩壊跡地は現在、ワールド・トレード・センター跡地(World Trade Center (WTC) Site)と呼ばれ、新たな超高層ビル「フリーダムタワー」や犠牲者追悼のメモリアル公園の建設が始まっている。公園の完成予定は2012年。同時多発テロの様子を展示したビジターセンターを見学。アメリカらしい、その場にいた人の生の声を綴って臨場感を盛り上げる展示ギャラリー。

World Trade Center Site


マンハッタンの対岸、ブルックリン(Brooklyn)から見たマンハッタンの夜景。寒い中で夜景を見てると、東京のお台場や横浜を思い出す。うー、さぶっ!

Brooklyn Bridge




-+-+-

2日目は1日目よりさらに寒くて、最高気温0℃。こんな日は室内でしょ。ってことで、アメリカ自然博物館(American Museum of Natural History)。Chicoさんのブログを見て、絶対行く!と誓った博物館。

American Museum of Natural History


見たかったのはそう!これ!

American Museum of Natural History


世界最大の恐竜化石コレクション!きゃー!きゃー!絵本に出てきたティラノサウルスだぁぁー!(アメリカでは T-rex と呼ぶそう。)もう、テンション最高潮。

American Museum of Natural History


他もじっくり見て周り3時間。大感動の博物館♪

American Museum of Natural History


ニューヨーク Macy's のライトアップ。(サンフランシスコ Macy's のほうが目の前にツリーもあって素敵じゃない?と贔屓目、笑)

Macy's


しっかし・・・不況知らず。

Macy's


世界最大規模を誇るグランド・セントラル駅(Grand Central Terminal)。朝から夜まで人の波でごった返す。天井の星座、大きなアーチ窓。いろんな映画の舞台に使いたくもなるなる。

Grand Central Terminal




-+-+-

3日目。うって変わった暖かさ。最高気温9℃!(最低気温はマイナス2℃だったけど。)

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)。通称「MET メット」。印象派が好きな私、19世紀ヨーロッパ絵画とギリシャ彫刻をメインにじっくり鑑賞。この美術館はモネが最高。

Metropolitan Museum of Art


その後、タイムズ・スクエア(Times Square)の人の洪水を必死でかきわけ、

Times Square


ロックフェラー・センターのてっぺん、トップ・オブ・ザ・ロック(Top of the Rock)に登る。16時半の日没にあわせて登ったので、夕焼けから夜景までじっくり堪能。(METで歩きつかれた私は、夫が写真に集中する傍ら、ソファーで仮眠。)

Top of the Rock

Top of the Rock


そして、寒い寒い冬のニューヨークに来た一番の目的。そう、ロックフェラー・センター(Rockefeller Center)のクリスマスツリー☆ライトアップする前は「大きな木だなぁ」くらいの感想だったけど、眩いばかりのライトが灯った姿は圧巻。「うわー」と歓声。いったい何個のライトが?!072.gif

Rockefeller Center Christmas Tree


さらにクリスマス気分を盛り上げてくれた、ラジオシティ・ミュージックホールのクリスマスショー(Radio City Music Hall Christmas Spectacular)。音楽や舞台いっぱいの映像を上手く取り入れ、3D眼鏡なども使って、ぴったり息のあったロケッツたちのショーを存分に楽しむ。宝塚が懐かしい。(昔、宝塚ファンでした。)

Radio City Music Hall




-+-+-

4日目、5日目はレンタカーを借りて、夫が昔住んでいた故郷へ。

印象的だったのは高校。歴史の古さを感じさせる重厚な石造りの建物。これが高校ですか。。

Rye High School


許可をもらって構内も見学。(生徒を写真に撮らないように!と厳重な忠告。)私はアメリカの学校に入るのはこれが初めて。テレビに出てきそうなロッカー。賑やかなカフェテリア。夫も、何もかもが懐かしそう。

Rye High School


近くにある慶應ニューヨーク校(高等部)。夫も学園祭などで時々遊びに行ってたらしい。慶應大学に入れることから人気は高いけれど、とーっても裕福な皆様なんでしょう。

KONY

このほか、昔住んでた家、補習校、塾、テニスコート、初めて合法的に煙草を買ったお店など(笑)、昔の夫がいた風景を想像しながら巡る。面白いね、こういう体験。バブルの頃は日本人がとても多く、学校にもたくさんの日本人がいたらしい。でも旅行中、この町では日本人はおろかアジア人さえほとんど見かけなかった。企業がどんどん撤退していってる現実。

ちなみに。夫はグランド・セントラル駅のことを「グラセン」、ジョージ・ワシントン・ブリッジのことを「ジョーワシ」と呼ぶ。嗚呼、現地の日本人高校生。


-+-+-

満喫ニューヨーク。印象深かったのはロックフェラー・センターのクリスマスツリーとアメリカ自然博物館。暖かい日もあったけど、やっぱり寒さで無意識に肩に力が入ってすごい肩こり。冬はもう来ないかもなぁ(笑)せっかく立派な J-Walker になれたのに。

Top of the Rock



さて。食事編へと続きます。もうしばらくお付き合いを。

-+-+-

2008年ニューヨーク(New York)食事編はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-20 05:14 | ニューヨーク 2008

No.600 2005年ワインを24年かけて飲もうプロジェクト

カリフォルニアに来て、しっかりワインが大好きになった夫婦。「折角だから結婚記念年2005年のワインを毎年結婚記念日に飲んでみない?」と、夫が面白い提案をしてくれた。面白い!賛成ー♪


まずは、それほど高くないナパのワインを1ケース。12本を一年おきに飲んでいく。選んだのは Stags Leap District にあるワイナリー Clos Du Val (クロ・デュ・ヴァル)の Cabernet Sauvignon。100ドル以上するような上ワインではなく、このレベルのナパの並ワインが24年後にはどうなるんだろう。

一年おきの間の年に、ちょっとだけいいワインを挟んでみる。カリフォルニアだけでなく、フランス、イタリアも。今の予算で買える範囲なのでそんなにいいワインには手が出ないんだけど、、、それでも一応満足のいくラインナップになった。タグも完成。

Tagging

ちなみに、私が50歳で飲む記念ワインはイタリアのスーパー・トスカーナ 2005 Sassicaia。夫が50歳で飲むワインはフランス・ボルドー第一級格付けシャトー・ラトゥールのセカンドワイン 2005 Les Forts de Latour に決定。大トリを飾るのは、カリフォルニアを代表する私たちも大好きなワイナリー 2005 Ridge Monte Bello。23年後!先は長いなぁ。。



-+-+-

今年2008年。記念すべき1本目。

2005 Clos Du Val Napa Valley Cabernet Sauvignon
2005 Clos Du Val Napa Valley Cabernet Sauvignon

パワフルな王道のナパのカベルネ。今はちょうど飲み頃なんだろう、期待通り美味しい。このワインがこれから一年おきに12本巡ってくる。楽しみ楽しみ♪
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-18 09:49 | ワイン&ワイナリー

No.599 週末は長蛇の列 大人気カフェ Cafe Borrone@Menlo Park

El Camino Real を走っていると、なんだあの列は?と驚くほど大人気のカフェ Cafe Borrone。特に週末のブランチは長蛇の列で、一度はその光景に怯み、あっさり諦め別の場所へ行ったんだけれど。聞くところによると回転は速いらしいので再挑戦。

Cafe Borrone


土曜の11時。やはりお店の外まで長蛇の列。でも確かに回転は速く、徐々に前に進んでいく。ここの難点は紙のメニューがなく、お店の中の手書きのボードから選ばなければいけないこと。長蛇の列が幸いし、夫と交代で並びじっくりボードメニューを吟味。

Cafe Borrone



メニューも決まり、席も確保し、さぁランチタイム。

Chicken Salad Sandwitch on toasted raisin bread チキンサラダ・サンドイッチ
スクランブルエッグにも大きく後ろ髪を引かれつつ、私は友人お勧めの一品に。決め手は、大・好・物のトーストされたシナモンレーズンパン♪ 期待通り、さくっと甘く。間に挟まったチキンサラダはトーストの4倍くらいの厚み。(写真の逆側から見るとすごい厚みなんです。)美味しいけれど、ちょっとマヨネーズ使いすぎかな。夫曰く「甘いパンとお惣菜をあわせるのはちょっと・・・。」そうですか?私は好きなんですよ。

Cafe Borrone


Italian Sausage Melt on baguette イタリアンソーセージ・サンドイッチ
写真ではわかりづらいけれど、これがすっごいボリューム。私のサンドイッチの2倍くらいはありそう。でも残念なことに、冷めてた。。客が多いとはいえそれは悲しい。ソーセージもバジルトマトソースも可もなく不可もなく。夫、Cafe Epi のサンドイッチを大いに恋しがる。ただし、バゲットは Acme Bread でこれはめちゃうま。

Cafe Borrone


お持ち帰りしたスコーンとマフィンもかなりアメリカンなお味。(ここのスコーンもだめだったか・・・。)そういえば、前に知人が頼んでいた Veggie Melt Sandwich にもたっぷり層になったチーズがどーんと溶けて鎮座してたっけ。選ぶメニューによってはアメリカーンなお店。あれ、イタリアンだっけ、ここ。(向かいにある Stacks と競合にならないのかな。)

Pastries from Cafe Borrone



でも。このお店の一番の人気の秘訣は、なんといっても気持ちのいいテラス席。外は広々でテラス席がたくさんあり、天気のいい日はパラソルの下で気持ちよく食事ができる。こんなにたくさんのお客さんが押しかけても、10人以上の大家族でブランチにやってきても、ちゃんと席を確保できる。午後のティータイムにももってこい。Soup of the day & Acme Bread のセットは美味らしい。チキンサラダ・サンドイッチも美味しいし、レーズントーストは単品でも注文できる。

店員さんはフレンドリー、開放感があって気持ちがよくて、週末に大切な人と訪れたくなる気持ちはわかる。大人気のカフェであることに違いはない。


Cafe Borrone
http://www.cafeborrone.com/
1010 El Camino Real
Menlo Park, CA 94025
(650) 327-0830

月~金:7:00 - 22:00 (金曜夜は23:00まで)
土~日:8:00 - 23:00 (日曜夜は16:00まで)
脇道を入ったすぐのところに地下専用駐車場あり。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-14 14:01 | レストラン

No.598 風物詩、蟹(2008 Dungeness Crab season has began)

蟹シーズン、始まってます。071.gif
サンフランシスコ&ベイエリアの名物といえば、ダンジネスクラブ(Dungeness Crab)。12月に入って既に2度目のカニオ。

Crab Party


今年もハーフムーンベイの港へ買出し。今年は例年より収穫量が少ないらしく、値段も高くなる?と聞いていたけれど、12月上旬時点で1ポンドあたり5ドル。蟹一匹が10~12ドルくらい。悪くないです。

Half Moon Bay Half Moon Bay


がっしりした蟹。活きがよすぎて脱走を謀る。

Crab Party

ボク仕留めるよ。(返り討ちにあうから本当にやめてください。)
Durif vs Crab



味が例年より甘くて肉厚で美味しいように思う。夫も年々茹で方(塩加減)が美味くなり、今年はワインとあわせるために茹で湯に白ワインを投入してみたり。夫はガーリックバター、私はポン酢が定番。うまー♪

Dungeness Crab


今シーズンはあと何回食べるかな。


-+-+-

ダンジネスクラブを港で買う方法と美味しい茹で方はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-11 06:42 | たべもの

No.597 地中海はヨーグルトソースが人気の秘訣 DishDash@Sunnyvale

以前から美味しいと評判を聞いていたサニーベールにある地中海料理レストラン DishDash。近くに住むお友達の家に遊びに行くことになり、じゃ、ランチを ToGo して持って行きまっす!と張り切って出向く。

Dishdash


この日は雨。道を歩く人はまばらなのに、歩いてる人の95%くらいは DishDash に吸い込まれていく。(誇張じゃなくて、本当に。)ランチタイムはすごく混むと聞いていたから少し早めに行ったのに、11時半を過ぎると店内はあっという間に満席。待つ人で溢れ返っている。ちなみに DishDash とは、中東民族衣装の名称で、温かさと快適さとリラックスの象徴なんだそう。お店に飾られてある衣装がまさに DishDash。(混む前に写真撮れてよかった。)

Dishdash


あらかじめ注文するものを紙に書いていってたからオーダーはスムーズ。逆にそうしてなかったらあの大混雑の中、ToGo のオーダーはてんてこ舞いだったはず。お家にお邪魔してテーブルに並べて。さぁ、食べよう!

11/26



Falafel ファラフェル
A blend of garbanzo beans, fresh parsley, onions and special spices, deep-fried, served with tahini sauce. ( A Middle Eastern favorite )
定番ひよこ豆の揚げ団子。少し小さめ。ファラフェル自体は普通だったけど、ついてきたタヒニソースが美味しいぞ。すべてのお料理用についてきたチリソースも、辛さが二段階あり、単なる市販のソースじゃなくてとても美味しかった。こだわり。

11/26


Musaka'a ムサカ
Layers of grilled eggplant, grilled tomato topped with a special seasoned lemon-garlic sauce and parsley.
ムサカというとナスとひき肉のラザニアみたいなイメージだけど、このムサカはラタトューユみたい。ガーリックが効いたソースが美味しい。(ちょっと油っこいけど。)

11/26


Beriani Dajaj 細切りグリルチキンの熟成ヨーグルトソースがけ
Thinly sliced marinated breast of chicken, potatoes, almonds, raisins, garbanzo beans with a mixture of special spices, topped with aged yogurt sauce, served with rice.
人気の一品。細切りチキンは地中海らしく独特のスパイスで味付けされていて、香ばしいグリル風味も失われていない。ヨーグルトソースはコクのあるホワイトソースみたいでご飯が進む!

11/26


M'shakaleh Vegetarian 野菜のヨーグルト&トマトソースがけ
Layers of mushrooms, grilled eggplant, cauliflower, tomatoes, and rice, served with a yogurt-tomatoe sauce.
これがみんなの一番人気。ソテーされたマッシュルーム、ナス、カリフラワー、トマト、ライスが層になっていて、ヨーグルト&トマトソースに浮かんでる。食感の違う野菜もいいし、なんといってもソースが絶品!まろやかで、秘密のスパイスも効いてて。これもご飯が進んじゃう。

11/26


Mansaf (a Nomadic dish) ラムの熟成ヨーグルトソースがけ
Tender chunks of lamb, cooked in aged yogurt, served with rice and topped with roasted almonds.
こちらは夫用に持ち帰った上記チキンのラムバージョン。ソースは同じだけど、これもまた美味しい。煮込まれたラム肉の塊がすーごく柔らかく、ほろほろ崩れる。臭みもなくてソースにもばっちりあう。夫も絶賛。

11/26


レストランには1人客もいれば10人くらいの集団もいる。大勢だと前菜盛り合わせの特大プレートをみんなでつつけて楽しそう。ラム or チキンのヨーグルトソースがけはやはり人気らしく、白いソースにこんもり丸く盛られたお皿が何度も運ばれていった。あの大混雑の中、店員さんもいい人たち。

いつも地中海レストランで頼む Shawarma や Kebab も惹かれたけれど、目新しい地中海の品々に出会えて幸せ。いやぁ、美味しかった。友達たちにも喜んでもらえてよかった。ただし、ご飯の量がとても多いので要注意。

DishDash
http://www.dishdash.net/
190 S Murphy Ave
Sunnyvale, CA 94086
(408) 774-1889

月~土:11:00 - 14:30、17:00 - 21:30 (金・土曜夜は22:00まで)、日曜定休。大変込み合う DishDash のファーストフード店舗 Dish n' Dash が Mathilda Ave 沿いに新規オープン。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-10 08:25 | レストラン