<   2007年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

No.398 2007年ナパ締め。

12月30日
大晦日前日。2007年最後のナパ。振り返れば今年5回目。晴天に恵まれてよかった。

-+-+-

■ St. Clement Vineyards (サン・クレメント・ビンヤーズ)

Beringer の北、小高い丘の上にある St. Clement Vineyards。

St. Clement Vineyards


1987年のバブル期に日本企業サッポロが買収し、(現在の所有者はオーストラリアのビール会社 Fosters)、Sapporo (サッポロ)のつづりを逆にしたボルドースタイルのワイン「OROPPAS」をリリース。冗談みたいな話だけど、これが結構美味しい。2001~2005 まで Robert Parker 氏が 90 スコア以上をつけるというカリフォルニアワインの中でも優良カベルネ・ソーヴィニヨンのうちの1本となる。

St. Clement Vineyards


テイスティングルームは、まるで家の一室を提供したようなこじんまりとした明るい空間。

St. Clement Vineyards Tasting Room


テイスティングは、赤白混在の Main Tasting (10ドル)や赤ワインのみの Red Only Tasting (15ドル)、歴代 Oroppas を飲み比べる Oroppas Room Tasting (25ドル)など。Oroppas 以外を飲んだことがなかったので、オロパス・テイスティングに後ろ髪引かれつつ、Red Only Tasting。

・2003 Abbott's Vineyard Merlot ($40.00)
・2004 Napa Valley Cabernet Sauvignon ($36.00)
・2005 Oroppas ($55.00)
・2003 Star Vineyard Cabernet Sauvignon ($80.00)
・2003 Howell Mountain Cabernet Sauvignon ($80.00) GOOD!

2005 Oroppas はリリースしたばかり。Robert Parker 91 ポイント。今年からラベルが一新し、"OROPASS" の文字が流れるような文字になっている。ワインメーカーが新しい人になり、歴代 Oroppas の中で最もカベルネの比率が高くなっていた。93% Cabernet Sauvignon、7% Merlot。ブルーベリーの香りとスパイシーな味。Oroppas の特徴であるチョコレート感は薄く、とても感動した 2004 Oroppas のほうが美味しかった。まだ若いのかなぁ。もう少ししてから飲んでみたい。

夫と2人、一番気に入ったのが、最後の 2003 Howell Mountain Cab。香りがよく、ブラックフルーツというよりチェリーの果実味。100% Cabernet Sauvignon なのでタンニンが濃く、私たち好みでお気に入り。






■ Robert Mondavi Winery (ロバート・モンダビ・ワイナリー)

去年初めてのナパ旅行で訪れたのが、ここ Robert Mondavi。1年半振り。相変わらずの盛況ぶり。あ、クリスマスリースだ。

Robert Mondavi Winery


1年半前と同じ、ワイナリー見学ツアーに参加。この時期は15分おきにツアーを実施。1人25ドルでツアーとワインの試飲が含まれる。所要時間は1時間15分。

前回のツアーでも同じことを説明されたはずなんだけど、忘れていて再び勉強になることもいろいろ。ナパでは全米のたった4%のワインしか造られていないとか、モンダビはすべてフランスの樽(French Oak)を使っているとか、Fume Blanc は樽醗酵させた Sauvignon Blanc のことだとか。Fume Blanc と Sauvignon Blanc は同義語だと思ってたし。(前回のツアーの様子はこちら。)

Robert Mondavi Winery


ツアーの最後にテイスティング。

・2003 Stags Leap District Sauvignon Blanc ($23.00)
・2002 Vine Hill Ranch Cabernet Sauvignon ($85.00) GOOD!
・2006 Moscato d'Oro ($25.00)

白と赤とマスカットワインの3種類。・・・だけ?前回はこれに 1999 Cab Reserve が含まれていたのにー!!!カベルネ・ソーヴィニヨンが美味しい。ちょっと辛口だけど、典型的な王道カリフォルニアのカベルネの味がする。マスカットワインは、発砲系のようにしゅわしゅわ。2004 マスカットもこんな微発砲だったっけ。(そうだったよ。by 夫) 2004 マスカットよりはすっきりして飲みやすい。

2004 Cabernet Sauvignon Reserve や To Kalon Cabernet Sauvignon も試飲してみたかったけれど、4杯で30ドル。既にツアーにも参加してますからね。見送り。



-+-+-

年末のナパ締め、これにて終了。来年もいろいろ飲んで、舌経験地を上げたいなー。一滴も飲まずにドライバーを務めてくれた Sub、本当にありがとう。

St. Clement Vineyards
http://www.stclement.com/
Robert Mondavi Winery
http://www.mondavi.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-31 01:00 | ワイン&ワイナリー

No.397 サンフランシスコ・バレエ 『くるみ割り人形(Nutcracker)』

12月29日
日本では年末に 『第九』 を聞くのが定番のように、アメリカではチャイコフスキーの 『くるみ割り人形(Nutcracker)』 を耳にすると、クリスマスから年末を実感する。

特にサンフランシスコ・バレエ団は、アメリカで最も古く、かつトップクラスの実力を誇るバレエ団で、この季節になるとラジオからは 『くるみ割り人形』 の音楽が頻繁に流れて気分を盛り上げてくれる。


  たったらららった たったったっ♪
  たったらららった たったったっ♪


去年は公演を逃してしまい(それ以前に、くるみ割り人形 = Nutcracker という単語を知らなかった、、)、今年は気合を入れてチケット発売と同時にゲット。実は、本格的なバレエを観に行くのはこれが初めて。どきどきわくわく。当日が待ち遠しくて仕方がなかった。



-+-+-

場所は、サンフランシスコ・シティホールの真向かいにあるウォー・メモリアル・オペラハウス(War Memorial Opera House)。2階のテラスにはくるみ割り人形たちがライトアップ。

Nutcracker - San Francisco Ballet


明るく広々としたホールに、華やかな人々の波。私たちもワインなんか飲んでみたり♪

Nutcracker - San Francisco Ballet


ナットクラッカーもここまで揃うと壮観!うちにも、去年 World Market からやってきたお気に入りのコがいます。

Nutcracker - San Francisco Ballet


ちっちゃい子供たちが大人顔負けのドレスアップ★本当に本当に可愛い♪

Nutcracker - San Francisco Ballet

Nutcracker - San Francisco Ballet


-+-+-

ストーリーは、主人公クララがクリスマスの夜にプレゼントされたくるみ割り人形と共におとぎの国で体験する夢物語。一度は必ず聞いたことのある有名な音楽をバックに、目は美しい舞台にくぎづけ★観に来ていた子供たちも大喜び!



印象的だったのは、出演者が非常に多国籍だったこと。もっと白人ばかりかと思っていたけれど、アジア系や黒人の人も重要なポジションにいて。サンフランシスコならではの特徴かもね、と夫とも話す。

今回特に素晴らしかったのは、最後のメインシーン Grand Pas de Deux (グラン・パ・ド・ドゥ)で登場した、中国出身のプリマドンナ Yuan Yuan Tan (ヤン・ヤン・タン)。華奢で可憐なプリマ。安定したダンスで本当に美しかったー。子供の頃にこういう文化に親しんでいたら、私の人生変わったかも。(いや、変わんないから。)



フリントセンターのブロードウェイ・ミュージカルの質に疑問を抱いている今日この頃。はまってしまいそう、バレエ。

Nutcracker - San Francisco Ballet


San Francisco Ballet
http://www.sfballet.org
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-31 00:51 | ベイエリアお出かけ

No.396 クリスマスにまつわるちょっといいワイン。(Christmas Wines)

12月25日、の数日前。
家でのんびり夫と2人でクリスマス。ちょっと贅沢なフィレミニヨンでも焼いてみる。

最近はまりかけているフランスワイン。"せっかくのクリスマスだし♪" と、初のボルドー5大シャトー。
・・・のセカンドワイン(笑)

1988 Pavillon Rouge du Château Margaux
(パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー)

1988 Pavillon Rouge du Château Margaux, Margaux


ボルドー5大シャトーのひとつ、シャトー・マルゴー。「フランスワインの女王」と呼ばれるボルドー・メドック地区の中でも、シャトー・マルゴーは女王の中で「最も女性的なワイン」と形容されている。

最初の香りは芳醇で、後味がとても長く、果実味深い複雑な味がする。ブルゴーニュのワインみたい。でも、時間が経つにつれて深みではなく残念な味になってきて、すごーく感動はしなかった。

19年も寝てたのになぁ。逆にまだ早かったのかな。もっと若い年の Saint-Julien のほうが好きだったな。セカンドじゃない本物のシャトー・マルゴーなら感動したのかな。いろいろ考えるけど、飲んでる経験が圧倒的に足りないから結論は出ない。これだから、その答えを見つけるために、自分の好きな味を見つけるために、もっともっとワインが飲んでみたくなる。麻薬だ。。




-+-+-

次は、夫へのクリスマスプレゼント。えぇ、私のお小遣いから。

1996 Château Mouton-Rothschild
(シャトー・ムートン・ロートシルト)

1996 Château Mouton-Rothschild, Pauillac


こちらもボルドー5大シャトーのひとつ、シャトー・ムートン。日本ではこの名前が一番有名かもしれない。ラベルの絵を、ピカソ、シャガール、ゴーギャンなど毎年異なる画家がラベルの絵を描いている。

結婚記念年の2005年は、幸か不幸かボルドーの超当たり年で、とてもじゃないけど5大シャトーなんて高くて手が出ない。しかも、20年寝かせたいと思ったら、今から20年は飲めないわけで。10年前のを買ったほうが、10年早く飲むことができる。1996年は比較的当たり年。ムートンの出来はどっしりとした重厚なワインなんだとか。

いつ飲むんだろうな。楽しみ。これでうちのワインセラーにも初の5大シャトーが1本。
(※クリスマス当日まで見つからないように預かってくださった先輩Oさん、ありがとうございました!)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-28 07:18 | ワイン&ワイナリー

No.395 Christmas Day 2007

12月25日
「折角のクリスマスなのでご一緒しませんか?」 との ayumin のお誘いで、2007年クリスマスパーティ決定。飛び入りで独り身Kくんも乱入。ま、大好きなヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot)を持ってきてくれたから許そう。

Chrismas Party


シャンパンで乾杯して、パーティスタート!


-+-+-

Appetizer Plate "Very Merry Christmas ☆"

Chrismas Party - Appetizers

★ インゲン de クリスマスツリー
☆ クリームチーズ&スモークサーモン2種(アメリカ産&スコットランド産)
★ ブルーチーズ&レッドグレープ in チコリ
☆ トリプルブリーチーズ&ドライクランベリー in チコリ
★ アンチョビとスクランブルエッグのカナッペ
☆ カルボナーラスパゲッティ "くるくる" バイト
★ 熊本産黒豚の醤油漬けハム
☆ 3 year aged ゴーダチーズ
★ ホタテのミルフィーユ


美味しいものをちょっとずつ食べたい願望を詰め込んでみた前菜プレート。頑張った、私!(笑)みんなに「すごぉぉぉい!」と言ってもらえるのも嬉しくて。



ほうれん草とベーコンとポルチーニのキッシュ・ロレーヌ
噂に聞いていた ayumin 特製キッシュ。今回はパイ生地から作ってくれて、豪華にポルチーニ入り。ナツメグとペッパーが味を引き締めるんだって。さすが作り慣れてる。うまい!

Chrismas Party - Quiche



ロールチキンのトマト煮込み
チキンの内側にマスタードをぬってニンジンをくるっと巻いて、トマトでくつくつ。ケチャップ&お砂糖の優しい甘さとウスターソースが隠し味。子供も喜びそうな味で、結構美味しいのだ。(自画自賛。)

Chrismas Party - Tomato Chicken



牛肉の赤ワイン煮
料理上手の ayumin からは本格的なフランス料理。牛のテールと塊肉を赤ワイン1.5本分で5時間ことこと煮込んだそう!もうお肉がほろほろ。具だくさんな贅沢野菜も素材の味がすごく出ててうまーい。だって夫が野菜を食べたくらい。

Chrismas Party - Burgundian Beef



Chico's Buche de Noel
最後はなんと、パティシエ Chico さん作のブッシュ・ド・ノエル☆「shina_pooh さんと ayumin さんに食べて頂きたいの~♪」というなんっとも嬉しい申し出に、1ヶ月前から予約していた Satura のケーキをキャンセルしちゃった(笑)上に乗ってるメレンゲのマッシュルームやサンタクロースまで手作り!!(Chico Blog でも紹介されてます♪)

Chrismas Party - Buche de Noel



-+-+-

ayumin の夫とは、かれこれ10年弱の付き合い。23歳の頃の自分を知ってると思うと、おもしろいやら恥ずかしいやら。そんな彼が、気の合う可愛い ayumin を連れてアメリカにやってきてくれた。不思議な巡り合わせ。気兼ねせず、自然体で、いろんな話がずーっと続いていく。いいね、こういう居心地のいい雰囲気。日本にいた頃を思い出してちょっぴり懐かしくなる。ありがとう。楽しいクリスマスを過ごせました。

来年は独り身Kくんが相手を連れてくると約束させられた(もとい、決意表明した)ので、次回は椅子をもう1客用意しないと。




※ふと、去年のクリスマスは何をしてたんだろうと思い、昔のブログを探してみたら、、、「まったりゲーム三昧」って書いてある。。そうだったんだ。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-27 05:45 | アメリカのイベント

No.394 クリスマスイブの出来事。(Christmas Eve)

今日はただの日記。



12月24日
クリスマス当日はほとんどのスーパーが閉まってしまうので、今日のうちに買い出しをしておこう、週末も混んでたから早めに出発しようと、朝9時に家を出てスーパーを巡り始めたら・・・、

After Thanksgiving Sale ですか、今日は。

ってくらい、どこも朝から超・混・雑。スーパーですよ、スーパー。トイザラスじゃないんだから。どんだけ食べるの?ってくらい山積みされたパイの箱の山。バケットなんて昼には売り切れる始末。えぇぇ。。慌てて一軒前のスーパーに戻る。

それでもなんとか、Draeger's、Whole Foods、99 Ranch、Trader Joe's、Nob Hill Foods をはしごして(非効率でも、それぞれの店で買いたいものがあるの、、)買い物リストを無事こなす。たいしたものは作れないのに、お買い物した事実で満足。



-+-+-

昼過ぎに ayumin がやってくる。実はこれから彼女をサプライズドライブへ連れ出すのだ。

何も知らない ayumin を真っ赤な愛車に乗せて、南へぐんぐんドライブ。向かった先は、ayumin がずっと会いたーいと恋焦がれていたパティシエ Chico さんち。「ジンジャーブレッドクッキーを焼いたので、よかったら取りに来ませんか~♪」なんていう舞い上がるようなお誘いに、ayumin を連れて行ってみようと思い立つ。驚くだろうな。わくわく。

案の定、ドアの前でド緊張の ayumin。初めましての自己紹介を、横目でニヤニヤしながら眺める。


私たちのほかにも、ティータイムにお呼ばれされている先約ご家族。人気者の Chico さんには本当に友達が多い。テーブルで、山のように積まれたジンジャーブレッドクッキーと美味しい紅茶を囲みながらおしゃべりタイム。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。

そしてそして。毎度のことながら大量のお土産を頂く。まるで田舎のおばあちゃんみたい。(なんて失礼な・・・)いえいえ。言葉で表現できないくらいホスピタリティに溢れている証拠。


今日は一段と Chico さんと Mark さんがラブラブであてられてしまったなぁ。帰ったら夫に優しくしよう。



-+-+-

夫へのお土産はジンジャーブレッドクッキーと、ブラウニーと、お手製イチゴ&ラズベリージャム。

Ginger Bread Cookies

初めて食べたジンジャーブレッドクッキー。甘すぎずスパイシーすぎず。私にとって Chico 味がママの味になってしまったかも。この冬 Chico さん自信作のブラウニーも絶品。冬に食べるチョコレートって幸せ。(Chico さんブログジンジャーブレッドクッキーキャラメル・マカダミアナッツ・ブラウニーはこちら。)



さて、翌日の準備に取り掛かるのだー。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-25 16:51 | 日々のつれづれ

No.393 車に貼っちゃう?カスタマイズ家族ステッカー(Family Stickers)

アメリカでは、州ごとに特徴のある車のカスタマイズ・ナンバープレートを選ぶ楽しみがありますが、今回は車の後ろに貼るファミリーステッカーについて。


こんなのができちゃいます。時々見かけますよね。
(うちはまだ子供はいません、念のため。カモはいます、家の前に大量に。)
f0097972_447911.jpg

頭と体を自由に組み合わせて、大人、子供、赤ちゃん、ペットなどを配置できます。それぞれの名前を入れることも可能。(でも、さすがにアメリカでも本名を名乗っているステッカーはそうそう見かけない。)

うちでは、新しい赤ちゃんが生まれた人へのプレゼントに活用中。もらって困っている人もいるだろうなぁ、、と思いつつも、ささやかな贈り物ということで。



いくつかサイトをご紹介。「Family Sticker(s)」でググると見つかります。

ourstickerfamily.com
http://www.ourstickfamily.com/
Family Stationery
http://www.familystationery.com/home.php?cat=335
Carstickers.com
http://www.carstickers.com/
Family Stickers Decales
http://www.family-decals.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-23 04:45 | 運転免許&車

No.392 うまうまジェラート☆Gelato Classico@Palo Alto

アイスクリーム大好き。寒い日に限ってアイスクリームが食べたくなる。
Cold Stone Creamery (コールドストーン)も Baskin-Robbins (31アイスクリーム)も好きだけど、なぜか惹かれなかったジェラートというカテゴリ。なぜって、アメリカンなアイスクリームのほうがこってりボリュームがありそうだから。


・・・"こってりLOVE" な考えがくつがえりました。

それがここ Gelato Classico (ジェラート・クラシコ)。噂は聞いていたけれど、訪れたきっかけをくれたのはいつもグルメなcampbell さん。

Gelato Classico Italian Ice Cream



パロアルト店は細長くて本当に狭い店構え。でも、ショーケースにはたくさんのジェラートとシャーベット(ソルベ)がぎっしり!スモールカップだと1~2種類、レギュラーカップだと1~3種類、好きな味を詰めてくれる。当然、迷いまくり、悩みまくり。。

Gelato Classico Italian Ice Cream (inside)



決定。
手前が私のバニラビーン(Vanilla Bean)、ダブルエスプレッソ・ビーン(Double Espresso Bean)、ラムレーズン(Rum Raisin)。奥が夫のバニラビーン(Vanilla Bean)、バイエルン・チョコミント(Bavarian Mint) in ワッフル。

Gelato Classico Italian Ice Cream



うんまっ!
しっとり軽めの滑らかな口当たり。特に王道バニラビーンは言うまでもなく。こんなに美味しかったっけ、ジェラート。長い間ジェラートから遠ざかっていたことを心から後悔(大げさ)。食後のデザートにはぴったりな質量。これを食べちゃうとアメリカンなアイスクリームから足が遠のいちゃうかも。フレッシュジンジャーも美味しかった☆全テイスト制覇したくなるジェラート屋さん。


Gelato Classico Italian Ice Cream パロアルト店
435 Emerson St.
Palo Alto, CA 94301
(650) 327-1317

San Francisco、Mountain View、Fremont などにも店舗あり。その他、フランチャイズで扱っている店舗も多数。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-22 03:20 | レストラン

No.391 電気代は4,000ドル?!クリスマスイルミネーション@San Carlos

住宅街のほんの一画、クリスマスシーズンになると見る人の目をお星様状態にしてしまう通りが近所にあるという。場所は、サンカルロス(San Calros)の Eucalyptus Ave。近くに駐車して目指す通りの角を曲がれば・・・



すごーい!Eucalyptus Ave 沿いの約2ブロックの家々が競うようにライトアップ。名物のクリスマスイルミネーションに、寒い中見物客も多く、周りからも "Oh my goodness!" の歓声。

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA


1、2軒だけが頑張ってるのではなく、通りの左右の家々がずっとこんな感じで続く様はまさに圧巻☆

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA



家より高い庭の木をクリスマスツリーに飾り上げてしまった家も。

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA


両手で抱えてもはみ出しそうな巨大なオーナメントたち。どこでこんな物を。

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA



ある家の前にこんな看板が。
「電気代は?」 「4,000ドル!」 えぇぇ??(この電気代事情、今では変わっているそうです。)
「飾りはどこへ片付けるの?」 「北極(North Pole)!」 ナイス!

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA



クリスマスシーズンになると、飾りつけのためにどこかの家がクレーンを借りてきて、みんなで飾り付けをするのだそう。やる気が違う!一見の価値ありです。

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CAChristmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CAChristmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CAChristmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CAChristmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA



えへ☆
みにくる?みにくる?

Christmas Lights in Eucalyptus Ave., San Carlos, CA

Eucalyptus Ave., San Carlos, CA

写真上手くなったねぇ、夫。(よいしょ)



[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-20 12:30 | アメリカのイベント

No.390 無料おから復活!スルキ@San Mateo

サンマテオの日本食スーパー、スルキ(Suruki)で無料配布されていたおから。サンノゼ豆腐が火事のため一時休業だったため、豆腐と共に無料おからも入荷見合わせになっていたのですが、このたび無事復活していました。

現在は、サンノゼ豆腐に加え、サクラメント豆腐からもおからを入荷しているそうで、水曜日はサンノゼ豆腐、木曜日はサクラメント豆腐のフレッシュなおからが正午過ぎから無料でもらえます。それ以外の曜日に行っても、冷凍されたものをもらうことができます。(詳しくは過去ブログをご覧くださいませ。)

何はともあれ、嬉しい♪
※思わず、関係ない肉まんを買いそうになってしまった。


Suruki Supermarket
71 E. 4th Avenue
San Mateo, CA 94401
(650) 347-5288
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-19 06:57 | たべもの

No.389 念願のロブスター Lobster Shack@Redwood City

友人がロブスターを一匹丸ごと食べているブログを読んで、夫の頭はロブスター一色。「ロブスター食いたぁぁい!!!」そこで、訪れたのは Red Lobster ではなく、地元で評判がいいらしい Old Port Lobster Shack。私はこれまで美味しいロブスターを食べたことがなく初挑戦。

Old Port Lobster Shack


ここは、最初にレジカウンターで注文して支払いをして席に着いて待つ方式。過去に訪れた人が「レジカウンターで長蛇に並び、慌しくメニューを決めている間に家族が席を確保し・・・」と綴っていたため、事前にメニューチェック!覚悟して訪れたんだけど、週末夜のこの日はかなり空いててラッキー。

Old Port Lobster Shack


-+-+-

Lobster Bisque (ロブスター・ビスク) $7.00 for Cup
最初に運ばれてきたロブスター・ビスクのスープ。身がちゃんと乗っている。お味はまぁまぁ。夫曰く「これぞロブスターの味!」。(ちなみに Cup ではなく Boul を注文すると、直径40cmくらいの特大スープ皿で出てくる。)

Lobster Bisque - Old Port Lobster Shack



Steamed Maine Lobster (スチーム・ロブスター) $32.75(時価)
最初に How to Eat a Lobster と描かれた手順書のペーパーシートと前掛け(笑)が運ばれてきて、

How to eat a Lobster

続いて登場したのが待望のロブスター!1と1/4ポンドと、本場東海岸で食べるのに比べるとやはり小振りらしい。それでも、爪としっぽにぎっしり詰まった身はむっちり肉厚。溶かしバター(drawn butter)で食べる夫の顔は満面の笑み。そして無言。。

Steamed Lobster - Old Port Lobster Shack



The Maine Lobster Roll (ロブスターロール) $17.75
私が注文したのは、Yelp で最も人気が高かったロブスターロール。サンドイッチで18ドルといいお値段。パンと揚げたチップスが冷たかったのが残念だけど、ブリオッシュ系ふかふかブレッドはバター風味で冷めていても美味しい。焼きたてならきっと最高。マヨネーズであえられたぷりぷりロブスターがたっぷり挟まり満足度十分。ちょっと甘めに仕上がった伏兵コールスローがこれまたヒット。(個人的にはもうひとつの The Naked Lobster Roll のほうがお薦め。)

Lobster Roll - Old Port Lobster Shack


夫の感想。
「もちろん美味しかったけど、ちょっと小振りだなぁ、と姿を見ながら食べるなら、身がてんこ盛りに挟まったロブスターロールにかぶりつくほうが、食べた満足感が大きい気がする。」

嫁の感想。
「ダンジネスクラブに一票。」 (単に、海老より蟹が好きなんです。)


結論。ロブスターゆえ当然お高いのだけれど、値段に見合う満足度かと。気軽に来れる雰囲気のレストランだし、お手軽なフィッシュアンドチップスなども美味しいらしいので、ここもまた立ち寄りそう。

Old Port Lobster Shack



Old Port Lobster Shack
http://www.oplobster.com
851 Veterans Blvd,
Redwood City, CA 94063
(650) 366-2400

Happy Hour
Monday through Thursday 5:00 to 7:00 PM
$2.00 off all Shacketisers
$2.00 off all Draft Beers
$4.00 House Wine

人気のロブスターロールは2種類。マヨネーズ和えの The Maine Lobster Roll と、身がそのまま挟まれ、好みで溶かしバターをかける The Naked Lobster Roll がある。(今回は Maine。Naked の様子はこちら。)西洋人にはマヨネーズ和えの Maine が人気。ホームページですべてのメニューを写真つきで見ることができるので、事前研究にどうぞ。

Santana Row にあるシーフードレストラン Yankee Pier の Lobster Roll($19.95)、ハーフムーンベイの Sam's Chowder House の Sam's Lobster Roll($21.95)も美味しいらしい。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-19 06:20 | レストラン