<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

No.376 ベイエリアのクリスマス・イルミネーションマップ

ベイエリアのニュースや役立つ情報を提供してくれる、私の日常生活必需サイト「シリコンバレー地方版」。そこに嬉しい記事が。

クリスマスイルミネーションマップ
Map: 2007 holiday lights around the Bay Area

http://www.mercurynews.com/holidayguide/ci_7472118
f0097972_646632.jpg

読者参加型のイルミネーションマップ。お薦めのイルミネーションスポットを読者が追加していける発想が面白い。

マップをぱっと見ると、サンノゼ(San Jose)、サンタクルーズ(Santa Cruz)あたりがさすがに多い。いいなぁ。うちの近くはかろうじて1つ。。ちょっと南に足を延ばしてみようかな。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-30 17:23 | アメリカのイベント

No.375 ビリー・ジョエルの名曲に乗せてミュージカル 『Movin' Out』

ブロードウェイ・ミュージカル 『Movin' Out』 を観劇。場所はお決まりクパティーノ(Cupertino)のフリントセンター(Flint Center)。

IMG_9464


アメリカが誇るシンガー・ソングライター、ビリー・ジョエル(Billy Joel)が全編全曲を手がけたミュージカル。台詞は一切なく、1人の Piano Man と呼ばれる歌い手の生の歌声と役者のダンスでストーリーが進んでいく。このように有名なミュージシャンのヒット曲を使って作られたミュージカルをジュークボックス・ミュージカル(Jukebox Musical)と呼ぶのだそう。今回のがまさにそれ。


Piano Man はもちろんビリー・ジョエル本人ではなかったんだけど、幕が開いて歌い出した瞬間、本人と聞き間違うほどの声の伸びと歌の上手さ。第一幕の間は夫と「本人・・・?まさかね・・・」と半信半疑で聴いてたほど。

洋楽音痴の私でも数曲、夫のほうはかなり聞き覚えがあったようで、聞き覚えのある曲が流れ始めればノリノリ♪後ろのおばさんはずっと手拍子状態。ノリノリ♪

個人的に "おぉぉっ" と思ったのが照明演出。台詞がない分、照明でもストーリーを示すかのように、色、角度、強さ、照らし方が絶妙だった。


-+-+-

いつも最後はフリントセンターへの愚痴になってしまうんだけど。。今回取ったのは3階最前列のバルコニー席。ところが、「夜の部はバルコニー席は使わないので、1階の一番後ろのブロックの好きなところへ座って下さい」、とのこと。舞台までの距離は変わらないけど、3階席だから見える奥行きや前の人がいない優位点を見越して取ったチケットなのにー。(と、後ろのおばさんも文句気味。)

そして照明!せっかく演出としての照明が最高なのに、操作技師の腕が鈍い!役者に遅れて照明が付いていくこと数回。それはだめでしょ。。

やはり劇場としてはいまいちなフリントセンターでした。(でも近いんだよね。)


Flint Center for the Performing Arts
http://www.flintcenter.com/

Broadway at Flint Center 2007 - 2008 Season
http://www.flintcenter.com/bway/Broadway0708.html


-+-+-

数日後、思わぬところで本物のビリー・ジョエルに遭遇。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-29 11:04 | ベイエリアお出かけ

No.374 カーメルにもワイナリー@Carmel

モントレーやカーメルにもいいワイナリーがいくつかある。カーメルまで来たので、気になっていたワイナリーにも足を延ばす。



■ Morgan Winery (モーガン・ワイナリー)

カリフォルニアワイン好きの中でも比較的美味しいと評判のワイナリー。ピノノアールとシャルドネを主に栽培している。これまでテイスティングルームを持っていなかったが、今年の夏カーメルのとあるショッピングモール内にオープン。

IMG_0045


テイスティングは、8種類のうち、2種類までなら無料、5種類で5ドル。ワインを購入すればテイスティング料を差し引いてくれる。

IMG_0042


今回のテイスティングワイン。

・2006 Lee Family Farm Verdelho ($15.00)
・2005 Morgan Rosella's Vineyard Chardonnay ($40.00) GOOD!
・2006 Morgan Cotes Du Crow's Monterey ($20.00)
・2006 Morgan Twelve Clones Pinot Noir ($31.00)
・2005 Morgan Monterey Syrah ($24.00) GOOD!

Rosella's という畑のシャルドネは Testarossa でも美味しかったが、Morgan のも好き。苦手な人は苦手なとろとろ樽味だけど。Twelve Clones のピノノアールは、名前の通り12種類のクローンをブレンドしている。以前飲んで美味しかった 2005 は大変出来のよい年だったようで、今回の 2006 はまだちょっと若い感じ。夫が気に入った最後のシラーは、複雑でほどよい重さ。

対応してくれたフランス訛りの女性は、まだ2週間目の素人さん。正直、ワインを全然わかってなくて、質問しても要領を得ず、紙に書いてあるテイスティングノートを棒読み。テイスティングルームはワイナリーの顔だけに、それはちょっといただけません。





■ Talbott Vineyards (タルボット・ビンヤーズ)

サンタルシアハイランド(Santa Lucia Highlands)と呼ばれるこの地域に、非常に有望視されているカリスマ的な畑がある。それがスリーピーホロウ(Sleepy Hollow Vineyard)。私たちが最初に感動したピノも Sleepy Hollow。ギャブゥさんが自作シャルドネのブドウに選んだもの Sleepy Hollow。その Sleepy Hollow Vineyard を一手に所持するのがこのワイナリー。

IMG_0049


アメリカ大統領ブッシュ夫妻の16回目の結婚記念パーティに、このワイナリーの Sleepy Hollow のシャルドネが所望されたほど。(ホワイトハウスのパーティ主催者からお礼のレター。)

IMG_0048


テイスティングは、9種類で8.50ドル。16.50ドルで特別なシャルドネをあと3種類テイスティングできたのだが、今回は通常コース。

IMG_0047


今回のテイスティングワイン。

・2006 Kali Hart Chardonnay ($13.50) GOOD!
・1999 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($35.00、$70.00 for 1.5L size)
・2000 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($80.00 for 1.5L size)
・2004 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($80.00 for 1.5L size) GOOD!
・2005 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($43.00) GOOD!
・2006 Kali Hart Pinot Noir ($20.00)
・1999 Case Sleepy Hollow Pinot Noir ($80.00 for 1.5L size)
・2005 Case Sleepy Hollow Pinot Noir ($41.00) GOOD!
・2005 Logan Sleepy Hollow Pinot Noir ($30.00)

とにかくシャルドネが飛びぬけて美味しい。中でも断トツだったのが 2004 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay。甘さ、辛さ、酸味を絶妙に備えていて、口の中でどんどん味が膨らんでいく。樽香も強すぎず上品。後味の余韻も長い。ものすごく複雑なシャルドネに感動。1本目の Kali Hart はセカンドラベル的ワインだが、酸と甘さのバランスがとてもよく、さわやかで十分に美味しい。

このワイナリーでよかったのは、古いビンテージを飲ませてもらえたこと。普通はリリースしたばかりの新しいビンテージのみのテイスティングが多いけれど。垂直テイスティング(同じ種類のワインを時系列に飲む)のも嬉しいし、寝かせるとどんな味になるかを想像できる。スタッフのお姉さんも知識豊富で好印象。(とても忙しそうだったけど。)





■ Heller Estate Vineyards (エラー・エステート・ビンヤーズ)

100% オーガニックのブドウでワインを造っているカリフォルニアでも数少ないワイナリーのひとつ。害虫駆除のために農薬散布ではなく狩蜂(カリバチ:wasps)や捕食昆虫をブドウ畑に放つ方法を取っている。除草剤も不使用。雑草を抑える効果のある被覆作物(cover crops)を植えるなどして対応。これらの厳しい項目をクリアした畑のみが、州から Organic Certification を与えられる。

IMG_0060


テイスティングは、5種類で5ドル。2本購入するとテイスティング料を差し引いてくれる。

IMG_0056

今回のテイスティング。

・2006 Heller Estate Chardonnay ($23.00)
・2006 Heller Estate Chenin Blanc ($25.00)
・2003 Heller Estate Merlot ($35.00)
・2003 Heller Estate Cachagua Cabernet Sauvignon ($20.00)
・2004 Heller Estate Cabernet Sauvignon ($35.00)

バニラの香りのするシャルドネと、シュナンブラン&リースリングのブレンドの白ワイン(2本目)が印象的。

ただ。この日ワイナリーは混み気味で、対応する人もいい加減な雰囲気。3本目からは説明もなく、品種すら告げず、ただグラスに注ぐだけ。これではいくら美味しくても、こちらも真摯に飲もうという意識がなくなって残念。以前飲んだ Meritage なんて美味しかったのになぁ。



Morgan Winery
http://www.morganwinery.com/

Talbott Vineyards
http://www.talbottvineyards.com/

Heller Estate Vineyards
http://www.hellerestate.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-28 15:29 | ワイン&ワイナリー

No.373 素朴。ゆえに惹かれるのです。@Carmel

カーメル(Carmel)。繰り返し訪れる人も多い、愛らしい町。サンフランシスコから車で2時間ちょっと。

IMG_0026


観光客で賑わうけれど、なお「街」というより「町」というほうがしっくりくる。それは、こんなふとした風景に出会えるからかも。ちょっぴり日本の裏路地みたい。

IMG_0017


犬を連れてる人をたくさん見かけるのもカーメルの特徴。お店の中でもレストランでも。犬の水飲み用の器も町の至るところに。

IMG_0031




カーメルプラザもクリスマス。お買い物るんるん。

IMG_0041


Carmel-by-the-Sea
http://www.carmelcalifornia.com/

いつも困る Parking 事情:
・カーメルの路上駐車は、ほとんどが90分制限あるいは緑の縁石ゾーン(10分あるいは30分と縁石に明記)。
・メイン通り Ocean Ave の南側、Mission St と 8th Ave の角に有料駐車場あり。
・メイン通り Ocean Ave の北側、Torres St と 3rd Ave の角に無料駐車場あり。(Carmel Police 情報
・メイン通り Ocean Ave の南側、Junipero Ave 沿いに、道に沿った駐車場あり。(Google Map でのみ確認)
・メイン通り Ocean Ave の北側、Junipero Ave 沿いに、まとまった駐車場あり。(Google Map でのみ確認)

※皆さん、いつもどこに停めてますか?



-+-+-

今回はワインとチーズなお店で。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-27 15:37 | ベイエリアお出かけ

No.372 そうだ。水族館へ行こう。@Monterey

サンクスギビングの週末。久しぶりのモントレー水族館(Monterey Bay Aquarium)。

IMG_9983


ラッコ(Sea Otter)は相変わらずの一番人気。エサやりの時間が近づくと、ガラス水槽の前は人で埋め尽くされる。何なんだ、そのムンクの叫びは。(前回はテラスから野生ラッコも見えた。)

IMG_9959






今回の目的はくらげ(Jellyfish)。前回はコンパクトデジカメでほぼ全滅だった写真も、一眼レフならこんなにすてき。(あ、夫の腕がいいんだよねー。うんうん。よいしょ。)

IMG_0001

IMG_0015

IMG_0012




・・・でも私、くらげは苦手。

IMG_0009







マグロが回遊する巨大水槽はいつ見ても圧巻。うー、マンボーっ。

IMG_9989




モントレー水族館 (Monterey Bay Aquarium)
http://www.mbayaq.org/
886 Cannery Row
Monterey, California 93940

大人 $24.95、子供(3~12歳)$15.95。(いいお値段。)
当日チケット売り場は開館前から長蛇の列なので、事前にインターネットにてチケット購入することをお薦め。開館直後に入館すると、比較的空いている状態で見て回れる。エサやり実演(Feeding Show)や海の生き物に触れられる体験コーナーあり。モントレーへの道中にある絶品チョッピーノ(シーフードスープ)も必食!


IMG_9980Anchovies in motionManbou (sunfish)IMG_0002IMG_0004IMG_9971
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-26 17:27 | ベイエリアお出かけ

No.371 お洒落な街で秋限定ケーキ Satura Cakes@Los Altos

Satura Cakes。ご存知、ベイエリアで日本風のケーキが食べられるケーキ屋さん。東京青山のケーキショップ Anniversary と提携して、レシピを共有したり日本からパティシエをコンサルとして呼び寄せたりしている。(Anniversary は撤退、一時期低迷していたけれど、オーナーが韓国系に変わり味も復活。)
f0097972_15324375.jpg


パロアルト店は数回訪れているけど、ロスアルトス店は初めて。ロスアルトスは静かでお洒落な街で、街角の壁にはこんな絵も。最初、本物に見えてちょっとびっくり。
f0097972_15335040.jpg


木目基調の店内は明るくて気持ちがいい。店内が細長いパロアルト店に比べ、ロスアルトス店は間取りが正方形なので開放感がある。
f0097972_15341544.jpg


サンクスギビング(Thanksgiving)までの期間限定ケーキ、パンプキンのモンブラン。(終わっちゃいましたが・・・。)飾りも細やかで可愛くて一目ぼれ☆一同みんな一目ぼれ☆優しいかぼちゃの味。中のスポンジまで何だか和風っぽい仕上がり。
f0097972_15344616.jpg


サイズのわりにやっぱりお高いんだけど(苦笑)、友達とお茶をするには最適。アメリカのケーキ屋さんだと選ぶものが限られて迷ってしまうところ、Satura だとどれも食べたくて迷ってしまう。

Satura Cakes Los Altos 店
http://www.saturacakes.com/
200 Main Street
Los Altos, CA 94022
(650) 948-3300

Palo Alto 店の様子はこちら




f0097972_15352119.jpg
夕暮れのベンチにも可愛い芸術。
あ、塩入りチョコレートクッキー買うの忘れたー。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-25 15:30 | レストラン

No.370 レストランでお手軽サンクスギビング Left Bank@Menlo Park

世の見習うべき奥様方はおうちでちゃんとターキーを焼かれたようですが(尊敬します・・・)、うちは楽チンレストランのサンクスギビング・ディナー決行。サンクスギビングは閉まっているレストランも多く、たまたま最近訪れた Left Bank で宣伝していたため、ここに決定。


いつもはライトアップされて賑やかなメンロパークの並木道もサンクスギビングデーはひっそり。でも、レストランだけは大盛況。

IMG_9944



メニューはスープ、サラダ、メイン、デザートの4コースで $39.50。

IMG_9929


バターナットスカッシュのポタージュ
  (Roasted Butternut Squash Soup with Creme Fraiche
  Chives and Roasted Pumpkin Seeds)

ロメインレタスのサラダ、レムラード・ドレッシング
  (Heart of Romaine, Granny Smith Apples, Celery,
  Roasted Walnuts, Remoulade Dressing)

ロースト・ターキー&ハム、スタッフィング、野菜付け合せ
  (Natural Roasted Turkey and Artisan Caraway Braised Ham,
  Yukon Gold Mashed Potatos, Brussels Sprouts with Lardons,
  Candied Yams, Cornbread Stuffing,
  Giblet Gravy and Orange Cranberry Relish)

ピーカンタルト or パンプキンパイ
  (Pecan Tart or Pumpkin Pie)

IMG_9931IMG_9933
IMG_9934IMG_9935
IMG_9940



バターナットスカッシュのポタージュは、生クリームが多めに使われているのか、リッチで美味しかった。メインはローストターキーだけだと飽きてしまうからか(笑)、ハムもあってよかった。野菜もたっぷりで嬉しい。アメリカのヤム(Yam)は、水っぽくて味気ないなぁといつも思っていたけれど、こうやって飴でからめてローストすると美味しいんだ。

実はこの日、一緒にレストランに行ってくれた ayumin 夫婦の記念すべき入籍記念日。11月22日で「いい(11)夫婦(22)の日」。ナイスセンス。予約のときに「デザートプレートにメッセージを」とお願いしておいたんだけど、英語が伝わらなかったのか、当日の混雑のためか、メッセージが忘れられててがっくり・・・(涙)せめて気持ちだけでも、心からおめでとう。



こうして努力もせず、王道サンクスギビングディナーにありつく。レストランは楽でいいんだけど、いろんな方の様子を見聞きすると、やはりサンクスギビングは、家に集まって大勢でわいわい騒ぐのが楽しいのかも。来年こそは。

Left Bank Menlo Park 店
http://www.leftbank.com/
635 Santa Cruz Ave
Menlo Park CA 94025
(650) 473-6543
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-24 16:29 | レストラン

No.369 ミシュラン2つ星レストラン Michael Mina@San Francisco

※Michael Mina は、2010年9月、The Westin St.Francis Hotel から旧 Aqua 跡地(252 California Street, San Francisco, CA)に移転。Westin には Michael Mina グループ系列のステーキハウス Bourbon Steak が入りました。


今年の誕生日と結婚2周年のお祝いは、サンフランシスコのフレンチレストラン Michael Mina (マイケル・ミーナ)で。2年連続ミシュラン2つ星★★を獲得したベイエリアでも有数のフレンチレストラン。

IMG_9880



オーナー・シェフ Michael Mina 氏は、やはり2つ星レストラン Aqua のシェフを数年間務めた後、2002年に Mina Group を創設。サンフランシスコの Michael Mina を始め、ラスベガスにも有名店を数店持つ。場所は、ユニオン・スクエアのすぐ隣 The Westin St.Francis Hotel 1F。

IMG_9879


店内の照明は暗くいい雰囲気。階段を上って右がバー、左がレストラン。バーにはカジュアルな人も多いけれど、レストランの席に通されると周りはほとんどドレスアップ。

IMG_9883


テーブルにはレストラン総支配人からのバースディカード。どこのレストランでもあるのだろうけれど、こうした心遣いは特別な日には嬉しいもの。

IMG_9915



-+-+-

メニューは、3コースの Prix Fixe Menu ($98)と、6コースの Seasonal Tasting Menu ($135)の2種類。今回はいろんな種類を食べられる Seasonal Tasting Menu にて。


1皿目
蟹爪のグリルと海草のサラダ
きつ過ぎない柑橘系のアクセントが蟹を引き締める。お通しちっくなサラダはミントとコリアンダーたっぷり。

IMG_9889


2皿目
うなぎのグリル、木の芽のフリット添え
うなぎの蒲焼が美味しくないわけない。上に乗せられたフリットもさくさくでいい食感。

IMG_9892


・・・と、ここまできて、この2皿がアミューズ(一口オードブルのおもてなし)だったことが判明。ここからが本当のコースメニュー。


1皿目
Marinated Nantucket Bay Scallops (帆立貝柱のマリネ)
Pink Pearl Apple, Yuzu Aioli, Golden Char Roe
一筆書きのように流された柚子ソースともう一種類のソースの上に、甘くて小粒の帆立貝柱。

IMG_9894


2皿目
Crispy Skin Japanese Sea Bass (すずきのソテー)
Butternut Squash, Lobster Mushrooms, Pomegranate Beurre Blanc
身はほくほく、皮はカリカリにソテーされた鱸はさすが。ブールブラン・ソースはバターと白ワインとクリームを煮詰めたフレンチ定番のソースで、これが白身魚にコクを与えてとてもよくあう。

IMG_9896


3皿目
Four Story Hills Farm Poussin (雛鳥のグリル)
Yali Pear, Brussels Sprouts, Poussin Jus
Poussin はフランス語で「ひよこ、雛鳥」。Four Story Hills Farm の鶏はナパの French Laundry でもよく使われるのだとか。うずら系は大好物のはずなんだけど、この雛鳥はぷよぷよし過ぎて苦手だった。

IMG_9897


4皿目
Grilled Veal (仔牛のグリル)
予習したホームページのメニューと異なり仔牛が登場。柔らかく、ソースも美味しかった印象あり。付け合せ。野菜とキクラゲはよかったけれど、脂の塊とニョッキの中間のような物体が正体不明で味もいまいち。(もしかしたらフォアグラだったのかもしれない。カリフォルニアではもうすぐ食べられなくなるので、小さすぎるポーションに夫はがっかり。)

IMG_9899


5皿目
Elysian Fields Farm Lamb Loin "Cassoulet" (ラムのカスレ)
Zolfino Bean Puree, Braised Breast, Haricot Jaune
Cassoulet (カスレ)は、白いんげん豆、肉、玉ねぎ、にんにくなどを煮込んだフランス料理。細長く刻まれたラムの胸肉が肉汁でくたくたに煮込まれてコーンビーフのような食感(お皿左側)。これがロインと一緒に口に運ぶとうまーい。夫、感動。インゲンや白いんげん豆も柔らかくて美味しい。

IMG_9900
(食べかけて慌てて撮影。)


6皿目 (チーズ)
Ardrahan (アイルランド産チーズ)
Pickled Pear, Black Walnut, Thyme Syrup
コースの最後はチーズとデザートから選択。夫が選んだのはチーズ。だけど、、、あまりに寂しいチーズ盛り。数スライスのみ。以前フレンチレストラン Fleur de Lys で出てきたチーズの感動が大きかっただけに、これはちょとかわいそう。

IMG_9905


6皿目 (デザート)
Apple Tarte Tatin (アップルタルト)
Burnt Cinnamon Ice Cream, Sable Breton, Mulled Cider
私が選んだのはデザートのアップルタルト。アメリカンな激甘べっとりアップルタルトと違い、上品で美味しい。脇に添えられたシナモン・アイスクリームはかなり強烈シナモン味。西洋人はシナモン好きですからね。

IMG_9902


最後はお口直しのアイスクリーム。
これは昔も今も変わらず同じアイスクリームらしい。日本のアイスのピノみたい(笑)ダークのほうは、抹茶味にあられの食感が面白い。ホワイトはラムリキュール。

IMG_9906


印象に残っているのは2皿目のすずきのソテー。ラムのカスレも美味しかった。全体を振り返ってお料理にすごーく感動したかというと・・・、個人的には Aqua や Ame のほうが好みだった。Michael Mina で同じメニューをリピートしたいとは思わない。




そんな中、一番感動したのはワイン。

1997 Morey St. Denis, Domaine Hubert Lignier
(モレ・サン・ドニ、ドメーヌ・ユベール・リニエ)

IMG_9891

フレンチだからせっかくなのでフランスワインを飲もう、と意気込んだんだけど、予算内に収まるボルドー赤は1本もなく。(最低価格でも220ドル、軒並み2000ドル越え。無理。)ブルゴーニュ赤なら予算内が数本。古めでブルゴーニュ当たり年の1997年をチョイス。すごーーくいい香り!今まで飲んだブルゴーニュの中では断トツ。(まだ数本だけど。)はまったらどうしよう。高いのに、フランスワイン。



-+-+-

周りのテーブルは3コースメニューが多く、中でも、多くの人が頼んでいた以下のディッシュが目を引いた。

鮪のタルタル (Ahi Tuna Tartare)
  目の前で混ぜ合わせるパフォーマンスつき 
キャビア (Caviar)
  プラス $70~150
ロブスターのパイ包み (Maine Lobster Pot Pie)
  プラス $35、包み焼きされたパイを開いて盛り付けてくれる
神戸ビーフ3種盛り (Japanese Kobe Beef Trio)
  プラス $100

プラスしていくと Tasting Menu よりどんどんお高くなるんだけど、それでも満足度は高そう。



何だか文句ばかり書いてる風だけど、決してそんなことはなくて。総合的な感想は、レストランをリピートしたがらない私が 「また来たい」 と思えるレストラン。「次はこれを食べに来よう」 と思えたレストラン。雰囲気は Fleur de Lys ほど重すぎず、でも十分贅沢な気分に浸れる。サービスはもちろん完璧で高圧的な感じもなく、気持ちよく食事ができる。大切な記念日を夫とここで過ごせて、満足度は花まるなレストランでした。ありがとう、Michael Mina。


Michael Mina
http://www.michaelmina.net/restaurant.php?restaurant_id=7
(旧)
Westin St. Francis
335 Powell Street
San Francisco, CA 94102

(新)
252 California Street
San Francisco, CA 94111
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-23 06:44 | レストラン

No.368 日本人の口にもあうアメリカンパイ Heidi's Pies@San Mateo

サンマテオにローカルなパイ専門店がある。Heidi's Pies Restaurant。なんでも、日本人の口にあう甘さ控えめなアメリカンパイと、日本人奥様方の口コミ情報。

f0097972_236313.jpg
El Camino Real をはさんでニジヤのモールの向い、黄色い看板が目印。


お店自体は超アメリカンレストラン。でも、やっぱりメインはパイ。入り口横に "本日のパイメニュー" が掲げてある。フルーツパイから生クリームたっぷりのホイップクリームパイまで様々。



さてさて。

ブルーベリー・サワークリーム・パイ (Blueberry Sour Cream Pie)
私の一押しはサワークリーム!甘酸っぱいブルーベリーとサワークリームのさっぱり感がぴったり☆(夫はいまいちとのこと。)

IMG_9342


ピーカン・パイ (Pecan Pie)
香ばしくカラメライズされたピーカンがたっぷり。フィリングは甘めだけど(そういう甘さのパイだから仕方ないんだけど)、パイ生地のさくさく感には感心。夫好み。

IMG_9533


ルバーブ・パイ (Rhubarb Pie)
ルバーブは、赤い茎のような野菜で、ジャムにしたりパイの具にしたり、果物と同様に調理される。酸味のあるるバーブパイは他の女性陣にも好評。暖めてアイスクリームを添えると最高だな。

IMG_9535




"日本人でも1切れ食べ切れる甘さ控えめのアメリカンパイ" としてはなかなかの合格点。また食べたいな。サンクスギビングのパンプキンパイにいかがでしょう?(あ、みなさんはご自分で作られますね、きっと。)

IMG_9537



Heidi's Pies Restaurant
http://www.heidipies.com/
1941 S El Camino Real
San Mateo, CA 94403
(650) 574-0505

24時間営業。Yelp の評価は賛否両論。最高!という人もいれば最悪!という人も。パイは1ホール12ドル前後。1ピースは1/5ホールで5ドル。奥のラックにたくさんのパイが並んでいるので、売り切れになることはなさそう。食べるまでの保存方法(冷蔵保存 or 常温)がパイによって異なるので、聞いておくとよい。

-+-+-

パイメニュー一覧。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-22 02:28 | レストラン

No.367 Thanksgiving Day 2007

とある秘密のプライベート・レストランから、サンクスギビング・ディナー(Thanksgiving Dinner)のご招待。

IMG_9670




「本日のメニューはこちらになっております。」
f0097972_673995.jpg


★ Thanksgiving Dinner Menu ★

Baby Shrimp & Guava Pineapple Ceviche
(小エビとグァバパイナップルのセビーチェ)
Mini Pumpkin Soup with Ginger
(生姜風味バターナットスカッシュのスープ)
Mixed Green Salad with Meyer Lemon Vinaigrette, Cranberry, Candies Pecan and Feta Cheese
(ミックスグリーンサラダ、マイヤーレモン・ビネグレッテ)
Artichoke, Sausage and Leek Stuffing
(イタリアンソーセージとアーティチョークのスタッフィング)
Herb Rubbed Turkey with Garlic Gravy
(ハーブ・ローストターキー、ガーリック・グレービーソース添え)
Sweet Potato Gratin
(さつまいものグラタン)
Sauteed Green Beans with Fried Shallots
(いんげんのソテー、フライド・シャロット添え)
Brussels Sprouts with Caramelized Onion, Roasted Fennel
(芽キャベツと飴色オニオンのソテー、ロースト・フェンネル)
Pumpkin Pie
(パンプキンパイ)



シャンパンで乾杯。Charles Heidsieck Brut Reserve はキリリ辛口。

IMG_9694


次々に並べられる

IMG_9684


見目美しいコース料理の数々。

IMG_9699


メインのローストターキー。なんと14パウンド(約6.5kg)。こんなジューシーなターキー食べたことないってくらい、すごく美味しい。何よりでかい。手際よく切り分けたシェフの技術はさすがプロ。

IMG_9707


付け合せも豪華絢爛。フェンネルやブリュッセル・スプラウト(芽キャベツ)、アーティチョークなど、アメリカならではの野菜が盛りだくさん。

IMG_9732


デザートは甘さ控えめパンプキンパイ。カラメルソースも自家製。パンプキンパイ感が変わった。

IMG_9822





-+-+-

素敵なパーティを企画してくださったのは、ベイエリアでパティシエとして活躍されているChicoさんとその旦那様。こんなこんなお料理、自分で用意しようと思ったら何時間(何日?)かかるんだろう。「明日は仕事なのよぉー」とさらっと言ってのけてしまう。プロ根性に頭が下がります。

みんなに楽しんでもらいたいから。

この底なしの奉仕精神はどこから来るのだろう。心から見習いたいと思う。いつも頂いてばかりの感謝の気持ちを、いつかお返しできればと思う。いつか自分のお店を持ちたいという Chico さんの夢がかないますように。



IMG_9672

Thank you Chico and Mark ☆


-+-+-

ウィッシュボーン(Wishbone)ってご存知?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-20 05:49 | アメリカのイベント