<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

No.120 噂の鶏ハム

鶏の胸肉で超!美味なハムが作れるという「鶏ハム(鳥はむ)」。
その口コミレシピの発祥は2チャンネルで、他のサイト上でも情報が飛び交い、多くの人がチャレンジ&試行錯誤を繰り返している。でも、みんな一様に口にするのが「おいしい!」の一言。

そんなわけでうちでも鶏ハムに挑戦!


-+-+-

基本材料は、鶏の胸肉とハチミツ(あるいは砂糖)・塩・コショウのみ。なんともお手軽。好みで塩の代わりにクレージーソルトを使ったり、ハーブを加えて好みの味にすることもできる。漬け込み2日間、湯煎7~8時間、冷蔵庫で半日寝かせ、約3日間かけて作る。


f0097972_835252.jpg
出来上がりは確かにハム。そして味も確かにハム。

ただ、、、今回はちょっと失敗。お湯につける時間が短かったのか、肉がちょっと生っぽくなってしまった。敗因は、アメリカの鶏肉は日本の鶏肉に比べてデカイ&分厚いことと、沸騰したお鍋の中で放置する際、ふたをしなかったことかも(本当なら完全にお湯が冷めるまで7~8時間かかるらしいのだが、うちのは5時間半くらいで冷めてしまった)。

仕方ないのでフライパンで少し焼いて食べてみた。それはそれで美味。次回作るときは、アメリカの鶏肉サイズを考慮して作らなければ。そして、お気に入りハーブも是非加えてみたい(バジルやタイムやローズマリーや、大葉などもいいらしい)。

いずれにしても、おうちでハムが作れるのは面白い。しかも、安い鶏の胸肉で出来ちゃうのでお得。時間のある方はどうぞ。


-+-+-

いろんなサイトの鶏ハムレシピを総結集!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-30 08:22 | たべもの

No.119 充実のワインショップ K&L@Redwood City

ベイエリアでかなりの充実振りを誇るワインショップ K&L。サンフランシスコとレッドウッドシティにあり、今回は家から近いレッドウッドシティ店へ。スタンフォード・ショッピングセンターから El Camino Real を北上すると、右側に看板が見えてくる。
f0097972_9352643.jpg


お店は隅から隅までワイン、ワイン、ワイン!すごーい。ベイエリアのワインはもちろん、アメリカのカリフォルニア州以外の他州のワイン、ボルドー(Bordeaux)、ブルゴーニュ(Burgundy)、シャンパーニュ(Champagne)といったそうそうたるフランスワイン、イタリア、ドイツ、スペイン、南米のワインも充実。
f0097972_935458.jpg
f0097972_936411.jpg



ナパ(Napa)やソノマ(Sonoma)は比較的近いし、近くのスーパーでも見かけるけれど、ロスに近いサンタバーバラ(Santa Barbara)のワインなどは見つけにくい。このお店にはそんなワインも揃っている。サンタバーバラの美味しいピノノワールを造る Foley に melville。Au Bon Climat (略してABC)などもタイミングによっては在庫あり。
f0097972_936254.jpg


ビンテージ&レアワインのコーナーには、古いワインも充実。有名なワインが年毎にずらりと並べられている。生まれ年ワインまで見つかる。
f0097972_9375724.jpg


"Zinfandel の最高峰" と称える人も多い Turley のジンファンデルも発見。一度知り合いのお家で飲ませて頂いたが、そのお味はワインがまったくわからなかった頃の私でも感動したほど。もう一度飲みたいなぁ。
f0097972_939622.jpg



しかもここ、安い。大手リカーショップ BevMo! や Safeway などのグローサリーショップより安い。

少しずつワインに詳しくなって、ワインショップで知ってるワインが増えていくのも楽しみのひとつ。



K&L Wine Merchants
http://www.klwines.com/
3005 El Camino Real
Redwood City, CA 94061

充実のワインショップ。テイスティングも行っている。Webサイトのワイン情報も非常に充実で、高い評価を受けている。

"... from its well-traveled buyers to its sociable, encyclopedic-minded sales folks, the staff is carefully chosen, too."
(百科事典のようにワインに精通したスタッフによって厳選されたワインたち)
- San Francisco Magazine (June 2006)

"K&L at the top of the Wall Street Journal's list of recommended online wine retailers."
(ウォールストリート・ジャーナルがお薦めのオンライン・ワイン販売店のトップに挙げている)
- The Wall Street Journal (April 28th 2006)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-28 09:52 | ワイン&ワイナリー

No.118 ネズミの巣(mouse's nest)と攻防戦

ネズミ出没の5日後。
シンク下の穴もふさがり、ネズミ捕りにもネズミはかからず、家の中はひと段落ついた気分でいた。



週末なので、溜まったペットボトルとビンのリサイクルに行くことに。うちでは空瓶用にビールやワイン箱買いのダンボール箱を取ってある。それらの箱はベランダの隅に放置。

夫 「ネズミの巣になってたりしてなー。。。」


空瓶を箱に詰め直すため、積み上げたダンボール箱を上から下ろしていく。一番下の箱を持ち上げようとした瞬間・・・・・、シッポがにょろんっ!!

はうっ!?
ダンボールをほおり出して、・・・・・体が固まる。

すると、ダンボール箱の中から小さなネズミががさがさがさーーー!と走り出し、一瞬目があった後、隣にあったクーラーボックスの陰に隠れた。。。
f0097972_9561965.jpg



・・・いたよ。おまえかい。



しばらく冷戦状態が続いたけれど、敵も動かない様子だったので、恐る恐る逃げたしたダンボール箱をひっくり返し、ふたを開けると・・・・・・、立派な巣を発見。
f0097972_9565191.jpg

(左上の一角のスペースに枯葉や紙くずなどを詰めて巣を作っている模様)

黒いフンも尿もびっしり。
あぁぁぁぁ、こんな身近に巣を作ってたのね。。。どおりで最近ベランダにフンの数が増えたはずだ。



巣になっていたダンボール箱に他のネズミがいないことを確認し、箱を処分した後は、犯人との攻防戦再開。
f0097972_9581430.jpg

棒でつついてみたり大きな音を出したりするけれど、姿を見せず。えーーーい!こうなったら!と、思い切ってクーラーボックスを移動させると・・・、

だだだだだーーーーーーーーーーーーっ!!!

と逃げ出してきた!


夫 「うぉぉぉぉぉーーーー! (恐怖の雄たけび)」
嫁 「!!!!!!!(T_T) (驚愕で声も出ず)」

ネズミは一目散にベランダの柵の下を潜り抜け、外に逃げていった。嵐の後のような静けさ。。2人とも動けず、心臓だけがばくばくばく。。。


-+-+-

さらなる教訓。
ベランダにダンボール箱を放置してはいけない(完全に私たちの不注意)。ベランダにフンが多発し始めたら巣の存在を疑うべし。



-+-+-

序章とこれまでの教訓。

ネ、ネ、ネ、ネズミが出たーー!!!(trace of a mouse)
ネズミ対策(rodent control)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-24 10:03 | アメリカ生活を始めよう

No.117 アバクロのアウトレット!@グレートモール(Great Mall)

※家の中でのネズミ騒動の後も、ベランダでネズミのフンと寄生虫の死骸と壁をかじった痕跡の砂山が見つかったり、ナメクジ対策ビールの溺死ナメクジが食べられた形跡があったりと、うんざりな今日この頃。(しかもこれらグロテスクな残骸を片付けるのは、昼間時間のある専業主婦・・・)

そんな訳で、ちょっと明るいネタ。先週末のお得なお出かけ日記。



-+-+-

夫 「アバクロ(Abercrombie & Fitch)のアウトレットがあるらしいけど、行く?」
嫁 「行くーーーーー!服、ないのーーーー。。。」

ということで向かったのは、サンノゼ(San Jose)の真北、ミルピタス(Milpitas)という町にあるアウトレット、 グレートモール(Great Mall)。服や靴のアウトレットがメインで、アバクロ(Abercrombie & Fitch)の他、アバクロのセカンドラインのホリスター(Hollister)のアウトレットも入っている。



車で南に走ること30分、グレートモールに到着。駐車場がすごーーーく広くて車でぐるぐる回ってしまったけれど、お店は結局ひとつの建物の中に詰まっているのでどこから入っても大丈夫だったみたい。

f0097972_12122770.jpg

店内はアウトレットっぽくTシャツが山積みされているゾーンや夏物大安売りゾーンが!しかも、アバクロなのに$10以下の服や小物がごろごろ!!!でも、欲しいのは秋物のはおり物なのー。冬すぎず、今の季節でも使えるカジュアルなもの。日本では仕事用のきちんと服ばかりだったので、カジュアルな秋冬物に乏しく、同じ服を着まわし×2。。。今の生活向きの楽チン服が欲しーい。



結局ゲットできたのは7分袖のカーキのカットソーブーツカットのジーンズ。アバクロのトップは、かなり体にぴったりする割に丈が長くて難しい。ジーンズは、長さが Regular では長すぎなので必死で Short を探す。膝に切り込みが入ってるんだけど、Short にしちゃってるもんだから切込みが膝下5cmくらいというちょっと情けないもの。。
f0097972_12134473.jpg
それでもアバクロのジーンズが $39.99 は安い!正規の約半額!
(日本から持ってきたジーンズ、入らなくなっちゃたし。貴重な一品。)



アバクロの後、ホリスターにも立ち寄ったけど収穫なし。
目当ての秋物カジュアルはおり物は、別のお店で探さなきゃ。


-+-+-

Great Mall
http://www.greatmallbayarea.com/static/node560.jsp
447 Great Mall Drive
Milpitas, CA 95035

カジュアルなブランドのお店が充実。デイリー服を見つけるなら、ギルロイやナパのアウトレットより使えるかも?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-23 08:17 | ベイエリアお出かけ

No.116 ネズミ対策(rodent control)

ネズミ出没の2日後。
ネズミ駆除業者(rodent control)が管理オフィスから派遣されて来た。

穴を見て「あー、結構大きいねー」・・・そうですか。。



このネズミ駆除業者の対処は、穴の中に特殊な薬をまくことと、ネズミ捕りを仕掛けること。

特殊な薬は即死するものではなく、喉が渇き水を求めて外に出て、外で自然に死ぬというものらしい。壁と壁の間では死なないとのこと。(壁の中のような手の届かないところで死んでしまうと、恐ろしい腐臭がし始めるらしいので、そこはよーく確認した。)

ネズミ捕りは典型的なバネ式。大きな rat 用と、小さな mouse 用のネズミ捕りがあり、今回は mouse 用を設置。長さ約10cmの小さなネズミ捕り。台所のシンク下に2コ、冷蔵庫の脇に1コ、念のためバスルームに1コ。おびき寄せの餌はウォールナッツ。これで2日置きに様子を見る。
f0097972_8161474.jpg

ワイヤーコットンのようなものを穴に詰めて応急処置をしたが、穴が大きいのでちゃんと修繕してもらったほうがいいとのこと。はーい。。


-+-+-

引き続き、穴の修理の人がやってくる。
穴の裏から板を取り付け、セメントで穴をふさぐ。30分くらいで穴はきれいにふさがれた。
f0097972_8174383.jpg

f0097972_8175956.jpg




・・・・・っていうか、最初から(入居したときから)こうやってふさいでおいてくれればよかったんじゃないかぁぁぁ!!!ずさんなり、アメリカ。

教訓。
アメリカで新しい家に移ったときは、家中のすべての穴、通気孔、排出口をチェックして予め塞いでおくこと。(あ、常識?)食料は配水管など、穴のない戸棚にしまうこと。勉強になりました。



ネズミ捕り、かかりませんように。。。スプラッタになってたらどうやって処理するんだ。。。



-+-+-

序章と続きと教訓。

ネ、ネ、ネ、ネズミが出たーー!!!(trace of a mouse)
ネズミの巣(mouse's nest)と攻防戦
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-21 08:21 | アメリカ生活を始めよう

No.115 ネ、ネ、ネ、ネズミが出たーー!!!(trace of a mouse)

朝、夫が台所のシンク下で "かさかさ" という音を聞いたという。周りの家の音じゃなーい?と話していた矢先、同じ場所から "カリカリカリ・・・"。

えーーー、なにー?今の音。。。


既に夜の23時過ぎ。しかし、気になるままほおって置くことが出来ない性分。意を決してシンク下の扉をそーーーっと開けてみる。一見、何も見当たらない。収納してある調味料をひとつずつ取り出し、お米の袋に手をかけたところ、、、



f0097972_4154538.jpg


明らかにネズミです。ネズミがかじった跡。一目瞭然。



シンク下を空にし、覗いてみると、配水管が通る穴がかじられて大きくなっている。床には、崩された壁の残骸と、米粒大の黒いフン。。(涙)

(とっさに穴に布を詰めた状態↓床には壁の残骸が・・・)
f0097972_416366.jpg


それからが大変。まず、家の中にネズミがいないことを確認。(ネズミが家に入ったままだったら、出口をふさいでしまうことになるので最悪・・・)

シンク下にもぐりこみ、崩された穴以外に外とつながる穴がないかを確かめて、穴と溝をダンボールとガムテープでふさいでいく。とりあえずの応急手当。ネズミ(小さい mouse のほう)は、1/4 インチ(0.6cm)の隙間があれば入り込んでくるらしいと聞いて必死!

その後、衛生のため、塩素系洗剤で床をよーく拭く。



夜中 1:30 終了。。。
夫もぐったり。私もぐったり。。。。。
f0097972_4192427.jpg




アメリカの家にはネズミが出る!とは聞いていたけれど、まさか自分の家に出るとは思いもよらず。穴とフンの大きさからして、大きな rat ではなく、小さな mouse のほうだと思うけど。アパートの管理オフィスに連絡したら、一応ネズミ駆除業者(rodent control)を入れてみようということになった。

ナメクジどころじゃないよー。。



-+-+-

つづく。そして、教訓。

ネズミ対策(rodent control)
ネズミの巣(mouse's nest)と攻防戦

さらに、ネズミ退治方法の興味深い(&恐ろしい)やり取り。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-20 04:43 | アメリカ生活を始めよう

No.114 ゴーヤチャンプルーとゴーヤンブシー

ゴーヤ

沖縄好きの私にとってはちょっと特別な存在の野菜。野菜嫌いの夫もなぜか食べられる偉大なゴーヤ。ようやく中国系スーパーマーケットで発見。英語名は "bitter gourd"。

となれば、ゴーヤチャンプルーでしょ。ゴーヤチャンプルーといえば、スパムでしょ。
f0097972_914061.jpg


ゴーヤチャンプルーは、お店によって "これでもか!" というくらい味が違う。まさに沖縄の家庭代々の秘伝の味。美味しいゴーヤチャンプルーに出会うのも沖縄の旅の楽しみのひとつ。アメリカで手に入るゴーヤは、沖縄ゴーヤよりえぐみがあるけど、まぁ美味しい。
f0097972_9152675.jpg


ちなみに、右のサラダはロメインレタスとイチジクのアンチョビドレッシングあえ。イチジクとアンチョビ、甘さと塩辛さがマッチする。生ハムメロンみたいな感じ?


-+-+-

翌日はゴーヤンブシー。 ※見た目が変わらない・・・。
f0097972_9154327.jpg


"チャンプルー" は沖縄語で "炒め物"、"ンブシー" は "味噌炒め煮" のこと。ナーベラーンブシー(へちまの味噌炒め煮)が有名だけど、ゴーヤでもおいしい。というか、なんでもいいのだ。どうせ炒め物だし、好きなものを入れればいい。



夫曰く、「チャンプルーのほうがゴーヤの味がして好き。」とのこと。ななななんと!野菜嫌いの夫の口からそんな言葉が・・・。やはり偉大なり、ゴーヤ。

ゴーヤチャンプルーとゴーヤンブシーのレシピ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-19 05:35 | たべもの

No.113 超アメリカンなバースディケーキ@SAFEWAY

本日、アダルトスクールの先生にバースディケーキが贈られた。御歳75歳。
f0097972_854219.jpg

見るからに超アメリカンな特大ケーキ。日本ではなかなかお目にかかれない。
f0097972_864792.jpg



このケーキ、SAFEWAY のケーキなんだけど、意外なことに結構美味しい!アメリカのケーキというとバタークリームを想像するけど、SAFEWAY では選べるらしくこれは生クリーム。スポンジはフワフワ柔らかく、生クリームも甘すぎずちょうどいいホイップ具合。

小学校の子供を持つお母さんたちの間でも SAFEWAY のケーキは評判がいいらしい。SAFEWAY というと "こてこてのアメリカン・スーパーマーケット" だけに意外。




ちなみにこの先生、毎週金曜日にパウンドケーキを焼いてきてくれる。これがまた美味しい!休憩時間の大きな楽しみ。うちのクラスの生徒に優先的に配らるので、フォスターシティーのアダルトスクールに来る方は、このパウンドケーキを求めてうちのクラスへ是非どうぞ!
f0097972_89397.jpg


※うちのクラスは古参生徒(主に中国人)が多く、10年以上通っている生徒もいる(らしい)。で、修道女(nun)で結婚していない先生のために、誕生日や母の日をいつも仕切ってくれる中国人の女性がいて、今回のもその彼女がみんなから寄付を募って用意したサプライズケーキでした。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-17 02:12 | アダルトスクール

No.112 ガーデニングの天敵 犯人はナメクジ(slug)!

うちの部屋はアパートメントの1階なので、ベランダにちょっとした土スペースがある。日当たりはあまりよくないけれど、せっかくなので花とかハーブとかを植えていた。

ところが、最初に気がついたのは2ヶ月くらい前。芽が出て成長を楽しみにしていたコスモスが、毎朝1本ずつ消えていくのである・・・。気がつくと4~5本芽を出していたコスモスが跡形もなく消えてしまった。。。


その後、他の植物も次々に被害にあう。

虫食いになったひまわりの葉っぱ。
f0097972_1042289.jpg

葉っぱだけなくなって、ただの枝になったタイム(ハーブ)。
f0097972_1044719.jpg

こちらも虫食い状態のセージ(ハーブ)。
f0097972_1051325.jpg

被害にあってないのは、ネギ(チャイブ)とシソの葉とアイビーくらい。


地面に直接植えてる芽がやられるのはナメクジのせいだろうと思い、ナメクジ殺虫剤(slug, snail & insect killer)を撒いていたのだけれど、かなり頻繁に撒かないと効果がでない。食用のハーブに殺虫剤を振り掛けるのも気が引けるし。。
f0097972_1055790.jpg


と、思っていた矢先、背の高い鉢植えの植物の葉っぱに、にっくきナメクジが這っているのを発見!やはり葉っぱの虫食いもおまえの仕業かーーー!鉢まで登るのかーーー!



-+-+-

パンジーなども、葉や花にナメクジの這った後(油をぬったように葉や花が銀色に光ります)があれば間違いなく何処かに潜んでいます。

・・・ええ、ありますよ。地面にも葉っぱにも、あちらこちらに銀色にてらてら光る這った後が。。。
f0097972_108451.jpg



そこで、ガーデニングのサイトで見つけた薬以外のお勧めナメクジ撃退法。

コップにビールを入れ、ナメクジの出そうな暗くて湿った場所に置く。

(ビールはナメクジの大好物。コップに入ったビールの臭いに誘われて、そのままビールにはまって溺死することになります。)




試します。
健闘を祈っててください。(溺死したナメクジの集団を見るのは最悪だけど・・・。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-16 07:15 | いきもの

No.111 赤ワインの染みが白ワインで落ちた!

以前ブログで「ワインの染み抜きの方法、教えてくださーい。」とヘルプを募集したところ、えー?という染み抜き方法が、

白ワインをかけて、ナプキンでぽんぽんと軽くたたく。

という画期的なものだった。


-+-+-

後日。
夫が再び赤ワインをランチョンマットにこぼす。あ!料理に使った白ワインが残ってる!早速、適当な容器に白ワインを入れ、染みの箇所を浸けること一晩。

なーんと!キレイに染みが落ちている!
びっくりー。すごーい。

わざわざ白ワインを開けるのはもったいないけど、安い白ワインが余ってたら次回からこの手で!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-15 06:54 | ワイン&ワイナリー