<   2006年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

No.100 マンモグラフィー その後:生検(Biopsy)

受けました、胸の生検(Biopsy)。
針を胸に指して細胞組織を取り出して検査するやつです。。(前回までの経緯はこちら。)

結果から言うと、問題ない石灰化でした(良性)。今後は年に1回の検診およびマンモグラフィーで経過を見守ることになります。ちょっと長くなりますが、耳慣れない生検という検査なので、体験談をつれづれってみました。


-+-+-

生検について
生検には2種類あって、疑わしい場所に針を刺してサンプル組織を吸いだす針生検(needle biopsy)と、手術で疑わしい場所ごと全部取り去ってしまう切開生検(excisional biopsy)がある。※言い方はいろいろ。

今回は針で細胞を吸い取る針生検。中央と側面に穴の開いた針を患部に刺し、バキュームで石灰化している箇所の細胞を吸い取る。石灰化の状況や個人差によって針の太さが変わってくる。私が受けたのは中くらいの太さのコア・バイオプシー(Core Biopsy)と呼ばれる針生検。針生検なので、全身麻酔(general anesthesia)ではなく局部麻酔(local anesthesia)らしい。

その場で超音波(Ultrasound-Guided Biopsy)かマンモグラフィー(Stereotactic Biopsy)で患部を見ながら、狙いを定めて針を刺す。




前日までの不安と決心
マンモグラフィーで石灰化(calcification)が見つかった後、専門医の先生とコンサルテーションを行った。その結果「100%大丈夫とは言い切れないので、やはり生検を行ったほうがいいでしょうね。」と勧められた。えーん・・・。

痛みはほとんどないと説明される。最初の麻酔の注射だけ多少ちくっとするとのこと。と言われても、太い針を胸に刺すんでしょう?えーん・・・。

数日後、生検を受けるにあたっての注意事項や生検のメリット、リスクなどが書かれた冊子と説明用紙が送られてきた。「まれに大量出血したり極度の痛みを伴うことがあります。」など、怖いことがたくさん書かれてある(T_T)(T_T)(T_T)起こりうるすべての危険性を書いておかないと、訴える人がいるからね、アメリカ。。


↓書類の最後には、私と夫の同意サインの欄が。どこまでもアメリカらしい。
------
After reading "A Woman's Guide to Breast Cancer Diagnosis and Treatment," and this form and discussing this information with the radiologist, I have been informed of the nature, risks and benefits of biopsy. I am aware of the alternatives, and know there is no guarantee as to the outcome of the results.

("女性の乳がん診断と治療" ブックとこの説明書を読み、放射線科医師と話し合った結果、私は生検の性質、リスク、利点についての情報を与えられました。私は代替検査があることと、結果に関して100%の保証がないことを理解しています。)
f0097972_5272668.jpg




生検当日
当日。
普段食べない朝ごはんだけど、体力がなくなるといけないのでクッキーを2枚食べて病院へ向かう(これは正解だった)。運転は夫にお願い。車の中で不安は募るばかり。。。

最初に先生に不明な点をいくつか質問する。ちなみに私がした質問は以下。

Q. 石灰化は複数見られたがすべての石灰化を取り除くのか。
A. あくまで一部のサンプル細胞のみ。
※生検で取り除いた細胞が陽性だった場合、後の手術の箇所が少なくなるため、生検で取り除ければベスト。


Q. すべて取り除かないのなら、その後のフォローアップ検査はマンモグラフィーでいいのか。あるいは再度生検を実施しなければいけないのか。
A. 検査結果による。半年あるいは1年に1回のマンモグラフィーでいい場合もあれば、手術による生検を行わなければいけない場合もある。

Q. 生検のための針挿入は1回か、複数回か。
A. 1回(1ヵ所)のみ。1回の挿入でまわりの必要な細胞を吸い取る。

Q. 痛み止めの薬とその他の常用薬について。
A. 痛み止めにはアセタミノフェン系の薬(タイレノール(Tylenol))を服用すること。アスピリン(Aspirin)やアドビル(Advil)はだめ。
※日本の薬だと、ノーシンはアセタミノフェンなのでOK。バファリンに含まれるアセチルサリチル酸はアスピリンなのでNG!

  その他、鼻のアレルギーの薬などはOK。(ちゃんと実物を見せて確認した)

Q. 生検実施日に飲酒をしても大丈夫か。 ← こらこら。。。
A. 問題ない。




いよいよ生検開始
夫が部屋から出て行き、生検開始。胸の部分がくりぬかれた診察台にうつ伏せになる。顔は機械と逆のほうを向かされ、機械や施術状況はいっさい見えないようになっている。

緊張はよくない!と思い、頭のなかで音楽なんかを歌ってみた。※そのときの気分はトラジハイジの「ファンタスティポ」。あぁぁ、不謹慎な画像ですみません。でも、当の本人は心を落ち着かせようと必死だったのです。。
f0097972_541969.jpg


最初に胸を板で挟まれて、うつ伏せでマンモグラフィーを撮る。その後、胸を板で挟んだままで局部麻酔の注射が打たれる。30秒くらいかけてゆっくり注入。これはちくっとするだけ。その間、看護婦さんがずっと背中をなでなでてくれていて、すごく落ち着いた。こういうのはうれしい。「何か感じる?」と聞かれるが、感じているのか感じていないのかすらわからず、思わず「I'm OK.」と、わけのわからない返事をしてしまう始末。。

すると、「じゃ、いくわよ。3、2、1。」の言葉の後に "バシッ!!!" という大きな音がする。・・・え?今ので針が刺さったの・・・?でも、まったく感覚なし。痛みもなし。その後、耳元で "ウィ~ンウィ~ン" と機械の音がするけれど、まったく感覚なし。吸出しが15分くらい続いたのかな、「終わったわよ。」と言われ、胸を挟んでいた板から開放された。


「仰向けに向き直って、患部をガーゼで強く押さえていてね。」と指示され、しばし圧迫止血。その間、、、看護婦さんがタオルやガーゼでそのあたりをふきまくっている。床からベッドから血を受けるバケツのような物から機械の隅々まで。そんなにスプラッタなんですか・・・?でも、仰向けになっているから状況は見えず。掃除が終わったらしく、私も圧迫止血終了。起き上がったときにはあたりはきれいになっていた。。血一滴見えず。

最後に、無事細胞が摂取できたかどうかを確認するため、再度マンモグラフィーを撮る。簡単なテーピングで患部が開かないように固定し、おなじみ板で挟まれマンモグラフィー。このときもまだ麻酔状態なので、痛みも何も感じない。出血も大丈夫な様子。

細胞が摂取できたことを確認した後、脱脂綿とガーゼで患部を止め、服を着て生検終了。検査はほぼきっかり1時間。これから寝るまで1時間に10分おきにアイスパックで冷やし続ける。ガーゼを取っていいのは24時間後。つまり、翌日午後以降。




生検後
最初の1時間は麻酔状態が続き、痛みも何もない。「今日は寝てなさい!」という夫のありがたい忠告を無視してパソコンを見たりして。。

2時間後、ちょっと気持ち悪くなってくる。軽い鈍痛もしてる気がする。気持ち悪くなると、何か食べたくなる(食べづわり?)。クッキーやお菓子を手当たりしだい食べる食べる。。。満腹中枢が満たされると、再び落ち着いた。

アイスパックは1時間に10分ずつと言われていたが、ずっと当てていたほうが気持ちいいし痛みも緩和されるので、氷だけ交換しながら当て続けていた。その後も軽い痛みはあったものの、起こりうるであろう傷の痛み。結局鎮痛剤(ノーシン)は飲まず。その日の夜も普通に(普通以上に?)ワイン飲んだし。

2日日も家で安静にしていた。2日目に先生から電話があり「良性だったから安心してね。」とのこと。よかったよかった。夫が、頑張った記念にシャンパンを買ってきてくれた。

3日目の朝、そーーっとガーゼと脱脂綿とテーピングを外す。患部を見ると2~3ミリの針穴の傷跡が。。こんな太い針だったんだ、、、と、改めて怖くなる。徐々に消えてはいくだろうけれど、多少は残るだろうな。そんな訳で、3日目も安静。専業主婦でよかった。仕事してる女性がこんな検査を受けるなんて大変だ。。


-+-+-

余談。
どの先生にも必ず聞かれたのが「なぜ30歳の若さでマンモグラフィーなんてやったの?」という質問。えー?アメリカのほうがマンモグラフィーは進んでるんじゃないの?先生によると「アメリカでは通常40歳から、イギリスなんて50歳からよ」とのこと。マンモグラフィーによる乳がん早期発見率が高いのは高齢者、ということなのだろう。


-+-+-

最後に、今回は本当に夫に勇気付けられた。自分ひとりだったら、たぶん怖くて生検は受けなかったと思う。夫自身も心配は大きかったと思うけど、生検前から当日まで、面白い事なども言いながらずっと元気付けてくれてた。本当にありがとね。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-31 05:58 | 病院&薬

No.99 ウィンドウショッピングするなら!@カーメル(Carmel)

先月遊びに行ったモントレー(Monterey)の少し南に、おしゃれで人気の街カーメル(Carmel)がある。街の真ん中をオーシャン・アベニュー(Ocean Avenue)というメインストリートが通っていて、いろんなお店が立ち並ぶ。


まずはランチ♪カーメルは食事も美味しくて有名だけど、今回は飛び込みで雰囲気のよさそうなイタリアンへ。
f0097972_912976.jpg


夫は鴨肉のラビオリ。これは絶品!デミグラスソースがとても美味しい!
(「俺、こんなにダックのことが好きなのに・・・」とつぶやきながら食べていた。。)
f0097972_914691.jpg


私はチキンとウォールナッツとピーチの温製サラダ。バルサミコ酢とラズベリーのドレッシングがすてきなハーモニー。
f0097972_92325.jpg



-+-+-

オーシャン・アベニューのスタートはカーメルプラザ(Carmel Plaza)。中庭に面した3階建てのショッピングモール。気持ちよさそうにくつろいでる。1階にある 『Sur La Table』 というキッチン用品のお店は大好きなお店のひとつ。
f0097972_935066.jpg


あとはオーシャン・アベニュー沿いをぷらぷらショッピング。ギャラリー、アンティークショップ、雑貨屋さんなどなど、ウィンドウショッピング好きな女性にはたまらない街でしょう♪
f0097972_943623.jpg

f0097972_944997.jpg

f0097972_95257.jpg


南半球国限定のワインショップや(オーストラリア、チリなど)、
f0097972_95188.jpg


和風&アジアン庭園のお店もある。
f0097972_953079.jpg


脇道もたくさんあり、小路を入っていくと楽しいお店を発見できたり。ワインテイスティングができるお店も、そんな小路の奥で発見。
f0097972_961499.jpg


オーシャン・アベニューはカーメルビーチ(Carmel Beach)まで続く。思ったより砂浜が広々と続く、きれいなビーチ。
f0097972_97445.jpg



-+-+-

行きは車で2時間、帰りは1時間半くらい。
カーメルミッション(Carmel Mission)という、レンガで有名な美しい教会には、残念ながら時間がなくて行けなかったので、次回は是非!さらに美味しいレストランも是非!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-30 09:13 | ベイエリアお出かけ

No.98 TRADER JOE'S の三層クリームチーズと2ドルワイン

ワイン通&グルメな方のブログで紹介されていて、ずっと気になっていた一品。

TRADER JOE'S の
"Sun Dried Tomato & Pesto Torta"
f0097972_8185786.jpg

クリームチーズ、バジル、サンドライトマト(乾燥イタリアントマト)が三層になった幸せの一品。一見、ケーキのような可愛さ(写真でうまく伝わらないのが残念だけど、、、)。ランチにこういうものをちびちび頂くと幸せな気分になる。
f0097972_8191399.jpg




そして

TRADER JOE'S の2ドルワイン
"CHARLES SHAW"
f0097972_8193443.jpg

こちらも渡米直後にブログで知人に教えて頂いた有名なワイン。2ドルだけど日々のテーブルワインとしては十分美味しい。特に、カベルネ・ソーヴィニヨン(赤)とソーヴィニヨン・ブラン(白)はお薦め。料理用としても活躍。毎日飲む家庭にとっては貴重なお助け商品。



自分で TRADER JOE'S を発掘するのは苦手なので、こうやって美味しいものを教えて頂けるとうれしい♪


-----

TRADER JOE'S
http://www.traderjoes.com/
f0097972_820854.jpg

アメリカの大型スーパーマーケットとは対照的な、小型で品揃えを絞り込んだスペシャリティ型の食料雑貨店。オーガニック食材から、輸入ワイン、輸入ミネラルウォーター、シリアル、チーズ、ナッツ、ドライフルーツ、パスタをはじめ、TRADER JOE'S オリジナルのビタミン、サプリメント、チョコレートなど、こだわりのある品揃えが人気。多少高めの商品もあるが、宝物探しのような気分で買い物ができる。

ゆえにファン層も厚い。ロサンゼルスタイムズ紙が、来店するお客を「まるで教会に来る信者のようだ」と評して特集を組んだことがあるほど熱狂的なファンも多く、そういった客の強い支持によって成功した個性的なグローサリー。お土産にもいいかも?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-29 08:22 | たべもの

No.97 ホットヨガ(Hot Yoga) ならぬ ビクラムヨガ(Bikram Yoga)

アダルトスクールが2週間夏休みだった。その間、何かすることないかなぁと思っていた矢先、ホットヨガに行ってるという友人のブログを読む。これだー!


ビクラムヨガ(Bikram Yoga)とは?
アメリカでホットヨガと言えばビクラムヨガ(Bikram Yoga)。"Hot Yoga" では見つからないのだ。ビクラムヨガでは、室温100F(40℃)、湿度55%の中で26つのポーズを2回ずつ繰り返す。90分のレッスンで1~2リットルの汗をかくのだそう。大切なのは呼吸。

なんと、ビクラムヨガの起源は日本らしい。何でも、創始者のビクラムさんが1970年冬に日本に来てヨガスタジオを始めたところ、あまりにも寒すぎ、みんなでストーブを持ち寄ったところ、筋肉や関節が柔らかく動くようになったのが原型だとか。。



ビクラムヨガ トライアル体験
近くにビクラムヨガ・スタジオを発見。初めての人にはトライアル特別価格があり、10日間10ドル!10ドルならお手軽だし、と覗いてみた。

動きやすい格好とヨガマット持参。ものすごい量の汗をかくのでヨガマットだけでは滑ってしまい、翌日からバスタオルも持参。

90分のレッスンのうち、前半は立った状態でのヨガ。バランスを取ったり膝を曲げて筋肉がぷるぷるするのを我慢したり。後半はヨガマットに寝転がり、柔軟運動をしたり反り返ったりする。いずれも筋力と柔軟性とバランスが要求される。イーグルのポーズとかコブラのポーズとか、聞いたことのある名前もあるけれど・・・
f0097972_8334023.jpg

f0097972_8343341.jpg
↑こんなの無理むり・・・(ーー;



感想
いやぁ・・・つらかったっす。
2日目からものすごい筋肉痛。全身痛!日ごろの生活に支障が出るレベルの筋肉痛。しかも、今まで筋肉痛になったことがない部位の筋肉が痛い。そして、体が硬いのもかなりつらい。。

そしてすごい汗の量。もともとすこぶる新陳代謝が悪くほとんど汗をかかない私でも、1回のレッスンで0.5~1kg 体重が落ちるので、500ml~1L の汗をかいてることになる。ここで落ちた体重はただの汗なので水分補給すればすぐに戻るけれど、続けていれば自然な筋肉がつきそう。あと、部屋の温度と湿度が高いため、 "くらっ・・・" とすることもある。無理は禁物。水分補給も重要。気をつけなければ。

4日目頃から筋肉痛が多少和らぐ。この頃から少し体が柔らかくなってきた。(というか、レッスン中は体が温まるのでレッスンの始めと終わりで柔らかさが全然違う。)恥ずかしながら指がつま先にも届かなかったのに、4日目頃にはつま先をつかめるようになっていた。

5日間通って、週末2日間お休みし、残り3日間通った。残念なことに、2週目の頭に膝の裏の筋を痛めてしまい柔軟運動が出来ず、いまいち軽いヨガになってしまったけれど、それでも何とか終了。筋肉痛にもならなくなった。

一方で難関だったのが英語。ヨガだけに、静かに小さな声で流れるように話されると何を言っているのか聞き取れない(聞こえてももちろん英語力の問題が・・・)。見様見真似でついていきながらも "こんなポーズでいいのか?どこに力を入れればいいんだ?!" という感じ。それでもいろんな先生から少しずつ聞き取り、毎回新しい発見を経て、8日間を通してようやく正しいポーズに近づいた気がする。。



効果
アメリカに来て、体重激増。体脂肪もあわせて激増(4%増!)。。計算すると、増えた体重のほぼすべてが脂肪であることが判明。運動してないんだから脂肪以外増えようがないので当然の結果。。やっぱり期待するのはダイエット効果。

で、8日間通った結果。
体重は0.5kg減、体脂肪は1日の中でも大幅に変動するので何度か測って0.5~2%減(2%減はすごい)。週末の2日間、結構飲み食いしちゃったのでそれがなければもうちょっと落ちたかも。

何より、汗をかかない私があれだけの汗をかけるのは体にいいことなんだろうな。極度の冷え性も少しは解消してくれるとうれしいのだけど。


-+-+-

というわけで、続けてみることにした。1ヶ月フリーパスで110ドル。10日間トライアルを受けた生徒には特典があり、110ドルで2ヶ月間フリーパスになる。夫には「高っ!」と言われたけれど、日本のヨガと比べると半額近いんだよー。

ただ・・・、かなりつらいし、ヨガ後の1日が使い物にならなくなるくらい疲れるので、いつまで続くのやら・・・と心配。こんなヨガを会社勤めしながら通う友人は偉い!10日間トライアルで一緒に通ってくれたアダルトスクールの奥様を積極的に誘ってなんとか続けるぞー!




ビクラムヨガ

英語サイト (アメリカでビクラムヨガが出来るスタジオ検索可能)
http://www.bikramyoga.com/

日本サイト
http://www.bikramyoga-japan.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-27 03:43 | 日々のつれづれ

No.96 アメリカの新聞に村上春樹 (Haruki Murakami in the newspaper)

ベイエリアの新聞 San Francisco Chronicle の「BOOK REVIEW」特集で、村上春樹が一面を飾っていた。


Murakami's magical mystery ture (村上マジカル・ミステリー・ツアー)
Newest collection is as enigmatic and sublime as ever - much to the joy of addicted fans. (最新作はこれまでになく謎めいて卓越した、熱狂的なファンはたまらない一作)
f0097972_3433272.jpg


取り上げられていた作品は 『Blind Willow, Sleeping Woman』、邦題 『めくらやなぎと、眠る女』。この短編集は読んだことがないので新聞の解説を追っていたけれど・・・、村上春樹ワールドは日本語でも不可思議な設定なのに、それを英語で説明されてもよくわからないぞ。。


彼の作品の登場人物は、何か大きな損失物(loss)や不安(anxiety)を常に抱えている。

独特の表現方法と、断定的でない、抽象的かつ空想的な彼の作品は「一度読めばあなたも熱狂的なファンになるだろう」という趣旨の記事だった。既存のファンも多いらしく、好きな作家がこんな風に海外で評されるのはうれしい。



-+-+-

初めて村上春樹を読んだのは17歳の時。友人に勧められて 『ノルウェーの森』 を読み始めた。・・・が、まったく理解できず、感情移入も出来ず、性的描写だけ "ひょ~" と印象に残ったものだったけれど。。

その後、大学4年で再び 『ノルウェーの森』 信者に出会い、 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』 を薦められてすっかりはまり、『ノルウェーの森』 も少しはよさがわかるようになり、『ねじまき鳥クロニクル』 にもどっぷりはまった。『国境の南、太陽の西』 も好きだったな。時間があれば、全部もう一度読み返したいと思う。

村上春樹についてうんちく語れるほど作品を読み込んでる訳じゃないけど(語りだしたら止まらない友人も身近にいるし)・・・好きな作家さん。「このワイン、好き」と同じ感覚。




ちなみに、これまで村上春樹の本の中で英訳されているのは
『ノルウェーの森』 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』 『ねじまき鳥クロニクル』
『国境の南、太陽の西』 『海辺のカフカ』 『羊をめぐる冒険』 『ダンス・ダンス・ダンス』 『象の消滅』 『スプートニクの恋人』 『アンダー・グラウンド』 等々(順不同)。

あの村上春樹ワールドを英語で翻訳するのもなかなかの想像力と語彙力が必要だろうなぁ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-26 02:43 | 日々のつれづれ

No.95 ググる。Googleる。

「ググる」って言っちゃいますよね。

英語でも、google という動詞が今年(2006年)の6月に Oxford English Dictionary(OED)に正式に収録。意味は「Google エンジンを使って情報を検索する(To use the Google search engine to find information on the Internet.)」こと。



ところが、当の Google 社は、自社の商標がこのように一般動詞化することを嫌がってるんですって。

ワシントン・ポストが「"Google" という単語は一般商標化してきている。」とコメントしたことに対し、Google 社が抗議のレターを書いたと、数日前の新聞(San Francisco Chronicle)に載っていた。Google 社は、"Google" という単語がインターネットで検索する行為の一般動詞となることを恐れている、と。以下のサイトにも、一般商標化することで威厳がなくなるのを嫌っていると書かれている。
http://news.com.com/2100-1030_3-6106479.html



名前が有名になるのはいいことなのでは?と、単純な私は思ってしまうのだが。。。
他社も自社の製品の名前を使っちゃうので、自社の優位性を語れなくなるとか・・・?

-+-+-

他に商標が一般名詞化した例だと、「ホッチキス」とか「セロテープ」とか「ウォークマン」とかかな。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-25 07:30 | 日々のつれづれ

No.94 ソーシャル・セキュリティ・ナンバーを取ろう!その4:SSN 申請する

労働許可(EAD)が届いたので、ソーシャル・セキュリティ管理局(正式名称:社会保障局)(Social Security Administration:SSA)に赴いた。最寄は San Mateo。

懐かしい建物である。渡米直後に夫のソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)を取りに来て、私は SSN が発行してもらえない代わりに "ソーシャル・セキュリティ・ナンバーがもらえません証明書(Denial Note)" を発行してもらった場所。※SSN 非保持者が運転免許を取る際に必要だといわれたこの Diniable Note、結局1回も日の目を見ることはなかったけれど。


朝9:00からということで9:03に到着したが、既に SSA オフィスの中は人でいっぱい。事前にソーシャル・セキュリティ・カード申請書(SS-5:Application for a Social Security Card)をダウンロードし記入してきたけれど、ここで書く時間も十分ありそう。順番待ち発券機に "予約のある人" という選択肢があったので、事前予約が可能だったのかもしれない。

待つこと30分。私の番号が呼ばれる。申請書を渡すと、パスポートと婚姻証明の提示を求められる。え?婚姻証明の提示なんて聞いてないよ?夫がそう伝えると、「じゃ、労働許可(EAD)は?」と聞かれ、EAD カードを提示。後は問題なく進み、申請済みを証明する受領書(receipt)をもらう。終了。SSN カードは2週間以内に届くとのこと。



-+-+-

なぜ婚姻証明書を要求されたんだろう・・・、と不思議に思い、調べたところ、なんと先月(2006年7月14日)に法律が改定されて、E-1 & E-2 ビザと L-2 ビザ(L-1 の配偶者)保有者は EAD を持っていなくても働けることと、EAD を持っていなくても婚姻証明(a marriage document)を提示すればソーシャル・セキュリティ・ナンバーを申請できるようになったらしい!


SSA UPDATES MANUAL TO INCLUDE GUIDANCE ON E AND L SPOUSES AUTHORIZATION TO WORK
https://s044a90.ssa.gov/apps10/poms.nsf/lnx/0100203500!opendocument

(本文抜粋)
The following sections list nonimmigrants, by alien class of admission codes, who are authorized to work in the U.S. without specific authorization from DHS. The person’s I-94 will not have the DHS employment authorization stamp and the alien will generally not have an EAD.

For those with an asterisk (*), the principal alien, spouse, and child all have the same classification code. In some instances, both the husband and wife are both principal aliens when the classification is E-1, E-2. Accept their statements that both are principals.

For those with a double asterisk (**) (non-immigrant E-1, E-2, and L-2 classifications), the spouse is also authorized to work without specific DHS authorization. The E-1, E-2, and L-2 spouse is not required to apply to DHS for an EAD card as documentary evidence of work authorization but may choose to do so. When the E-1, E-2, or L-2 spouse applies for an SSN card and does not submit an EAD as evidence of employment authorization, he/she must submit, in addition to evidence of immigration status, evidence of a marital relationship to the principal E-1, E-2, or L-1 alien. The evidence of marital relationship between the applicant and the principal E-1, E-2, or L-1 alien is a marriage document (issued prior to admission to the U.S. as an E-1, E-2, or L-2 non-immigrant).



この情報、できてたほやほやで、日本語のサイトにはどこを探しても載っていない。英語のサイトでも探し出すのに苦労した。労働許可申請に250ドルも払ったのに・・・。いやいや、いい英語の勉強になったのでよしとしよう。ね、夫。

そして、ソーシャル・セキュリティ・カードは本当に2週間で届くのか?!




-+-+-

(2007.11.09 Update)
労働許可(EAD)申請の場合、自訳の婚姻証明書でOKでしたが、SSN 申請に必要な婚姻証明書は日本領事館等で証明してもらった正式なものが必要と SSA で断られたそうです。(L-2 ビザにて SSN 申請に行った友人談。)ちょっと面倒ですね。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-24 04:37 | SSN

No.93 ミステリー・スポットと爽快ドライブ@サンタクルーズ(Santa Cruz)

リッジ・ワイナリーの帰り、不思議な場所に立ち寄った。
サンタクルーズ近郊にある 『ミステリース・ポット』。トリックなしの不思議な現象を体験できるらしい。


-+-+-

ミステリー・スポット(Mystery Spot)

リッジから南へ約45分、途中からはうっそうとした山道を進む。すると車の列が見えてくる。夏休み最後の週末のせいか、それほど知名度も高くないはずなのになんと1時間待ち。。ここはツアー形式なので、車で待っている間に誰かが先にチケットを買いに行くのが賢い方法。
f0097972_9461376.jpg


入り口。目の前は山、山、山の傾斜。
f0097972_9463046.jpg


説明のお兄さんの面白おかしい説明でツアーは進む。でも、英語が苦手な私は説明がよくわからず。。ただ、目の前で起こっている不思議な現象は面白い。

例えば、水平な板の両端に人が乗っているのに、左右の場所を入れ替えると背の高さが逆転して見えたり(おそらく傾斜と目の錯覚)。

水平計(気泡の位置で水平かどうかを測る道具)で水平なことを確認した板の上を、ボールが高い方向へ向かって転がったり。これは不思議。

全体がゆがんだ家では、かなりの急角度で斜めに立っているように見えたり。ただし、この家は平行感覚がおかしくなるので、気分が悪くなる人も。私も途中でめまいが・・・。
f0097972_9464955.jpg


お兄さんの「体験してみたい人!」の掛け声に、小学生くらいの男の子が真剣な顔で手を挙げる。確かに子供には楽しいスポットかも。不思議がいっぱい。大人も・・・まぁ、一度来るには楽しめる場所じゃないでしょうか。夫はお土産にもらったステッカー(Mystery Spot Bumper Sticker)が一番嬉しかった様子。。


Mystery Spot
http://www.mysteryspot.com/ ←サイトを見ると "不思議" のイメージがわかります。
465 Mystery Spot Rd,
Santa Cruz, CA
(831) 423-8897

-+-+-




帰りはサンタクルーズから海沿いをハーフムーンベイまで延びる CA-1 ハイウェイを北へドライブ。
これが最高にいい眺めだった!
f0097972_948881.jpg


浜辺で遊ぶ家族やサーフィンを楽しむ人。サンタクルーズは世界でも有数のサーフィンの地。一方、道の逆側は切り立った崖や野菜畑だったりして、対照的な風景を楽しめる。
f0097972_948295.jpg



そこで初めてのスポーツに出会う。サーフカイト(Surfkite)。サーファーの原動力は高く高く舞ったカイト。すごい強風の中、巧みにカイトを操り、時には宙に浮いて舞ったりしながら、猛スピードで波を滑っていく。
f0097972_9485414.jpg

f0097972_949880.jpg


すごーい。でも、難しそうーー・・・。


帰り、ハーフムーンベイに近づくにつれ天気が悪くなってきたけれど(これはいつものこと・・・)。
f0097972_9495831.jpg

f0097972_950124.jpg



サンタクルーズから約1時間、大満足のドライブコースでした。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-23 04:08 | ベイエリアお出かけ

No.92 夏のジンファンデル・イベント Part2!@リッジ(RIDGE VINEYARDS)

2週連続でリッジのイベントに行ってしまった。目的は・・・リッジのロゴ入りグラス。

まぁ、ワイナリーの話ばかりでもつまらないので、いつも(といっても2回だけど)行きにサンドイッチをゲットする小さなカフェをご紹介。


-+-+-

■ Coffee Bean Cafe

おそらく、リッジに向かう道中での最後のサンドイッチ調達ポイント。田舎町の小さなショッピングセンターの一角にある。11:30まではベーグル(ブレックファーストメニュー)、11:30以降はサンドイッチ(ランチメニュー)を注文できる。
f0097972_6261158.jpg


夫婦で経営している暖かいカフェという感じ。店内に飾ってある風景写真パネルがおしゃれでお気に入り。普通の、どこにでもある小さなカフェなんだけど、味も特別美味しいーー!というわけでもないんだけど、リッジに行くときはここに立ち寄りたくなる。

今回はシナモンレーズン・ベーグル with クリームチーズ。トーストされていて暖かい。
f0097972_6264748.jpg



今回訪れたとき、日本人の家族がアイスクリームを食べていた。アイスクリームは6種類あって、子供はどれがいいのかわからずぐずっていた。するとお店のおじさんは1種類ずつスプーンでテイスティングさせてあげ、「さぁ、どれがおいしいかい?」と楽しげにあやしていた。そんなカフェである。

ちなみに、その夫婦が「こんな美味しいチョコレートアイス、食べたことない!」と言っているのを聞き逃さなかった。次回はチョコアイス必至で。。

Coffee Bean Cafe
10631 S Foothill Blvd.
Cupertino, CA 95014
(408) 255-2833
※土曜日はOPEN。日曜は・・?



-+-+-

■ リッジ・ビンヤード (Ridge Vineyards) 『Summer Zinfandel Series』

前回は Paso Robles、今回は Geyserville。前回同様、いろんな年の Geyserville のテイスティングだと思ったら違っていた。

紹介されたのは以下の3つ。

・2003 Picchetti
・2003 Hearts Desire
・2003 Pronsolino
f0097972_6282242.jpg


これらは、Picchetti地方(Santa Cruz Mountains)、Pronsolino地方(Mendocino Ridge)、Heart's Desire地方(Geyserville)から、ソノマの Geyservill Vineyard に移植して育てられたブドウから造られたジンファンデルなんだそう。ソノマの Geyservill Vineyard はそれぞれの地域より少し暖かいため、それぞれの地域でそのまま育てるのとは一味違ったブドウになる。

前回の Paso Robles 同様 100%ジンファンデルなんだけど、より酸味がありタンニンが効いた赤ワインに仕上がっている。特に Hearts DesirePronsolino は深いタンニンが効いていて、まるでカベルネ・ソーヴィニヨンのよう。夫お気に入り。
f0097972_6285429.jpg


裏のラベルを読むと、これから更に5~7年くらい寝かせても美味しくなるのだそう。特に、ちょっと軽いと感じた Picchetti は「もうしばらく寝かせたほうが美味しいよ」と、テイスティングのおじさんが教えてくれた。

こちらは今回のおつまみ。※通常テイスティングには付いてきません。
f0097972_6291548.jpg





通常テイスティング(無料)は以下の4つ。
・2003 Santa Cruz Mountain (カベルネ・ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon):赤)
・2003 Geyserville (ジンファンデル(Zinfandel):赤)
・2003 York Creek (ジンファンデル(Zinfandel):赤)
・2004 Paso Robles (ジンファンデル(Zinfandel):赤)

Geyserville はやっぱり美味しい。リッジで飲んだ中では一番好きかも。York Creek は初テイスティング。フルーティな味わいだが、リッジにしてはちょっと普通っぽく感じる。「あと10年くらい寝かせても」という評価も多いらしい。前回購入した Paso Robles は、他のジンファンデルと比べながら飲むと最もフルーティ。


この日のリッジからの眺め。山の裾野が大変煙っていて、幻想的で美しかった。
f0097972_6314878.jpg



そうそう。この日はテイスティング客がとても多かった。駐車場も珍しくいっぱい。そして、日本人も多かった。シャルドネをボトルで買ってのんびり話しているご夫婦や、立派なカメラを抱えた方や。


Ridge Vineyards
http://www.ridgewine.com/

-+-+-

今回の戦利品。

左から
『2004 PICCHETTI』
『2004 HEARTS DESIRE』
『2004 PRONSOLINO』  3本セットで120ドル
f0097972_6324469.jpg


そして、4つそろった RIDGE ロゴ入りグラス♪


3本セットでしか販売してないので迷ったのだけれど・・・(先週も2本買ったし)、せっかくなのでお買い上げ。しばらく寝かせて飲んでみたいジンファンデルである。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-22 06:45 | ワイン&ワイナリー

No.91 ワインの染み抜きの方法、教えてくださーい。

昨晩、夫が赤ワインをランチョンマットにこぼしてしまった。。。赤ワインの染みってブドウ同様落ちないと聞いていたからショック!急いで染み抜きの方法をWebで検索。

「塩を山盛りかけるといいらしいよ。」 by 夫
・・・・それはもしかしてナメクジと同じ道理?


で、塩をてんこ盛りにして一晩置いてみた。

Before
f0097972_3195629.jpg

After
f0097972_3201014.jpg

えーん、、、落ちてない。



どうせ染みが残るなら、禁断のブリーチ(漂白)だ!

More After
f0097972_3202765.jpg


・・・・・草木染めみたいになってしまった。
さすがアメリカの強力ブリーチ。しかも部屋が塩素くさい。。




ワインの染み抜きの方法をご存知の方、いませんか?(T_T)

-+-+-

後日談: なんとこんな画期的なワイン染み抜き方法が!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-08-19 03:21 | 誰か教えて!