<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

No.6 日本のクレジットカード利用にはご用心

アメリカには "クレジット・ヒストリー" というものが存在する。"公共料金やクレジットカードなどの支払いを滞りなく行っているか?"、つまり "信用の履歴"。クレジット・ヒストリーが貯まっていないと車のローン利率や利息が高くなったりする。それどころかクレジットカードすら作れない。

渡米したばかりでクレジット・ヒストリーも貯まっておらず、クレジットカードも作れないので、当面日本のクレジットカードを使っていたのだが、、、気がつくと通常の為替レートより2円ほど高い利率で請求が来ていることが判明!!! ※日本の銀行口座から引き落とされているから。

後日、ようやく銀行のデビットカードが届いたけれど、限度額が低いので大きい買い物はまだまだ日本のクレジットカードに頼るほかない。とにかくなんとかクレジットヒストリーを貯めて、ドル建てで引き落とせる手段を手に入れなければ。。



-----
クレジットカードが作れないのでクレジット・ヒストリーが貯まらない。クレジット・ヒストリーが貯まらないとクレジットカードが作れない。。。どうすればいいんだぁぁと思っていたが、対応策はある。

■ 銀行のデビットカードを作る
日本にもあるけれど、使った直後に銀行口座から引き落とされるカードで、アメリカではスーパーやファーストフードなどかなりいろんなところで使える。限度額は低く1日500ドル(117円40銭時で57,200円)まで。デビットカードの利用度でもクレジット・ヒストリーは貯まる。

■ 銀行で Secured Credit Card を作る
最初に小切手で限度額を支払っておき、毎月その限度額までは使うことができる制限付きクレジットカード。

■ ANA CARD U.S.A. 
クレジット・ヒストリーがなくてもドル建て(アメリカの銀行口座から直接引き落とせる)で作れるクレジットカードが稀にある。そのうちのひとつ、私たちは "ANA CARD U.S.A." を日本で申請していった。けれど、、、いまだ手元に届かず。

こうやって少しずつクレジット・ヒストリーを貯めなければいけない。ソーシャル・セキュリティ・ナンバーがないと銀行口座も作れないし、、日本と違って本当に面倒。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-03-31 14:22 | アメリカ生活を始めよう

No.5 運転免許 特訓編 "ORA-600は鬼門"

筆記試験の次は実地試験。アメリカでは筆記試験に受かると Temporary な運転免許が発行され、公道で練習できるらしい。自分の車で運転の練習をして、その車で試験を受ける。

日本でもまったく運転していなかったペーパードライバーの私。サイドブレーキの引き方からウィンカーの出し方まで再特訓。当然、夫が隣で教習係。

慣れるのに戸惑っていることがいくつかある。

■右側通行
直進や対面は慣れてくるんだけど、左右に曲がるときにどちらのレーンに入っていいのかわからないことがある。※一番危ない・・・。
f0097972_3331456.jpg


■right of way
直訳すると "道の権利"。つまり、誰が動いていいかの優先順位。例えば、+の交差点で4方向とも stop の標識がある場合、一番最初に stop line に到着した車が最初に動ける。ここでもじもじしたり他の車に譲ろうとしたりすると、逆に他の車が混乱するので、確実に周りを見て go! と進まなければいけない。
f0097972_5245998.jpg


■複数レーン
こちらは道路が広いので通常道路でもレーンの数が多い。左右に曲がるために車線変更がたくさん必要になる。車線変更も慣れなんだけど・・・まだまだ怖い。




・・・で。
とんでもないことを2度もやってしまった。

1回目は、左折で逆レーンに突っ込んでしまった。週末のオフィス入り口で、まったく車がいなかったからよかったものの、交差点のど真ん中でバック&切り返し。。(T_T)

2回目は、right of way(4-way stop) 交差点が多い地域だったから、4-way stop の交差点だとばかり思い込んでいて、自分が一番最初に停止したからゆっくり進みだしたら・・・目の前に赤信号(T_T)夫が「赤だよ!赤!」と叫んでくれてあわてて急ブレーキである。

後からわかったのだが、どちらの失態もうちの会社の 600 というビル近くの入り口&出口。会社を辞めても 600 は鬼門だった。
f0097972_4463482.jpg

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-03-29 04:49 | 運転免許&車

No.4 運転免許(Driver's Licence) 筆記試験編

サンフランシスコはカリフォルニア州なので、カリフォルニア州の免許証を取る。

しばらくは国際免許でもいいのでは?とも思っていたが、カリフォルニア州の交通法では、アメリカに住むいわゆる住人は入国10日以内にカリフォルニア州の運転免許を取得しなければいけないらしい。10日を過ぎて国際免許で運転していたら捕まってしまうのである。

まずは筆記試験。
日本語でも受けられるのだが、今後は英語で交通ルールを理解しなければいけないので英語で受けてみることにした。が・・・、出国直前までばたばたしていたので日本では勉強する時間もなく、残された時間は行きの飛行機の中のみ。びっちり8時間 "California Driver Handbook" と過去問と大格闘(T_T)

試験当日。"辞書が使えるかも"、と聞いていたがNG。。でも、英語で頑張った!・・・というか、ラッキーなことに事前に入手していた過去問(200問)の中からまったく同じ問題しか出なかった!結果は100点!目の前で採点されるのだが、採点官の人にほめられました(^-^)カリフォルニア州の運転免許を取る方はとにかく過去問を解きまくることをお勧めします。WEBとかにも時々転がってるし、DMVのサイトにも練習問題が載ってます。"California Driver Handbook" にはシュワちゃんが微笑んでいます@カリフォルニア州知事。
f0097972_15243511.jpg


ちなみに、心配していた "ソーシャル・セキュリティ・ナンバーがもらえません証明書(Denial Letter or Denial Note)" はチェックもされなかった。"SSN持ってないの?" と聞かれただけで終わり。いいのだろうか・・?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-03-25 15:25 | 運転免許&車

No.3 アメリカの銀行と "アイティン"

アメリカの銀行に初めて行きました。窓口にはなんとか日本を話せる中国系の行員がいましたが、対応の丁寧さは日本とは雲泥の差。仕方ない。。

今の口座を夫と共有アカウントにし、私の分の銀行のキャッシュカード&デビットカードも作ろうと思ったのですが、ソーシャル・セキュリティ・ナンバーがないとすぐには発行してもらえない。。


この対策として、配偶者のような、アメリカでソーシャル・セキュリティ・ナンバーをもらえない人のために発行されるIDとして、個人納税番号(ITIN : Individual Tax Identification Number)があるらしい。これがソーシャル・セキュリティ・ナンバーの代わりに利用できる。これがあれば、私も口座を開設したり携帯電話を自分名義で借りれるようになるのです!・・・今のところ夫名義で不自由してませんが、これまで自活していた身としてはちょっと心許無い、というのが本音。


ITIN。
コードネーム "アイティン"。
取るぞー!
※相変わらず英語の申請フォームを書いてくれたのは夫だが、、、
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-03-23 17:58 | アメリカ生活を始めよう

No.2 ソーシャル・セキュリティ・ナンバー(Social Security Number : SSN)

アメリカではソーシャル・セキュリティ・ナンバーというIDが非常に重要です。本来は社会保証を受けるための登録番号なのですが、戸籍のないアメリカでは個人を特定する方法としてめちゃくちゃ利用されます。銀行口座開設、運転免許取得、クレジットカード作成、携帯電話契約など。

9.11のテロ以降、外国人に対するソーシャル・セキュリティ・ナンバーの発行が厳しくなり、労働を許可されないビザ(学生ビザや配偶者ビザなど)しか持っていないと発行してくれません。私も労働を許可されないL2ビザなので(バイトもできない)、ソーシャル・セキュリティ・ナンバーはもらえません。代わりに "ソーシャル・セキュリティ・ナンバーがもらえません証明書(Denial Notice)" を発行してもらえます。



アメリカ到着のその足でソーシャル・セキュリティ・アドミニストレーター(Social Security Administrator : SSA)に出向き、申請。到着当日だったのでまだ入国情報がシステムに反映されていませんでしたが、夫のソーシャル・セキュリティ・カードは後日郵送されることになりました。私はその場で Diniable Note を発行してもらいました。これがないと運転免許が取れないので重要。いつか私ももらえるといいなぁ。
f0097972_4444883.gif

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-03-23 04:45 | アメリカ生活を始めよう

No.1 March 20 2006 渡米記念日

■飛行機はビジネス
今回の渡米はUnited Airlines。成田で搭乗を待っていると、アナウンスで名前が呼ばれ、なんとビジネスクラスへの変更が決定!!(理由は不明。そんなことってあるんだ。。)私は初ビジネスクラス!!ちなみに正規料金だと、成田からサンフランシスコまでエコノミー193,120円、ビジネス358,620円。

シートは格段に広く、リクライニングや足元がぐぐっと上がる部分の仕様も素敵。サービスのレベルも違うし、アメニティグッズがつまったUnited Airlinesネーム入りポーチもついてくる。なんといっても機内食。"機内食って・・・こんな美味しいものなんだ・・・(感動)"。しかし、そんな素敵なビジネスクラスで、翌日のカリフォルニア州運転免許の筆記試験の勉強をしてました。。徹夜。


■雨季
現在、カリフォルニア州は雨季の終わり。WBCも雨で中断したりしてましたね。私たちが到着したときも土砂降りの大雨。(It's raining cats and dogs.)かさ買わなきゃ。


■仮の住まい
家を見つけるまでの間、差し当たりウィークリーマンション(Monthly Apartment)生活。一ヶ月間はこんなところに住んでます。

Foster's Landing
http://www.oakwood.com/corporate-apartments/furnished/US/CA/Foster-City/prop26.html

1 Bedroom という 1DK + Bedroom の典型的なタイプ。家具から食器、タオル、テレビ、インターネット、電話も全部揃っているから便利。でも、、、洗濯機やオーブン、自動食器洗い機の使い方に苦戦中。アメリカの洗濯機なんて、普通に洗ったらものすごい勢いでがりがり回されて衣類が傷みそうなんだもの。



そんなこんなで頑張ります。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-03-21 23:47 | 日々のつれづれ