カテゴリ:いきもの( 37 )

No.281 食事邪魔しないでくれるー?(シマリス心のつぶやき)

ベイエリアの日常でしっぽの長い普通のリスはよく見かけるけれど、先日国立公園でたくさん出会ったのはひと回り小さくて縞々模様がキュートなシマリス


お食事時のシマリスにそーっと近づいてみた。

IMG_7007
"ん?何か近づいてきてるーー (カリカリカリカリ........)"


IMG_7008
"ちょっとぉー、邪魔しないでくれる? (カリカリカリカリ........)"


IMG_7011
少しずつ少しずつ体を回転させて、それでも食べるのだけは止めない。
最後には・・・・・


IMG_7012
"ひと(リス)の食事覗かないでよー、集中できないじゃんっ! (カリカリカリカリ........)"



・・・と、背中を向けてしまいました。その後ろ姿、たまらん♪


(参考)
シマリスは英語でチップモンク(Chipmunk)。チップモンクは顔にも縦じまがあり、正確にはこの子はチップモンクではなく、キンイロジリス(Golden-Mantled Ground Squirrel)という種類。よく間違えられるんだそうです。でもうちではすっかりチップで定着。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-07-19 02:19 | いきもの

No.266 カモは恥ずかしがりや(Bashful)

夫が写真アップサイト Flickr に載せたカモの写真にこんなコメントをくれた人がいました。

I love how his one foot is on top of the other. Reveals he's a little bit bashful.
(前足を重ねてる姿、なんて可愛いんだ!ちょっと恥ずかしがってることがバレバレだね!)

Mallard Drake


確かに!ダックはよく前足を重ねてる!それ以来、うちではダックのことを "Bashful(恥ずかしがり屋)" と呼んでいます。動物って観察してるといろんなことがわかって面白いです。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-06-22 08:41 | いきもの

No.263 可愛い子ガモ。でも、自然は厳しい。

子グース(Gosling)。
こんなに大きくなりました。もう「子」ではありませんね。親と大きさの区別がつかない子もいます。

IMG_5588


羽も抜け替わります。この時期の子グースの羽は、ドライヤーで乾かした直後の頭みたいにぼさぼさ。それでもまだ泣き声は「ぴぃぴぃ」なのでカワイイ。

IMG_5590




でも。。実はちゃんと大きく成長できる子は少ないのです。自然の生き物なので、特に小さいときは天敵がいっぱい。ネコ、アライグマ、カラス。そして、なんといってもこいつ!!!

ナイトヘロン(Night Heron)。水面を凝視して微動だにせず、獲物をじーーーっと狙う様相が特徴的。赤い目がなんとも不気味。こやつも子ガモ(Duckling)を食べます。一度、子ガモをさらおうとして、間一髪親ガモに追い払われている光景を見たこともあり。。

IMG_4405_C


以前紹介したこんな小さな子ガモも、実は一匹もいなくなってしまいました。。

IMG_4436



-+-+-

と、思っていたら、うちのアパートの池に新らしく生まれた子ガモ親子発見!!!でも、そばにはヘロンも!!!元気で育つんだよぉぉーーー。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-06-14 10:19 | いきもの

No.242 子ガモと子グースの違い(Duckling vs Gosling)

この季節、可愛い子供たちが目を楽しませてくれる水鳥は大きく2種類。カモ(Duck)とグース(Goose)。

アメリカに来た直後はその違いも分かってなくて、昔のブログには「グースです。」と書いてカモの写真が載ってたりする。(恥ずかしい。)


左がカモ、右がグース。
IMG_4549   IMG_4545


もちろん子供たちにも特徴がある。

★ 子ガモ (Duckling)
子グースよりひと回り小さい手のひらサイズ。"くるくる" と目まぐるしく動き回る。目のふちの、歌舞伎の隈取みたいな模様が特徴。

IMG_4426


★ 子グース (Gosling)
頭が黄色がかっていて子ガモより大きめ。みるみる成長する。お尻が可愛い♪(この写真は、夫の会社(&カメラ)の先輩Oさんが会社にて撮影されたのを使わせて頂きました。ありがとうございます!)
f0097972_1164471.jpg


どちらも可愛いんだけど、うちの夫婦は子ガモ派。体の縞模様とピンポン玉みたいな頭、カモノハシみたいなくちばし、そして手のひらサイズにやられている。かわいい。

IMG_4428


-+-+-

おまけ。
ダック飛翔の瞬間」 by 夫の会心の一枚。

IMG_4433

鳥が飛ぶ瞬間を写真に収めるのは難しい。ゆえに、この羽の内側がブルーなところまできれいに撮れてるのは頑張ったね。

(※実はこの写真、私が横からそーっと近づいて無理やり飛んでもらいました。ごめんね、ダック。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-05-08 05:54 | いきもの

No.232 コガモの季節到来!!!(Duckling & Gosling)

4月19日。
今年初!の子ガモと子グースを発見!!!
この日をどんなに待ちわびていたか。。。(感無量)

※豆知識その1:
カモは頭が緑のダック(Duck)のことで、グース(Goose)は首が長くて黒いカナディアングースのことです。


-+-+-

そして今日、2度目の子グースに遭遇!きゃーーー☆

IMG_4272

ぬいぐるみみたいに "もこもこ" !くちばしも超ミニ!もう、たまりません。持って帰りたい。。

IMG_4273_CLOSEUP

雨が降る中、カメラレンズもマクロだったので、次回はもっといい写真を撮るぞ!と夫も張り切ってくれています。子ガモ&子グースの成長日記、楽しみだー。

※豆知識その2:
ダックの子供はダックリング(Duckling)、グースの子供はゴスリング(Gosling)といいます。ゴスリングって、、、怪獣みたい。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-04-22 11:49 | いきもの

No.223 ギャブゥさんちの看板ネコ テティ

ワイン会当日。ギャブゥ家で出迎えてくれたのはオス猫テティ。ギャブゥ家と共に日本からやってきた。

IMG_3860


触られそうになると一瞬身構えるんだけど、

IMG_3875


そこそこ、気持ちいいんだよね~♪

IMG_3870


もう、反則的な可愛さです。

IMG_3880



ギャブゥ家にはあと2匹、マリーとみぃたの兄妹がいるんだけど、その2匹は恥ずかしがり屋。マリーは一瞬顔を出してくれたけど、すぐに隠れてしまった。残念。。

IMG_3859



-+-+-

帰り道。

夫 「ネコ、可愛いなぁ。」
嫁 「うん。」
夫 「ネコ、飼おうかぁ。」
嫁 「うん。・・・・・・・・・え?」

こら。どれだけ説得しても犬派だったじゃないか、きみ。子猫がうちに来る日も近い・・・?

IMG_3866

※著作権者の許可なしでブログにしちゃった。ごめんね、ギャブゥさん(笑)

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-04-11 02:22 | いきもの

No.209 カモのつがい率上昇中

朝起きて。
ブラインドの隙間から「今日のカモたち」を観察するのが日課。本当に癒されます。。
f0097972_10144081.jpg


そんなカモたち、ここ1ヶ月でつがい率がぐぐっと上昇。2匹でぽにょぽにょお散歩してる。つがい率が増えたということは、またあの可愛いコガモたちが登場する季節なのか?(去年のコガモたち。)うー、待ち遠しい・・・。

IMG_3029





カモだけでなくグースも2匹単位で行動するようになっている。カモは体の色でオスとメスの見分けがつくんだけど、グースの場合、同じ色なので区別がつかない。見分け方があるんだろうなぁ。
f0097972_15535586.jpg

みんなカップル♪
f0097972_15502956.jpg


さて、ぼにょぼにょお散歩の目的は?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-03-25 15:56 | いきもの

No.198 ようやく枯れた紫陽花(Hydrangea)

去年の6月頃、「紫陽花(あじさい)が見たいーーー」と紫陽花欠乏症になっていた矢先、アメリカでもあちこちで紫陽花を見かけることに気がついた。サンフランシスコのロンバートストリート(Lonbard Street)の紫陽花は有名だし(去年のブログより)、いろんな家の庭先や夫の会社にもたくさん咲いている。

ところがこの紫陽花たち。夏が過ぎても、落ち葉が落ちても咲き続けていた。さすがアメリカ育ち。たくましさが違う。でも、季節感ないじゃーん。



そんなたくましい紫陽花をファイロリ・ガーデン(Filoli Garden)で発見。

IMG_2180

ようやく枯れたんだね。でも、またもうすぐ6月だよ。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-03-09 08:19 | いきもの

No.179 既に桜満開

ベイエリアでは、1週間ほど前からあちらこちらで桜が開花。(っていうか、そんなあちこちに普通に桜が植えられていたことにびっくり。)
f0097972_10474874.jpg


そう考えると、ベイエリアの気温は先日桜が開花した沖縄と同じくらい。やはり東京に比べるとずっと暖かいんだ。感謝。(←寒がり。。)
f0097972_1048342.jpg


"既に葉桜?" と思いきや、最初から葉と一緒に咲いてる模様。夜桜のお花見が恋しいデス。
f0097972_10481974.jpg


-+-+-

(追記) ところがこれが、桜ではなくアーモンドの木なのでは?という疑惑浮上。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-02-08 10:49 | いきもの

No.130 ナメクジビール大作戦の行方は?

ネズミやカボチャやカニに気を取られていて、ナメクジビール大作戦の結果をお伝えしていませんでした。
果たしてビールでナメクジは撃退できるのか?!


-+-+-

結果は、どちらかというと失敗。。。

確かに、夜中にビールの匂いに誘われてナメクジたちはやってくる。しかも、かなり大型ナメクジ。優に10cmはある。(うわ~、グロテスクな画像、すみません。お食事中だったらどうしよう・・・)
f0097972_8492484.jpg


「お!これでビールの中で溺れてくれるんだな♪」と思っていたら、1時間後に見ると、いなくなってるじゃん!えーーー?どこに行ったの?

翌日、またもや大型ナメクジがトレイの脇にへばりついていた。今度はこの手でトドメを!と思い塩をかけてビールの海に沈めた。はっはっは!ところが翌朝、・・・・やっぱりいなくなってる。。




-+-+-

敗因考察

・ビールが浅すぎた。
 (3cmくらいの深さはあった。体長1.5cm以下の小さなナメクジは数匹溺死していたのだが、大型ナメクジは自力で這い上がってしまうらしい。)

・ビールの匂いでおびき寄せて、最終的には塩で殺すのが一番。
 (匂いに誘われて寄ってはくるけれど、実際溺死している数は少なかった。ビールでの溺死を期待するのではなく、夜、定期的にベランダに出て、塩をかけるのが一番確実。ただし、ビールに沈めると水分を吸収して復活してしまうので、塩はビールの外で。)


そして、致命的だったのが、ある日何者かに死骸が食べられていたこと。(十中八九、ネズミ。)しかも、ぬるっとした死骸がベランダのアスファルトの上で引きずられた跡があり、その先にはナメクジとも判別できないグロテスクな物体が、、、、(T_T)




ひまわりも朝顔もハーブも食べられ、ネズミ騒動で気力もなくし、もうすぐ雨季だし、来年別の手で再び臨もうと心に決め、ビールトレイは撤去されたのでした。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-10-21 07:28 | いきもの