カテゴリ:たべもの( 109 )

No.62 アメリカの味 コーンブレッド(Corn Bread)

f0097972_11535172.gif日本ではあまり見かけないコーンブレッド。Costco で冷凍コーンブレッドを大量買いしているお方の話を聞き、家で作ってみたくなった。今回は代表的なコーンミール 『ALBERS YELLOW CORN MEAL』 の箱に書いてあるオリジナルレシピで挑戦。



コーンブレッド [調理時間 30分]

材料:
(20cm角の耐熱皿あるいは12コ用マフィンカップ)
コーンミール    1カップ
小麦粉       1カップ
砂糖        1/4カップ
ベーキングパウダー 大さじ1
塩         小さじ1
牛乳        1カップ
サラダ油      1/3カップ
卵         1コ

作り方:
1. オーブンを400F(204℃)に暖めておく。耐熱皿に油を塗っておく。

2. コーンミール、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩を混ぜる。

3. 別のボールで牛乳、サラダ油、溶き卵を混ぜる。

4. 両方をよく混ぜ合わせ、耐熱皿に流し込む。

5. 20cm角の耐熱皿の場合20~25分、マフィンカップの場合15分オーブンで焼く。爪楊枝を指して何もついてこなければOK。


f0097972_11511265.jpg
甘さ控えめ、素朴なコーンブレッドの出来上がり。本場コーンブレッドってそんなもの?正直ちょっと甘さが物足りず、ハチミツをかけて食べた。溶かしたバターもあいそう。ちょっとぱさぱさ感も気になる。その場合、サワークリームを加えるといいらしい。

次回は小麦粉や砂糖、バターが多めに入ったコーンマフィンにチャレンジだな。


-+-+-

コーンマフィンのレシピはこちら。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-07-13 08:52 | たべもの

No.61 アメリカの味 バッファロー・ウィング(Buffalo Wing)

アメリカンレストランやピザ屋の定番、バッファロー・ウィング。簡単に言えば "鶏手羽のスパイシーから揚げ"。アメリカンな夫の大好物。

f0097972_11464330.gif


という訳で、家でもその味に挑戦。秘訣はビネガーの効いたホットソース。なるほど、あの風味はビネガーから来てたのか。代表的なのは 『Durkee's Franks Original Red Hot Cayenne Pepper Sauce』。



バッファロー・ウィング [調理時間 30分]

材料(2人前):
鶏手羽      450g
塩        小さじ1/2
コショウ     小さじ1/2
バター      大さじ1
ホットソース   大さじ1/2~1 ※好みに応じて増減
ホワイトビネガー 小さじ1


作り方:
1. 油を360F(180℃)に暖めておく。オーブンも350F(175℃)に暖めておく。

2. 水分をよく取った鶏手羽を関節で2つに切り分け、塩・コショウをしておく。

3. 小鍋に中火でバター溶かし、ホットソースとビネガーを加える。辛さを見ながらホットソースを加減する。よく混ざったら火から降ろしておく。

4. 鶏手羽がカリカリになるまで油で10~12分揚げる。油を切り、上記のソースをあえる。

4. 耐熱皿に間を空けて並べ、暖めておいたオーブンで10~15分焼く。


f0097972_11465783.jpg
大成功!
美味しいーーー!レストランのバッファロー・ウィングの味だ!

実はこのバッファロー・ウィング、家事のお手伝いということで夫が作ったのでした。油で揚げる危なっかしい様子が面白かったけど(^-^) ありがとね。



-+-+-

ポイント:
・鶏の水気をしっかり切っておくとカラっと揚がって美味しい。紙ナプキンや乾いた布巾をかけて2~3時間おくか、ラップをかけずに冷蔵庫にいれておくなど。

・バター:ホットソースが 2:1 だと標準的な辛さ、1:1 だとちょっと辛めくらい。今回は 2:1 で作ったけれど、私はもっと辛いほうが好み。食べるときにホットソースやタバスコでも調整できる。ブルーチーズ・ドレッシングにつけて食べるのが伝統的。

・カイエンペッパーやウスターソース、ケッチャップなどを組み合わせて作るレシピもあったけど、上記で十分本場の味。また、オーブンで焼くだけのレシピもあるけれど、ひと手間かけて揚げたほうが味がしみ込んで美味しいはず。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-07-12 11:52 | たべもの

No.52 チェリーパイ リベンジ!

『ツインピークス』以来の憧れのアメリカン・チェリーパイ・・・(過去ブログ『アメリカン・チェリーパイ』)。夢砕けた前回のリベンジを果たすべく、大量収穫したアメリカン・チェリーとピーチ(過去ブログ『アメリカンチェリー狩り@ブレンドウッド』)を使って手作りパイを作ってみることに。

最近は冷凍パイ生地でもおいしいとよく言われるけれど、せっかくなので1つは生地から、1つは冷凍パイ生地で作ってみた。


■ピーチパイ (手作りパイ生地)
小麦粉とバターを混ぜ混ぜ、こねこね・・・手が筋肉痛になりそう。冷蔵庫で合計4時間ほど寝かす。

棒で丸く伸ばすんだけど、すごい弾力。クッキー生地とは大違い。
f0097972_14413422.jpg


中身は、ホワイトピーチ、イエローピーチ、ホワイトネクタリン。砂糖とシナモンであえるといい香り~♪彩りもカラフル。
f0097972_14415293.jpg


で、焼きました。
f0097972_14421317.jpg

f0097972_14422676.jpg



■チェリーパイ (冷凍パイ生地)
下パイ生地は冷凍だけど、上を覆う格子状のパイ生地は再びこねこね・・・。結構疲れる。

アメリカンチェリーの種を取る。これも大変。1コ1コ細かい作業。
f0097972_14424328.jpg


赤ワインと砂糖とレモン汁で煮る。手作りカスタードをパイ生地に流し込んでその上にチェリーのコンポートを敷き詰める。
f0097972_1443547.jpg


で、焼きました。
f0097972_14431972.jpg

f0097972_14433477.jpg






・・・断然、手作りパイ生地。
圧勝。ほんとに、全然違う。いや~、びっくり。

手作りパイ生地は食感サクサク。小麦粉とバターだけなのにイギリスのショートブレッド・クッキーのような甘くてこおばしい味がする。一方、冷凍パイ生地はちょっともさもさする。味も人工的で周囲のアルミホイルの味が残ってる感じもする。パイ生地が違うだけで、翌日積極的に手が出ない。

ピーチとチェリーはどちらもGOOD。ピーチはシナモン風味がほのかに効いて、チェリーも生の味と食感をほどよく残して美味。

いや~、自分で言うのもなんですが、手作りパイ生地のピーチパイ、本当に美味しかった。焼きたての味なら、売れますよ、コレ(←言い過ぎ)。"チェリーパイ、リベンジ!" なのだから、チェリーパイのほうを手作りパイ生地にしなきゃ意味がなかったのだけれど。



それにしても、ポテチ生活だった私がおうちでお菓子作りなんて。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-06-25 14:50 | たべもの

No.45 ごぼうのポタージュ@ル・クルーゼ

ル・クルーゼで料理2 ゆっくりつくる編』から一品。

■ごぼうのポタージュ [調理時間 1時間30分~2時間]

材料(2人前):
ごぼう    1/2本
玉ねぎ    1/2コ
ベーコン   1枚
鶏手羽先  2本
水      2と1/2カップ
牛乳    1/2カップ
生クリーム 大さじ2
セージ    2枚
ローリエ   1枚
バター    大さじ1/2
塩、こしょう 各適量

作り方:
1. ごぼうはささがきにして水にさらし、水気をきる。玉ねぎは薄切りにする。ベーコンは1cm幅に切る。

2. 鍋にバターを溶かし、玉ねぎを炒める。色づいたらベーコン、ごぼうを加えて、塩を少々ふり、しんなりするまで炒める。

3. 水、手羽先、セージ、ローリエを鍋に加え、煮立ったらアクを取り、ふたをして30分煮る。塩小さじ1を加え、更に30~1時間煮る。(※手羽先から十分な旨みが出る。)

4. セージ、ローリエ、手羽先を取り出し、手羽先は骨を除いて身をほぐし、戻す。ミキサーで滑らかになるまで攪拌する。

5. 4を鍋に戻し入れ、牛乳、生クリームを加え、ひと煮立ちする。塩、こしょうで味を整える。

f0097972_1135120.jpg
見た目はシンプルなんだけど、ごぼうの繊維と味が楽しめる優しいポタージュになりました。夫にも好評。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-06-07 11:04 | たべもの

No.38 アメリカン・チェリーパイ

アメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』で、主人公のクーパーFBI捜査官が田舎のカフェで注文するブラックコーヒーとチェリーパイ。なーんて美味しそうなんだろうと、それ以来アメリカン・チェリーパイへの想いは膨らむばかり。

ある日、
夫が突然「パイが食いたい。」と言い出し、その足でスーパー NOB HILL まで買いに行った。

で、チェリーパイ。
f0097972_873121.jpg


で、朝食となる。


・・・甘い。甘すぎる。
砂糖のかたまり。。
しかも、食べ終わった後にかすかに防腐剤の味がする。
こんなの食べてちゃだめですよ、、アメリカの皆さん。


今度チェリー狩りに行ったら、うちで自家製チェリーパイにチャレンジしよう。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-05-25 08:08 | たべもの

No.33 うれしいお土産 ル・クルーゼの料理本

日本からホームステイ・プログラムで来ていた同期が素敵なお土産を持ってきてくれた。

ル・クルーゼで料理2 ゆっくりつくる編
f0097972_2434245.jpg


塩とにんにく、しょうが、長ネギだけでコトコト2時間煮込む鶏料理とか、水なしで煮込むヘルシーなビーフカレーとか、素材の味を活かしたやさしい料理が満載。アメリカのバターやチーズだらけのレシピにどっぷり浸かっていたので、とてもうれしい一冊。ありがとう。大切にします。



家族のためにゆっくり時間をかけて料理ができるのは、とてもとても贅沢なことだと思う。


-----
Trackback : http://d.hatena.ne.jp/axyxuxmxi/20060802/1154875947
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-05-17 02:45 | たべもの

No.22 和食復活

鯖(さば)。
まったく季節ではないけれど、日本食スーパーで思わずかごに入れてしまった。日本だと当たり前の鯖と納豆とみそ。・・・・・・感動。今日は、アメリカでの初和食にしよう。
f0097972_4241763.jpg


1日目。
鯖の塩焼きが食べたい!と思い、魚焼き機まで購入したのだが、、、問題発生。大根おろし機がない!!!(この日はまだ日本からの船便到着前)。焼き魚に大根おろしがないなんて(T_T)。妥協できず、鯖の味噌煮に変更。

ル・クルーゼで鯖の味噌煮・・・。ま、粋でしょう。
f0097972_4172970.jpg

f0097972_419213.jpg

本日の献立:
・鯖の味噌煮
・豆腐とレタスの味噌汁
・アスパラガスの海老あんかけ
f0097972_4194676.jpg

・・・日本食だ。鯖みそ、うまい。

-+-+-

2日目。
待望の大根おろし機が日本から到着!早速大根を買ってきてがりがり、しゃりしゃりおろす!(大根は普通のスーパーで “DAIKON” と売っていた。日本の大根よりずっと細いけど、苦くなくちゃんと使える)。あとは、日本食スーパーで買ってきた夫の大好きな餃子(冷凍だけど)。

本日の献立:
・鯖の塩焼き
・餃子
・豆腐の香味じょう油(ねぎ+しょうが+ごま油)漬けサラダ
f0097972_4201599.jpg

・・・鯖の塩焼きだ。大根おろし、うまい。

そして、やっぱりヘルシー。1日目の献立なんて、油を一切使ってない。やっぱり和食回帰かなぁ。コテコテなアメリカ料理も美味いから止められないんだけどね。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-05-01 04:28 | たべもの

No.19 アメリカのクッキング 初心者編

『Country Cooking(アメリカの家庭料理)』というレシピ本を購入。
f0097972_658256.jpg
f0097972_6582454.jpg

前菜、サラダ、スープ、牛、豚、チキン、野菜、デザートといった章立てで、素材の基本的な扱い方、切り方、保存方法などが載っているわかり易いレシピ本なのだが、作り方はかなりアメリカンに偏る。

フライパンにバターをしき(とにかくバター!なんでもバター!)、肉に焼き色をつけ、後はオーブンで焼く。もしくは鍋で煮る。調味料はハーブ、ハーブ、ハーブ。そしてマヨネーズ&オイル。半分くらいのレシピはチーズを大量に振りかけて焼く。そりゃ太るよ。


一番頭を悩ませたのは調理方法。

・Broil(ブロイル)
・Grill(グリル)
・Roast(ロースト)
・Bake(ベイク)


何が違うんだーーー!どの機器を使えばいいんだーーー!オーブンにはグリル機能はついてないのか??ロースターだって網だぞ?オーブンだって網ついてるぞ?どの耐熱皿がどれに対応してるだーーー???(T_T)(T_T)(T_T)

電子辞書とGoogleイメージを精一杯活用しながら、それでも未だに混乱しつつ、少しずつ応用編に進みたいものです。


-+-+-

それでも楽しいのは目新しい食材。この緑と黄色のUFOのような野菜はSquash(スカッシュ)という種類の野菜で、ズッキーニの親戚(ズッキーニもスカッシュの一種)。昨日はこれらをスライスしてバジルとガーリックソルトで炒めてみた。食感も味もズッキーニに近く美味しい。なんといっても彩りが美しい。
f0097972_6591913.jpg

野菜嫌いの夫も、赤ピーマン以外は食べました。スカッシュは食べられるのね(メモメモ)。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-04-26 07:02 | たべもの

No.14 カロリーゼロの人工甘味料は安全?

カロリーゼロの人工甘味料って安全なのかな。サッカリンという人工甘味料から発癌性が発見されたという話は有名だが、その後どうなのか?、他の人工甘味料はどうなのか?、などなど、アメリカは "Fat Free" 大国なだけに気になるところ。

レストランにあった3種類のカロリーゼロ甘味料で調査。INGREDIENTS(原料)の、下線が引いてあるのが注目の人工甘味料「Saccharin(サッカリン)」「Aspartame(アスパルテーム)」「Sucralose(スクラロース)」。

・・・内容が長いので個人的な結論から言うと、どれも一応安全なんだけど、これまでの実績(長年使われてきてて有害性がまったく見られていない)ことを考えると、ブルーのパッケージ「EQUAL」by「Aspartame(アスパルテーム)」を選ぶかなぁ。




f0097972_7145480.jpg■SWEET'N LOW (ピンクのパッケージ)

INGREDIENTS (原料):
 Nutritive Dextrose (栄養ブドウ糖)
 Soluble Saccharin (水溶性サッカリン)
 Cream of Tartar (酒石英:発泡剤として利用される食品添加物)
 Calcium Silicate (an anti-caking agent) (ケイ酸カルシウム:凝結防止剤)

サッカリンは、1960年代に行われた動物実験で弱い発癌性があると考えられ、一度は使用禁止になったけれど、その後の実験の結果、現在では発癌性物質リストから削除されている。但し、安全性維持のため、食品衛生法により各食品への使用量が制限されている(Wikipediaより)。

でも、「アイスクリームでは0.20g/kg未満、清涼飲料水では0.30g/kg未満」という制限項目で、人が1日どのくらいまでなら摂取していいのかという指標はないみたい。


f0097972_7151079.jpg■EQUAL (ブルーのパッケージ)

INGREDIENTS (原料):
 Dextrose (ブドウ糖)
 Maltodextrin (マルトデキストリン:ブドウ糖の一種)
 Aspartame (アスパルテーム)

PHENYLKETONURICS (使用上の注意):
 CONTAINS PHENYLALANINE (フェニルアラニンを含む)

アスパルテームは、日本では「パルスイート」などの商品名で販売されている人工甘味料。調味料として普通に使う量では急性・慢性毒性の問題は起こらないと考えられている。主にダイエットコーラやダイエットペプシなどの飲料に含まれている(Wikipediaより)。

フェニルアラニンは、牛乳・卵・肉・などの食品中のタンパク質に多く含まれていて、体内で合成することができないために食品から必ず摂取しなければならない必須アミノ酸の1つ。ただし、「フェニルケトン尿症」という病気の人だけはフェニルアラニンを必要以上に摂取すると知的障害などの症状が見られるため注意が必要。つまり、健康な人には影響ない必須アミノ酸。



f0097972_7152644.jpg■Splenda (きいろのパッケージ)

INGREDIENTS (原料):
 Dextrose (ブドウ糖)
 Maltodextrin (マルトデキストリン:ブドウ糖の一種)
 Sucralose (スクラロース)

スクラロースは、1976年にイギリスで開発された人工甘味料。日本でも1999年に食品添加物に指定されたけれど、食品加工メーカー向けで一般ユーザ向けには市販されていない。アメリカではスプレンダ(Splenda)のブランドで販売されており、コカコーラやペプシからスプレンダを使用したコーラ&ペプシが販売された(Wikipediaより)。



3つの人工甘味料以外の原料(Maltodextrin:マルトデキストリンなど)も人体に影響はないようです。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-04-14 07:25 | たべもの