カテゴリ:ベイエリアお出かけ( 113 )

No.1075 歴史的ドーム建築 Palace of Fine Arts@San Francisco

フジコ・へミングさんのピアノコンサートで初めて訪れた Palace of Fine Arts

Palace of Fine Arts


サンフランシスコの最も北に位置するので、ゴールデンゲートブリッジを渡るときに遠くから眺めるだけだった薄レンガ色のドーム状円形建築。実際訪れると、規模の大きさにびっくり。そして美しい。

Palace of Fine Arts


Palace of Fine Arts は、1915年に開催されたサンフランシスコ万国博覧会のために建設され、現存する数少ない(元々の場所に残っている建物としては唯一の)重要な歴史的建築物だそう。現在はコンサート会場として利用されている。(ローカルな余談。ベルモントのステーキハウス The Van's も、サンフランシスコ万国博覧会で Japanese Tea house として建築された建物で、後に現在のベルモントに移された。)

Palace of Fine Arts


サンフランシスコの観光名所としてはもちろん、結婚式やウェディング・フォトの撮影場所としても大変ポピュラーだそうで、この日も何組かのカップルがラブラブ撮影中。映画 『ザ・ロック』 で逃亡したショーン・コネリーがニコラス・ケイジと対峙した撮影場所としても有名。

Palace of Fine Arts


ライトアップされた Palace of Fine Arts も美しいそうです。

Palace of Fine Arts Theatre
http://www.palaceoffinearts.org/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-16 03:19 | ベイエリアお出かけ

No.1074 フジコ・へミング東日本大震災復興支援チャリティーコンサート

2001年 9.11 アメリカ同時多発テロから10年。そして、「11日」という痛ましい奇遇の 3.11 東日本大震災から6ヶ月。サンフランシスコで開かれたフジコ・へミングさんの東日本大震災復興支援チャリティーコンサート Fuzjko Hemming Piano Solo Concert USA Tour 2011 へ。

Fuzjko Hemming

フジコ・へミング(Fuzjko Hemming)は、ロシア系スウェーデン人建築家の父と、日本人ピアニストの母との間にベルリンで生まれる。幼い頃から天才少女として頭角を現し、日本とヨーロッパで音楽活動を続ける。一時は両耳の聴力を失うという悲劇に見舞われるも(現在左耳は40%回復)、NHKドキュメント番組 「フジコ ~あるピアニストの軌跡~」 が大反響を呼び、デビューCD 『奇蹟のカンパネラ(La Campanella)』 は日本のクラシック界では異例の大ヒットとなる。

「あなたにとってピアノとは?」 と訊かれて、「猫達を食わせていくための道具ね」 と答えられた、78歳の愛猫家のピアニスト。(実際は大変なチャリティー活動家でいらっしゃいます。)



コンサートは、ショパンに始まりバッハ、ムソルグスキー、代表作であるリストの 『ラ・カンパネラ』。クラシック音痴の私でも聞き覚えのある名曲ばかり。



中でも一番引き込まれたのは、アンコールで弾かれたベートーベンの 『テンペスト』。深くて重厚で、駆け足のように繰り返されるリズム。アメリカの早かった10年を思い、今の日本に思いを馳せ。




お歳がお歳だけに、体全体で溢れんばかりに表現するような演奏ではないけれど、深く静かに奏でられるピアノ。何千回、何万回同じ曲を弾いてきたんだろうと考えながら、彼女の人生と、自分の人生と、思い出と、猫たちを思う。家族や、大切な友人を思う。演奏中、いろんなことが頭に浮かんで、他の聴衆の人たちもそれぞれ特別な思いに包まれながら聴いているんだろうと、再び思う。

彼女が5歳のときに母と弟の3人を残し、一人スウェーデンに帰国してしまった父。素晴らしい才能で音楽活動を行いながらも、生活面では母からのわずかな仕送りと奨学金で何とか凌いていたという、大変貧しく苦しい日々だったそう。ヨーロッパで、貧しさから真冬の部屋に暖房をつけることができず風邪をこじらせ、聴力を失ってしまったという不運。今、どんな思いでピアノを弾き続けるのだろうと、このお歳で海外ツアーを行うのだろうと、思う。

フジコ・へミングさんに、惜しみない拍手を。


-----

本文中でフジコ・へミングさんに対し軽率・不適切な敬称を使用していたため、修正させていただきました。大変失礼致しました。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-09-15 00:28 | ベイエリアお出かけ

No.1063 ミュージカル 『Billy Elliot』

滑り込みで行ってきました。ミュージカル 『Billy Elliot』(ビリー・エリオット)。

Billy Elliot


2000年に公開された映画 『リトル・ダンサー』 のミュージカル版。イギリス北部の炭鉱町に住む少年ビリー・エリオットが、当時女性のものとされていたバレエに魅せられ、プロのバレエダンサーを目指す過程を描いた作品。映画 『リトル・ダンサー』 が大好きだったので、ミュージカルがサンフランシスコに来ると聞き大喜び!

冒頭でビリーは父親にボクシングジムに通わされていたため、お土産コーナーにはかわいいボクサーパンツ☆

Billy Elliot


サンフランシスコ公演は5人のビリー役が交代で演じる。誰もがバレエのみならず、タップ、ヒップホップ、ジャズ、体操技、そしてもちろん歌にも台詞にも長けた逸材ぞろい。私が観た回のビリーを演じてくれたのはミシガン州出身の Kylend Hetherington クン。

大人のバレエダンサーに比べればまだやや未熟で、でも、幼さゆえのしなやかさと、今にも爆発しそうな秘められた可能性は、まさにビリーと重なる。ストーリー内で歌われる "Electricity"。ほとばしり、溢れ出る。バレエを踊るときの真剣な表情と、親友とタップを踏むときの無邪気な笑顔。小さな少年が、しっかり魅せて観客を舞台に引っ張り込む。

周りを固める出演者も素晴らしい。ビリーの才能を見抜き、バレエレッスンを施すウィルキンソン先生。厳しい炭鉱ストに立ち、頑固ながらも最後にはビリーを誰よりも支持する父親。死後もビリーの心の中で行き続ける優しい母親。チャーミングなおとぼけで舞台を和ませるおばあちゃん。ビリーとは別の意味で周りとの違和感を抱える女装が趣味の親友マイケル。個人的にはマイケル役の Griffin Birney クンがお気に入り。(タップダンスは彼のほうが巧かった!)

映画では、実在の世界トップダンサー、アダム・クーパーが男性版 『白鳥の湖』 の舞台に飛び出していく印象的なエンディングを、ミュージカルではどう見せるかなと思っていたけれど、舞台ならではの粋な演出と盛り上がりで大拍手。

f0097972_412321.jpg
画像は公式サイトからお借りしました。


ブロードウェイ公演時のトレーラーはこちら。感動よみがえる。サンフランシスコ公演は2011年8月21日まで!その後ツアーは、ニューヨークやフロリダといった東海岸を巡り、来年ロサンゼルスに戻ってくるそうです。

Billy Elliot the Musical
http://www.billyelliotthemusical.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-08-18 04:20 | ベイエリアお出かけ

No.1054 サンフランシスコ無料ウォーキングツアー@San Francisco

サンフランシスコの街を無料で案内してくれるサンフランシスコ・ウォーキングツアー San Francisco City Guides

サンフランシスコの成り立ちや民話、多様な人種と文化の歴史を、保護し語り継いでいくことを目的とした民間公益組織(NPO)による活動。きちんと講習を受けたボランティアの方々によるガイドツアーは、ゴールデン・ゲートブリッジ(Golden Gate Bridge)、フィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman's Wharf)、ユニオン・スクエア(Union Square)、チャイナタウン(Chinatown)、パシフィックハイツ(Pacific Heights)といった王道ツアーから、ホテル見学、消防署見学など変わったものまで様々。

初めての参加で選んだのは、City Scapes And Public Places という、フィナンシャル・ディストリクトの歴史ある建物や隠れた公園や屋上にあるオアシスを、歴史を聞きながら散策するツアー。このツアーにぴったり!とお誘いしたのは、大学でインテリアデザイン&アーキテクチャを専攻されている aqua_blueY さん☆


-+-+-

集合場所。ガイドさん分かるかなあ、なんて心配は稀有に終わる。30人以上集まる大盛況ツアー。地元ベイエリアの人が多く、観光客少し、バークレーの学生集団少し。

San Francisco City Guides


Crocker という、Wells Fargo の前身だった銀行の名を残すショッピングモールからスタート。

San Francisco City Guides


エスカレーターを登って業務用のようなドアを開けると、そこはなんと屋外庭園。

San Francisco City Guides


この後も、え、ビルの谷間の一角にこんなオアシスが?といった空間にいくつも連れて行ってもらう。

San Francisco City Guides


上から見下ろすサンフランシスコの喧騒。

San Francisco City Guides


ツアー後半は、歴史ある金融機関の建物巡り。citigroup、Bank of America、Union Bank、旧証券取引所など。

San Francisco City Guides


スペインのアルハンブラ宮殿、とまではいかないけれど、思わず見入ってしまった天井。

San Francisco City Guides


室内にもオアシス。

San Francisco City Guides


古代と近代の交わりのようなデザイン。

San Francisco City Guides


金融機関だけに中は写真撮影禁止なところが多く。この California Bank & Trust の中も素晴らしい中世画の美術館のようで、aquaさんとため息の連続。

San Francisco City Guides


細やかな細工はエレベーターのドア。この銀行に来れただけでもこのツアーに参加した価値があったと思えるほど。

San Francisco City Guides


再び屋上庭園。Rooftop。

San Francisco City Guides


ビルの谷間に、アルカトラズ島。

San Francisco City Guides


最後にサンフランシスコで最も高いランドマーク、トランスアメリカ・ピラミッドを見上げて、ツアー終了。

San Francisco City Guides


フィナンシャル・ディストリクトは観光地でもないので、ツアーに参加しなければおそらく知らずに過ごした建物や庭園。ガイドさんの説明も詳しく、勉強になったし。(英語だからちょっとつらいけど。)最後に寄付はするものの、基本この充実ツアーが無料なのは素晴らしい。是非、他のツアーにも参加してみたくなりました。



San Francisco City Guides
http://www.sfcityguides.org/
ツアーはいずれも1時間半~2時間程度。予約不要。集合時間と集合場所を確認し、現地に直接赴くと、City Guides のロゴバッジをつけたガイドが待っている。参加費は無料だが、ツアーの最後に任意の寄付を募る。ツアー参加者の寄付および企業、団体などからの一般寄付により活動が維持継続されている。ツアースケジュールはこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-08-02 04:05 | ベイエリアお出かけ

No.1053 パロアルトの騙し絵壁画を探せ!@Palo Alto

パロアルトダウンタウンのとある壁に、不思議なエイリアンが描かれているなあ、と前から気になっていたら、それを描いた Greg Brown というアーティストの壁画がパロアルト中に散らばっているらしい。へええ、ウォーリーをさがせ!みたいで楽しそう。早速、この地図を片手に壁画探しに出発!



1. Secret Agent Man With Bird on Hat 中を伺う秘密諜報員(と、帽子に小鳥)

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


2. Pelican with Money お金をくわえたペリカン(銀行の窓から逃亡中)

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


3. Alien Saucer Crash UFOが壁に激突!

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


4. Two Aliens Climbing Stairway 2匹のエイリアン階段を登る

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


5. Spiro Agnew Pushing Alien in Stroller エイリアンを乳母車で運ぶスピロ・アグニュー(ニクソン大統領時の副大統領)

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


6. Nun with Toy Airplane 飛行機を飛ばす修道女

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


7. Bird on Lady's Garden Hose 庭の水遣り中のびっくり

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto

(8、9、10 は現在はなくなっています。)


11. Boy with Fishing Pole Stuck on Window Grate 釣り糸がひっかかっちゃった男の子(窓の絵の隣にそっくりの本物の窓が!)

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


12. Bank Robbers Mishap 銀行強盗、落下中ー!(銀行の壁だけに、、)

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


13. Man in Window Sawing Elevator Cables エレベーターのワイヤーを切る男(本当のエレベーターホールにて)

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


14. Garbage Man With Alien ゴミ収集人とエイリアン

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


15. Polar Bear on Crutch Consulting With Doctor in Inset Archway 松葉杖のホッキョクグマさん診察中

Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto


と、なかなか楽しいウォーキングツアーでした。銀行の壁には銀行強盗、病院の壁には松葉杖グマなど、場所にあったユーモアが盛り込まれている。メイン通りの University Ave だけでなく脇道や路地にも逸れるので、新しいお店発見もあり、町観光としてもうまく出来たツアー順序。初めてパロアルトに遊びにくる人にもお勧め。

この大掛かりな壁画、一般のビルだけでなく郵便局など公共の建物の壁にも描かれている。これは、パロアルト市が Palo Alto’s Artist in Residence program というプログラムの一環で市として許可を出したから実現した企画。ビルや壁の改装工事があっても、市の管轄で別のビルに移し変えるなどして壁画の保全に努めてきたという。チャーミングなセンス溢れる市じゃないですか、パロアルト。 "Well, that’s the kind of city I want to live in." - in the Palo Alto Daily News, 2007.


忙しい日々を送る人々が、ふっと目を留め、Slow down, don’t take life so seriously. ケケケ. なーんてエイリアンの声を耳にする、そんな街。




A Walking Tour of Greg Brown's Trompe-l'Oeil Murals in Palo Alto
(Trompe-l'Oeil:トロンプ・ルイユ、トリックアート、騙し絵)
http://www.anigami.com/jimwich/jimwich_archives/jwpicts_9_2001/GB_Murals/GB_Murals.html
ゆっくり見て歩いても所要時間1時間弱。(15番のみ Stanford Shopping Center なのでそれを除く。)Emerson St と Lytton Ave の角にあるパブリックパーキングに車を停めてスタートすると便利。壁画を見つけるコツは、地図にマークされている、壁のどちら側に壁画が描かれているかの方向を正しく見極めること。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-07-31 09:26 | ベイエリアお出かけ

No.1046 小さな芸術が集う庭園 Allied Arts Guild@Menlo Park 2

メンロパークの静かな住宅街に佇む庭園 Allied Arts Guild (アライド・アーツ・ギルド)。

Allied Arts Guild


庭園の入り口でお出迎え。これもアーティストの作品かな。

Allied Arts Guild


訪れたのはちょうど大好きな藤の季節。藤は英語で Wisteria (ウィステリア)。

Allied Arts Guild


これは Wisteria Pods (ウィステリア・ポッド)よ、とウェディング・フラワーショップのお姉さんが教えてくれる。

Allied Arts Guild


淡くて素敵な色の紫陽花。

Allied Arts Guild


時計草も見事に咲いていました。

Allied Arts Guild


窓の向こうにはアート。柵のこちらも自然のアート。

Allied Arts Guild


夫が気に入ったのは「女王の耳飾り」とも呼ばれるフクシア。

Allied Arts Guild


これ、ムスカリじゃないなあ。なんだろう。花の名前を覚えるのは苦手。(アガパンサスでした!)

Allied Arts Guild


この蝋梅みたいな色の花も好き。でもやっぱり名前がわからない。

Allied Arts Guild


これはクインスの実。(書いてあった。)

Allied Arts Guild


木漏れ日を見上げて、

Allied Arts Guild


ふと立ち止まって。

Allied Arts Guild


この日は結婚式が行われていて、たくさんの笑顔で溢れていた。誰もの心に残る一日。何年経っても思い出したい風景。おめでとうございます。

Allied Arts Guild


-----

写真家 yukko さんが、この庭園で素敵な家族写真を撮られています。成長っぷりにびっくり。大きくなったね!
家族写真 2009その2その3Allied Arts Guild
家族写真 2011その2その3

また、Miyuki さんがガイドブック顔負けに庭園を詳しく紹介してくださっていますので、訪れる際にはぜひどうぞ。
集えば生まれる小空間 (前)
集えば生まれる小空間 (中)
集えば生まれる小空間 (後)


Allied Arts Guild
http://www.alliedartsguild.org/
75 Arbor Road
Menlo Park, CA 94025

日曜定休。(11月と12月のみ日曜も開園。)入場無料。開園時間と行き方はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-07-20 00:59 | ベイエリアお出かけ

No.1045 小さな芸術が集う庭園 Allied Arts Guild@Menlo Park

メンロパークの静かな住宅街に佇む庭園 Allied Arts Guild (アライド・アーツ・ギルド)。

Allied Arts Guild


スペイン調のタイルや、白壁、石造りを基調とした、緑溢れる憩いの場。

Allied Arts Guild


ギルドといえば中世ヨーロッパにおいて職業別に結成された組合。Allied Arts Guild は「芸術協同組合」といったところ。

Allied Arts Guild


敷地内には工芸家、陶芸家、鋳物作家、フラワーアレンジメント、ジュエリー彫金、服飾デザイナー、画家などのアーティストが開く小さなお店やギャラリーが集まっている。

Allied Arts Guild


中でもとても気に入ったのが、ウェディングフラワー・アレンジメントと地元ジュエリー作家によるお店。

Allied Arts Guild


大好きな藤棚に藤の花と房がそよそよ揺れ、ふっと現実を忘れる避暑地。

Allied Arts Guild


お隣の陶芸店からはお香の香りが立ち込めて。

Allied Arts Guild


1929年、Allied Arts Guild がスタートしたときからある木造家具修理屋さん。

Allied Arts Guild


建物自体がすでに "あんてぃーく"。

Allied Arts Guild


-----

庭園やショップはボランティアの方々の手で運営されている。利益はすべてスタンフォードの非営利小児病院 Lucile Packard Children’s Hospital に寄付され、経済的余裕のない子供たちのために使われているのだそう。

Allied Arts Guild


庭園なのでお花の写真も。もうしばらくお付き合いください。


Allied Arts Guild
http://www.alliedartsguild.org/
75 Arbor Road
Menlo Park, CA 94025

日曜定休。(11月と12月のみ日曜も開園。)入場無料。開園時間と行き方はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-07-18 23:04 | ベイエリアお出かけ

No.1027 パソロブレス&サンタバーバラ ワインの旅 - 食事編とダチョウランド -

1日目の夜は、ワイナリー巡りに最適なサンタバーバラのブエルトン(Buellton)の町に滞在。4軒のワインテイスティングを終え、夜は気楽に食べたいねと、Yelpで見つけたのが Firestone Walker Brewing Company というブリュワリー(地ビールレストラン)。滞在場所からも車で1分。

Firestone といえば、サンタバーバラに同じ名前のワイナリーがある。調べてみると、もともとは同じオーナー所有だったが、現在 Firestone Vineyard のほうは Foley に買収されてしまったらしい。

Firestone Walker Brewing Company


倉庫風の店内、天井も高くて広々。

Firestone Walker Brewing Company


ブリュワリーなのでもちろんビール!疲れた日やテニスの後は、私は断然ビール派。よくある飲み比べサンプラーもあったけれど、自分の好みもわかっているので、がっつりパイントで。初めて飲む Firestone のビール。おお!?美味しい!!地元で作ってるからフレッシュなのかも。

Firestone Walker Brewing Company


食べ物ももりもりと。ピザ・マルガリータ、コブサラダ、フィッシュ&チップス。

Firestone Walker Brewing Company


歓喜だったフライ3種盛り合わせ!ディップも3種類ついてきて、これがどれも美味しくみんなにも好評。ポテト星人も★3つで大満足。

Firestone Walker Brewing Company


ベイエリアではビールの美味しいブリュワリーになかなか出会えない。(それでいいのか、、不思議。)ビールが美味しいところは食べ物をサーブしてなかったり、大勢で騒ぐには最適だけど、ビールや食レベルは期待できなかったり。ここが近所にあったらかなりの頻度で通うよね、と夫とも話す。(私に関してはポテトの色眼鏡効果が大きい。認めます。)Firestone の瓶ビールなら Whole Foods や BevMo! で売ってるけれど、タップとは全然フレッシュさが違うだろうし。うーん。

ベイエリアで行ったことがあるのは Gordon Biersch、BJ's、Buffalo Bill's Brewery。タップ(生)なんだからもう少しビールが美味しくてもいいのにな。

Firestone Walker Brewing Company
http://www.firestonebeer.com/
620 McMurray Rd, Buellton, CA 93427



-+-+-

懲りずに、ダチョウ

Ostrich Land


過去のshina_poohサンタバーバラ紀行をご存知の方はきっと忘れられないであろう(そうなの?)ダチョウランド(Ostrich Land)。「shina_pooh夫をそこまで惹きつけて止まないダチョウランド、行っておかなきゃだめでしょ。」 by やなまん大将夫妻。ありがとうございます。今回もちゃんと餌あげました。がっついてました。

Ostrich Land

Ostrich Land
610 E.Hwy 246, Solvang, CA 93427
詳細はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-06-11 01:37 | ベイエリアお出かけ

No.1017 サンフランシスコ発 TCHO チョコレート工場見学ツアー@San Francisco

幾何学的な4色のデザインが特徴的なサンフランシスコ発祥のチョコレートメーカー TCHO。その TCHO がチョコレート工場見学ツアーを始めたと聞き(しかも現在は期間限定で無料ツアー)、喜び勇んで足を運ぶ。

TCHO



場所はサンフランシスコベイに沿う Embarcadero の Pier 17。いかにも工場風の建物に、大きく TCHO の文字。

TCHO


チョコレート工場見学と言えば。かつてバークレーにチョコレート工場があったカリフォルニア発祥のチョコレートメーカー Scharffen Berger が Hershey 買収され、観光スポットでもあったチョコレート工場見学もなくなり残念に思っていたので、この TCHO の工場見学は懐かしさを伴った喜び。



さて。TCHO とは、「Technology meets CHOcolate」 から発案されたブランドネーム。シリコンバレーで始まったチョコレートという意味や、チョコレート革新を技術的に追い求め続ける探究心など、いろんな思いが込められている。よくある質問、発音は「チョウ(choh)」。

TCHO


事前に予約していたツアーリストにサインをすると、衛生上のヘアネットが渡される。ひげが生えている人には耳にかけるビアードネットも。

TCHO


1回のツアー参加者は30人程度。最初に雛壇になった長椅子に座って、TCHO の歴史やコンセプト、チョコレートに関する説明を受ける。パソコンのスライドショーを使った説明は分かりやすく、テクノロジーをアピールするだけあるなと感心。カカオの木、カカオの実、カカオからチョコレートになるまでの行程、カカオの実があんなにカラフルなことや、カカオもワインのブドウのように発酵(Fermentation)させることも知らなかった。

TCHO


TCHO のチョコレートで大切なのは「風味」の概念。カカオ豆から感じられる香りを表したチョコレート業界標準の The Flavor Wheel を、TCHO バージョン、6つの風味にまとめたのがこれ。カカオのパーセンテージや原産国で表示するより風味で表現したほうが、消費者は分かりやすく興味を持ち、食べてみたくなるでしょう?という考え方。現在 TCHO が出しているのは ChocolateyCitrusNuttyFruity の4種類。残りの EarthyFloral はまだ安定した味を出すのが難しく、現在研究中なんだとか。




説明の後は工場見学。工場に入ると、ふわーっとチョコレートの甘い香りが鼻腔をくすぐる。(カメラ撮影禁止なので写真なし。)


最後にチョコレートテイスティング。チョコレートの正しいテイスティング方法を教えてもらう。あ、これ、以前Miyukiさんが紹介されていた「チョコレートの味わい方」だ。

  1. ぱきっと半分に割り(そうすることで香りが立つ)、香りをかぐ。
  2. (チョコレートが冷たすぎるなら)手で少し温め、口に含み、舌の上でゆっくり溶かしながら質感と味を楽しむ。

こうして正しくテイスティングすると、ただばりばり食べた時には感じられなかった風味、つまり本当にナッツやシトラス、フルーツの味が感じられる!Chocolatey は濃厚なチョコ味、Nutty はローストしたナッツ風味、Citrus はレモン味が、Fruity はパパイヤやバナナの味がする。でも、ナッツやフルーツを加えている訳ではなく、純粋なカカオ豆からの「風味」というのが驚き。後味の余韻も楽しい。一通り食べた後、夫はブラインドで全てを見事当ててみせる。(舌が鋭いのだ。うらやましい。)現在はダークチョコレートのみだけど、ミルクチョコレートも近々販売計画中。



-----

TCHO は現在サンフランシスコで唯一のチョコレート製造会社なんだそう。(Scharffen Berger も Joseph Schmidt も Hershey に買われ製造拠点はイリノイに、Ghirardelli もスイス大手 Lindt に買われイーストベイに工場が移り、Charles は倒産してしまったし、、、と。でも、フェリービルディングに入っている Recchiuti は?)Starbucks のプライベートラベルを作ったり、Naia のジェラートバーのチョコフレーバーに使われたり、着々と展開中。

スイスやベルギーのチョコレートと比べると、そこはやはりアメリカのチョコレートの味だけど、ローカルで頑張る企業は応援したいですね。

TCHO


TCHO Factory Tour チョコレート工場ツアー
http://www.tcho.com/where-to-buy/tour
月から日まで毎日、10:30AMと2:00PMの1日2回。要予約。上記リンクよりチケット購入。無料。(ただし無料なのは期間限定でいつまで続くかは不明。今のところ5月末までの無料チケットは購入可能になっています。)8歳以下の子供は、最初の説明には参加できるが工場見学はできない。つま先の出たサンダルのような靴はNG。


TCHO(チョウ)
http://www.tcho.com/
Pier 17 (on Embarcadero)
San Francisco, CA
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-05-23 08:22 | ベイエリアお出かけ

No.955 晴天!オイスターBBQ@Point Reyes

初のオイスターBBQ!

うちは、夫は「牡蠣大好きなのに牡蠣アレルギー」、私は「牡蠣は苦手」という夫婦で、2人だけでは絶対実現しえない企画。でも、みんなでBBQなら牡蠣以外のものを食べてればいいじゃない!と、わいわい大好きるんさんSarahさんが誘ってくれたのでした。感謝!

場所は、ゴールデンゲートブリッジを渡って北上したポイントレイズ(Point Reyes)の辺り。内陸に食い込んだトマレス湾(Tomales Bay)の湾岸沿い。サンフランシスコから1時間20分、サンノゼからだと2時間ちょっと。
f0097972_20412181.jpg


CA-1を北上すると、左側にお姉さんの看板発見。ここが今回BBQをする Tomales Bay Oyster Company。(このままもう少しCA-1を北上すると、有名な Hog Island Oyster Company のBBQエリアもあるけれど、Hogは予約制。るんさんはこちらのほうが好きなんだとか。)

Tomales Bay Oyster BBQ


11時に現地集合。湾を臨むピクニックエリアにたくさんのテーブルとBBQピットがあるので、お気に入りの場所を確保。お昼を過ぎると一杯になるんだそう。

Tomales Bay Oyster BBQ


人懐っこい看板ネコ登場。終始、すりすりごろごろ☆デュリフよりちっちゃいね。

Tomales Bay Oyster BBQ


ブースでオイスターを購入。オイスターの他に、クラム、ムール貝もある。残念ながらこの日はオイスターとムール貝のみ。

Tomales Bay Oyster BBQ


Smallサイズのオイスターが50個入りで40ドル。安ーい!(お値段はこちら。)

Tomales Bay Oyster BBQ


オイスターの殻を開けるのは結構大変。オイスターナイフと軍手は必須。るんさんの旦那様ヨヲくんが、手馴れた手つきで実演。「くっと差し込んでね、そこで刃をぐっと立てて。」「はい師匠!」(軍手の赤いのは血ではありません、、単なるシミです。こわーい。)

Tomales Bay Oyster BBQ


殻開け担当になってくれたのは、ヨヲくん、Sarahさん、そして夫。この作業、結構はまるらしい。Sarahさんと夫が自らかって出て黙々と開け続ける。殻開け担当は、開けたそばからつまみ食いできる特権つき。

Tomales Bay Oyster BBQ



生で食べてもよし。

Tomales Bay Oyster BBQ


もちろん、軽く火を通して半生オイスターも絶品(らしい)。
味付けは、レモンにタバスコ、おろしポン酢に七味、ガーリックバター&シャンパン、その他、醤油、酢、ネギ、パクチーなど、こだわりの味付けは多彩!

Tomales Bay Oyster BBQ


こちらはムール貝の酒蒸し。ガーリックや白ワインでワイン蒸しもいいね。

Tomales Bay Oyster BBQ


他にも美味しいポットラックやチーズ、オイスターにあう白ワインが並び、ひたすら飲んで食べて、至福。

Tomales Bay Oyster BBQ Tomales Bay Oyster BBQ


最後に。前日がお誕生日だったSarahさんを驚かせちゃおう!と、サプライズケーキをるんさんと用意。はーぴばーすでー。うるっとしてくれたSarahさん。おめでとう☆

Tomales Bay Oyster BBQ


さて、牡蠣アレルギーのはずの夫。ここの牡蠣は新鮮だからなのか、いくら食べても平気だったそう。「苦しまずにこんなに牡蠣を食べられるなんて・・・」と半ば感動。普段は1、2個で十分というSarahさんも、「美味しくていっぱい食べちゃった」と驚いていました。

最高に気持ちのいいBBQ日和。1月に屋外でBBQできるカリフォルニアの気候に万歳。新しいお友達とも出会えて楽しかった。るんさん、Sarahさん、ありがとう!
(実はこの日、社会人になって以来のつぶれ方をしてしまい、みんなに大迷惑をかけた事実はほおむり去りたい、、、、、本当にごめんなさい。)


Tomales Bay Oyster Company
http://tomalesbayoysters.com/
15479 Hwy 1
Marshall, CA 94940

予約不要。牡蠣、クラム、ムール貝は現地購入。現金またはチェックのみ。オイスターナイフや軍手、BBQ用具は各自で用意。現地で売っているものもある。ピクニックの概要はこちら。もしBBQエリアが一杯だったら、車で10分くらいのところに Bear Valley Visitor Center ピクニックエリアがあるので、移動するのもあり。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-01-31 20:42 | ベイエリアお出かけ