カテゴリ:アメリカで妊娠・出産( 11 )

No.1276 紙おむつ比較 2(Pampers vs Huggies)

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

王道ブランドの、パンパース派かハギーズ派かは意見の分かれるところ。パンパースは大丈夫なのにハギーズだと漏れるという人もいれば、逆の人もいます。赤ちゃんの体型やパパママのつけ方の癖、相性と慣れなんでしょうね。うちは最初はパンパース派。なぜかハギーズだと漏れてしまって。ただ、しばらくハギーズOEMの Costco を使い続けるうちにコツが分かり、今は Costco が一番使いやすいかも。


◆ パンパース vs ハギーズ
・Pampers Swaddlers(左)
・Huggies Little Sungglers(右)

Diapers

前回も書いたように、パンパースはぱっと開いたときに後ろのギャザーが伸びているので広げやすい。(かといって漏れるわけではありません。)縦の長さはパンパースのほうが長くて大きい。ゆえに、生まれたばかりや小さい子には大きすぎて使いにくいと感じるかも。テープの部分がハギーズは丸くて剥がしやすくて私は好き。でも、長時間だとポリマーが肌に残る。。


-----

新生児用おむつは Pampers と Huggies からは同じようなラインナップで出ています。新生児プレミアセンシティブドライ(長時間対応)の3種類。

Pampers
・Pampers Swaddlers (XS, Preemie, N, 1, 2, 2-3, 3)(NB, 1, 2 は色でお知らせ、NBはへその緒の部分がV字になっている)
・Pampers Swaddlers Sensitive (N, 1, 2, 3, 4)
・Pampers Baby Dry (1, 2, 3, 4, 5, 6)

Huggies
・Huggies Little Sungglers (Preemie, N, 1, 2)(NB, 1, 2 は色でお知らせ、NBはへその緒の部分がV字になっている)
・Huggies Pure & Natural (N, 1, 2, 3, 4, 5)
・Huggies Snug & Dry (1, 2, 3, 4, 5, 6)



新生児プレミアおむつは布のように柔らかく赤ちゃんに優しい高級ライン。一方、ドライは長時間対応だけにむれ防止の構造がしっかりしている。おむつかぶれの心配もあるので、むれ対策は嬉しい機能。しかも値段はドライのほうが安い。実際の使い勝手はどうなのか、パンパースでちょっと比べてみました。

◆ 新生児プレミアおむつ vs ドライおむつ
・Pampers Swaddlers(左)
・Pampers Baby Dry(右)

Diapers

ドライは水色おむつ。センシティブのような強い匂いはしない!ドライのほうが大きそうに見えるけれど、伸ばすと同じサイズ。

Diapers

ギャザーの高さや強さもほぼ一緒。ただ、手触りが全然違う。スワドラーズが綿のようにふわふわなのに対し、ドライはぺらっと薄っぺらく遠足のレジャーシートみたい。(ごわごわではないけど安っぽい。)使用感も明確に違う。ドライは長時間吸収するためにポリマーの塊、おしっこを吸収するとびっくりするほどずっしり膨れ上がる。当然ポリマーもすごく肌に付いちゃう。でも確かにむれには強そう。スワドラーズはきちんと吸収するけれど、そこまで膨れ上がることなない。そして肌にはずっと優しい。これが値段の差、と感じるに足る。まあ、ドライも悪くはないけど。。ちなみにドライには「おしっこお知らせサイン」はありません。


-----

うちも生後3ヶ月で Size 1 を卒業し、Size 2 に突入。家に Costco 1-2(もう厳しい)、Pampers Swaddlers 2、Pampers Baby Dry 2、Seventh Generation 2 があるので、しばらく使い比べてみようと思っています。Swaddlers と Seventh Generation はちょっと高いし、Dry はポリマーとずっしり感が好きじゃないので、コストと使い勝手を考えると落としどころはCostcoおむつかな、と感じつつ。どうなるかな。

※ラインナップは2013年3月時点の情報です。製品名は時々変わるようなので。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-03-26 01:04 | アメリカで妊娠・出産

No.1275 紙おむつ比較(American Disposable Diapers Comparison)

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

アメリカの紙おむつもいろんなブランドがあります。パンパースのように会社が作っているネームブランド(Name Brand)と、お店が出しているストアブランド(Store Brand)。ストアブランドのほうがネームブランドより20~30%安い割に品質は案外悪くないと 『Baby Bargains』 に書いてあったので、Size 1 をいくつか試してみました。(ヨーコさんのおむつ比較も参考にしました!)


◆ ネームブランド
(左から)
・Pampers Swaddlers
・Huggies Little Sungglers
・Seventh Generation Free & Clear
Diapers

病院でも使われているパンパース。どのブランドより縦が長い。他のブランドも伸ばせば伸びるけれど、ぱっと開いてこの長さが確保できるのはパンパース。後ろ(背中)部分のギャザーも予め横に伸びていて、慌ただしくおむつを替えするときには楽。逆にハギーズは、背中部分の横ギャザーがかなり縮まっている。パンパースの "Swaddlers" とハギーズの "Little Sungglers" は新生児用に考えられたラインナップなので、触った感じがとにかくふわふわで柔らかい(特にパンパース)。また、この2ブランドはブルーラインでお知らせする「おしっこサイン」がついているので(Size 2まで)、最初の1ヶ月はおむつ替えのタイミングを見極めるのに助かった。ただ、パンパースは香りがかなり強い。この匂いが苦手な人も多いはず。ハギーズもやや香るけれどパンパースほどではなく。一方、ハギーズは長時間つけると吸水ポリマーが肌に付着するのが気になる。Seventh Generation は「無香料・無漂白・石油系不使用・低刺激」など自然派をうたっていて肌にはよさそうだけど、紙っぽくてふわふわ感はない。同じく自然派の Earth's Best のほうがまだ柔らかかったです。でも Seventh Generation は吸収はよく、ポリマーもまったく残らないのでよい。



◆ ストアブランド
(左から)
・Safeway(Mom to Mom Supreme ブランド)
・Target(Up&Up ブランド)
・Babies R Us
Diapers

・・・正直、細かく比較する気も失せるほどどれも安っぽい。紙かダンボールのようにごわごわで、ギャザーの痕が太ももに残っちゃってかわいそう。長時間付けていたりおしっこの量が多いとムレも気になる。他にCVSやWalmartもあるけれど、もういいや、、、。Safewayブランドがいいというアメリカ人が多いけど、個人的にはストアブランドを使うことはないだろう、と結論。


・Costco(Kirkland ブランド)
(左は上記の Huggies Little Sungglers)
Diapers

ダークホースで期待していたのが Costco。Costco のおむつはハギーズがOEMで作っているそうで、それなら品質も悪くないのでは?と。しかもお買い得。見た目は上写真の通りハギーズとよく似ている。「おしっこサイン」もついてる。手触りはやはりハギーズのほうが柔らかいけれど、他のストアブランドに比べれば Costco のは柔らかい。安価に、でも適度な品質のおむつを求めるなら、Costco はありかな。ただ、うちが買ってきたBOXは片側のギャザーだけがゆるゆるで、上手く引き出せば使えなくはないけれど、大量生産の貧乏くじに当たる覚悟はしないといけないなと思いました。あと、ハギーズ以上に吸水ポリマーは肌に残りがち。

ちなみに Costco のおむつに Size 1 はなく、1-2。一般的な Size 1 が4~6kgなのに対し、Costco の Size 1-2 は7kgまで。お腹周りが少しだけ大きめだけど、Size 1 とほとんど変らない。Newborn(NB)はありません。余談ですが Costco のベビーワイプは厚手で匂いもきつくなく、日本人ママにも人気ですね。

※2013年3月時点、店頭で買う Costco Kirkland ($0.148/ct) のほうが Amazon Mom and Subscribe & Save の割引で買う Pampers Swaddlers や Huggies Little Snugglers (共に$0.16/ct) よりわずかにお得。1ヶ月で5ドル弱の差。Costco はなぜかオンラインのほうが高い ($0.185/ct)。


-----

生後最初の数ヶ月は1日に10~14回くらいおむつ替えをします。1ヶ月で300~420枚。(すごい数、、)Newborn(NB)はあっという間に使えなくなるし、Size 1 も比較的早い段階できつくなるので(許容体重まで使えることはあまりない)、少しずつ買っておくのがいいですね。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-03-23 02:53 | アメリカで妊娠・出産

No.1271 大統領からの誕生祝いカード(Presidential Greetings)

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

アメリカで生まれた赤ちゃんは自動的にアメリカ国籍がもらえます。そして、アメリカ国籍をもつ赤ちゃんには現大統領(ホワイトハウス)から誕生祝いカードを送ってもらえます☆

Presidential Greeting

Welcome to the world!
Your arrival is a cause for great celebration for your proud family.
We wish you a long and happy life filled with chances to learn, ideas to explore, people to love, and dreams to fulfill.


シンプルでアメリカらしい素敵なメッセージ。こんな風に、"きみの未来はたくさんの可能性に満ちてるんだよ"って、子供に語り掛けたい。


Presidential Greeting

オバマ大統領とファーストレディのサインつきで(直筆ではなく印刷ですが)、とてもいい記念になりました。



-----

以下のサイトにリクエスト方法が紹介されています。

How to Order Greetings From the White House
http://usgovinfo.about.com/cs/consumer/a/greetings.htm
http://www.ehow.com/how_4730187_order-white-house-greetings.html

申請条件
- 赤ちゃんがアメリカ国籍を有すること
- 赤ちゃんが12ヶ月以内に生まれていること
- 申請は誕生後に行うこと

申請に必要な情報
- Name of honoree(赤ちゃんの名前)
- Address of honoree(赤ちゃんの住所)
- Date of birth (month, day, year)(赤ちゃんの生年月日)
- Requestor's name and daytime phone number(申請者(自分)の名前と日中連絡のつく電話番号)

申請宛先(ホワイトハウス)
 The Honorable Barack Obama and Mrs. Obama
 The White House
 Greetings Office Room 39
 1600 Pennsylvania Avenue
 Washington DC, 20500


うちは以下のようなレターを書き添えて上記住所に郵送で申請しました。

 Dear Mr. President and Mrs. Obama:

 We are proud to announce the birth of our new son/daughter, [baby's name].
 He/She was born on [date of birth] in [place of birth], California.
 We would like to request a Presidential Greeting for our little new citizen of the United States of America.

 Most respectfully yours,
 [requestor's name]

 [home address]

 Phone: [xxx-xxx-xxx]

 Email: [xxx@xxxxxx]


-----

赤ちゃんの誕生祝いの他にも、50回目以降の結婚記念日や80歳以上のお誕生日のお祝いカードなども送ってくれるみたいです。

※上記は2012年12月時点の情報です。最新情報は随時確認されることをお勧めします。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-03-12 03:26 | アメリカで妊娠・出産

No.1269 フォーミュラ(粉ミルク)のサンプル

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

アメリカの粉ミルク(フォーミュラ)の二大大手、EnfamilSimilac。どちらもサイトから登録しておくと、出産直前にフォーミュラのサンプルを送ってくれます。

Similac

本当は送ってくれるはずなんですけど、なぜかうちには Enfamil からは届きませんでした。ヨーコさんのところには届いたようなので手違いかと、、、ただ、El Camino Hospital では退院するときにフォーミュラのサンプルセットをもらえました。(看護婦さんに聞いてみましょう。他の病院でももらえるかも?)Enfamil か Similac を選ぶことが出来たので、届かなかった Enfamil をチョイス。


母乳育児を目指したいけれど最初は母乳が出ないこともあるので、一応フォーミュラと哺乳瓶の準備はしておこうと思っていたので助かりました。実際、今は母乳とフォーミュラの混合授乳中。

赤ちゃんによってフォーミュラのブランドも合う合わないがあるようで。うちは最初 Enfamil をあげたら便秘気味に。Similac に変えてから便秘が解消したので、その後は Similac を使っています。お友達も最初のから2度変えたところ、便の色が変になったり、ぐずって飲みたがらなかったりで、結局最初の合っていたフォーミュラに戻したそうです。そういう例もあるので、二大ブランドのサンプルが手元にあったのはよかったです。

Enfamil
http://www.enfamil.com/ (右下に登録リンクあり)
Similac
https://similac.com/ (右上に登録リンクあり)



-+-+-

お得な登録サイトの代表 Amazon Mom。入会登録無料、Subscribe & Save と組み合わせればおむつとワイプが20% Offの最強安値だったのですが、2012年から内容が変更、年間79ドルの Amazon Prime に加入しないとこれらのメリットが受けられなくなってしまいました。(最初の3ヶ月間だけ無料トライアルあり。詳細はこちら。残念。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-03-06 04:45 | アメリカで妊娠・出産

No.1267 出産時に病院に持っていく物、病院でもらえる物

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

臨月に入る頃には、出産時に病院に持って行く物の準備をしておきます。そこで、病院にある物、病院でもらえる物のご紹介。(以下はマウンテンビューの El Camino Hospital の例ですが、どこの病院でも似たような感じのようです。Kaiser の様子はヨーコさんが詳しく紹介されています。比べると Kaiser はかなり充実。)

「※リクエスト」と書いてあるのは、お願いしたら看護婦さんがくれた物。他にも必要に応じていろいろもらえる物があると思います。


■ 病院にある物、もらえる物

・メッシュパンツ:産後の悪露用。日本の産褥(さんじょく)ショーツの代わり。使い捨て。なので産褥ショーツは必要なし。
・ナプキン:産後の悪露用。とにかく大きい!でもその大きいのが便利。
・洗浄ポリ容器:出産の傷口をビデのように洗浄するもの。
・軟膏:自然分娩の傷口に塗る軟膏薬。 ※リクエスト
・円座クッション ※リクエスト

El Camino Hospital

・乳首保護シールド:授乳で敏感になった乳首を保護する、また陥没した乳首を押し出す道具。 ※リクエスト
・乳首保護クリーム:授乳で痛くなった乳首に塗る軟膏(サンプルサイズ)。 ※リクエスト

El Camino Hospital

・吸引スポイト:赤ちゃんの鼻水や口に溜まった唾液、ミルクの吐き戻しを吸い取る。小さいほうが一見便利そうだけど、今回もらえた大きいスポイトのほうが吸引力が強く、挿入しすぎ防止にもなって実は使いやすい。
・体温計:華氏表示。
・ミニボール:沐浴で活用。
・くし、赤ちゃん用液体石鹸(サンプルサイズ)、ガーゼ、コットン、消毒ワイプ

El Camino Hospital

・ロゴ入り長袖肌着:手袋カバーつき ※リクエスト
・ロゴ入りスタイ
・帽子

El Camino Hospital


その他、病院で用意されている物。

・ローブ(パジャマ):自分で持っていってもいいけど、出産時はかなり汚れるので病院のを使うと便利。
・靴下
・タオル
・スワドル用ブランケット
・曲がるストローつき飲料ボトル
・バランスボール:陣痛促進、陣痛しのぎ。病院では Birth Ball という。これは本当に助かった。。
・妊婦の食事
・母乳パッド:母乳が下着や洋服に染み出るのを防ぐ。 ※リクエスト、もらいませんでしたが
・おしゃぶり ※リクエスト、もらいませんでしたが

退院時には、病室に余っていたおむつ(Pampers Size 1)やお尻拭き(ワイプ)、メッシュパンツ、ナプキン、防水シートは全部持ってかえっていいよと言われます。あと、退院時に粉ミルク(フォーミュラ)のサンプルセット(Similac か Enfamil 希望のほう)をもらえます。最初は母乳が十分出ないこともあるし、いざという時にフォーミュラをもらえるのは助かります。

とまあ、いろんなものをもらえるので、大きなバッグや紙袋を用意しておくといいですね。



-----

■ 自分で持っていった物

病院にどういうものがあるかは、事前に経験ママさんに話を聞いたり、妊娠中に受講した病院ツアーで確認したりしました。それを踏まえて自分で持っていった物。妊娠サポートグループ小谷祥子さんのブログ「出産お役立ちアイテム〜アメリカ・ベイエリア編〜」も参考にさせていただきました。

・ベビー服、ベビー肌着:帰宅時に必須。
・インファント・カーシート:帰宅時に必須。
・アメニティ:歯ブラシ、歯磨き粉、ドライヤー。シャンプーとリンスはボディーソープと一体型のであれば病院にある。
・授乳用ブラ:入院中も退院時もゆったりしたパジャマだったので必要なかった。(胸がはって痛くてブラは着用できなかった。)
・防寒着:冬だったので病院のローブだけでは寒いと思って。授乳を考慮して前開きが便利。
・スリッパ、サンダル:出産後は足がむくむ場合があるのでサンダルが便利らしい。スリッパは室内用。
・電子レンジで温めるゆたんぽ:陣痛しのぎに。でも使わなかった。
・テニスボール:陣痛しのぎ、腰痛マッサージ用。アメリカではポピュラーな小物。でも使わなかった。
・赤ちゃん用爪きり:生まれたてでも爪が伸びているので顔を引っかかないようにと聞いていたけど、使わなかった。
・バースプラン:出産の方法など自分の希望を書いたもの。
・夫の食事:買い出しに行ける状況でないこともあるので、シリアルバーのような簡易食を持参。
・携帯電話、充電器
・カメラ:ある意味必須。


煩雑になってしまいましたが、ご容赦ください。
突然の陣痛や破水に備えて、出産時の準備はお早めに 049.gif
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-03-01 03:54 | アメリカで妊娠・出産

No.1265 マタニティヨガ(Prenatal Yoga)

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

妊娠中、体を動かすことと体重管理のために始めたマタニティヨガ。(英語では Prenatal Yoga という呼び方が一般的。)通い始めたのはサンマテオにある Yoga at Change。

f0097972_3155427.jpg
画像は Yoga at Change のサイトからお借りしました。


私が通っていた曜日の先生 Penni は、Prenatal Yoga を教え続けて17年のベテラン。その日集まったメンバーに、名前、何週目、どこか身体の不調はないか、どういうことを重点的にやって欲しいかなど希望を聞いて、それに沿ったクラスを進めてくれる。妊婦の身体は不調でいっぱい。腰痛だったり、骨盤や恥骨の痛みだったり、むくみだったり、動悸だったり、頭痛だったり。自分にあった不調解消のストレッチを教えてもらえるのは本当に助かった。

他には、陣痛中に痛みを逃す体勢・ストレッチ・呼吸法、赤ちゃんが下がってきてくれるウォーキング、逆子や後ろ向きになってる赤ちゃんの戻し方なども。

身体の不調とは関係ない話も交えながら。いろんな出産の体験談、無痛分娩麻酔の話、妊婦の不安定な気持ちの悩み事。Penni のヨガに行くと、気持ちがすっと前向きになって帰ってこれる。

毎週顔を合わせるヨガ仲間と、一週ずつ一緒に周期が進んでいく楽しみもあって。臨月に入ったママが来なくなったら「ああ、生まれたのかな」なんて話しながら。フラワーエッセンスの資格も併せ持つ Penni を個人的に頼る妊婦さんも多く、多くの卒業生が出産報告を Penni に送ってくるから、かつてのヨガ仲間の無事な出産を知れて喜ぶ。出産後、生まれたての赤ちゃんを連れてきて、出産体験談を話してくれる人もいて、そんな時はヨガは中断するのだけれど、それはそれでみんな聞きたい話。もうすぐ出会う、将来の自分像と重ねながら。

私は英語が得意ではないし、特に妊娠専門用語もたくさん登場するけれど、最初に「英語が得意ではない」と宣言(お願い)して始めたお影で遠慮なく質問できたし、ちゃんとポーズが取れているか気にして見てもくれて。ヨガでたくさんの妊娠専門用語を学べて勉強にもなった。

最初に期待していた「体重管理」のためのヨガとは全然違ったけど(Penni も「私のヨガはゆるやかなヨガだから」と言う)、期待以上のいろんなことを学べて本当に有意義だった。出産への不安や恐怖もこのヨガのお影でなくなったし。Penni には言い尽くせない感謝、です。


※Prenatal Yoga のすべてのクラス、すべての先生がこのようではないです。毎回定型の動きを繰り返すクラスもあれば、もっとハードな「臨月だと無理なんじゃ・・・」と思うようなクラスもあります。いろんな先生のクラスを取ってみて、自分にあった内容、相性のいい先生を探すのがよいと思います。


Yoga at Change
http://www.yogaatchange.com/
400 Ben Franklin Ct., San Mateo, CA 94401

Penni の Prenatal Yoga クラスは毎週火曜日10:30AMより1時間半。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-02-23 03:15 | アメリカで妊娠・出産

No.1264 無料チャイルドシート設置講習(Car Seat Fitting Station)

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

ちょっと面倒そうなチャイルドシート(インファント・カーシート)の車への取り付け方。パロアルトの病院 Lucile Packard Children’s Hospital では、このカーシートの設置講習が無料で受けられます。

この設置講習は参加してよかった!自分で説明書片手に取り付けるよりも、実地で教えてもらえたほうがずっとわかり易い。

まずこのサイトで予約。講習は約1時間。当日は取り付ける車とチャイルドシート(※注)を持参。まず、シートベルトを使ってカーシートを後部座席中央に取り付け。(後ろの中央が一番安全なんですよね。)動かないようしっかり締め付けるコツを伝授してもらう。その後、人形を使って新生児をカーシートに乗せる練習。赤ちゃんの扱い方、ベルトの締め方、締め具合の強さなど、ここでやっておかなかったら退院時にかなり "あたふた" したと思う。

講習は1家族(1グループ)ごとのマンツーマン。出産前はもちろん、出産後に赤ちゃんを連れて再確認を行うもよし。(インファント・カーシートから一般的なチャイルドシートに移行するときも、車と子供とカーシートを持って講習に来てね、とも言われました。)あまり早い段階で行くと忘れてしまうので、臨月に入った頃に行くのがお勧めです。が、人気の講習で1ヶ月くらい先まで予約が取れないこともあるので、予約だけはお早めに。

※注:カーシートには有効期限(Expiration Date)があります!基本的には Manufacture Date から5年。有効期限を過ぎているカーシートは当然危ないですし、講習も受けさせてくれません。

Lucile Packard Children’s Hospital Car Seat Fitting Station
http://www.lpch.org/forPatientsVisitors/CommunityResources/fittingStation.html


-+-+-

この他にも各地の様々な団体でカーシート設置チェックを実施しているようです。こちらで調べられます。High Way Patrol や AAA、Police Department、Fire Department など。どのような内容なのかは詳細不明。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-02-19 09:53 | アメリカで妊娠・出産

No.1262 アメリカの出産準備アイテムのバイブル 『Baby Bargains』

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

出産を迎えるにあたり揃えておくべきベビーグッズ。初めての出産だと何から準備してよいやら悩みの種。私も、ベルメゾン楽天アカチャンホンポチビタス、その他たくさんのママさんのサイトを参考にしながら「出産準備アイテムリスト」を作ってみたり。(ショップ情報は鵜呑み禁物。「買ってよかった、買ったけど必要なかった」などの情報も収集しておいたほうが賢明。)


ただ、これらは日本の情報なので、ブランドはもちろんアメリカでの子育て事情と異なることも多々。そんな時、お友達に頂いたバイブルのような一冊がこれ。

■ Baby Bargains

アメリカのベビーグッズ本のベストセラー(こちら)。クリブ、カーシート、ストローラー、ベビー服、おむつ、バウンサー、ベビーモニター、ハイチェア等、ありとあらゆる物について、選び方のポイント、お勧めブランド&NGブランド、安全性&リコール情報、価格帯にあわせたベスト商品などなど、とにかく情報満載。

ただし、、一冊600ページ、まさにバイブルのような分厚さで、中は白黒、当然英語。英語が苦手だと最初は引きますが(引きました)、必要なところだけ読めばいいし。でも読み進めるうちに、特に安全性に関わるグッズ(クリブ、カーシート、ストローラーなど)はしっかり読んでおきたくなる。お友達から譲って頂ける物や中古セールも普及しているアメリカですが、上記のようなグッズはきちんとポイントをおさえて利用したいですね。

2013年2月現在の最新版は 10th Edition(緑&黄のギザギザ縁)。私が読んだのは 8th Edition(2009年出版)だったので、商品やリコール情報を考えるとやはり最新版がベスト。
f0097972_90111.jpg



-----

先日帰国されてしまったヨーコさんのブログ 『研妻のBerkeley日記』 の「ベビー・育児用品」も楽しく読ませていただきました。用意したもの、調査したものなどがいくつもかぶっていて親近感(笑)

ヨーコさんのようにひとつひとつ詳細に紹介できませんが、私が重宝しているものをいくつか。


■ My Brest Friend Nursing Pillow

授乳枕(こちら)。最初はこの不思議な形に戸惑いますが、アームが背中まで巻きつくのでずれにくく、やや硬めのフラットなスポンジのお影で、赤ちゃんを寝かせた状態ですごく楽に授乳できる!赤ちゃんを手で支える負荷も軽減するから、腱鞘炎防止にも。この楽さに慣れてしまい、お外授乳デビューが遅れるくらい(苦笑)

アメリカの授乳枕というとU字型の Boppy が普及していますが、病院で強烈に勧められたのもこの My Brest Friend でした。
f0097972_952124.jpg




■ Infant Car Seat Stroller Frame

ストローラー(ベビーカー)の一種で、インファント・カーシートをがしゃんと乗せられるフレーム式。こちらはヨーコさんも紹介されていますが、本当に重宝。車社会のアメリカ、車の乗り降りの度にカーシートから赤ちゃんを出さなきゃいけないのは大変だし、カーシートごと運ぶには重過ぎる、という悩みを解消。フレーム自体は軽く、車のトランクからの出し入れも楽チン。子供をインファント・カーシートに乗せられる間はこのフレームを使い続けそう。

いろんなメーカーがフレームを出していますが、お友達にお借りして私が使ったのは Graco のフレーム(こちら)と Baby Trend のフレーム Snap-N-Go(こちら)。Graco のフレームには Graco のカーシートしか乗りませんが、Snap-N-Go には Baby Trand、Graco、Britax、Chicco などメジャーなカーシートが乗せられます。使い勝手の細かい違いはありますが、どちらもほぼ変わりませんでした。
f0097972_99122.jpg




■ Swaddle

スワドル、日本でいうおくるみ。夜ぐずって寝付かない赤ちゃんをスワドルでぎゅっと包んであげると、赤ちゃんは子宮の中にいるような安心感を得て、驚くほどすやすや寝てくれます。病院では四角いブランケットでのスワドリングの方法を教えてもらえて、それでもいいのですが、SwaddleMe(こちら)や Miracle Blanket(こちら)のようなスワドル専用アイテムは便利。

夜、ブランケットや毛布をかけて赤ちゃんを寝かせるのは、窒息の危険があるのでNG!でも、冬生まれで寒い夜にはどうすれば?という悩みで見つけた HALO SleepSack(こちら)は、フリース生地のものなら毛布代わりになる暖かいスワドル。ただ、腕を通す部分が筒状で腕が通しにくく、やや使いづらかったです。

赤ちゃんの両腕をまっすぐに伸ばして固定し、体をかなりきつめに巻きつけるのがポイント。手足をバタバタさせたり身をよじらせてスワドルが解けてしまうと意味がないので。ただし、足は少し余裕を持たせ、がに股の状態で動かせる程度に。足をきつく締めると股関節脱臼を起こしてしまいます。このミイラ(あるいは芋虫)のような状態、最初はかわいそう、、、と思うかもしれませんが、赤ちゃんは安心快適なんだそうです。
f0097972_9164465.jpg




■ Cloud b Sleep Sheep

赤ちゃんをリラックスさせて寝かしつけるグッズ。お母さんの心臓の音、波の音、雨の音、くじらの鳴き声の4つの優しいヒーリングサウンドが流れるこのぬいぐるみ、アメリカでいくつも賞をもらっていて、Amazonでもベストセラー商品(こちら)。

お友達から妊娠祝いで頂き、大活躍。赤ちゃんだけでなく、大人も気持ちよく寝ちゃいます(笑)夜、赤ちゃんが泣き止まない、寝付かないと、精神的にも体力的にも辛いですものね。うちは、スワドルでぎゅっと巻いて、このぬいぐるみで寝かせ付ける業を編み出し、生後3週間頃から夜中は一回も起きていません!すごく楽をさせてもらっています。。
f0097972_9224440.jpg




■ その他消耗品

母乳漏れ対策の母乳パッドと、塗ったまま拭き取らなくても授乳できる乳首保護クリーム(ラノリンクリーム)は、定番人気ブランド Lansinoh の Disposable Nursing Pads(こちら)と HPA Lanolin(こちら)。おむつ替えに便利な使い捨てシート(こちら)もお友達に勧めてもらって活躍しています。このおむつ替えシートは、病院でもらえるブルーのシートより毛羽立ちも引っかかりも少なく、使いやすくてお気に入り。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-02-15 09:42 | アメリカで妊娠・出産

No.1260 妊娠サポートグループ、うさぎ会&龍の子会

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

参加してよかった日本人コミュニティグループのご紹介。

■ 妊娠サポートグループ

日本語による「妊娠サポートグループ」が毎月一回パロアルトで開催されています。妊娠・出産に関する質問や悩みごとなど、どんな些細な内容でも気さくに話し合える意見交換の場です。

Pregnancy Support Group 妊娠サポートグループ
https://sites.google.com/site/mamasfriend2/supportgroup


開催者は、ベイエリアでドゥーラ(出産付添人)をされていた小谷祥子さんと、マリッジ&ファミリー・セラピスト(公認心理療法士)の鄭由佳さん。

妊娠中、私も質問事項を書き出していき、いろんな方のお話を聞かせて頂きました。いいなと思ったのは、妊婦さんだけでなく出産後のママさんも参加してくれていること。先輩ママさんの苦労話や経験談、特に海外・ベイエリアならではの情報は本当に参考になります。私ももう少し自由に動けるようになったら、(恩返しではないですが)ちびを連れてまた参加させて頂きたいなと思っています。同じくらいの妊娠ママさんが集まるので、ママ友作りにもいい場ですね。

開催情報は上記サイト、および小谷さんのブログにて告知されます。次回は 2/14(木)12時より。(小谷さんのブログは情報満載でとても参考になります。無痛分娩麻酔のメリット・デメリット、妊娠・産後お役立ち情報、お産の英会話、など。私も熟読しました。)Facebookはこちら


同じように妊娠・出産・育児中のママさんの集い「わいわい!ママの会」がサンフランシスコでも開催されています。



-----

■ うさぎ会&龍の子会

上記「わいわい!ママの会」から派生して、2011年生まれの赤ちゃんグループ「うさぎ会」と、2012年生まれの赤ちゃんグループ「龍の子会」が発足しています。

「より近い月齢の赤ちゃん&ママで集まりたい」というママさんによるプレイグループ。月齢の近い子同士を遊ばせたり、育児の話からプリスクール情報など、同じ年齢の子供を持ったお母さんの交流は貴重なもの。うさぎ会はサンフランシスコとサンマテオとサンノゼ、龍の子会は今のところサンフランシスコ中心で活動。お問合せ先は以下。(☆を@マークに変えてください。)

「うさぎ会」
usagiakachan2011☆gmail.com

「サンマテオうさぎ会」
usagi.sanmateo☆gmail.com

「サンノゼうさぎ会」
usagikaisanjose☆gmail.com

「龍の子会」
tatsunokosf☆gmail.com

最近ベイスポにも「ベイエリア子育てグループ」欄が出ています。各地域でいろんなプレイグループが活動していると思いますが、お友達やママ友を広げる最初のきっかけとして嬉しいですね。
Bayspo

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-02-12 15:29 | アメリカで妊娠・出産

No.1257 オメガ3脂肪酸(DHA)

「アメリカで妊娠・出産」カテゴリはこちら


*****

妊娠で Prenatal Vitamins とともに摂取を考えたほうがよいと言われるのがオメガ3脂肪酸(Omega-3 Fatty Acids)。

オメガ3脂肪酸は、体内では生成できない必須脂肪酸。妊娠中および産後のオメガ3摂取のメリットは以下。

・子供の脳の発達に多くの役割を果たす(妊娠後期および授乳期に摂取すると効果的)
・妊婦の高血圧を軽減、糖尿病のリスクを減少させる
・早産のリスクを低下
・母親の産後鬱の症状を緩和


オメガ3脂肪酸には、動物性で青魚などに多く含まれるDHAやEPAと、植物性でフラックスオイルやごま油などに含まれるα-リノレイン酸があるが、妊娠中の効果を期待する場合、DHAとEPAが重要。その他、いくつかの研究結果を踏まえると、選ぶ主なポイントは以下のよう。

・魚を原料としていること(植物性オメガ3でないこと)
・魚の種類を明記してあること(Salmon, Tuna, Sardines and Anchovies がベストらしい)
・精製の過程で、水銀などの環境有害汚染物質が浄化されていること
・Omega 3 (DHA) を含んでいると明記してあること(単に Fish Oil と書かれているだけでは曖昧)
・DHAとEPAの合計含有量を確認(他のオイルで薄められていないかどうか)


これらのポイントをきちんと押さえているのが、自然派大手 New ChapterNordic Naturals。この2社なら信頼がおけそう、ということで私は Nordic Naturals DHAこちら)を妊娠18週目頃から飲み始めました。産後も授乳が終わるまでは引き続き摂取。

f0097972_291820.jpg


※ところで、私が選んだのは Prenatal DHA ではなくただの一般成人向けDHA。なぜ?理由は以下。

・New Chapter Wholemega Whole Fish Oil
・New Chapter Wholemega Prenatal

・Nordic Naturals DHA
・Nordic Naturals Prenatal DHA

このように両社とも、一般成人向けと Prenatal の2種類のオメガサプリメントを出していますが、実は成分・製法・服用量はまったく同じ。妊婦さんが一般用を飲んでも問題ないと各カスタマーセンターにも確認済み。なのに値段は Prenatal のほうが高いんですぞー。うまいマーケティング。



New Chapter
http://www.newchapter.com/fish-oil
Nordic Naturals
http://www.nordicnaturals.com/en/General_Public/Omega-3_concentrates/361
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-02-08 02:12 | アメリカで妊娠・出産