カテゴリ:アメリカの野菜( 31 )

No.808 ちりちりちりめん サヴォイキャベツ(Savoy Cabagge)

ちりめんキャベツ
その名の通り、葉がちりちりとちりめん状。英語名はサヴォイキャベツ(Savoy Cabagge)。キャベツのANDIスコアは480とまぁまぁだし(もういいって?)、初挑戦。

Savoy Cabbage



まずは王道ロールキャベツ。キャベツの味がよくわかるようシンプルにチキンブロスと、トマトソースで。ちりめん層がしっかり味を吸ってくれる。翌日のホワイトソースバージョンもうまかった。感動的なのは、キャベツの葉がはがしやすいこと!普通のキャベツでのあの苦労はなんだったんだ、と思っちゃうほど。

Savoy Cabbage


キャベツと味噌の組み合わせは私の黄金比。お味噌汁にもキャベツ。ちょっと食感を残して鶏と味噌煮にしたちりめんキャベツもグッジョブ。幸せ。

Savoy Cabbage


生でも食べてみようってことでコールスロー。塩もみでくったりさせて、YOMEちゃん直伝、はちみつレモンのコールスロー。うーん、生で食べるなら普通のキャベツのほうがいいかも。生ちりめんは食感がちょっともっさり。

Savoy Cabbage



はがしてもはがしても見事なちりめん模様。白菜みたい。とにかく普通のキャベツよりはがしやすい!これ重要。ちりめんのひだにスープが染み込み、甘みもぐんと増すので、煮込み料理に向いている。逆に、生で食べるには向いていないらしい。

芽キャベツほどではないけれど普通のキャベツより少し青々しい大地の味がして一気にファンに。オーガニックにこだわらなければキャベツは中華系スーパーが圧倒的に安いんだけど、これからは Whole Foods やファーマーズマーケットでサヴォイキャベツを手に取る機会が増えそうな予感。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-02-10 15:34 | アメリカの野菜

No.807 つーんとくるからし菜 マスタードグリーン(Mustard Green)

最近、Whole Foods の食品に表示されるようになった ANDI というスコア。

ANDI : Aggregate Nutrient Density Index (総栄養密度の指標)

ANDI スコアでは食品が1から1000までランク付けされ、栄養素(ビタミンやカルシウム、ミネラルなど)が多く含まれる食品ほど高いスコアがつけられる。興味深いのは、1カロリーあたりの栄養含有量という点。ゆえに密度(Density)。つまり、「カロリーが低くて」「栄養価が高い」食べ物が高いスコアとなる。フルーツやでんぷん質の野菜、全粒粉やナッツ類は、毎日食べるべき栄養価の高い食品ではあるけれど、食べたいだけ食べていたら太ってしまうので要注意、という啓示。

『アメリカの肥満事情、深刻なんだね、、、』 と考えさせられるスコアリングです。




-+-+-

そんな訳で、カロリーが低くて栄養価が高い青い葉物は、最も ANDI スコアが高い食材。ANDI が表示される前から気になっていた、ANDI 最高スコアの野菜。

マスタードグリーン(Mustard Green)。日本名、からし菜。夫は苦い野菜が苦手なのでこれまで手を出したことがなかったんだけど、どうしても食べたい!しかも冬で葉野菜が安い!夫が食べられなかったらひとりで消費しようと決心し、手を伸ばす。

Mustard Green


葉っぱを生でちぎって食べると、つーんとくる辛味。ああ、これこれ。この辛さ。シンプルに茹でてお浸しにしたり、スープに入れて煮込んだり。炒めるよりも、茹でる煮るのほうが辛味が残って美味しい。同じ葉物のスイスチャード(Swiss Chard)より、青汁の素ケール(Kale)や今回のマスタードグリーンの青臭さに惹かれます。

・・・からし菜漬けが食べたくなるよ。作るか。


-+-+-

ANDI score ランキング。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-02-06 08:01 | アメリカの野菜

No.768 表情さまざまウィンタースカッシュ(Winter Squash)

アメリカでは秋から冬にかけて様々なウィンタースカッシュ(Winter Squash)が目を楽しませてくれる。

Pumpkins

名前も随分慣れてきた。右から、

・どんぐり型 Acorn Squash (Acorn = どんぐり)
・細長くて縞々模様の Delicata Squash (Delicate ではありません)
・ころんと縞々模様の Carnival Squash
・オレンジ色の Red Kuri Squash (これは初耳)
・一番ポピュラーなひょうたん型ベージュ色の Butternut Squash
・黄色い寸胴な Spaghetti Squash (和名は金糸瓜)
・いわゆる "かぼちゃ" Kabocha Squash

もちろんすべて食用。ならば食べてみない手はない☆今年もいくつかのウィンタースカッシュに挑戦!



-+-+-

Butternut Squash (バターナット・スカッシュ)
一番ポピュラーなウィンタースカッシュ。カットされた状態でも売られていたり、レストランのスープで出てきたり。パック入りのスープも売られてるくらいポピュラー。

Butternut Squash


まずは王道スープ。アメリカのレシピだとリンゴやオレンジや入っていることが多く、前回いまいちだった経験を活かし、今回はごくごくシンプルに。玉ねぎとバターナットを柔らかく煮てブレンダーで攪拌、塩こしょう、以上。ほんのり甘いけどかぼちゃほどは甘くなく。隠し味のナツメグが好評。(レシピは Food Network を参考。)

Butternut Squash


お次はローストしたバターナットとレッドオニオン、ほうれん草をブルーチーズで和えてみる。スカッシュはローストすると本当に甘くなる。これもアメリカのスイートポテトのような甘さでほくほく美味しい。バターナットってこんなに美味しい野菜だったんだ。(レシピは Whole Foods を参考。)

Butternut Squash



-+-+-

Acorn Squash (エイコーン・スカッシュ)
本当にどんぐりのようなこのスカッシュ。半分に切って中にお米などを詰めてベイクしたお惣菜が Whole Foods でも売られていて、一度食べてみたかった。

Acorn Squash


エイコーン・スカッシュを半分に切り、コーンとねぎを牛乳&卵の卵液と一緒に注ぎ、チーズふってベイクしたコーンプティング。(写真はどぎつい黄色ですが・・・理想はこうなるはずだった。)カップ代わりのエイコーン・スカッシュもほじりながら一緒に食べる。結構水っぽくて筋っぽい種類のよう。いまいち。単純にスライスしてベイクしたらまた違った味になるかも。でも、このプレゼンテーションは楽しい。(レシピは 101 Cookbooks を参考。)

Acorn Squash



-+-+-

Delicata Squash (デリカータ・スカッシュ)
「ウィンタースカッシュの中で一番美味しい」という人も多いこのスカッシュも初挑戦。

Delicata Squash


シンプルにオーブンでローストしたサラダ。レッドオニオンやリークとあわせると彩りも鮮やか。デリカータは他のスカッシュに比べて皮が柔らかく剥きやすい。(皮も食べられるらしい。)そして確かに美味しい!多少筋っぽいけど、クリーミーで甘くてほくほくでお菓子みたい。アメリカのスカッシュの中では一番かぼちゃに近いかも。(レシピは 101 Cookbooks を参考。ひまわりの種を砕いたクリーミードレッシングも夫に好評。)

Delicata Squash



以前試した Spaghetti Squash (スパゲティ・スカッシュ)もお気に入り。あの実を掘り出す作業は楽しすぎる!まだまだウィンタースカッシュのシーズン。みなさんもちょっぴりチャレンジしてみては?emoticon-0162-coffee.gif

でも最終標的は、、、
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-11-14 07:41 | アメリカの野菜

No.734 ごつごつカラフルなエアルームトマト(Heirloom Tomato)

快晴カリフォルニア。エアルームトマト(Heirloom Tomato)が今まさに旬。

Dinner Party


エアルーム(heirloom)とは、"a valuable object that has belonged to a family for several generations"、「先祖伝来の貴重な財産・家宝」という意味。野菜でいうと、在来種の遺伝子組み換えのされていない伝統的な野菜のこと。トマト以外にも、スカッシュやメロンなど様々な野菜にもエアルーム品種が見られるそう。エアルームトマトだけでも何千種類とか。

形はいびつ、色も大きさもばらばら。だからかえって、お気に入りの一個を選ぶ作業は、掘り出し物を探す気分♪ 切ってみると、種の並び方もこんなに特徴的。

Dinner Party



-+-+-

やかなり emoticon-0152-heart.gif
シンプルに塩のみ。冷蔵庫でキンキンに冷やして、トマトだけを味わう。緑は一番青野菜くさく、オレンジは歯ごたえがあって果物のような甘さ。黄色はちょっとレモンのような味がするの、本当に。赤は一番普通のトマトに近いけど、独特の野菜くささは美味しい。

Dinner Party


この日は他にも、友人お手製自家製ツナとほうれん草のカナッペ、そら豆とコーンとフェタのサラダ、焼きなすとわかめの白和え、干しブロッコリー辛子醤油和え、干しズッキーニ&リーク焼きと、野菜大好きの宴。いずれもメインの味付けは塩、その他の調味料も少量ずつ、野菜の力をぐんっと借りて。

Dinner Party Dinner Party Dinner Party Dinner Party



渡米直後に興味津々で食べたエアルームトマト。年々好きになっていく。野菜天国カリフォルニア万歳。
(夫もトマト食べれたらいいのに。ぶつぶつ。でも随分野菜克服したね。感謝。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-08-26 03:14 | アメリカの野菜

No.711 Green Beans, Yellow Beans, Cranberry Beans

Whole Foods で気になっていた赤紫模様の可愛い鞘豆。名前も可愛く Cranberry Beans (クランベリー・ビーンズ)。気になったら買ってみる、でしょ。ついでに黄色と緑も。黄色いさやいんげんも初めて。

Peas


鞘を割ると、中の豆も赤紫の模様つき。(乾燥豆でよく見かけるのは Pinto Beans といって、見た目はそっくりだけど別種類。味もぜんぜん違うみたい。)

Peas


Cranberry Beans は別名 Borlotti (イタリアでは一般的らしい)、French Horticultural Beans、Shell Beans などと呼ばれ、クリーミーで Chestnuts のようなナッツ風味がするんだそう。sounds good♪ 生の場合、鞘ごとあるいは鞘から豆を出して5~10分ほど茹でる。乾燥の場合、一晩水につけて少し長めに茹でる。ところが!悲しい事実が判明。Cranberry Beans の可愛いピンク模様は茹でると消えてしまうのだ。えー。。(涙)


温野菜とキヌアのサラダ(Miyukiさん直伝)。キヌアの茹で汁とほんのりバルサミコ酢のマリネが野菜の味を引き立ててお気に入り。目的の Cranberry Beans、色による演出は諦め。探し出してこりこり噛むと確かにナッツっぽい味がして、食感的にもいいアクセント。黄色のさやいんげんも緑よりクリーミーで優しい味なんだ。

Dinner Party


でも、うちでさやいんげんを食べるのは私だけ。独り占めできるのは嬉しいのだが、数本単位で買うと数セントのお会計、、、
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-07-09 02:47 | アメリカの野菜

No.664 赤い野菜 ビーツ(Beets)

少し前になんちゃって野菜好きになった夫がはまっていたビーツ(Beets)。重さ単位じゃなくて束単位で売ってるとつい大きいのを買いたくなるんだけど(貧乏性)、ビーツは大きくても3インチ(約7.5cm)くらいまでが美味しいらしいので、ぐっとこらえて小さい子を選ぶ。

Beets


調理方法は、茹でたりオーブンでベイクしたり。カリフォルニア料理の創始者と名高い Alice Waters (アリス・ウォーターズ)女史のレシピ本では、底に0.5cmほど水を張った耐熱皿にビーツを置き、アルミホイルでしっかり密閉して350F°で40分から1時間ベイクする方法が紹介されているけれど、個人的には茹でてもあまり変わらない気がする。なので、気が向いたときの方法で調理。ビーツ初めて編はこちら



-+-+-

まずは、yukinkoroさんのブログで見て心ときめいたビーツのスープ。ラブリー!かわいい☆思わずレシピをお伺い。普通の野菜スープと違ってビネガーやサワークリームが入ってるので、酸味がビーツの甘さを適度に相殺。ところがサワークリームがうまく溶けずまだらになってしまい。精進。

Beet Soup


お次はロシアやウクライナの伝統料理ボルシチ。牛肉は臭みを取って旨みを閉じ込めるため塩を振って一晩寝かせ(赤ワインに漬けてもよい)、じっくり根気よく3時間煮る。野菜を投入して更に1時間。その間にビーツを茹でておいて、最後の5分でビーツを投入。1回目はきれいな赤が出なかったけど、再挑戦の2回目は鮮やかな赤に。(5分以上煮ると色が悪くなるそう。)ビーツの他に冷蔵庫に残った野菜がてんこ盛り。ビーツの甘さがスープにも溶け出して美味しい。たっぷりのサワークリームも忘れずに。

Borscht (Beets)


Miyukiさんのブログで見かけたレストランのビーツサラダを見よう見まねで再現。ビーツを食べてみたいという友人のために赤ビーツとゴールデンビーツの両方を用意。グリークヨーグルトに、ホースラディッシュ、ブラウンシュガー、レモン汁などをあわせてソースにする。ホースラディッシュ?と驚きだったけど、調べると実は甘いビーツと辛いホースラディッシュは定番の組み合わせみたい。

Dinner Party


今回の目玉商品。今まで捨てていたビーツの茎と葉をお浸しに。茎を食べた瞬間夫と2人言葉を失い、思わず噴出す・・・だって、茎まであののビーツの甘さ!(笑)葉は普通の葉物なんだけど、茎部分は食感は蕗みたいなのに味は甘いなんて。本当に思わず笑っちゃう。醤油で辛めに煮詰めたのもいい端休めに。これまで捨ててたなんてもったいなーい。

Beet Leaves



いろいろ試したけれど、ローストして、オーガニックなら皮ごと、塩こしょうだけでシンプルに食べるのが実は一番好きだったりする。いつも皮をむく前に調理してしまうから、今度は生でもちょっぴりかじってみたい。ビーツは赤い汁が取れにくいので倦厭しがちだけど、慣れてしまえば美味しい野菜。色がつきにくい黄色いゴールデンビーツもあるけど、味の濃い赤ビーツのほうが断然好き。面白いなあ、アメリカの野菜。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-04 00:40 | アメリカの野菜

No.651 春の到来 Green Garlic

ファーマーズ・マーケットでグリーンガーリックを見かけたら春の到来の兆し。
"At the farmers' market, green garlic's appearance is the first glimmer of spring."
(by San Francisco Chronicle - The Food Section)


・・・そんな殺し文句言を読んじゃったら買わずにはいられないでしょ。グリーンガーリック(Green Garlic)。リーク(Leek)のような細長い茎と柄、白に紫の縞が入った根を持つ春野菜。最終的にはいわゆるドライガーリックに成長するんだけど、早い段階で収穫することでよりデリケートでマイルドなガーリックテイストを楽しめる。グルメな地カリフォルニアや美食家の間では、春にしか食べられない旬の野菜として人気が高いんだそう。

で、探しに行ったところ、ようやくグローサリーストア Sigona's と Whole Foods で発見。

St. Patrick's Day

←左が Sigona's で "Spring Garlic" と売られていたもの。
→右が Whole Foods で "Green Garlic" と売られていたもの。
Green Garlic は、別名 Baby Garlic、Spring Garlic、Young Garlic、Garlic Shoots とも呼ばれると聞いていたけれど・・・本当に同じもの?根っこは成長したのかなぁと想像できるけど、Spring Garlic の茎の部分は Leek というより Green Onion。うーん、ま、いっか。おそらく一般的に正しいのは右側。



グリーンガーリックは、通常のガーリックが使われているレシピなら代替品として何にでも使える。今回試したのは、先日サンフランシスコのGreensで食べた絶品ポテトパンケーキ。材料から想像して、じゃがいもを摩り下ろし、みじん切りにしたグリーンガーリックと粉チーズと小麦粉を混ぜ合わせ、少なめのオリーブオイルでこんがり焼く。おぉ。これまで何度か玉ねぎとガーリックで代用してたけど、今回のが一番 Greens のに近くて美味しい。サワークリームやブルーチーズのソースを添えようかとも思ったけれど、グリーンガーリックの風味を楽しみたくて何もつけずにこのまま。ほのかなガーリック風味。もっちりと、何もつけなくてもうまい。自画自賛。

Green Garlic


お次は中華風。みじん切りにしたグリーンガーリックと生姜をごま油で炒め、水、鶏がらスープの素、酒、塩、こしょうで味付け、水溶き片栗粉でとろみをつけて、茹でたブロッコリーにかけただけ。薄味の中にほのかなガーリック風。ブロッコリーそのものの味も引き立ててくれる。これもいい。

Green Garlic Sauce



ちなみに、私は大のガーリック好き。味がマイルドになるのはどうよ?と思ったけどそんなことはなく。グリーンガーリックにはグリーンガーリックの優しい美味しいさがあり、大ファンに。オムレツ、ポテトスープやアスパラガスのスープ、野菜炒め、パスタソース、ピザのトッピング、サラダのアクセント、ディップ、アイオリ、ドレッシング。何でもなんでも使えちゃいそう。春限定のぜいたく品。しばらくガーリックの代わりに使ってみよう。

-+-+-

グリーンガーリックの選び方、保存方法、料理方法などはこちら。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-03-26 03:51 | アメリカの野菜

No.611 カラフルなジャガイモ(Colorful Potatoes)

「中まで黒い!」と聞いて一度使ってみたかったパープルポテト。今回は Trader Joe's の3色ポテトで、RedGoldPurple

Colorful Potatoes


スパッと切ると本当に濃い紫色☆

Colorful Potatoes


オリーブオイルとローズマリーでシンプルにベイクドポテト。カラフルなだけでちょっと豪華なおもてなし料理になるから嬉しい。パープルポテトは他のに比べて味が濃厚な気がする。

Crab Party



Gold (Yukon Gold)はオールマイティ。ベイクでもローストでもマッシュでも使えるので、うちでは定番。Red は、でんぷん質(Starch)が少なく糖度が高いので、茹でてポテトサラダにしたりグラタンに最適。Purple (別名 Blue Potato)の鮮やかな紫色には、ブルーベリーと同様、抗酸化物質(antioxidant)が多く含まれているんだそう。クリーミーな味と食感が特徴。フライやベイクしたポテトチップス、紫のマッシュポテトにすると鮮やか。生の状態のほうが紫色は鮮やかだけど、調理しても色は保たれる。



で、マッシュポテトにしてみた。ベイクドポテトより味の濃厚さを感じる。何よりとってもクリーミー!オレンジ色のカボチャと組み合わせれば、ハロウィン料理に使えそう。でもこれ、紅芋アイスみたい(笑)

Colorful Potatoes


おまけ。残った Yukon と Red と塩豚で塩味の肉じゃが。んまっ♪ 食卓も華やかになりますな。

Colorful Potatoes


余談。
Trader Joe's のカラフルポテトはちょっと傷みが進んでいました。ネットに入っているので難しいけれど、よーく選んだほうがいいかも。見た感じは Whole Foods のほうが新鮮。Fingerling Potato も入ってたので(結構好き)、次回は Whole Foods のを買ってみよう。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-01-09 17:06 | アメリカの野菜

No.565 かき出す作業が楽しい!スパゲティ・スカッシュ(Spaghetti Squash)

ずっと興味があり、ようやく手を出した野菜、スパゲティ・スカッシュ(Spaghetti Squash)。なぜスパゲティとネーミングされるかはすぐに判明する。日本では金糸瓜(きんしうり)とかそうめんかぼちゃと呼ばれるそう。(教えてくださった皆様、ありがとうございました。)

f0097972_14314115.jpg


ウリのようなスカッシュを半分に切ると、中はカボチャのような種とぬるっとするスジ。これを取り除いて、オーブンあるいは電子レンジで加熱。どちらでも変わらない気がする。個人的には水分が飛ぶような気がしてベイクのほうが好き。(茹でる方法は今回試さず。)

f0097972_1432815.jpg


柔らかくなったスパゲティ・スカッシュをフォークでかきだすと・・・面白いようにスパゲティのように実がほぐれる!この作業、子供の工作みたいでかなり、かなり楽しいっ☆

f0097972_143233100.jpg


-+-+-

まずは王道でアメリカのレシピよりオーブン焼き。玉ねぎ、トマト、マッシュルーム、カッテージチーズ、モッツアレラチーズ、ハーブなどと和え、オーブンでこんがり焼く。見た目がどうも美味しそうじゃないのに、見た目に反してなかなか美味だった一品。スパゲティ・スカッシュ自体にそれほど際立った風味がないので、トマトやチーズにすごくよく馴染む。おもてなし料理に使えそう。

Cooked Spagetti Squash


お次は炒め物。冷蔵庫掃除も兼ねて、ほうれん草、玉ねぎ、ベーコンと一緒に鶏がらスープの素で炒める。水分がなくなるまで炒めると、まるでビーフンみたい。うまみをしっかりまとってくれて、個人的にはかなりお気に入り。

Spagetti Squash


そのままサラダとしても食べられるらしいので、こちらも冷蔵庫の残り物を盛って盛ってほうれん草とスパゲティ・スカッシュのサラダ。(盛り方にセンスがないのはご愛嬌。)ドレッシングは醤油ベースの和風。悪くないけど、個人的には炒めたりベイクしたりしたほうが好み。

Spagetti Squash


最後は意外な組み合わせで酢の物。三杯酢で和えるだけ。これがかなりヒット。酢にすごく馴染むし、しゃきしゃきの歯ごたえにはまる。

Spagetti Squash



私は最初の2品、夫は後半2品がよかったと意見が分かれる。三杯酢は2人ともいいねぇと。アメリカではシンプルにお気に入りのパスタソースで和えて食べるのが主流らしい。和風や中華風のあんかけ出汁をかけてちょっと温めただけでも、味が馴染んでなかなかいける。

とまぁ、びっくりするくらいどんな料理にも使える。特にトマトや味のしっかりした調味料との相性がいい。こんな便利な野菜を今まで見逃していたとは。なんてったって、フォークでかき出す作業が痛快で面白い!まだまだ取れる~♪ ざくざく取れる~♪ 子供も喜んでお手伝いしちゃいそう。でも・・・、一玉買うと、夫婦2人では使い切るまでが大変。


-+-+-

スパゲティ・スカッシュの選び方、保存方法、料理方法などはこちら。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-10-12 14:35 | アメリカの野菜

No.502 芽が出ちゃった!ひよこ豆(Chickpeas、Garbanzo Beans)

夫は豆が好きではなくて(納豆と枝豆とあんこは大好き)、これまで豆を使った料理を作らなかったんだけど、最近野菜でも何でも少しずつチャレンジしてくれてて(子供かいっ)、今回はとうとう

最初に手を出してみたかったのはひよこ豆。ひよこ豆は英語で chickpea (チックピー)、スペイン語も有名で garbanzo bean (ガルバンゾ・ビーン)という。茹でて缶入りのも多いけど、せっかく初めてだから量り売りの乾燥ひよこ豆で。水につけて一晩置き、鍋に移して弱火でことこと1~2時間煮ると柔らかくなる。

一晩つけた後、水を切って3~4時間放置しておいた。すると、、、えぇ、芽が出てる?!

Sprouted Chickpeas (Garbanzo Beans)


え、え、いいの?これで。焦って調べた結果、ひよこ豆はこうして発芽した状態のほうが栄養価がぐんっと上がるそうで(発芽のパワーがみなぎるってこと?)、あえて発芽させて食べる人もいるみたい。

Sprouted Chickpeas (Garbanzo Beans)


生命の神秘なり。ガルバンゾ。
そして、缶詰にはないしっかりした歯ごたえと味わいがあって美味しかったぁ。
(缶詰食べたことないくせに。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-07-12 09:13 | アメリカの野菜