カテゴリ:日本( 34 )

No.678 United Airlines の特別機内食 Kosher 編

不味いことで有名な United Airlines の機内食。(ジャンク好きの私たち夫婦はUAの機内食でさえ食べられれば満足してるんだけど・・・。)そんな機内食でも、特別食の Hindu (ヒンズー)と Kosher (コーシャー)は美味しいとmmtさんの奥様に伺い、今回はコーシャーにチャレンジ。

コーシャー(Kosher)とは:
ユダヤ教の食事規定で食べてよい食品、また食事律法に合致した作り方をした食品のこと。ユダヤ教の聖書によると、豚、ウサギ、ラクダ、塩漬け肉、甲殻類(エビ、カニ)、貝類、タコ、イカは食べてはいけない。血も食べてはいけない。また、牛肉と乳製品を同時に食べるのは掟に反する。(チーズバーガーみたいなのはNG。)野菜に関する規定はない。厳密な規定はもっともっと難しい。


さて。お食事タイム。

コーシャーの夕食:
牛のグレービーソース、マッシュポテト、グリンピース、パン、フルーツ、フラットブレッド(クラッカー)、チョコレートパウンドケーキ
なるほど。機内食なのにとても丁寧に調理されてる感じ。味つけがすごく薄味でシンプル。(個人的には少し塩こしょうをふりたくなる。)油っこくなくて素朴で美味しい。パン用バターは無塩。ただデザートは美味しくない。ぼそぼそぱさぱさ、甘くない。フルーツも美味しくない。クラッカーも味なし。

In-flight Meal (Kosher)


一般の夕食(夫):
ビーフシチュー、マッシュポテト、ベジタブル、パン、サラダ(Ranchドレッシング)、ブラウニー
コーシャーを食べた後一般食を口にすると、びっくりするくらい味が濃い。特にバターと油。野菜もバターソテーが鼻につく。デザートは激甘アメリカンブラウニー。そうこなくちゃ。(ん?)

In-flight Meal (Regular)



コーシャーの朝食:
チェダーチーズオムレツ、ベイクドポテト、フラットブレッド(クラッカー)、フルーツ、ブルーベリーマフィン
このオムレツの卵も、塩もこしょうも何にも入ってないんじゃない?というくらいシンプル。油っこさも全然なく。ポテトも芋の味しかしない。やっぱりフルーツとマフィンは不味い。。味のないクラッカーは毎回出てくる。

In-flight Meal (Kosher)


一般の朝食(夫):
ペンネ・ポモドーロ、ヨーグルト、ショートブレッド・クッキー
見たままの味。アメリカーンな冷凍食品。

In-flight Meal (Regular)


そんな訳で、私はまぁ満足。夫は一般食がいいと言う。いつもと同じ機内食に飽きたら(飽きるよね、、)特別食を頼んでみるのは十分あり。コーシャーやヒンズーの他には、ムスリム、ベジタリアンやアジアン・ベジタリアン、ローファット、ローカロリー、糖尿病食やグルテンフリーなどがある。次回はヒンズーにチャレンジ!・・・と、美味しいお食事の日系ビジネスクラスになんて乗れない平民の悪あがきでした。他社でもあるんでしょうね、特別機内食。

ただし、私はどう見てもヒンズー教徒やインド人には見えませんがね。



※これらの特別食は一般食より先に配られます。
※コーシャーは「清浄食品」と呼ばれるだけあって、一度も使ったことのない食器、2重3重の包装が徹底されていました。(開けるの大変だったよ、骨折してるのに。)
※行きと帰りで別の特別食を頼むことも出来るそうです。

-+-+-

特別食(Special meals)のリクエスト方法。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-21 08:54 | 日本

No.668 2009年日本 その六:食

日本帰国の最大かつ至福のモチベーションのひとつ。それはもちろん、 emoticon-0165-muscle.gif


-+-+-

■ 神田まつや@神田
何年振りだろう、『神田まつや』。『かんだやぶそば』よりこちらが好きで、この蕎麦に再会する日を恋焦がれ恋焦がれ。
神田まつや

シンプルに蕎麦だけででてくるのが「もり」。もりに海苔と山葵がついてくるのが「ざる」。歯ごたえのある手打ち麺。江戸前風の濃いつゆ。ここで日本酒が飲めれば通なんだろうけれど。絞めはもちろん蕎麦湯。あああでも、ここを食べるとやっぱりやぶも食べたくなる。
神田まつや



-+-+-

■ ラーメン
一方、夫の帰国時の何よりの楽しみはラーメン。今回は松山2軒、徳島2軒、東京2軒。少なかったね。

久留米とんこつラーメン 松山分校@松山
久留米とんこつラーメン 松山分校

熊本黒豚骨 バリうま堂@松山
熊本黒豚骨 バリうま堂

中華そば いのたに@徳島
中華そば いのたに

支那そば 巽屋@徳島
支那そば 巽屋

六角家@横浜
六角家

めん徳 二代目 つじ田@麹町
めん徳二代目 つし?田

結果。夫ベストラーメン in Japan は、『六角家』と、(今回は行けなかった)『斑鳩』となったらしい。その熱意、あっぱれ。私も次回は蕎麦6食だ。



-+-+-

■ 大黒うどん@松山
松山に帰ったら絶対外せない!と、毎回豪語。讃岐うどん屋、『大黒屋』。このコシは本場香川にも負けない。松山にお越しの際には是非。
大黒屋



■ じゃこてん@松山
じゃこ天がローカルな食べ物だということを、松山を離れて初めて知った。揚げたてのじゃこてんに醤油をちびっと。最強です。(松山では「じゃこてん」とひらがなで書くことが多い。)
じゃこ天



■ フォアグラバーガー@麻布
夫が会社の同僚に連れて行ってもらったらしい『California Grill YOSHI』コース料理のメインディッシュ。 食べ切れなかったんだって。歳だねー(笑)
フォアグラバーガー



■ 大和寿司@築地
私は行けなかったんだよね、、しくしく。体調崩してさ、、しくしく。数年に一回のチャンスなのにー。。。夫の胃にすっぽり納まったであろう寿司たちの写真に涙。
築地市場



■ スーパーショートケーキ&スーパーチーズケーキ@赤坂
知る人ぞ知る、ホテルニューオータニ『Satsuki』の1個1000円する高級ケーキ。今回で2回目だけど、どうしてもこの価値観が見出せない。(もう食べない。)
Satsuki



■ 明太子カルボナーラ@タパスタパス
帰国前日に、「どうしても日本のパスタが食べたい」という夫の希望で。こんなチェーンのパスタ屋さんで、このクオリティのアルデンテが出てくるんだもんなぁ。偉大なり、日本。
Tapas Tapas



■ ルフレーヴ祭り@pinkんち
※あ、もりー顔丸出しだね。ま、いっか。ははん。
ワイン好きの友人宅で頂いた世界最高峰のシャルドネのひとつ、ドメーヌ・ルフレーヴ(Domaine Leflaive)。もう、感動。。上品で複雑で濃厚でミネラルがあって。どんだけ深いんだ、ルフレーヴ。カリフォルニアでこのシャルドネには絶対出会えない。ルフレーヴを教えてくれたのも、初のルフレーヴを飲ませてもらったのも彼女。感謝の言葉もありませぬ。ありがとう pink!
ルフレーブ祭り






日本でもアメリカでも食に手抜きなしっ。次回の帰国も、まずは食の調査計画立案から。

Kaiten SushiKaiten SushiKaiten Sushi豆富料理 八かく庵豆富料理 八かく庵豆富料理 八かく庵はなまるうどん白いたいやき漱石内子内子内子橙橙橙ワカメ祭りたけのこ祭り讃岐うどん讃岐うどん讃岐うどん祖谷美人祖谷美人祖谷美人祖谷美人祖谷美人居酒屋 大吉居酒屋 大吉居酒屋 大吉居酒屋 大吉居酒屋 大吉別邸 朧月夜別邸 朧月夜別邸 朧月夜別邸 朧月夜ヒレカツ酒彩 羽々和築地市場神田まつや神田まつやANA Lounge
※写真はクリックすると大きくなります。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-09 15:26 | 日本

No.667 2009年日本 その伍:四国旅行 高知桂浜

3日目の午後、徳島を後にし、高知へ向かう。四国一周旅行だけに高知最南端の足摺岬(あしずりみさき)まで行くことも考えたけど、移動時間のわりに何もないと聞き(・・・)、あっさり却下。

四国旅行
3日目:高知県(四国の左下) ドライブコース:緑のライン




■ 桂浜
桂浜です。

桂浜

竜馬です。

桂浜

まぁとにかく、観光客のおばちゃんばっかり。



■ 土佐犬
桂浜観光センターの中に土佐闘犬センターがあったので立ち寄ってみる。すごい・・・、本当にこんなところで戦うんだ。

闘犬

初めて見る土佐犬。で、でかい・・・。この姿勢で私の胸の高さくらいある。日本犬には他に類を見ない筋肉マン。大きな犬は100kgを超えるらしい。皮膚は戦って咬まれても大丈夫なように弛んでいるとか。(ちなみに、土佐犬はかの獰猛なピットブルと同様「危険犬種」として、ペット飼育の規制対象に指定している国もあるんだそう。)

闘犬

でも、戦わなければかわいい。人懐っこい。ギプスが臭いのか、ギプスに異様なまでの興味を示された。(ただしこいつ、この大きさでまだ生後8ヶ月の子犬。。)

闘犬



■ はりまや橋
お約束のはりまや橋を見て、"土佐のぉ~高知のぉ~はりまや橋で、坊さんかんざしぃ、買う~を見たぁ~、よさこ~い、よさこい"。(と歌えるのは四国人だから?)

はりまや橋



■ 土佐の鰹
夜になるのを待ちに待って。だって高知を訪れた目的は、そう、土佐鰹!4月はたたきに最適な初がつおの季節。友人お薦めの居酒屋『大吉』で頂いたのは、待望の鰹の塩たたき!通常、もみじおろしやポン酢で食べる鰹のたたきを、シンプルに塩で食べる一品。香ばしく焼けた皮、旨味が閉じ込められた肉厚な身、適度な脂が乗った初がつおを贅沢に塩で。うんまーい♪

居酒屋 大吉

他にも、人気メニュー粗びきイカ団子やおこぜのたたき、高知名物くじらカツ、鰹のちちこ煮付(心臓)などなど。ビールも焼酎も進む幸せな宴。高知に来てよかったぁぁぁ。(mikiちゃん、感謝!)

居酒屋 大吉 居酒屋 大吉 居酒屋 大吉
居酒屋 大吉
高知県高知市帯屋町1-15-13


-+-+-

翌日は、西日本最高峰の石鎚山(1982m)の、車でもっとも近寄れる石鎚山小屋に立ち寄り石鎚山を拝み(登山にはまだ寒く、閑散としてて寂しかった、、、)

石鎚山


石鎚スカイラインをうねうねと帰ってきたのでした。

四国旅行
4日目:愛媛県(四国の左上) ドライブコース:紫のライン




と、まぁ、「香川で讃岐うどんを食べ」、「徳島で徳島ラーメンとでこまわしと祖谷そばを食べ」、「高知で鰹とくじらを食べる」という大軸に、観光名所をくっつけて計画された四国一周旅行は無事終了。

次回は、日本最後の清流といわれる四万十川(高知)、瀬戸内海に浮かぶ直島(香川)にある、島全体が美術館のようなアートな空間の中に建てられた人気のホテルに行ってみたい。是非両親を連れて、ね。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-08 09:42 | 日本

No.666 2009年日本 その四:四国旅行 徳島鳴門祖谷

2日目、3日目午前中は徳島。四国四県の中では一番地味なイメージなのに(徳島関係者の方がいらっしゃったらすみません。。。)実は見所満載の素敵な県だった。

四国旅行
2日目:徳島県(四国の右下) ドライブコース:オレンジのライン




■ 徳島ラーメン
徳島ラーメンってご存知ですか?(ベイエリアの方はMitsuwaの隣にあった『どへんこつ』(現:香風)でご存知かも。)茶色い豚骨醤油スープに、甘辛く煮込んだ豚バラ肉、そして生卵が特徴。

今回訪れたのは名店『いのたに』と『巽屋』。『いのたに』が新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店した事で、全国的に徳島ラーメンが知られるようになった。四国育ちの私は甘辛い豚骨って好みなんだけど、横浜家系をこよなく愛する夫のストライクゾーンにははまらなかったらしい。『いのたに』はしっかり濃口豚骨醤油、『巽屋』は色は濃いけどさっぱり系。『いのたに』に軍配。

中華そば いのたに



■ 鳴門の渦潮(なるとのうずしお)
ぐるぐる渦潮。日本では一番速く、世界でも3番目に速い潮流が、狭い鳴門海峡でぶつかって渦になるんだそう。最も大きい渦が見れるのは満潮と干潮の前後2時間。(満潮干潮ぴったりでないところがポイント。)

鳴門の渦潮

鳴門の渦潮を見る絶好の場所、『渦の道』。渦の道は、大鳴門橋(おおなるときょう)の橋げたに設けられた遊歩道。床の一部がガラス張りになっていて、海上45mから渦潮を見下ろせる。夫は決して近寄ろうとせず。楽しいのにー。(←いぢわる。)

鳴門の渦潮



■ 祖谷の郷土料理
徳島の内陸、祖谷渓(いやけい)にある8室限定の隠れ宿『祖谷美人』に宿泊。祖谷の郷土料理に舌鼓。鮎の塩焼きと名物でこまわし(祖谷こんにゃくや豆腐にゆず味噌を塗って焼いたもの)は囲炉裏端で。(※写真の色が怪しいけれど、本物の炭の囲炉裏端。)

祖谷美人

その他、川魚ヤマメの刺身、絶品山菜7種の天ぷら、そしてぼたん鍋!(ぼたんとは猪の肉のこと。子供の頃食べたよー懐かしいー。)最後は名物祖谷そば。視覚も味覚も雰囲気も大満足。

祖谷美人 祖谷美人 祖谷美人



■ 祖谷のかずら橋(いやのかずらばし)
翌日は、日本三大奇橋のひとつであり国の重要文化財にも指定されている祖谷のかずら橋。山野に自生するシラクチカズラで編まれた吊り橋は、3年に1回張り替えられているんだそう。歩くたびにぎしぎしと揺れてスリル満点。

祖谷のかずら橋

渡し木と渡し木のすき間から見える渓谷。水面からの高さは14m。鳴門の渦潮に引き続き、ここでも夫は綱を死守。私は橋を(わざと)ぎしぎし揺らして夫に真剣に怒られる。

祖谷のかずら橋



■ 大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)
かずら橋から少し移動して大歩危・小歩危へ。四国山脈を横切る吉野川に削られた、ごつごつした岩々が5kmも続く景勝地。名物は川下り。日本一の激流と呼ばれる小歩危峡は、ラフティングの名所としても全国的に知られているらしいけれど、川下りはいたっての~んびり。

大歩危・小歩危





・・・と、海あり山あり盛り沢山の徳島。特に、切り立った祖谷の渓谷(祖谷渓)や大歩危・小歩危は、日本三大秘境にも数えられるだけあり、多くの外国人観光客や団体バスとすれ違った。(英語のガイドブックに載っているらしい。)渋谷や新宿だけでなく、こういう日本の自然を訪れてくれるのは嬉しい限り。また来たくなる場所でした。

祖谷美人
(宿『祖谷美人』から祖谷渓を臨みながら)

瀬戸大橋記念公園中華そば いのたに鳴門の渦潮祖谷美人祖谷のかずら橋祖谷のかずら橋大歩危・小歩危
※写真はクリックすると大きくなります。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-07 04:17 | 日本

No.665 2009年日本 その参:四国旅行 香川琴平

3泊4日で四国一周ドライブ旅行。1日目、愛媛を出発し、一路香川へ。

四国旅行
1日目:香川県(四国の右上) ドライブコース:青のライン




■ 琴弾公園(ことひきこうえん)
砂に描かれた「寛永通宝」。プレステの桃鉄ファンとしては拝んでおきたかったありがたいスポット。(琴弾駅に止まると「寛永通宝」がらみでお金がもらえるのだ。マニアック。)実物は、、、ふーんで終了。お金貯まりますように。

琴弾公園



■ 讃岐うどん
香川の一番の目的は讃岐うどん!(四国の讃岐うどんで育った私にとって、東京のふにょふにょうどんはアメリカのべちゃべちゃパスタに等しい。)今や香川県に1000以上あるという讃岐うどん店から厳選したのは、セルフ店の『なかむら』、製麺所の『山越』、セルフ店の『やまうち』。いずれも名だたる名店。

断トツで旨かったのは、『やまうち』の「しょうゆ」(茹でたての冷たい麺にだし醤油で食べる食べ方)。硬めに茹で上がったしこしこつるつるうどんは、噛めば噛むほど味がある。硬麺好きにはたまらない。だし醤油も旨い!どこの納屋?と思うような建物の中で、至福の一杯。

うどんを3杯も?と思うかもしれないけれど、讃岐うどんは天ぷらトッピングを入れなければさほど量は多くない。最初の2軒は夫と1杯を分けたし。次回もこしのある麺系『宮武』『山下』狙いで。『がもう』や『おか泉』も捨てがたい。(え、また行くの?by ラーメン命の夫)

讃岐うどん



■ こんぴらさん
「こんぴらさん」の愛称で知られる金刀比羅宮(ことひらぐう)。本宮までの785段の石段を登る。

こんぴらさん(金刀比羅宮)


最後のひとふん張り!最後が一番急勾配に感じる。ひー。でも、登った後の爽快感と眺めは最高。もう随分散っていたけれど、満開ならばさぞや桜の美しい名所。

こんぴらさん(金刀比羅宮)

こんぴらさん(金刀比羅宮)こんぴらさん(金刀比羅宮)こんぴらさん(金刀比羅宮)こんぴらさん(金刀比羅宮)こんぴらさん(金刀比羅宮)こんぴらさん(金刀比羅宮)こんぴらさん(金刀比羅宮)
※写真はクリックすると大きくなります。


夜は琴平の老舗旅館『琴参閣』で舌鼓。

琴参閣



■ 瀬戸大橋
翌日ちょこっと瀬戸大橋を見物。岡山県倉敷市と香川県坂出市を結ぶ本州四国連絡橋のひとつ。20年前に開通したときは大ニュースだったのに、通行料が高くて閑散としてる雰囲気。。なんと、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジと姉妹橋提携を結んでるんですって。びっくり。

瀬戸大橋記念公園

徳島へ続く。



+-+-+

讃岐うどん3店備忘録。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-06 02:05 | 日本

No.663 2009年日本 その弐:弟の結婚式

5つ年下の弟が嫁ぐという。もとい、嫁いでもらえるという。めでたい、めで鯛。

結婚式は、神前でもチャペルでもなく人前式。2人がみんなの前で誓いの言葉を述べ、みんながそれを拍手で認めるというもの。初めて出た人前式だったけど、こういうのもいいね。きみらしい。

Yoshinao's Wedding


披露宴も堅苦しくなく。みんな自由気ままに楽しんでる。私は懐かしい顔との再開の場。ただ、、、せっかくの色留袖もギプスじゃね。

Yoshinao's Wedding


小さい頃はいじめてばかり。よく泣かせて本当にごめん。会わない時間が増えてから、会うたびに見違えて大人になっていった。その成長は、眩しくもあり寂しくもあり。大切な唯一の弟。誰よりも幸せになってください。本当に嬉しそうな笑顔のお母さんが印象的でした。


-+-+-

めで鯛。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-05-02 06:28 | 日本

No.662 2009年日本 その壱:愛媛松山

故郷愛媛。「愛」と「媛」って暖かみのある字。

愛媛



松山城
松山の中心の小高い丘の上にあり、松山市内どこからでも見渡せるシンボル。桜の美しいお城として全国でも有名。

松山城

4月上旬、ぎりぎり間に合ったー♪ アーモンドの花じゃない本物の桜。

松山城 松山城 松山城



坊ちゃん列車
夏目漱石 『坊ちゃん』 に 「まるでマッチ箱のような汽車だ」 と登場する坊ちゃん列車。観光用に本当に走る。

Matsuyama

でも、市民の足として利用されているのは昔から変わらない路面電車。まだ木造が残っていて風情がありマス。小さい頃はよくお世話になりました。

Matsuyama 松山 松山



愛媛の鯛
愛媛といえば鯛。愛媛の鯛は本当に美味しい。身がしまってて適度な噛み応えがあり、ほんのり甘い。刺身はもちろん、煮付け、鯛釜飯、鯛そうめん、そして鯛茶漬け。鯛を食べに松山に帰ると言っても過言ではない。

橙

滞在中、幼馴染みが採れたてのわかめを、両親が彫りたての筍を持ってきてくれた。茶色いわかめを熱湯に入れると、一瞬でぶわっと鮮やかな緑色に!筍はシンプルに網焼きで。えぐみが残るけれどそれがまたよい。どちらも醤油と山葵、塩で十分。春満喫。

たけのこ祭り ワカメ祭り



ポンジュース
噂の蛇口を松山のデパ地下で発見!!!

噂の蛇口

残念ながらこの蛇口は期間限定イベントで設置されたもの。しつこいですが「愛媛の蛇口をひねるとポンジュースが出てくる」のは都市伝説です。

Matsuyama


人も景色ものーんびり愛媛。年を追うごとに好きになっていく。

-+-+-

道後温泉の様子は前回のブログにて。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-04-30 13:33 | 日本

No.660 2009年日本

実はしばらく日本に帰っていました。一番の目的は5つ下の弟の結婚式。両親や親戚、大切な友人とも楽しい時間を過ごし、四国一周旅行や東京お買い物も大満喫。の、はずだった。いや、満喫はしたんだけど。

日本帰国の前日にテニスで転倒。その状態で飛行機に乗り、痛みでほとんど寝られず、あまりに腫れと変色が引かないので日本の整形外科に行ったところ、左手首骨折が判明。あっという間にこんな状態。

骨折

作業は右手オンリー。不自由極まりない上に、親指&人差し指を動かすと痛みが走るので絶対安静。ギプスが通らないから持ち帰った服はまったく着れず、急遽ユニクロで袖口の広い服を購入。荷物もすべて夫に持ってもらうはめに。お箸すら割れない。


でも幸い、旅行中は家事をしなくていいからよかった。・・・しっかし、帰ってきてからが大変ですこと。鍵の施錠(いちいち荷物を下に置く)、運転(バックやウィンカー操作との格闘)、料理(皮がむけない、押さえられないから物が切れない)、ベッドメイキングに洗濯たたみ。すべての時間と右手の負担が倍。精神的にもイライラ。いやいや、世の中にはもっと体の不自由な人も多いんだ。右手じゃなくてよかったと思わなきゃ。いつかは治るんだし。

少しずつ、日本ブログ書いていきまーす。(忘れないように。)

-+-+-

臭い。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-04-29 03:02 | 日本

No.418 2008年日本 その六:日本を食い倒れる

長々と日本ブログにお付き合いいただきありがとうございます。最終回。


-+-+-

「この日のランチは何、翌日の夜は何」と、綿密な食スケジュールを作って帰国した食い気最優先の夫婦。

■ 讃岐うどん 大黒屋@松山
松山へ行ったらここは絶対!外せない。讃岐うどんの店、大黒屋。地元民でいつもいっぱい。お薦めは断然「大黒うどん」。しこしこつるつる、歯ごたえ十分の讃岐うどんに、天かす、錦糸玉子、刻み海苔がたっぷり盛られた冷たいうどん。絶品。天ぷらつき「特製大黒うどん」が最近登場。もう1つのお薦め「鯛釜めし」も、鯛のだしでかりかりおこげになった釜飯はやばいくらい旨い。帰省時には欠かせない一品。

Daikoku Udon - 大黒屋
大黒屋 道後店
愛媛県松山市道後喜多町8-21
089-925-5005



■ お好み焼き みっちゃん総本店@広島
広島のお好み焼き界の老舗。広島風お好み焼きといえば麺(そば)。ここのそばは私好みのカリカリ。お好み焼きのキャベツってどうしてこんなに美味しいんだろう。秘伝のたれにノックアウト。

Okonomiyaki - Mitchan
みっちゃん総本店
http://www.okonomi.co.jp/mitchan/



■ 回転寿司 がんこ@大阪
高級寿司ではなくどうしても回る寿司が食べたかったので、大規模寿司チェーンがんこの回転寿司へ。くるくるくる。乾きそうなネタは回らず直接オーダー。どんどんオーダー。穴子一本焼きとしめ鯖うまかったぁ。

Kaiten Sushi
回転寿司がんこ 心斎橋店
http://www.gankofood.co.jp/index.html



■ 焼肉 南大門@京都
日本といえば焼肉。ところが京都の夜は焼肉屋でさえいっぱい。そんな中、ホテルのコンシェルジュが見つけてくれたお洒落な焼肉店。ホルモン最高。タン塩最高。ユッケだって安心。でもね。夫ですら脂たっぷりのカルビはもう卒業らしい。

Korean BBQ
南大門 春夏秋冬
http://nandaimon.jp



■ 和風スコーン スターバックス@大阪
日本のスタバにはきな粉スコーンがあると聞いて以来、日本でスタバを見かけるたびにうずうずしていた。最終日前日、念願の「玄米きな粉小豆スコーン」をゲット。スタバのスコーン自体は特別美味しい訳ではないけれど、小豆ときな粉の組み合わせというだけで大満足。玄米の素朴なぼそぼそ感もいい。「黒豆ひじき赤味噌マフィン」なるものもあるらしい。全国どこでも手に入る。いいなぁ。いいなぁ、日本。

Azuki Scone with Brown Rice & Soybean Flour
スターバックス 玄米きな粉小豆スコーン
http://www.starbucks.co.jp/food/pastry.html




-+-+-

松山のタルトも大判焼きも大阪のたこ焼きも蓬莱の肉まんも宮島のあなごめし弁当ももみじまんじゅうもおばんざいも豆乳しゃぶしゃぶもとんかつも会席料理も日本のフレンチも心行くまで食べた。最終日の早朝、夫は1人松屋で牛丼も堪能。日本の食心残りなし!と思われたが、アメリカに戻って夫と反省会。

夫の心残りは、モスバーガーらしい。あのジューシーモスチキンが食べたかったと。

私の心残りは、コンビニ am/pm のふわふわレアチーズのデザート。社会人時代、時々無償に食べたくなってランチの代わりに食べてた懐かしの味。お腹がはちきれんばかりの焼肉の後でも買えばよかった。



何とも安上がりな食い倒れ夫婦ですが・・・(苦笑)
こうしてまた、次回帰国時の「食べ忘れちゃいけないリスト」が充実していくのでした。ちゃんちゃん。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-02-09 05:31 | 日本

No.417 2008年日本 その伍:ラーメン

ラーメン。日本が誇る食文化。
5杯食べました。久留米、博多、旭川、広島、大阪。ラーメン好きの夫は物足りなかったかもしれず。


■ 久留米満州屋が一番 とんこつしぼりラーメン@松山
地元に住む弟に「たいしたことないよ」と言われながらも向かったまつちかラーメンステーション。食べた瞬間、2人して沈黙。・・・旨ーっ!日本のラーメン、偉大。夫は始終「Not available in San Francisco ...」とつぶやきながら食べる始末。私はもともと久留米好き。こてこてとんこつスープにくどすぎない背脂。真っ白な細ストレート麺。100点。

久留米ラーメン 満州屋が一番

久留米ラーメン 満州屋が一番



■ 博多ラーメンちょうてん 博多とんこつラーメン@松山
久留米同様、豚の頭骨のみでじっくりだしを取る。香油入り。久留米に比べて博多のほうがシンプルな印象。個人的には久留米に軍配。でも、これでもベイエリアにあったら間違いなく通いそう。(夫、大きく頷く。)昔は感動しなかった一風堂や一蘭。今もう一度食べてみたい。

博多ラーメン ちょうてん

博多ラーメン ちょうてん



■ 旭川らぅめん青葉 醤油らぅめん@松山
期間限定で新横浜のラーメン博物館にも入っていたお店。(中野の青葉ではありません。)典型的な王道しょう油かつおだし。荻窪の二葉みたい。鰹節のいい香り。麺固めにして正解。豚骨しょう油が一世を風靡しても、この王道ラーメンだけは根強い人気だったよなぁと昔を懐かしむ。

旭川らぅめん 青葉

旭川らぅめん 青葉



■ 中華そば陽気 中華そば@広島
地元で根強い人気の店で、初の広島ラーメン。メニューは中華そばとむすび(2個)のみ。広島ラーメンってどんなもの?と興味津々だったが、これが旨い。系統でいえば豚骨しょう油。深みがすごい。コクがあるのにさっぱり食べられる。麹町のめん徳二代目つじ田と同じくらいの感動。もっと知名度が上がってもいいのに、広島ラーメン。

中華そば 陽気

中華そば 陽気



■ どうとんぼり神座(かむくら) おいしいラーメン@大阪
「何系?」と夫に聞かれるも、しょう油ともとんこつとも塩ともいえない不思議な味なのだよ。強いて言えば「野菜たっぷり甘い煮込みうどん系」。白菜をみりんと魚だしで煮込み、関西人が好きな甘めのスープに仕上げた感じ。好き嫌いは分かれるだろうけど、関西の人気店。渋谷、新宿にも進出中。

どうとんぼり神座

どうとんぼり神座



久留米 満州屋が一番(at まつちかラーメンステーション)
http://www.m-raumen.jp/manshuya.html
博多ラーメン ちょうてん(at まつちかラーメンステーション)
http://www.m-raumen.jp/choten.html
旭川らぅめん 青葉(at まつちかラーメンステーション)
http://www.m-raumen.jp/aoba.html
中華そば 陽気 ※サイトなし
広島県西区横川新町11-18 082-294-6722
広島県広島市中区江波南3-4-1 082-231-5625
どうとんぼり 神座(かむくら)
http://www.kamukura.co.jp/index.html
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-02-08 05:55 | 日本