カテゴリ:交通違反( 10 )

No.1002 二度目のトラフィックスクール縛り解禁

1年半前に交差点のカメラに激写された一時停止無視(Turn on Red を停止せずに曲がってしまった)。トラフィックスクールを受け、喪に服すこと1年半。ようやく再びトラフィックスクールに通うことが出来る身分になりました。

カリフォルニア州では、交通違反によっては日本のようにポイントが減点され(正確にはアメリカではポイントが加算され)、車の保険料が上がってしまうのだが、トラフィックスクールを受講すればポイントが帳消しになる。ところがこのトラフィックスクール、一度受けると18ヶ月間は再受講できない仕組み。つまり、18ヶ月以内にもう一度交通違反を犯してしまうと、ポイントを消すことは出来ない。


この18ヶ月間、いつにも増して慎重に運転。思わず黄色信号で交差点に入ってしまったときにはもうどきどき。もちろん18ヶ月を過ぎたからって違反していい訳ではありません。もう二度と捕まらないよう気をつけまーす。


-----

発端の違反(反省)ブログ:
赤信号無視 その1:激写
赤信号無視 その2:出頭
赤信号無視 その3:トラフィックスクールって?
赤信号無視 その4:トラフィックスクール受講
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-05-15 23:43 | 交通違反

No.802 赤信号無視 その4:トラフィックスクール受講

トラフィックスクールは受講期限が2ヶ月以内と決まっているので、英語力的に夫が「代わりに受けてやろうか」と言ってくれたけど、こういうところは堅物な私。ちゃんと自分で受けました。(当然だろ。)しかも結構真剣に。どのオンラインも似たような感じでしょうが、一応ご紹介。



■ オンライン・トラフィックスクール 『Safety-USA』

インターネットで評判のよさそうだったオンラインのトラフィックスクール Safety-USA。受講料24.95ドル。想定受講時間は合計274分、約4時間半。(ただし、私は倍以上の時間がかかりました。ええ。)

  Introduction 5 min
  Lesson 1   15 min
  Lesson 2   24 min
  Lesson 3   40 min
  Lesson 4   20 min
  Lesson 5   15 min
  Lesson 6   20 min
  Lesson 7   45 min
  Lesson 8   40 min
  Lesson 9   15 min
  Lesson10   35 min
  Final Quiz

各レッスンは、「Perception Skills for Safe Driving」、「Defensive Driving」、「Driving Emergencies」、「Alcohol & Drugs」といったような章立て。ドライバーズライセンス番号でログインし、中断したければ次回はその続きから再開できる。



文字だけでなく、画像やアニメーションも盛り込んで、退屈させない工夫。
f0097972_7595936.jpg


音声ビデオは Transcript 付きなので文字を追いながらでも見れる。
f0097972_804395.jpg


ビデオの後に「Were You Watching Closely? (ちゃんと見てましたか?)」クイズが時々出題される。ビデオ中のトラックの色は何色?など、交通ルールには関係ないビデオをちゃんと見てないとわからないクイズ。間違えるとビデオの画面に逆戻り。
f0097972_81220.jpg


各レッスンの最後に数問の小テストがあり、これも間違えると該当ページに逆戻りするけれど、次に正解すれば問題なし。
f0097972_812824.jpg



さて。最後の修了テストは25問中20問以上正解しなくてはいけない。「3回まではトライできる」と書いてあったけど、4回以上失敗したらどうなるかは書かれておらず。。テスト時間は無制限。小テストと違い、修了テストは正解不正解が一問一問表示されず、自分が今何問間違えたかが分からない。もうどきどき。

25問解き終わり、終了ボタン。・・・合格!思わずガッツポーズ そして安堵のため息。22問正解。危なかったぁ。(酔っ払いながら見てたレッスンもあったからなー、、)
f0097972_815497.jpg



感想。
運転中はどんなことを予測すべきかとか、2台前のブレーキランプまで注意して急ブレーキを予測するとか、トラックの死角は非常に大きいのですぐに追い抜かすべきとか、滑ったときはどうハンドル操作すればいいとか、実際事故にあったら何をすべきかとか、1台追い抜かしても1回信号で止まっても目的地までの時間はたかだか20~30秒しか変わらないとか。

細かい制限値や標識などの交通ルールではなくて、事故を避け、安全に運転するための Tips がメイン。DMVハンドブックとはまた違い、改めて見直すことも多く、正直とても勉強になりました。



-+-+-

数日後、Safety-USA から受講証明書(Certificate of Completion)が送られてきた。これを先日の裁判所に郵送すればよいのだけれど、アメリカの郵便事情を考えて、直接裁判所まで持っていった。ふーーー、終わりました。

これからは本当に気をつけます。少なくともあと18ヶ月間は。おい。



Safety-USA
http://www.safety-usa.com/
今回受けたトラフィックスクール。受講料$24.95。私は一字一句真面目に受けたのですごく時間がかかったけれど、すっとばせば他のトラフィックスクールと同じくらい短時間で終わるはず。(ならば受講料が安いほうがお薦め。)


以下、口コミで頂いたお薦めオンライン・トラフィックスクール。(2010年1月現在の情報です。)

Warp Speed Home Study
http://www.warpspeedhomestudy.com/
受講料$13.95。質問は4択で間違ってもブラウザの「戻る」ボタンでもう一度その質問に答えられる。手早く進めば30分程度で終わる。詳しくはぴろりんさんのブログで。

Happy Traffic School
http://www.happytrafficschool.com/
受講料$14.45。集中してやれば2、3時間程度で終わることも。最後のテストは受かるまで何回でも受けられる。

Ticket Toaster
http://www.tickettoaster.com
受講料$14.95(ただしプライスマッチしてくれる)。説明・質問も明快で、時間あまりかからず。支払いは全て終了してから。サポートもよい。

GoodByeTicket.com
http://goodbyeticket.com/
受講料$19.95(キャンペーンで$14.95)。文章を読まずクイズ解いても、間違った問題だけ解き直せ、全問正解するまで何回でもやり直せる。10分程度で終わることも。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-01-17 08:11 | 交通違反

No.801 赤信号無視 その3:トラフィックスクールって?

トラフィックスクール(Traffic School)とは。

カリフォルニア州では、交通違反によっては日本のようにポイントが履歴として残り、そうすると車の保険料が一気に上がってしまうのだが、トラフィックスクールを受講するとポイントが帳消しになるという有難い制度。
※飲酒運転(DUI)や特殊車両免許での違反の場合は、トラフィックスクールで帳消しにすることはできず、記録として残る。また、トラフィックスクールは一度受けると18ヶ月間は再受講できない仕組み。つまり、18ヶ月以内にもう一度交通違反を犯してしまうと、ポイントを消すことは出来ない。


トラフィックスクールには、会場に行って受講するタイプとオンライン受講の2種類がある。会場受講は1日缶詰になる一方、オンラインだと自分の都合のいい時間帯に少しずつ分割して受けられるメリットがある。通常オンラインのほうが受講料も安い。
※トラフィックスクールを受ける場合、裁判所に払う登録料(Administration Fee)に加えて、トラフィックスクール自体に支払う受講料(Registration Fee / Enrollment Fee)が必要。


ただし、カリフォルニア州の中でもカウンティによってオンライン受講を認めていないところもある。前回捕まったカラベラス郡(Calaveras County)はオンライン受講が認められていなかったけれど、今回のサンマテオ郡(San Mateo County)はどちらも認められているので、今回はオンラインで受けることに。評判のよさそうなオンラインのトラフィックスクールをインターネットで調べ、Safety-USA というところに決定。


会場受講のトラフィックスクールはカリフォルニア州の法律で400分(休憩・食事含めて約8時間)と義務付けられているが、今回の Safety-USA の想定受講時間は合計274分(修了テスト除く)。他のオンラインスクールが同じ時間かどうかは不明。
※ただし私の場合、英語力が低いため、ほぼ倍、いや倍以上の時間がかかりました。しくしく。会場に受けに行ったほうが時間的には短かったってことね。


そんな訳で、オンラインのトラフィックスクールの様子へ、つづく。(お薦めのトラフィックスクール情報もあります。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-01-16 08:34 | 交通違反

No.800 赤信号無視 その2:出頭

赤信号無視の罰金減額のために裁判所へ出頭。今回指定されていたのは Redwood City にある裁判所。(サンマテオ・カウンティには他にも South San Francisco や San Mateo など何ヶ所か裁判所がある。)初の裁判所だけあって夫に同行依頼。むしろ夫は心配して(ネタで?)進んで同行を希望。

San Mateo County Traffic Court


朝8時半までに来るようにと指定があったので、8時頃訪れると、、、なんと長蛇の列。うわー、みんな交通違反ですか?寒空の中20分近く並び、少しは暖かい建物の中へ。建物の中も受付窓口まで長蛇の列。窓口の順番が来て、裁判官に会いに来たと告げると、裁判室を示される。裁判室のドアをぎぎーっと開くと、、、そこはまさに裁判所だった

Traffic Court

判事がいて、その前に1人ずつ呼ばれ、罪状と何をしに来たのかなどのやり取りが行われている。その光景を見た瞬間、夫「こいつ(私)にこれは無理。。焦」、私「あんな英語、無理無理無理。」とお互い目の前が真っ暗。

とはいえ引き返せる訳もなく、とりあえず待ち席に座る。

すると、あるタイミングで裁判官が全員に向かって、「ここに集まってる皆さんは、交通違反を犯したため来ています。素直に罪を認めれば、一律100ドル減額してあげます。また、自動車保険料値上がりを防ぐためのトラフィックスクール受講を許可してあげます。」おぉ!まさに天の声。認めます認めます。



様子を見ていると、多くの人が定型的なやり取り。
判事 「あなたはXXの罪を犯しました。認めますか。」
罪人 「認めます。(I do not contest.)」
判事 「トラフィックスクールへ通いますか。」
罪人 「はい。」
判事 「では、罰金(Bail)を100ドル減額します。今日払いますか。後日払いますか。」
罪人 「今日払います。」
判事 「では、7番窓口へ行ってください。」

そのやり取りくらいなら私でも何とかなるかも・・・(涙)



でも、当然定型的なやり取りではない人も。そもそも裁判所に出向く人の中には、自分は罪を犯してないから抗議する(裁判を起こす)人もいて、その人たちは裁判の日程を決めて帰っていく。ひえー。

例えば、「私はサンノゼに住んでいて、サンマテオまで車で来ることはほとんどないのよ。時々ルームメイトに車を貸すから、違反を犯したのはルームメイトだと思うわ。」とか。

他にも、こんな人もいた。
中国人 「ちゃんと右を見て左を見てもう一度右を見たんだよ。
判事 「で、止まったのか?
中国人 「No!」 おい!その自信たっぷり発言はなんだ!

アメリカ人女性 「罪は認めないけど、罰金は払ってあげるわ。」 えー。

聞いてる音楽がうるさすぎてつかまったアメリカ人もいた。
判事 「そのとき聞いていた曲名を覚えているか。
男性 「えー、覚えてないよ。ラップー。
判事 「それは残念だ。覚えてたらあと30ドル減額してやったのに。
これにはみんな爆笑。こんな風に、ネイティブっぽい人は時々判事にいぢられる。日本の裁判所でこんなフランクなやり取り、想像できません。

でも、あまりにも犯罪歴が多く、罰金も払わないため、牢屋へ行けと宣告されるシリアスな人も。

他に興味深かったこと。
・ヒスパニックの人は、希望すればスペイン語の通訳がついてくれる。
・罰金はローンのように分割形式で払うプランもある。
・罰金を払いたくない(払えない)人は、罰金額に比例してボランティア活動で代替できる。(かなり長時間だけど。)
・赤信号無視は400ドル超なのに、免許不携帯や携帯通話運転は50ドル程度。
・ポケットに手を突っ込んだままだったり、ガムを噛みながらの人は注意されてた。(当たり前だろ、、、でも何人も。)



そうこうしている間に私の名前が呼ばれる。雰囲気にも慣れた頃だったので、すたすたと判事の前へ。いぢられることもなく、難しい質問もなく、定型文「Yes(認めます)」「(支払いは)Today」で終了。罰金446ドル+トラフィックスクール登録料57ドル=計503ドルから100ドル減額で、403ドルになりました。来てよかった。



支払い窓口で再び長蛇の列。ここだけで40分くらい待った。(夫に先に並んでてもらえばよかった、なんて言えるのは、無事終わったから。)窓口ではクレジットカードで罰金を支払い、受講できるトラフィックスクールのリストと私の事件番号(Docket No.)をもらう。このドケット番号を使って、トラフィックスクール受講履歴を管理するのである。

さて、次はいよいよトラフィックスクールの巻。実は前科者です。つづく。


-+-+-

裁判所の住所「500 County Center, Redwood City, CA」はGoogle Maps では出てきません。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-01-15 07:38 | 交通違反

No.799 赤信号無視 その1:激写

昨年の年の瀬。最後の最後に、やってしまいました、交通違反。
サンマテオカウンティの裁判所(Superior Court San Mateo County)から手紙が届き、いやーな予感のもと開封すると、Notice of Traffic Violation の文字と4枚のカラー写真がプリントされた用紙がはらり。

赤信号無視(Turn on Red を停止せずに曲がってしまった)。写真にはナンバープレートと私の顔がくっきりはっきり写っていて、更にオンラインでビデオ動画まで見れるようになっていて(確かに停止してなかった)、弁解の余地なし。

Red Light Violation

「行ける!と思った瞬間に赤になっちゃったんだよね、、」というのは、信号無視した万人が必ず口にする言い訳口上。


罰金なんと446ドル。いたーい。。。446ドルのワインが飲めたと思うとますます痛い。

夫がいろいろ調べてくれたところ、裁判所に出頭して罪を認めれば、罰金を減額してくれるらしいことが判明。裁判所に行かなくても罰金をオンラインかチェックで支払えば済むのだけれど、少しでも減額してもらえるなら、ということで出頭決定。

つづく。




-+-+-

ペニンシュラの有名な激写スポット
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-01-14 02:47 | 交通違反

No.533 トラフィックスクール縛り解禁(I can go to Traffic School, if I want...)

2007年3月某日。スキー旅行の道中スピード違反で捕まり、涙のトラフィックスクールへ通って、、、ようやく、ようやく、18ヶ月が過ぎましたー! (トラフィックスクールの様子はこちら。)


※カリフォルニア州では、交通違反によっては日本のようにポイントが減点され(正確にはアメリカではポイントが加算され)、そうすると車の保険料が "がんっっ" と上がってしまうのだが、トラフィックスクールを受講するとポイントを帳消しにしてくれるというありがたい制度がある。ところがこのトラフィックスクール、一度受けると18ヶ月間は再受講できない仕組み。つまり、18ヶ月以内にもう一度交通違反を犯してしまうと、ポイントを消すことは出来ない。


という訳で18ヶ月間、慎重に慎重にスピード厳守で運転してきた。18ヶ月を過ぎたからっていきなりスピードに無頓着には決してならないけれど(もう二度とトラフィックスクールには行きたくない・・・涙)、やはり気分的には嬉しいです。

これからも交通違反しないよう、安全運転第一
(ちなみに携帯通話禁止のハンズフリー法もポイント減点になる交通違反です。ご注意を。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-08-29 14:54 | 交通違反

No.243 スピード違反 その4:トラフィックスルーク受講

5月5日。
快晴のこどもの日!

そんな素敵な日に、とうとう8時間缶詰の憂鬱なトラフィックスクール受講日はやってきた。


スピード違反を犯したのはカラベラス郡(Calaveras County)だけど、トラフィックスクールはカリフォルニアで指定されたところならどこのカウンティでも受講できる。数あるトラフィックスクールの中から、身近なサンカルロス(San Carlos)で受講できる 『Improv The Comedy Club Presents』 に決定。参加費用は35ドル。

前日に予約確認の電話がかかってくる。当日は、免許証(Driver License)、裁判所から届いた事件整理番号(Docket Number)、筆記用具を持参とのこと。


-+-+-

■ トラフィックスクール 『Improv The Comedy Club Presents』

実施場所
場所はホテルチェーンの County Inn。ホテルのミーティングルームを借りての実施。
f0097972_5143720.jpg

f0097972_5145735.jpg


講師
先生は、ちょっとハイテンションなアメリカ人の男性。比較的ゆっくり話す先生で、ちょっと安心。

参加者
参加者は17名。アメリカ人がほとんど。そして、私以外、英語はネイティブ、もしくはまったく不自由ない人ばかり。1人で電子辞書を引きながらの受講となる。。

受講時間
カリフォルニア州では、8時間受講の場合、400分(6時間40分)確実にコースに出席することを義務付けている。10分休憩が3回、ランチが50分。きっかり400分。

注)遅刻は厳禁!!!
実は、子供の具合が悪くて家を出れず、30分遅れてきた女性がいたのだが「あなたを受講させることは出来ない。受講させてしまうと私の責任になるから。」と返されてしまった。。
f0097972_515238.jpg




コース内容
最初に簡単な自己紹介。各自、1.名前、2.職業、3.自分の知っている交通ルールを紹介する。職業はソフトウェア開発者、保険屋、先生、医者、高校生、リタイアした人など様々。どきどきしながら順番を待ち、「アルコールを後部座席に置いたまま運転してはいけない」というお酒ルールについて言及。知らない人もいて「へぇー」なんていう反応もあり。無事終了。

その後は、2つのチームに分かれて、ポイントを競うゲーム形式に。講師が出したお題についてグループで考え、順番に解答。正解したらチームにポイントが入る仕組み。

例えば、「交通事故の原因のトップ 7 は?
1. スピードの出しすぎ (Speeding)
2. 飲酒および麻薬の服用時の運転 (DUI:Driving Under the Influence)
3. 車内の会話 (Conversation)
4. 前の車にぴったりつけた運転 (Tailgating)
5. 違法なレーン変更 (Illegal Lane Change)
6. 違法なターン (Illegal Turn)
7. 携帯電話 (Cell Phone)

アメリカ人はディスカッションと自己主張が大好きだから「こういう場合は違法になるのか?」「これは正解なんじゃないか?!」「さっきのがよくてなぜこれはダメなんだぁぁ!!!」と盛り上がる、盛り上がる。英語が話せなくても "うんうん" と聞いてるだけで参加できるから何とかついていけた。

クイズを解いて、順番に解答するものもあったが、私の英語力を考慮して簡単な質問を回してくれたり、隣の人がヒントをくれたり。

そんな感じで、コースは終始ゲーム形式のディスカッションとクイズ。講師による一方的な講義やビデオ鑑賞もなし。


修了テスト
最後に全員ばらばらのテストを受けたけれど、答え合わせもせず回収。「受けることに意義がある」ということ?夕方5時。念願の受講証明書(Completion Certificate)をゲット!これを裁判所に送ればすべて修了ーーーーー。



-+-+-

確かに、思ったよりは楽しいトラフィックスクールだった。(コメディではなかったけれど。)眠くもならなかったし。オンラインでのトラフィックスクールは何日もかかるという人もいるから、面倒なら1日トラフィックスルールに出席してみるのもありかも、と思った。

でも、やはり英語漬けはつらかった。完全に私の英語許容量をオーバー。頭はくらくら、これで事故にあったら本末転倒だなぁ、、、なんて想像しながらも無事家に帰ってきた。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-05-09 05:46 | 交通違反

No.214 スピード違反 その3:トラフィックスクール選び

スピード違反でチケットをもらった後、「トラフィックスクール受講希望」にサインをし、Courtesy Notice をカラベラス郡の高等裁判所に送り返したところ、数日後にトラフィックスクール受講許可証が送られてきた。


AUTHORIZATION TO ATTEND TRAFFIC SCHOOL
(トラフィックスクールの受講許可通知)
IMG_2962

太字でしっかりと "The court does not allow home study or internet traffic school program. (カルベラス・カウンティでは、家庭学習およびオンラインでのトラフィックスクールは認めません。) " と再明記されている。言われなくても分かってますよぉ。。

トラフィックスクールの受講期限は Courtesy Notice が裁判所に届いてから3ヶ月間。それまでにカリフォルニア州(DMV)が指定しているトラフィックスクールを受講し、受講証明書(Completion Certificate)を裁判所に送れば無事終了。



-+-+-

早速、最寄のトラフィックスクールのリストをチェック。話には聞いていたけれど、本当に変な名前のトラフィックスクールばかり。

Comedy School (コメディ・スクール)
Cheap School (チープ・スクール)
Pizza 4U Great Comedians (ピザ・フォー・ユー・グレート・コメディアンズ)
Fun Fun Fun and Pizza 2 (ファン・ファン・ファン・アンド・ピザ)

IMG_2663
ネーミングには、ピザとコメディが人気キーワードらしい。
ロサンゼルス・カウンティには日本語トラフィックスクールがあった。さすが。



インターネットでこれらのトラフィックスクールを受けた人の感想を探したけれど、いい情報は見つからず。まず、ホームページを持っているところに絞り込む。どのサイトにも「楽しい授業!ユニークな講師!!あなたを退屈させない!!!」といったようなキャッチフレーズが。値段もそれほど変わらないっぽい($25~$35)。これならどこを受けても一緒だろうと判断、オンラインで予約出来るところに決定。

その名も 『Improv The Comedy Club Presents』!(一応名前に "コメディ" 入り。)

楽しいといいなぁ~♪るるる~。。♪(涙)

ところで、修了テストとかあるのかな。。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-03-30 23:36 | 交通違反

No.203 スピード違反 その2:Courtesy Notice 届いた!

※以下はカリフォルニア州カラベラス郡のスピード違反時の情報です。他のカウンティとは制度や解決方法が異なる場合がありますのでご注意ください。


スピード違反でチケットを受け取ってから5日後。待望の Courtesy Notice が届いた。5日間。早っ!

SUPERIOR COURT OF CALIFORNIA, COUNTRY OF CALAVERAS
(カリフォルニア州カラベラス郡の最高裁判所からの通知)

IMG_2631
※「届くといいね」と応援してくださった皆さん、ありがとうー!



Courtesy Notice によると、いくつかの対処策の中から選べるようになっている。

オプション 1 : トラフィックスクール受講による免責 TRAFFIC SCHOOL
オプション 2 : 罰金支払い PAYMENT OF FINE
オプション 3 : 裁判を起こす NOT GUILTY - TRIAL BY WRITING DECLARATION
オプション 4 : 裁判を起こす NOT GUILTY - COURT TRIAL


オプション 1 のトラフィックスクールとは?
日本ではスピード違反を起こすと点数が引かれる。アメリカでもスピード違反を起こすと DMV Record にポイントがついてしまう。ポイントがつくと自動車保険が一気に跳ね上がる。ところが、トラフィックスクールを受講するとこのポイントが DMV Record 上に表示されなくなるので、自動車保険料が跳ね上がるのを阻止できるという不思議かつ素敵な制度。かつ、裁判所への出頭も免除。迷わず「トラフィックスクール受講」を選択!

Courtesy Notice のオプション 1 にサインをし裁判所に返送すると、受講可能なトラフィックスクールの一覧が送られてくるのでその中から1つ選んで受講し、受講証明書とトラフィックスクール受講料を裁判所に再送すれば完了。

ちなみに今回の場合、オプション 1 を選択した場合に支払うトラフィックスクール受講料(Traffic School Fee)は $166.00。オプション 2 を選択した場合に支払う罰金(Total Bail Amount)は $142 だった。




・・・ところが、重要な一文が。サンマテオ郡では認められているオンラインによるトラフィックスクール受講が、カラベラス郡では認められていないらしい。。。つまり、どこかのトラフィックスクールに出向いて行って8時間の講習をみっちり受けなければならない。あぁぁぁ、私のヒアリング能力がついていける訳がないのに。

ただし、こんな人はトラフィックスクールを受講できない!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-03-18 18:23 | 交通違反

No.201 スピード違反 その1:捕まった・・・

ベアバレー日帰りスキーへの道中、朝5時出だわ、片道3時間半だわってことで、夫と交代で運転していた。

CA-4 の山道を走っている途中、パトカーが後ろにぴったりついていることに気付く。実はその日、後ろにパトカーがつくのは3回目。嫌な日だなぁ、、と思いながら慎重に運転していたら・・・、突然ディズニーランドのエレクトリカル・パレードのようなランプが "パラリラパラリラ" 点滅し始めた。

・・・・・え?捕まった?


困惑する夫と私。とりあえず路肩に車を止める(pull over)。女性警察官が窓をコンコンと叩き、免許証(Driver License)、車両登録証(Vehicle Registration Card)、保険の加入証書(Car Insurance Identification Card)のお決まり3点セットの提示を要求。そして、あっさり違反切符(Ticket)を切られた。。

女性警察官は「向こうで私の同僚が、あなたが制限速度 40 マイルのところを 53 マイルで走っていたのを計測したの。」と伝えてきた。そしてなんと、私の前にも4台、後ろにも2台、その後もぞくぞくと同じように捕まっている車たちの群れ。完全にネズミ捕りに引っかかったらしい・・・。



-+-+-

チケットの裏には「指定期限内に裁判所に現れないと、6ヶ月の懲役、かつ(もしくは)1000 ドル(約12万円)の罰金」と書かれている。

If you fail to appear in court as you have promised, you may be arrested and punished by 6 MONTHS IN JAIL AND/OR A $1,000 FINE regardless of the original charge.


ただし、優遇通知(Courtesy Notice)が郵送されてきた場合は、保釈金を払うことで裁判所への出頭が免除される。ただし、優遇通知は全員に送られてくるとは限らないっぽい。

A courtesy notice(優遇通知) may be mailed to the address shown on your citation(召喚状), indicating the required deposit of money (bail(保釈金)) that may be forfeited(喪失する) instead of your appearing in court.



軽いスピード違反の場合、2週間ほどで Courtesy Notice が送られてくることが多いらしい。今回捕まったのは聞いたこともないカラベラス郡(Calaveras County)。出頭しなければいけない裁判所も当然このカラベラス郡にあり、家からだと2時間半もかかる。。なんとか Courtesy Notice が送られてくるのを祈るのみ(涙)

f0097972_628676.jpg
記念のチケット。。一番下に、出頭する裁判所と日時が記されている。いやだ~!

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-03-13 06:59 | 交通違反