カテゴリ:レストラン( 331 )

No.1127 メキシコ料理のイメージ覆るオアハカ・フードトラック Oaxacan Kitchen Mobile@SF Bay Area

フードトラックブームがこんなに流行る以前から、元祖フードトラックとしてサウスベイで人気を博してきたメキシカン・フードトラックがある。それが Oaxacan Kitchen Mobile (オアハカン・キッチン・モバイル)。"メキシカン" とだけ聞くと安いタコトラックやブリトーのイメージだけど、一度 Oaxacan Kitchen Mobile を食べるとそのイメージは嬉しく覆る。

Oaxacan Kitchen Mobile
イラスト可愛い☆


そもそもオアハカ(Oaxaca)はメキシコ南西部の州の名前で、オアハカ料理(Oaxacan Cuisine)としても有名。Oaxacan Kitchen Mobile は、アメリカナイズされていない現地そのものの味を提供してくれると評判。サウスベイの著名なファーマーズマーケットに出没しているので、見覚えのある方も多いのでは?

Oaxacan Kitchen Mobile


メキシコ料理のメニューには Mole(モーレ)という単語がよく登場する。モーレは「ソース」という意味で、その種類は様々。アボカドで作るワカモレ(Guacamole)も「アボカドソース」の意味。オアハカ料理にも代表的なモーレがいくつかあり、中でも一番知られているのが黒いモーレ、Mole Negro。メキシコ料理は名前だけではピンと来ないものも多いけれど、 Oaxacan Kitchen Mobile は写真と説明つきなのでイメージし易くて嬉しい。

Oaxacan Kitchen Mobile




Tamales w/ Chicken Mole Negro タマレス w/ チキン&モーレ・ネグロ・ソース
23 ingredients ground into a complex, smoky, subtly sweet, rich black sauce, with Chicken, wrapped in Banana Leaves
とうもろこしの粉を練ってちまきのように蒸した食べ物、タマレス。今まで冷凍ものしか食べたことがなくて、ずっと嫌いだった。でも、ここのタマレスは本当にお勧めとの声をたくさん聞き、挑戦。う、わーー、おいしい。本当においしい。今まで食べてたぱさぱさ冷凍タマレスはいったい何だったんだ。蒸したての生地はしっとりで、これだけでも味がある。(後から調べたらものすごい量のラードらしい、、、)黒いソースは待望のモーレ。スモーキーでやや甘口で独特な美味しさ。甘さの秘訣はチョコレートなんだとか。さすが南米。チキンはまるでプルドポークのように柔らかくジューシー。大げさではなくタマレス感が変わった。

Oaxacan Kitchen Mobile


Chilaquiles チラキレス
Quick simmered tortilla with red guajillo chile sauce, homemade crema (sour cream), queso fresco, black beans with scramble egg and chorizo
しっとりさせたトルティーヤにややピリ辛ソース、スクランブルエッグ、チョリソ、メキシコ版サワークリーム、チーズが乗ったメキシコ料理。どことなくドンタコス風の(笑)しっとりトルティーヤがソースをたっぷり吸い込み、ピリ辛味をスクランブルエッグが緩和。チョリソもサワークリームもチーズも不思議と強烈な味がせず、ぱくぱく食べる手が止まらない。

Oaxacan Kitchen Mobile



チェダーチーズやサワークリームが "どぉーん" とかかった太巻きのような Tex-Mex とは一線を画す。トラックにあった写真を見ても、今まで見知ったアメリカン・メキシカンのケサディラやエンチェラーダとはまったく別物。おそらく今まで食べたメキシカンの中で一番美味しかったと思う。夫と共に大満足。ただし、、、メキシカンはメキシカン。調子に乗って食べて食べ過ぎて、後悔するほどお腹一杯。

ベイエリアを拠点とするだけあって、食材はローカルでホルモンフリーなもの厳選。紙皿や持ち帰り用の袋も、発泡スチロールやプラスチックバッグは使用せず、リサイクル&コンポスト可能なものを使っている。そういう気配りはやはり心に響くもの。

再訪確実なオアハカ・フードトラック。次回気になるのは、どう見ても揚げパンには見えないエンパナダス。(で、食べて見ました。)。もう少しペニンシュラ方面に来てくれると嬉しいのに。


Oaxacan Kitchen Mobile
http://www.oaxacankitchenmobile.com/
http://www.facebook.com/pages/Oaxacan-Kitchen-Mobile/160088350694030
https://twitter.com/#!/oaxacankitchen

毎週の Palo Alto、Los Altos、Sunnyvale、Campbell、Los Gatos のファーマーズマーケットに出没。平日はスケジュールを要チェック。クッキングクラスケータリングも実施中。

その他のベイエリアのフードトラックはこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-01-18 02:02 | レストラン

No.1123 ビールも食事も楽しめるビストロ・ブリュワリー Elevation 66 Brewing Company@El Cerrito

アメリカのブリュワリー(ビール醸造所)の食事はもう期待しないことにしていたのだけれど。アメリカで美味しいフィッシュ&チップスに巡り会うのは諦めていたのだけれど。フィッシュ&チップスに期待して欲しいと教えてもらったのが、イーストベイのエル・セリートに2011年オープンしたばかりのローカル・ブリュワリー Elevation 66 Brewing Company。日系スーパーマーケット八百屋さんと同じ San Pablo Avenue 沿いのすぐ近く。

Elevation 66 Brewing Company


お店に入ると、バーカウンターの後ろに圧巻ビールタンクがずらり。こうでなくちゃ。このお店、「自然と環境に優しく」をモットーとし、テーブルやカウンターはすべて再生原材料が使われている。材料も環境保護のため最小運送効率(フットプリント)を心がけ、可能な限り近場から調達したのだそう。

Elevation 66 Brewing Company


ボードには、自社ビール6種類(中央)と、他社ビール6種類(Guest Beers)。他社ビールもイーストベイを中心としたローカルなブリュワリーから日替わりでセレクト。ローカルとのいい関係。残念ながらお勧めの Old 66 は売り切れ。Elevation 66 セレクションから、2. Esthers Vanilla Stout (dark roasted smooth stout)、3. Ramble Tamble Red Ale (dry hoppy red ale)、4. East Bay IPA (Elevation 66's west coast style IPA)、5. Big Bens British Style IPA (well balanced IPA)など。

Elevation 66 Brewing Company


夫は最初に選んだほのかにコーヒー香るバニラ・スタウトが、私も最初に選んだ濃くて癖のあるイーストベイIPAが一番お気に入り。昔はラガーや軽いエールが好きだったのに、最近はすっかり濃いスタウトや変り種IPA(Indian Pale Ale)にはまり中。

Elevation 66 Brewing Company



Fish & Chips フィッシュ&チップス w/ ポン酢アイオリソース
beer batter, fries, ponzu aioli
噂のフィッシュ&チップス。肉厚でしっとりした白身魚をビアバターでぽってり揚げてある。見た目は衣厚めだけど全然油っぽくない。ポン酢アイオリソースが面白いアイディア。でも、うちはビネガーに軍配。(ビネガーに浸して格段に美味しくなるフィッシュ&チップスは、かなり評価が高いのである。)最初運ばれてきたとき、13ドルでこの小さい3ピース?と思ったけれど、最終的には満足感。ロンドンの王道フィッシュ&チップスとも、アメリカのなんちゃってフィッシュとも違う、別ジャンルで確立された、これはこれでとても美味しい一品。ちなみに奥は本日のラムサラダ(Lamb Salad)。このラムもとても柔らかくて、サラダもフレッシュ。

Elevation 66 Brewing Company


Avocado & sprout sandwich アボカドと&スプラウトのサンドイッチ
shiitake mushroom, olive tapenade, chips
これもブリュワリーとは思えないお洒落カフェレベルのサンドイッチ。パンはすべてバークレーの ACME Bread より。椎茸ソテーとオリーブのタプナードの旨みを、パンがぎゅっと吸い込んでる。旬のアボカドと食感のいいスプラウトと頬張ると、シンプルゆえに味わい深くて美味しい。自家製ポテトチップスも人気。(夫がアレルギーなので、アボカドはサイドに置いてもらいました。)

Elevation 66 Brewing Company


こんなに食べ物にこだわってるブリュワリーもベイエリアで初めて。食事メインでも来れてしまう、ビストロ風ブリュワリー。もちろんビールも美味しい。ビールもフレッシュが一番。作りたてが一番。海抜66フィートにあるので Elevation 66。機会があればまた来てみたい。

Elevation 66 Brewing Company
http://www.elevation66.com/
10082 San Pablo Ave
El Cerrito, CA 94530

月~日:ランチ、ディナー(月~水は3pmより)。定休なし。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-01-06 15:43 | レストラン

No.1118 サウスベイのフォーの実力 Pho Kim Long@San Jose

アフタークリスマスセールのお買い物でミルピタスのショッピングセンター、グレートモールへ。ランチで迷うことなく閃いたのは、ばんずさんが 「Great Mall@Milpitas のすぐそば!」 と紹介されていた絶品フォーのお店 Pho Kim Long底値生活のかもくんも食通campbellさんも「一番のお気に入り」と一押しで、Yelpの評判もベトナミーズではちょっと見ないレビュー数と高評価。いいなあ、サウスベイ。

Pho Kim Long
ベトナミーズのフォー屋さんって、Long とか Thanh とか Thinh とか、似たような名前でややこしい。


12時過ぎに到着するとお店の外まで行列。店内も満席。でもかなり広いので回転は速い。

Pho Kim Long


鶏のフォーが美味しいと聞いていたので初志貫徹。鶏のフォー Pho Ga。No.16 は Hen Chicken、No.17 は White Checken。No.16 を頼んでも「鶏肉全部入り or 胸肉(White Meat)のみ?」と聞かれたので(夫が聞き取ってくれた)、No.17 は雄鶏の胸肉のみなのかな。慌しいなかで No.16 全部入りを注文。ふー。だって店内、すごい混雑で忙しそう。

Pho Kim Long


右が私の鶏のフォー Pho Ga、左が夫の牛のフォー Pho Bo(香草、オニオン抜き)。スープを一口。うん、クリアなスープ。鶏肉も柔らかい。内臓系はちょっと臭かったけど。感心したのが麺。うちは麺重視の麺食いなので、ラーメンでもフォーでもうどんでも蕎麦でもパスタでも、スープはさておき(むしろ二の次)まずは麺そのものが美味しいことが必須条件。ここのフォーはうちの近所のフォーと比べて麺が美味しい。スープにもよくあってするする入る。「麺が美味しい」ことを意識したフォーも初めてかも。(というより、近所のフォーは麺が団子のように固まって出てきてほぐれないし、ぶちぶち切れるしで、サウスベイと比べたら論外なのかも。)

Pho Kim Long


お隣のベトナム人のお客さんが食べていた「きしめん」みたいな幅広麺も、麺が美味しかっただけに興味津々。(きっと注文できないだろうけど。。)あんかけ揚げ麺みたいなのもすごく惹かれる。サンノゼの Pho Ga An Nam に行ったのはもう4年前。いいなあ、サウスベイ。

ところで、この Pho Kim Long の2件隣に、Grand Opening したばかりの中華飲茶 To Go のお店発見。Li Yuan Dim Sum。湯気もくもく。気になる気になる。


Pho Kim Long Restaurant (金龍牛肉粉)
2082 N Capitol Ave
San Jose, CA 95132

月~日:朝食、ランチ、ディナー。定休なし。ランチどきは混雑。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-12-29 13:20 | レストラン

No.1113 赤と黒のモダンな炭火焼き鳥居酒屋 MOKUTANYA@Burlingame

バーリンゲームに新しくオープンした炭火焼き鳥居酒屋 MOKUTANYA

Mokutanya


赤と黒を基調とした店内は、天井が高く、照明をぐっと落とし(暗すぎて写真もぶれる)、靴を脱いで上がる、ガラス張りで仕切られた掘りごたつ式の座席。ベイエリアではちょっとびっくりするくらいモダンでお洒落。東京の「隠れ家居酒屋」風。(一見デートに使えそう?と思うけれど、ガラス張りのため「お篭り気分」はそれほどないデス。)

Mokutanya


かなりの収容数と思われる店内はほぼ満席。ゆえに、オーダーを取りに来たり最初のビールを持ってきてくれるまでやや待たされる。

Mokutanya


珍しいアサヒ黒生。ちゃんと輸入。うま。

Mokutanya


オーナーは中国人だそうで、店員さんもほとんど若い中国人。でも、みんな笑顔でとても丁寧。お通しキャベツと焼き鳥用の塩2種&七味。

Mokutanya


メニューはほぼ焼き鳥メイン。(今ホームページを見たら串カツが追加されてた!)基本すべてタレ。もも、手羽、ハツ、レバー、つくねに始まり、和牛、牛タン、ラム、鴨、黒豚ソーセージ、海老、ほたてなど、一通り取り揃え。

Mokutanya


つくねはこりこりしててジューシーで美味しかったな。他の焼き鳥はまあ及第点。やはり炭家KOKKOには敵わないけど。

Mokutanya


日本人以外が経営する和食居酒屋系の中では、内装、雰囲気、サービス、ツボはおさえた焼き鳥メニューどれをとってもかなりのハイレベル。日本酒の取り揃えも充実。日本人として味を期待するなら他によい店を知っているから仕方ないけど、外国人にはうけそうなお店。何より深夜2時まで毎日営業しているのはすごい。

MOKUTANYA Yakitori Charcoal Grill & Ramen
http://www.TheMokutanya.com/
1155 California Dr.
Burlingame, CA 94010
月~日:ランチ、ディナー。深夜2時まで。定休なし。今ならハッピーアワー特典あり。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-12-15 13:20 | レストラン

No.1108 ベイエリアのフードトラック・イベント情報 Update

どかどかとフードトラック記事ばかり上げても、いつどこへ行けばいいのかわりませんよね、、、という訳で、ここ最近の地域別フードトラック・イベント情報。


064.gif サンフランシスコでは、まだまだ各地で Off the Grid 開催中(最大規模のFort Masonは今年は終了)。

064.gif サンマテオ(Cartrain Station)で、Off the Grid は来週月曜(12/12)ディナーで終了。
   サンマテオ(Event Center: 2495 South Delaware)で、毎週水曜のランチとディナーに Mobile Cafeteria が2012年より再開。

064.gif サンカルロス(Hiller Aviation: 601 Skyway Rd)で、毎週火曜のディナーと、毎週水曜のランチに The Mobile Gourmet 開催中。不定期なので要チェック。

064.gif パロアルト(131 Lytton Ave)で、毎週金曜のディナーに The Mobile Gourmet 開催中。不定期なので要チェック。
   パロアルト(1161 Embarcadero Rd)で、毎月第一火曜のディナーに Edgewood Eats 開催中。次回は 1/3(火)?

064.gif サンノゼ(350 Saratoga Ave)で、毎週土曜のランチに Moveable Feast 開催中。

064.gif バークレー(Rose and Shattuck)で、毎週水曜のディナーに Off the Grid 開催中。


イベント別情報はこちら。これまで食べたフードトラックブログはこちら。うちはもっぱらToGoして家で食べています。お酒も飲めるし(重要)。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-12-07 07:05 | レストラン

No.1107 美味しさと、献身の気持ちを広めるイケメンシェフ 3-Sum Eats@SF Bay Area

フードトラックイベントを追っていると、よく目にするトラックが次々気になり始める。でも、追っかけもここらでひと段落。(ほんと?)

特徴的な名前で気になっていたアメリカンフードトラック 3-Sum Eats。Yelpの評判も上々、今まで見たフードトラックの中でも一番じゃないかな?

3-Sum Eats


オーナーシェフ Ryan Scott 氏は、白い歯光る、爽やかな笑顔のイケメンシェフ。ミシュラン1つ星レストラン Gary Danko を始めとする全米各地の名のあるレストランで経験を積み、サンフランシスコの人気レストラン Mission Beach Cafe 時代には Ryan シェフの功績が USA Today や Zagat で取り上げられている。現在はこのフードトラックとケータリング Ryan Scott 2 Go を運営。信条は Fresh, Fast, Unique and Hip。


メニューはトラックの名のとおり、サンドイッチ3種、サイドディッシュ3種、デザート3種の3ステップ(この日はおまけでメイン5種)。トラックにいたのはイケメン Ryan シェフでなくて残念。注文してから出来上がるまでがすごく早くて、ああ、ここで揚げてるんじゃないんだなと。フードトラックだもの、どこもそうか。それでも美味しく提供する工夫があるのだから。家でオーブンでカリッと温めなおす。

3-Sum Eats



Corn Flake Crusted Fried Chicken Sandwich コーンフレーク・フライドチキン・サンドイッチ
Old Bay Aioli, Carrot-Cabbage Slaw, Pickles
3-Sum Eats シグネチャサンドイッチ。ずっしり重いサンドイッチは8ドルの値段も納得の、かなりのボリューム。コーンフレーク衣でさくっと揚げられたチキンがとーっても柔らかくて、そう!モスバーガーのモスチキンみたい。「野菜は余計」という肉派の夫に反し、私はたっぷりのコールスローにも大満足。アイオリソースもアクセントのピクルスも美味しい。バンズは卵パンとまではいかないけれどほんのり甘め。これ、はまりそう。また食べたい。

3-Sum Eats


Mac ‘n Cheese Spring Rolls (2 pieces) マック&チーズ揚げ春巻き
Fondue Dipping Sauce
実はサンドイッチよりも人気を博すメニューがこちら。かじった瞬間、笑ってしまった。本当にマック&チーズ。しかも不覚にもちょっと美味しい(笑)ただのチーズ和えでなく、ベシャメルソース的なクリーミーさ。さくさくの春巻きと柔らかいマカロニの食感のコントラスト。フォンデュソースと呼ばれるチーズソースに浸して食べる。なくていいけど、フォンデュという発想とネーミングが面白い。ただし当然リッチでヘビー。2本で6ドル。

3-Sum Eats

夫の評価はまあまあ(野菜が主張するサンドイッチにそもそも惹かれてくれない)。一方私は、純粋に Curry Up Now のブリトーなどとは比べられないけれど、すごく気に入ったフードトラックのひとつであることは確実(フライドチキンがそもそも好きというのもある)。Yelpの人気の高さに大きく賛同。


-----

イケメン Ryan さんのもう一つの顔。実は大変ボランティア精神溢れる方。Meals on Wheels of San Francisco、Make-A-Wish Foundation、The American Heart Association、The National Association of Guardsmen など名立たる地域団体の活動に精力的に賛同・参加するだけでなく、2007年から始めたサンクスギビングに恵まれない人たちに食事を振舞う活動は、今では "Harvest from the Heart" と名付けられ、今年のサンクスギビングも多くのボランティアを募り、3,000食のランチバッグを貧しい人々に提供したのだそう。

The people who receive our bagged lunches appreciate being fed, having the food delivered to them, but especially having another person acknowledging them and wishing them well on Thanksgiving Day.

感謝の気持ちの表し方を、こうした形で人々に広められる、実行に移せる。素晴らしいことです。さすがイケメン。(余計)

3-Sum Eats

3-Sum Eats
http://www.3-sumeats.com/
http://www.facebook.com/3SUMEATS
http://twitter.com/3sumeats
Ryan Scott 2 Go
http://www.ryanscott2go.com/
Harvest from the Heart
http://www.harvestfromtheheart.com/


その他のベイエリアのフードトラックはこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-12-07 03:52 | レストラン

No.1106 ベイエリア人気投票No.1フードトラック Little Green Cyclo@SF Bay Area

やや飽和化しつつあるフードトラックではあるけれど。ここだけは食べておかなきゃ。

先日サンフランシスコ・ベイエリアで行われた第一回 SF Eaters' Choice Awards。人気のフードトラック10車が集い、更に人気投票によるNo.1を決める祭典。輝かしいNo.1の栄冠に輝いたのは、ベトナムフードの Little Green Cyclo(リトル・グリーン・シクロ)。「サイクロ?」というと、夫に「シクロだよ」と教えられる。シクロはベトナムの自転車タクシーのことで、前に乗客が座り、後ろで素足サンダル帽子をかぶったおじさんがこいでくれる観光名物にもなっている乗り物。

Little Green Cyclo


Little Green Cyclo は、3人のベトナム人女性によって始められたフードトラック。金融ファイナンス、マーケティング、シェフという様々なバックグラウンドを持つ3人。皆かなり名のあるキャリアを持つようなのに、敢えてフードトラックを始めようと思った動機はなんだったんだろう。新鮮でローカルなオーガニック素材だけを使った伝統的なベトナム料理。容器や袋もリサイクル可能、コンポスト可能なものにこだわる。そして、売上げの一部を毎月様々な地域団体に寄付しているのだそう。

The Mobile Gourmet - Little Green Cyclo


一番人気はベトナムサンド Banh Mi (バイン・ミー)。ベトナムサンドは、柔らかめのフランスバゲットに、ハム、チキン、ポーク、パテなどを挟んだ庶民ファーストフードで、特徴は紅白なます風甘酢漬けと香草パクチー(うちは夫的に抜きますが)。日本人ならきっとはまるアジアの味。

(実は一度、フードトラックイベント開始1時間後に行ったら、すべてのベトナムサンドがとっくに売り切れ、、という憂き目に遭い、Little Green Cyclo の人気の高さを痛感。最近、サンカルロスのヘリコプターミュージアム(Hiller Aviation)で定期的に開催されているイベント The Mobile Gourmet で、メールによる事前予約を受けることがあり(ない時もある)、Little Green Cyclo が来ると知って迷わず予約!)


Banh Mi - Lemongrass Grilled Pork (added Farm Fresh Egg) ベトナムサンド - レモングラス・ポーク
6.50ドル+目玉焼き1ドルで7.50ドル。3ドル台の庶民ベトナムサンドを考えると破格だけど、大きさも十分で納得。パンが正統なベトナムサンドのパン。表面かりっと、中はふわふわ。ポークは香ばしく、パンが肉汁を吸い込んでおいしい。紅白なますはあまり主張せず、よくあるマヨソースも使われていない。でも美味しい。オプション追加した目玉焼きが半熟で、中からとろ~り黄味があふれて旨い。

Little Green Cyclo


Sweet Potato Tarter Tots スイートポテト・フライ
スイートポテトを使ったごつごつハッシュポテト。目新しいけどまあ普通。でも人気らしい。

The Mobile Gourmet - Little Green Cyclo


Pandan Waffle パンダン・ワッフル
デザートもどう?と勧められてワッフル。手渡された温かワッフルはほんのり緑色。シロップや粉砂糖のトッピングは何もないシンプルなワッフル。緑色は、東南アジアで栽培されるパンダンという植物のエキスだそう。焼きたての甘い香りにノックアウト。表面は適度にクリスピーで中はもちもち。お茶のような香りと、ほんのり甘いココナッツミルクの味。この素朴な優しい甘さ、たまらな~い。冷めても美味しくいただけて、実はこの日の一番ヒット。

Little Green Cyclo

ベトナムサンドとワッフル、そしてまだ試していないベニエ(揚げドーナッツ)、また近くにトラックが来れば買いに行きそう。(・・・でもやっぱり、ベトナムサンドにこの値段は高いかなあ。)


-----

この日、同じ The Mobile Gourmet イベントに来ていたもう一台のフードトラック Sanguchon。先日サンフランシスコ版ミシュランで1つ星に輝いたばかりのペルーレストラン La Costanera が運営するフードトラックということで、こちらもトライ。ポークロインとスイートポテトフライ、アイオリソースが入ったサンドイッチはまあまあ美味しい。でも Little Green Cyclo のベトナムサンドのほうがシンプルに美味しくて。しかも8ドルの値段を考えると割高感。

Sanguchon


初めて食べた Yucca Fries は、じゃがいもよりほくほく、肉厚で甘みもあり、まるで栗のようでとても美味しかった。これはいい。Yucca、覚えておこう。

Sanguchon

ミシュランへの勝手な期待が高まりすぎた感はあり。Little Green Cyclo と一緒に食べてしまったのもね。いえ、普通に美味しかったのだけれど。



以上が、ベイエリアNo.1フードトラックの感想。
フードトラックはどうしても割高だし、お目当てメニューが確実に食べられるとも限らないし、むしろ店舗を持つお店のほうが同じレベルのものを安く食べられたりする。正直、そろそろフードトラックの限界を感じつつある今日この頃。と、考え始めてはみたものの、きっとそこまでフードトラックの味やメニューや値段にこだわる人はごく一部なんだろうな、、偶然止まってるフードトラックを見つけたから、気軽に、手軽に、テキトーに。そもそものコンセプト通りに利用する人には、きっとまだまだ楽しいフードトラック産業、なのかな。


Little Green Cyclo
http://www.littlegreencyclo.com/
http://www.facebook.com/lilgreencyclo
http://twitter.com/lilgreencyclo
Sanguchon
http://www.sanguchonsf.com/
http://www.facebook.com/SanguchonSF
http://twitter.com/Sanguchon_SF


その他のベイエリアのフードトラックはこちら

-+-+-

フードトラックから実店舗への夢。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-12-03 03:06 | レストラン

No.1102 ピザワールドカップ覇者のマルゲリータ Tony’s Pizza Napoletana@San Francisco

サンフランシスコのリトルイタリー、ノースビーチの名物ピザ Tony’s Pizza Napoletana

有名人オーナーの Tony 氏は、本場イタリア・ナポリで毎年開かれる World Pizza Cup(ピザのワールドカップ)で、2007年に Best Pizza Margherita 賞をアメリカ人初、ナポリ人以外で初受賞という快挙の人。そのほかにも Pizza Acrobat(ピザのアクロバット部門)で8回もワールドチャンピオンに輝いていて、サンフランシスコでピザスクールまで開くほど。Tony さんがピザをくるくる回し飛ばす姿は Food Network でも有名なんだとか。

Tony's Pizza Napoletana


ここは予約を受け付けないため、週末の夕方5時半頃から並び始め、待ち時間45分くらいと言われる。大半がガイドブック片手の観光客。雨上がりの夕刻、待てど暮らせど順番は回ってこず1時間以上、、、ようやく名前が呼ばれたときにはお疲れと安堵のため息。7時を過ぎていたけれど、7時の時点でその先の待ち時間が見えないため、名前を取ることを断っていた様子。つまり打ち止め。帰らされる旅行客、かわいそうに。

Tony's Pizza Napoletana


レストランと Tony さんを一躍有名にしたマルゲリータは一日限定73食。レストランはランチからディナーまでオープンしっぱなし、かつ1時間以上も待ったのだからほぼ諦めていた。(待ってる間の私のテンションの下がり様ったら。友と夫よ、すまぬ。)ダメもとで聞いてみると、イタリアンピザには欠かせない 00 Flour(ゼロゼロ粉、Tony’s では San Felice 社のを使用)はなくなってしまったけれど、他の小麦粉でなら同じ具材でマルゲリータを作ってあげるよとのこと。それでいいです!お願いします!

Tony's Pizza Napoletana


一気にご機嫌が直るんだから単純です。

Tony's Pizza Napoletana



Meatball Gigante ミートボール・ギガンテ
こちらも一日25個限定というジャイアント・ミートボール。これもまだ残っていてラッキー。選んだトッピングは中央がクリーム状なモッツァレラのブラータチーズ。お目見え、本当に巨大。両手の平で輪を作ったくらいの塊、普通のミートボール10個分はある。肉汁がしっかり閉じ込められててジューシーで、マリナーラソースとも合いとても美味しかった。

Tony's Pizza Napoletana


Margherita マルゲリータ
2007 World Pizza Cup Winner Naples, Italy
dough mixed by hand using san felice flour then proofed in napolitan wood boxes, san marzano tomatoes D.O.P., sea salt, mozzarella fior di latte, fresh basil, extra virgin olive oil

待望のマルゲリータ。このシンプルな赤白緑がピザの美学、ピザの究極と思うくらい好き。ナポリ風ピザは底面の生地がしっとりとした、アメリカのパンピザとも日本人が好きな薄焼きパリパリピザとも違うタイプ。トマトソースは繊細といえるほどシンプル。

Tony's Pizza Napoletana


Cal Italia カル・イタリア
Gold Medal Winner Food Network Pizza Champions Challenge
asiago, mozzarella, imported italian gorgonzola, croatian sweet fig preserve, prosciutto di parma, parmigiano, balsamic, no sauce

こちらは Food Network で優勝したというオリジナルピザ。アシアゴチーズ、モッツアレラ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ、フィグジャム、プロシュート、そしてバルサミコビネガーという贅沢さ。シンプルなマルゲリータとはまさに対照的、甘さと酸味と塩分とチーズが複雑かつ見事にマッチし、絶妙。単純に美味しい。なんといってもピザ生地。マルゲリータの生地より断然もっちり。耳もまたもっちり。というわけで、私はこちらに軍配。

Tony's Pizza Napoletana


これはもう、ピザスタイルの好みなんだと思う。ナポリ風ピザも悪くないけど、私はもう少しもっちり系のほうが好き。(やりすぎなアメリカのパンピザ、という意味ではなく。)トマトソースも、トマトの酸味が強いものより、もう少しマイルドで塩味と甘みのあるほうが好き。ただそれだけ。「ナポリ風ピザとしては相当レベルの高いマルゲリータだったよ」と夫。

このお店のメニューは、ナポリ風、シチリア風、カリフォルニア風、クラシックアメリカン風と、とにかくバライティ豊富。感心するのは、それぞれのセクションごとで、使う小麦粉や焼く釜の種類、焼く温度などがすべて違うこと。だから今回のように、ピザ生地も一様でない。本格派ナポリピザからニューヨークスタイルピザ、ペパロニてんこ盛りピザまで(笑)、いろいろ楽しめるのは間違いなし。ただし、待ちは必至。

ところが、イタリア本国が認定する「The True Neapolitan Pizza Association (Associazione Verace Pizza napoletana) (真のナポリピザ協会)」認定店に入っているのは、サンフランシスコではA16だけ。Tony’s や Zero Zero などは認定されていない事実にちょっと驚き。


Tony’s Pizza Napoletana
http://www.tonyspizzanapoletana.com/
1570 Stockton St
San Francisco CA 91433
水~日:ランチからディナーまで続けて営業。月・火曜定休。予約不可。ホームページに最寄の駐車場情報あり。人気のマルゲリータは一日73食限定。

Tony Gemignani's International School of Pizza
http://www.internationalschoolofpizza.com/
Tony さんのピザスクール。Classic Italian Style、Neapolitan Style、American Style とコースも豊富で、卒業すれば Certificate がもらえる。「サンフランシスコ・ワイン日記」ブログのゴマさんのお友達が受講し、卒業証書をもらったそうです。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-11-24 02:15 | レストラン

No.1101 ミシュラン2つ星レストラン Manresa@Los Gatos

毎年、結婚記念日&私の誕生日はレストランでお祝い。今年は、サウスベイのロスガトスにあるミシュラン2つ星レストラン Manresa。2007年から6年連続ミシュラン2つ星を獲得し続ける貫禄の常連。

Manresa


Manresa を特徴づけるのは、"Terroir(テロワール)" または “Sense of Place of the California Coast(カリフォルニアという場所)" への強いこだわり。シェフ David Kinch(デヴィッド・キンチ)氏は地元サンタクルーズにあるバイオダイナミック農法の Love Apple Farms と専属契約を持ち、素材主導の料理を芸術的に作り上げる。以下の宣誓にじーんとくる。カリフォルニアンらしい。

Our goal is to deliver an ambiance, service and cuisine that speaks of who we are and where we are located, the foothills of the Santa Cruz Mountains on the wild Central Coast of California.

* バイオダイナミック農法:農薬や科学肥料を一切使わない有機栽培の一種で、月や天体の動きが植物に与える作業を重視した農業暦を用いる。

Manresa


メニューは5コース(115ドル)とテイスティングメニュー(170ドル)。インフレを考慮してもこれまでの記念日レストランで最高級のお値段。ワインも頼むし今回は5コースを選ぶ。前菜、グリーン、シーフード、肉、デザートからそれぞれ選び、チーズプレート(20ドル)を追加。(チーズプレートは欠かせないのです、はい。)

Manresa



(実は少し前に行ったので、野菜等、素材の季節感がややずれています。ご了承ください。)

最初にフィンガーフードのアミューズで、スイートコーンのミニコロッケが登場。コロッケの中は不思議とスープ状。このとうもろこし、目がまん丸になるくらい甘くて美味しい。

Poached Oyster ポーチド・オイスター
アミューズ2品目は牡蠣。私は牡蠣はどうしても食べられないので夫に譲る。しっかり火は通っているものの、海苔の味がアクセントの一品。

Manresa


コース1品目
A garden green soup, stone ground mustard cream, herbs and shoots "multi-color" グリーンスープ
真っ白なスープ皿に野菜で描かれた絵に、緑のスープが目の前で注がれる。スープと、沈んだ具材を一緒に食べるのが楽しい。とても美味しいけれど、塩分好きな私にもかなりしょっぱめ。

Manresa

Albacore confit and crispy cannellini beans potatoes with albacore tonnato アルバコと白豆、フィンガーポテトのアルバコソース
Cannellini Beans(イタリアの白豆)や Tonnato(イタリアのツナソース)を使ったイタリアンな前菜。かりっと揚げられた豆がアクセント。ただこのお料理、、、、明らかに欠けてるお皿でサーブされた。えー、このクラスのレストランでありえないんですけど。(テンション下がる。)

Manresa



コース2品目
Late season fava beans like a risotto, summer sprouts with sheep's milk ricotta, egg yolk confit そら豆のリゾット
2人とも同じものをチョイス。夫が大絶賛した一品。風味豊かなそら豆とリコッタチーズ、卵黄を使ってリゾット風に仕立てられている。そら豆は荒く潰されているので粒々の食感がいい。卵黄がマイルドさとリッチさを盛り立てる。やや味濃い目。

Manresa



コース3品目
Monterey Bay Abalone, pistou with walnuts and pickled cucumber, softeded Malabar spinach モントレー産アワビ
ソテーされたアワビはとても柔らかい。揚げらたグリーンは、珍しいほうれん草の花(Spinach Blossom)。ペストソースも上質で美味しい。やや油っこさが目立つけど。

Manresa

Black cod and lobster mushrooms, lemon confit with lobster pudding, leeks タラとロブスターのソテー
これは正直いまいちだった。ロブスター命の夫が、ロブスター臭すぎ、と。私は添えられたリークの美味しさにご執心。逆に言えばそこだけ。

Manresa



コース4品目
Suckling porcelet, chanterelles and peaches, a different herb pesto, courgette veloute 子豚のソテー
この一品で最も美味しかったのは、緑のひよこ豆。なんて風味。なんて食感。上に添えられたたった一枚のグリーンもすごく美味しい。子豚は普通に美味しい。

Manresa

Spring lamb, its pickled tongue, carrots with bitter orange, garlic, turnips with olive vinaigrette ラムとラムのタン
こちらも一番美味しかったのはパースニップ。ただの根っこみたいに見えるのに、絶妙なソテー具合。ラムは柔らかく、タンは何とも言えない不思議な食感。甘いソースがラムのほうにはよくあった。

Manresa



この日ソムリエに選んでもらったワインは、フランス・ブルゴーニュの Pommard 1er Cru(ポマール)。ポマールをちゃんと飲むのは初めて。ポマールの特徴は濃厚さと果実味、長熟らしいけれど、華やかで若い感じのする飲みやすいワインだった。デキャンタージュしてもらったので、時間と共にやや深みが増すが、最後までフレッシュな印象のほうが強かった。

2005 Domaine Fontaine-Gagnard, Pommard 1er Cru, "Rugiens"



チーズ(追加注文)
A selection of artisan cheeses チーズセレクション
こういったレストランでいつも楽しみにしているチーズプレート。チーズワゴンの中から好きなチーズを選ぶ。チーズセレクションを注文したのは1人分だったのに、夫とそれぞれ2種類ずつ、しかも充分な分量で取り分けてくれる。お気に入りはソフトなカマンベール。(どこのだったかな。ちゃんと控えてもらえばよかった。)

Manresa

Comté 3 years old コンテチーズ
コンテチーズはフランスの山岳チーズ。通常3ヶ月程度で出荷されるところ、このコンテは3年以上熟成させたもの。フランスの高級レストランで出されていて、アメリカは現在 Manresa でしか扱っていないそう。それは頼まずにはいられないでしょ。ハードタイプを薄くスライス。リッチなナッツ風味のチーズ、だったけど、そこまで勿体づけるほどではないかな。これで20ドル也。

Manresa


お口直しにココナッツクリームの揚げバジル添え。いいリフレッシュメント。

Manresa



5品目
Chocolate Cremeux with Hazelnut Ice Cream チョコレートクリームのヘーゼルナッツアイス添え
上質なチョコに上質なヘーゼルナッツアイス。

Manresa

Goat Cheese Cream ゴートチーズクリームの洋ナシとイチジク添え
丸太のように搾り出されているのがゴートチーズクリーム。

Manresa



最後に。アニバーサリー記念。ダークな大人のオペラ風チョコレートケーキ。甘さがカプチーノともよくあって、このデザートが一番好き。スレート状のプレートも素敵。

Manresa


お土産にもらったピスタチオのショートブレッドと、自家製塩キャラメル。これ、おそらく今まで食べた中で一番美味しかった塩キャラメル。アメリカでは人気のキャラメルという食文化を見直しちゃった。興味むくむく。

Manresa




良かった点。
とにかく野菜。なんといっても野菜。どの料理も、思い出すのは添えられた野菜たち。野菜が主役と言っていいほど。生きてる、活きてる感じがする。野菜が有名とは聞いていたけれどここまでの感動とは。いっそ、ベジタリアンコースを味わってみたい。そして、完璧なスタッフの教育。テーブル間の歩く順路がおそらく決められていて、みな一方通行、導線に沿って料理が運ばれてくる。片手は必ず腰の後ろ。ワインや水を注ぐタイミング、パンが運ばれるタイミングも、さりげなくだけど完璧。

うーん、だった点。
グラスワインにシャンパンがなかったこと。結局、ロワールのスパークリング(クレマン)を注文したけれど、特別な最初の一杯はやっぱりシャンパンがよかった。続いて、ソムリエにワインの希望と予算を伝えると、開口一番「・・・それは難しいですね」と言われたこと。そんな言い方はないんじゃ・・・。今まで行ったどのレストランでもその条件のワインは2、3本はあるはずで(事実 Manresa にもあったし)、さすがと思えるソムリエなら、「わかりました、任せてください、お選びしましょう」と微笑んで選んでくれた。さらに、よいデキャンタがいくつも余っていたのに、一番普通のなんてことないデキャンタで持ってこられる。特別気分も半減。お皿が明らかに欠けていたこと。ミシュラン2つ星でそれはないでしょ、と思う。特別気分、さらに半減。(私たちが覆面ミシュラン審査員だったら星つけないよねって、絶対そうは見えないけど。)


やや酷評気味になってしまったけれど、Manresa ファンの皆さま、気を悪くなさらないでください。あくまで個人の感想、私たちの目に映った印象です。一年に一度の記念日レストラン。よいレストランでお祝いする理由は、単に料理を味わいに行くだけでなく、特別なサービスを受けて、お姫様気分に浸りたいため。市場価格の3倍にマークアップされたワインを注文するのも、雰囲気を盛り上げる要素だから。

ああ、でも、お野菜は最高に美味しかった。


結婚7年目の始まり。まだまだケンカもするけれど(ま、これはきっと一生だ)これからもよろしくね、夫。

Manresa
http://www.manresarestaurant.com/
320 Village Lane
Los Gatos, CA 95030
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-11-19 15:36 | レストラン

No.1098 サンフランシスコで愛される王道フレンチベーカリー La Boulange@Burlingame

サンフランシスコでローカルの人たちに愛されているフレンチベーカリー La Boulange (ラ・ブランジュ)。青と黄色の明るいパステルカラーがモチーフのかわいいお店。これまでサンフランシスコやノースベイ、イーストベイにしか店舗がなかったのが、待望の!ペニンシュラ、バーリンゲームにオープン。

La Boulange


こじんまりなカウンターながらも、バゲットやローフに始まり、サンドイッチ、キッシュ、クロワッサン、ブリオッシュ、ペイストリー、タルトなど所狭し。カヌレ、マカロン、マドレーヌ、ベニエといった、フレンチベーカリーならではの品揃えも。(カウンターに試食があることが多いみたいで、この前はマカロンがまるまる1個でした♪)(ランチ直後に行くとかなり品薄。デザートタイムには補充されるのかな。)

La Boulange


カフェも併設する店内は、テーブルや椅子は木を基調としたカントリー調。天井からはバケツをひっくり返したランプシェード。パリの田舎、というより、木の椅子に座っていると小学校時代を思い出す。

La Boulange


La Boulange は、フランス出身の長年パリで修行を積んだ伝統的なフレンチベーカー Pascal Rigo 氏が1999年にオープンしたお店。全店フランチャイズではなく、品質管理すべてに手が行き届く直営店なんだそう。オーガニック素材やフレンチバターを使ってデイリーで焼かれる新鮮なパンたち。その日売れ残ったパンは、地元の恵まれない人々をサポートする団体に寄付されている。



カフェタイム。こちら、フレンチの王道キッシュ・ロレーヌ(Lorraine Quiche)にサラダを添えて。一口頂いたら、タルト生地がさっくさく。キッシュも濃厚で本格派。ハムもチーズも美味しい。丁寧に作られてる感じ。

La Boulange


私は来店前から決めていた、フレンチトースト(Fantastic French Toast)。普段フレンチトーストは頼まないのだけれど、mikaさんMiyukiさんが「このフレンチトースト、卵の割合が大きいのかブレッドプディングと言ってもいいくらい」と仰っているのがとても気になっていて。ふにょふにょではなくふっくら、しっかりめで、確かにブレッドプティング風。表面がカラメル状に焼き付けられていて美味しい、幸せ。お気に入り。フルーツもフレッシュで美味しかった。

La Boulange



-+-+-

La Boulange には本家ブレッドプティングもある。クロワッサン・ブレッドプティング(Croissant Pudding)。その名の通りクロワッサンを使ったブレッドプティングはお店の大人気商品で、レジに並ぶ見知らぬ客同志が「これは絶対買うべきだよ」と勧め合うくらい。まさにプリン!な部分とパンの部分と、両方が融合した部分がそれぞれ楽しめる。上部と底にさくさくタルト生地があり、キッシュ同様丁寧で美味しい。ただ、、、甘かった。そしてクロワッサンが苦手なので油っこさが気になる(それは私の問題)。個人的にはお店で食べたフレンチトーストのほうが好き。でも、3ドルでかなりの大きさと人気の高さは試す価値ありかと。ブルーベリーのパウンドケーキもブレッドプティングのようにみっちり詰まってる系でやや甘め&特大。

La Boulange


その他の人気アイテム、野菜のタルト。mikaさんもお勧めカリフラワータルト(Cauliflower Tart)は、濃厚ベシャメルソースが王道フレンチを感じさせて美味しい。温めなおしてもパイ生地がさくさく。ばんずさんお気に入りのハムポテトタルトも美味しそう。

La Boulange


SF 50 Treats to Eat Before You Die にも選ばれているミニパルミエ(Mini Palmier)。「源氏パイ」と言ってしまえばそれまでなんだけど、、でも正直、このミニパルミエは「源氏パイ」だった。良くも悪くもざくざく。(さくさく、な感じではない。)よくあるパルミエに比べれば甘さ控えめで美味しい。(最近スコーン狂返上し、パルミエ&ブレッドプティングに目がない。ベイエリアのマイベスト・パルミエは、ソノマの Costeaux French Bakery。Cocola と Douce France もなかなか。)

La Boulange

マカロンは何度か食べたけれど可もなく不可もなく。(マカロンなら同じ Burlingame Ave 沿いのもうひとつのフレンチベーカリー La Bohème のほうがお勧め。)マドレーヌはしっかり焼かれた固めでややぱさつき。もう少ししっとりしたマドレーヌのほうが好き。小振りなオートミールクッキーはしっとりソフト系でやや甘いけれど結構美味しい。カヌレも表面のカラメル感と中のしっとり感が上手い。



一言で表すなら、「忠実にフレンチ」。フランスの伝統的なレシピに妥協せず、惜しみなくリッチに、丁寧に。タルト生地、パイ生地はさくさく、時間が経ってもさくさく。これは秀逸。クリスマスには期間限定販売ブッシュ・ド・ノエルが出るそう。お気に入りのベーカリー&カフェが身近にまたひとつ。

La Boulange


La Boulange Cafe & Bakery
La Boulange de Burlingame バーリンゲーム店
http://laboulangebakery.com/
1152 Burlingame Ave.
Burlingame, CA 94010

現在サンフランシスコ市内に10店舗、その他のベイエリア地区にも7店舗を展開(2012年現在)。カフェではサンドイッチの他、スープ、サラダ、季節スペシャルのパスタやメインがあることも。キッズメニューもいろいろ。そっくりな名前のベーカリー Le Boulanger と混同しないようにしましょう。(ね、かもくん。)
f0097972_364076.jpg




-+-+-

同じ Burlingame Ave 沿いのもうひとつのフレンチベーカリー。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2011-11-12 03:54 | レストラン