カテゴリ:アメリカのイベント( 86 )

No.781 たくさんの幸せを贈ろう Baby Shower☆

大切な友人であり、敬愛すべき、元気一杯パティシエChicoさんの 053.gif Baby Shower 053.gif を企画させていただきました。

Baby Shower



-+-+-

出産を間近に控えた妊婦さんを親戚や友人で祝福するベビーシャワー。Chicoさんのお友達だけあってインターナショナルな顔ぶれ。ポットラック形式で持ち寄られたお料理も、お祝い事で焼かれるというスイスの手作りパン、ブロッコリーのクリーミーキッシュ、チャーシュー中華風サラダ、チョウメン、紅茶豚、フィリピンの揚げ菓子スイーツと様々。

Baby Shower


ランチタイムのサングリアはちょっとした人気。今回はリンゴ、オレンジ、レモン、季節の洋ナシに、フルーティなシラー種の赤ワイン。シナモンスティックを2本入れたらホリデーシーズンっぽい風味に。スパークリングウォーターで割って飲めばちょっとしたジュース代わりでしょ。

Baby Shower



今回用意したゲームは、「離乳食の味当てクイズ」と「体の部位を表す3文字単語10個当てクイズ」。3文字単語ゲームは結構難しくて、ネイティブなアメリカ人も大苦戦。答えを知ってる私だけが、みんなの表情をほくそ笑みながら優越感、むふふ☆瓶入り離乳食、、特にターキーとマカロニチーズは全員「こんなの絶対子供にはあげたくないわっ」というお味。。

Baby Shower


あゆみんが作ってきてくれたのは、純白のストローラーケーキ(Stroller Cake)!パティシエChicoさんにケーキを作るということで、気持ち的にもどきどきだっただろけれど、甘さ控え目な優しい味のケーキは大好評。大役お疲れ様!(淡いピンク色は、サンクスギビングのクランベリーの余りから出したんだとか、笑。程よい酸味がGOOD♪)

Baby Shower


お楽しみのプレゼントオープン☆おむつで作ったダイパーケーキ(Diaper Cake)はぎゃぶぅさんと私から。それぞれ、Chico さんとベビーへの思いを込めて贈られた品々。

Baby Shower


Chicoさんからみんなにありがとうのお返しギフト。なんと4種類の手作りスイーツ詰め合わせと、ベビーの名前が刻印された手作り石鹸。この焼き菓子たち、絶品デス!!!Chicoさん、出産を前にしてますます腕に磨きがかかっちゃったんじゃないですか?夫と必死の争奪戦。(詳しくはChicoさんブログこちらこちらにてどうぞ。これらのお菓子はホームページからも注文できますよ、みなさん!笑)

Baby Shower



元気な赤ちゃんが生まれますように。」 今から待ち遠しくてなりません。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-12-09 10:24 | アメリカのイベント

No.776 Thanksgiving Day 2009

今年のサンクスギビングは光栄なことに、一昨年同様パティシエChicoさんにお招きいただき、少し早いディナーを堪能しました。秋らしい素敵なテーブルセッティング☆

Thanksgiving Dinner



どーん、素晴らしい照り色のこんがりターキー氏。何ポンドあったんだろう?Chico 風ターキーは中にスタッフィングを詰めないタイプ。これを見事な手際でさばいてくれます。さすがです。職業がパティシエなら、料理の腕もプロ級。

Thanksgiving Dinner


バターナットスカッシュのスープに始まり、ブリュッセル・スプラウト(芽キャベツ)のソテー、ほくほく茹で栗入りスタッフィング(夫絶賛!)、スイートポテトのグラタン(絶品!)、自家製クランベリーソースに自家製グレービーソース。

Thanksgiving Dinner Thanksgiving Dinner


そりゃワインも進みます。飲んだなー、この日。

Thanksgiving Dinner


待ってましたぁ!パンプキン・チーズケーキ☆デザート3切れも食べちゃいました。

Thanksgiving Dinner


最後は恒例、ウィッシュボーン対決!ウィッシュボーン(Wishbone)とは、松葉のように二股に分かれた鶏の鎖骨のこと。この骨の両端を2人で引き合って、長いほうを取ると願い事がかなうという遊び。ぬおぉぉぉーーー、ぽきっ。今年も負けました。。

Thanksgiving Dinner




・・・と、楽しい雰囲気を思い出しつつ書いていますが、ほとんど記憶にございません。前菜の時点でなみなみと注がれたワインを飲み干したあたりで、すべてが吹っ飛んでいました。(お料理とデザートの美味しさはしっかり覚えているんだけど。)

「いつか自分でもターキーを焼くかなぁ」と思いつつ、このフルコースに到底敵うはずもなく、招待いただける限り自分で焼くことはないのでしょう。(この幸せ者。)いつも最高のホスピタリティで暖かく迎えてくれる Chico and Mark。本当にありがとうございました!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-11-30 05:11 | アメリカのイベント

No.762 Happy Halloween 2009

Happy Halloween 072.gif
うちの近所では毎年、楽しく安全に Trick or Treat が楽しめる地区 Safe Streets が設けられる。
ばんずさんが Safe Streets の由来を紹介してくれています。)

近くの駐車場は一杯で、少し離れた場所まで停めに戻り、歩いて Safe Streets へ。仮装した大人や子供がぞろぞろ。みんな超カワイイー☆(他人の子供の写真を撮るのは防犯上よろしくないので、撮れないのが残念。)


Safe Streets は普通の住宅街の一画。その地区の家々はハロウィンの飾りつけに趣向を凝らし、家の前で大量のお菓子を配ってくれる。こんなときガレージは大活躍。

Halloween Safe Streets in Foster City

ロータリーに巨大牢屋出現。みんな入っては「出せー!」
Halloween Safe Streets in Foster City

窓の内側に立体的な巨大マミー。自分で作ったの?!
Halloween Safe Streets in Foster City

ガイコツがワインを飲んだら、骨の間から流れちゃいませんか?
Halloween Safe Streets in Foster City

私は今年、さぼってジャック・オー・ランタン彫りませんでした。。
Halloween Safe Streets in Foster City

はしゃぐ私と、駐車場難民&あまりの人混みに空腹も相まって閉口する夫。引っ張り出して申し訳なかった。しくしく。



-+-+-

デュリフもマントをまとい。
Durif

ちらっとだけカメラ目線。なー。
Durif




みなさんも楽しいハロウィンでしたか?うほっ。
Halloween Safe Streets in Foster City
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-11-02 01:13 | アメリカのイベント

No.709 独立記念日は花火と音楽の祭典で Independence Day 2009@Mountain View

4th of July。アメリカでの正しい独立記念日の過ごし方は花火でしょ。ということで、今年はマウンテンビューの Shoreline Amphitheatre で毎年行われる花火と音楽の祭典 4th of July Fireworks Spectacular with the San Francisco Symphony へ。サンフランシスコ・シンフォニーの野外コンサートと共に花火を楽しめる、このあたりでは有名なイベント。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


会場は、前方指定席、後方指定席、芝生自由席の3セクション。(あ、一応無縁のVIP席もあります。)芝生はオープンスペースの自由席だけど、後方指定席と値段は一緒!早く着いて場所取りしなきゃ!なんていうのは私的な発想で、アメリカ人にとっては待ってましたのお楽しみ時間。大きなマットを広げ簡易チェアーを並べ、芝生でごろごろしながら家族や友人とのんびりした時間を過ごす。子供たちも大はしゃぎ。

と言うわけで、芝生席が一番人気。コンサートが始まる2時間以上前から徐々に埋まり始める。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


私たちは後方指定席。こちらは席が決まっているので開始ぎりぎりまでガラガラ。舞台までは多少遠いけれど、音はよく、巨大スクリーンもあるのでコンサートは十分楽しめた。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


食べ物はピクニック風に持参する人が多い中、私たちのお楽しみはイベントならではのジャンクフード。このガーリックフライ、ポテトの揚がり方がカリカリで屋台としてはかなりの合格点!ガーリックも生過ぎず、美味しかったぁ♪ もちろんお供は夏ビール。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre



8時コンサート開始。第34回目を数える今年のテーマは "A LOOK TO THE FUTURE"。テレビシリーズや映画で有名な Star Trek の名ナレーター George Takei さんがメインゲストで登場。音楽に合わせて独特な語り口でナレーションが始まると、Star Trek ファンの人たちはうっとり。(・・・私は見たことないんですけどね、Star Trek。それでも十分楽しめました。)過去にはミュージカル特集やヒーロー曲特集などもあったそう。(2008年の様子はcampbellさん、2011年の様子はMiyukiさんのブログでご堪能ください。)


あっという間にコンサート開始から1時間半が経過。あたりはすっかり暗くなり、、、いよいよメインイベントの花火開始っ!花火は会場左後方、芝生席の後ろ頭上に打ちあがるため、みんな振り返って見上げる形に。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


写真でもわかるように、座席からだと大きな照明が結構邪魔になるため、座席の人は立ち上がって見えやすいところまで移動したり。ここでもやはり芝生は特等席。障害物も何もなく、ごろんと寝そべり、空には花火。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre


音楽をBGMにどんどん打ちあがる花火。を組み合わせた花火が多くて独立記念日を盛り上げる。最後の連発花火はどどどどどどどーんっと大迫力で、観客も歓声と大拍手。最後にステージを振り返ると、舞台いっぱいの大きな星条旗。毎年恒例の締めくくり。アメリカらしい楽しいイベントでした。

4th of July Fireworks@Shoreline Amphitheatre





・・・さて。ここからが長かった。

花火は15分くらい。「よかったねー」と話しながらぞろぞろと駐車場へ向かう。車に戻ったのが10時。エンジンをかけ、出口への列に並ぶ。そこから50分間微動だにせず。混雑も何も、とにかくびくとも動かない。みんな諦め、エンジンを切ってひたすら待つ。10時50分頃から少しずつ動き始め、11時15分にようやく駐車場敷地内から脱出。1時間20分後の11時20分に一般道にたどり着く。「帰りの車が激混み」とは聞いていたけれど、ここまでとは。

今回停めたのは10ドルのレギュラーパーキング。40ドルのVIPパーキングは高すぎるにしても、次回はせめて20ドルのプレミアパーキングに停めたいところ。プレミアパーキングは会場に近いだけでなく、何より帰りの一般道へのアクセスがいい。(コメント欄で情報頂きましたが、専用駐車場ではなく少し遠くに路駐して歩いて会場までいくのも手です。)


Shoreline Amphitheatre
http://www.livenation.com/venue/shoreline-amphitheatre-at-mountain-view-details
One Amphitheatre Parkway,
Mountain View, CA 94043


上記URLに以下のような会場情報が載っています:
・使い捨てカメラ、デジタルカメラは持込み可。
・プロフェッショナルカメラは不可。(何をもってプロフェッショナルというかは不明。実際、多くの人が一眼レフを持ってきていた。)
・ビデオ、オーディオレコーディング機器、レーザーポインタ、危険物も持込み不可。
・食べ物は大きなひとつの透明プラスチックバックに入れるようにとあるけれど、普通のスーパーのビニール袋や紙袋、エコバッグでも問題なさそう。
・アルコールは持込み不可。(会場内で買える。)
・会場入り口で簡単な持ち物チェックあり。

その他所感:
・コンサートが始まるまで、ちょっとした子供向けの特設ステージやフェイスペインティングはあるけれど、大人が時間をつぶせるようなものはない。(飲んで食ってしゃべってればいいのだが。)帰りの駐車場脱出待ちも兼ねて、時間をつぶせる遊び道具を持っていくといいかも。
・夜はかなり寒くなるので防寒必須!特に、芝生は地面に接するので指定席よりも寒い。厚手の毛布を下に敷く人も多数。寒がりの私は、長袖×2、フリース、ブランケットでも寒かった。。ダウンジャケット持参でもいいくらい。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-07-06 10:08 | アメリカのイベント

No.703 マクロビでおもてなし Baby Shower

もうすぐ第二子が生まれる frogfreak さんの Baby Shower053.gif 素敵な会を企画してくださったのは、frogfreak さんちのキュートな天使のベビーシッターもされている Miyuki さん。この日はなんと、Miyuki さんの手によるマクロビ食、しかも前菜はローフードによるおもてなし☆何たる贅沢!

ずらりと並んだお料理たち。本当にずらり。どこのレストランコース?どれから手をつけていいのやら。いえ、片っ端から手をつけますよ、当然。

Baby Shower



松の実とレモン汁とオリーブオイルをフードプロセッサーで攪拌するとチーズのようなコクと味に変化。ハーブも加えたそのハーブチーズを、スライスした Jicama (ヒカマ)に挟んだハーブチーズのラビオリ。コクがあるのにしつこくないマクロビ風チーズ。すごく美味しい。上の器といい、食器のセンスもつぼ。

Baby Shower


NASA が理想的な宇宙食の素材の1つとして評価する大変栄養価の高い穀物キヌアを使ったキヌアサラダ。旬のトマト、きゅうり、パセリ、ナッツ、レーズンなど盛りだくさんな具を、体によい Flaxseed Oil (フラックスシードオイル)とレモン汁でシンプルに和えてある。キヌアのぷちぷちと元気な夏野菜。体よろこぶ。

Baby Shower


みんなに大人気だった、きゅうりのカシューナッツ&ディルソース和え。これもハーブチーズ同様、カシューナッツや松の実やレモン汁をフードプロセッサーで攪拌した結果、クリーミーなソースに大変身。カシューナッツの食感がよく。ディルのさわやかさと Agave Syrup (アガベシロップ)のほのかな甘さとも相まって、いくらでも箸が伸びる涼しげなサラダ。

Baby Shower


マクロビ風ムサカ。ムサカはナスとトマトのラザニアのような地中海料理。マクロビ風に作ると、ひき肉の代わりにぽろぽろ厚揚げとほくほくじゃがいも、これをトマトで味付けし、上に豆腐と白味噌で作った豆腐チーズをたっぷりと。チーズよりあっさりなのに食べ応えもあって、う~ん♪

Baby Shower


同じ年頃の天使ちゃんのママ、ギャブウさんが持ってきてくれたのは豪華海南鶏飯(ハイナンチキン)!アジアン香るジャスミンライスに3種類のソース、香草やレモンといった薬味もたっぷりで本格的。鶏肉がすごく柔らかくてお子様たちにも大人気。

Baby Shower



最後は ayumin 作のベビーシャワーケーキ。ストローラーに見立てたデザインのオリジナルはパティシエChicoさんのアイディアで、ayumin ももう何度も作っているから形はお手の物。女の子のときはラズベリーでピンクに、男の子のときはブラックベリーでパープルに。

Baby Shower


でも今回のケーキはなんとマクロビケーキ。卵、砂糖、バター、白い小麦粉などは一切使っていない。生クリームの代わりにバニラビーンズ入り豆腐クリーム。スポンジは豆腐の味に負けないようにとストロベリー&ココナッツパウンドケーキ。粗くつぶされた旬のいちごがすごくいい香り。ほんのりピンクで見た目もキュート。クリームもお豆腐だから安心して子供に食べさせられる!とママたちも大喜び。試行錯誤の末の素敵なケーキ、お疲れ様☆

Baby Shower


-+-+-

食事をしながらたくさんおしゃべりをして。なんとも贅沢な時間。見た目も味もおしゃれで繊細なおもてなしマクロビ料理。後でしつこくしつこくレシピ伝授をお願いしたのは言うまでもなく。Miyuki さん、とーっても美味しかったです。お誘いいただいて心から感謝。

新しい命が誕生するのをみんなでお祝いする。祝福する側も(むしろ祝福する側が)暖かく優しい気持ちになれるベビーシャワー。どうぞ安産でありますように。新しいもう一人の天使に出会えるのを心待ちにしています♪
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-06-23 07:21 | アメリカのイベント

No.648 緑のお祭り St. Patrick's Day 2009

3月17日はセント・パトリックス・デイ (St. Patrick's Day)。お友達のパティシエChicoさんご夫妻をお招きして緑&黒ビール&コンビーフ祭り!033.gif

Chicoさんはキュートなふわふわ緑の髪飾り☆Markさんも緑の蝶ネクタイ!私も緑一色の服を着てお出迎えしたのに、夫1人「あ、、忘れてた、、、」

St. Patrick's Day


まずはギネスで乾杯。定番のこのギネスは美味しいね。まるでコーヒーのようなコク。

前菜は、アスパラガス&イングリッシュピーのスープ(Asparagus and English Pea Soup)、ジャガイモ&グリーンガーリックのパンケーキ(Potato and Green Garlic Pancakes)、ブロッコリー&ブロッコフラワーの温野菜(Broccoli & Broccoflower Salad)。お料理も全部でね☆

St. Patrick's Day St. Patrick's Day St. Patrick's Day


セント・パトリックス・デイの伝統料理に一躍買ってくれたのが、Chico さんお手製アイリッシュ・ソーダブレッド(Irish Soda Bread)。これが、、、これが、、、美味しいー!!!小麦粉の半分を全粒粉にした素朴な焼き上がり。ラム酒漬けレーズンとクランベリーがただのドライフルーツにない深みを添える。中に練りこまれた適度な量のフェンネルシードもすごくいい。さくっとふわっとほんのり甘く。Whole Foods のソーダブレッドの感動が吹っ飛んだ。スコーン狂の私も特大はなまる太鼓判。来年、販売しましょう!(笑)

St. Patrick's Day
(大きなソーダブレッドだったので、後日残りをテニス仲間に持っていったら、日本人もアメリカ人も It's so good! と大絶賛。大人気でしたよ♪)


そしてメインのコンビーフ(Corned Beef)。3時間煮込んだコンビーフに、定番キャベツ、じゃがいも、にんじん。去年はコールラビ(Kohlrabi)を入れたので、今年はターニップ(Turnip)とセロリルート(Celory Root)を。肉もさながら、コンビーフの肉汁をたっぷり吸った野菜の美味しさったら!ノックアウト。もちろん、ホースラディッシュとサワークリーム&マスタードのディップも忘れずに。(私の手際が悪くてChico さんにディップ作りを手伝ってもらったらあっという間に完成。さ、さすが。手際のよさは誰にも負けませんね。)

St. Patrick's Day


最後はもちろん Chico さんのデザート。今回作ってきてくれたのはアイリッシュのお祭りにちなんでアイリッシュクリーム入りのチーズケーキ。濃厚でなめらかなチーズケーキにアイリッシュクリームがすごくマッチ。アイリッシュクリーム味のホイップクリームもうまーい。こんな組み合わせ初めて!周囲のビターなクッキーもチーズケーキにあう。三つ葉のシャムロック(Shamrock)チョコももちろんお手製。見た目もお味も St. Patrick's Day なプロの業に一同舌鼓♪

St. Patrick's Day



ばたばたと不手際もありましたが、とてもとても楽しいディナーでした。思ったよりお酒のペースが速く、私は途中から完全に酔っ払い・・・(記憶おぼろげ、苦笑)。緑の幸運がお2人と、そしてみなさんに降り注ぎますように♪

St. Patrick's Day


-+-+-

※アイリッシュクリーム・チーズケーキとアイリッシュ・ソーダブレッドは、Chicoさんのブログでも美味しそうに紹介されています。食べたくなっちゃいますよー。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-03-21 02:54 | アメリカのイベント

No.645 St. Patrick's Day に食べる料理

来週3月17日はセント・パトリックス・デイ (St. Patrick's Day)。アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。街はクローバー模様の装飾で溢れ、みんな緑色を身につけてお祝いする。クッキーやケーキのアイシングも

St. Patrick's Day といえばコンビーフ(Corned Beef)。日本の缶詰コンビーフとは違う、肉の塊。お正月に御節は作らないしサンクスギビングにターキーも焼かないけど、St. Patrick's Day にはコンビーフを作る。なぜって?とっても簡単だから。

この時期、どこのスーパーに行っても売っている真空パック入りのコンビーフ。種類は大きく分けて3種類。下に行くに従ってお値段も高くなる。うちは毎年真ん中の Brisket Flat Cut なんだけど、今年は Round にするか悩み中。(round は dry 過ぎて美味しくない!という評判もあるため。アメリカ人評ですが。)

・Corned Beef Brisket Point Cut (more fat)
・Corned Beef Brisket Flat Cut
・Corned Beef Round (lean and dry)

St. Patrick Day
※結局 Brisket Flat Cut (Angus Beef) にしました。うまうま。



-+-+-

コーンビーフと共に St. Patrick's Day に登場するのが Irish Soda Bread。"ソーダブレッドって・・・シュワシュワするの?" というのは素人考えで、イーストの代わりにベーキングソーダを使って簡単に作れることからこの名前がついたらしい。

こちら、Whole Foods で見かけるソーダブレッド。これが・・・美味しい053.gif 私がこよなく愛するアメリカのビスケットにそっくりな味。(材料・製法がほぼ一緒ですからね。)外側ざくっ、中はふわっと柔らかく、甘い焼き菓子のよう。中にはドライカラント。別のスーパーで売られていたソーダブレッドはただ甘いだけの菓子パンだったのに。アメリカ3年目にしてソーダブレッドに開眼す。(冷たいままで食べるとあまり美味しくありませんでした。あの美味しさは焼きたてゆえだったのかなぁ。)

Irish Soda Bread


と思ったら、Whole Foods で別のソーダブレッドも発見。上のよりサイズ大きめ。試食があったのでつまんでみたら、こちらは少しだけ普通のパンの食感に近い。表面にまぶしてあるキャラウェイシードもかなり主張。中にはカラントではなくレーズン入り。好みだけど、私は上のソーダブレッドのほうがお菓子っぽくて好き。

Irish Soda Bread


ちなみにこれが私がこよなく愛する Whole Foods のビスケット(Biscuit)。アメリカのビスケットは日本で想像するビスケットとはまったく違い、イギリスのスコーンに近い。ソーダブレッドはこのビスケットみたい。軽くトーストして食べると・・・至福です。

American Biscuit



-+-+-

さて。簡単コンビーフに甘いソーダブレッドで来週は St. Patrick's Day をお祝いしてみませんか?もちろんギネスビールも忘れずに。コンビーフのレシピはこちら。このレシピでなくても、コンビーフのパッケージに書いてある簡単レシピでも美味しくいただけます。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-03-14 14:55 | アメリカのイベント

No.609 Year End Countdown Party 2008

大晦日も三が日も過ぎ、そろそろホリデー気分から復活しなきゃ。年越しの様子を忘れずアップ。


ホリデーシーズンは食べて飲んでの暴挙。そして一年の最後の締めくくりは、去年と同じ大切な大好きなメンバーでカウントダウンパーティ068.gif

Count Down Party



今回のホストはギャブゥさん。前菜からワイン、年越し蕎麦まで用意してくれて本当にありがとう。鮭とれんこんのマヨネーズ風グラタンはみんな大好きな味。あっという間に売り切れ。トマトの豚肉巻きも美味しかったよー。

Count Down Party


和食アレンジがとても上手なchristyさんから、白身魚とほうれん草のパイ包み焼き。バルサミコビネガーとピンクグレープフルーツのソースをかけると、気分はもうレストラン。

Count Down Party


ホリデーシーズン中ずーーーっと食べたかったけど、2人だと大きすぎて買えないハム!アメリカのホリデーシーズンに定番の HoneyBaked Ham に大喜び♪

Count Down Party


私は牛肉の赤ワイン煮を鍋ごと持ち込み。(何が大変って、この汁物を揺れる車で持ってくるのが大変だった・・・。)今回は肩ロース(Chuck)とすね肉(Shunk)を5時間煮込んだんだけど、、どうも毎回味がぼけてしまう。「Veal か Beef Stock をしっかり目に入れる」「野菜をローストして加える」「飲んで好きな赤ワインを使う」「決め手は最後にバターを!」などなど皆さんからのアドバイスを頂いて。ワインにあうお料理だから上手くなりたい。精進しまーす。

Count Down Party


ワインつながりで出合った仲間。Un-oaked のシャルドネ、ヌーヴォーじゃないヴォージョレ、1998 Oroppas に大好きなブルゴーニュと大好きなイタリアの Brunello di Montalcino、リースリングのスパークリング。さすがワイン好きのセレクション。ツボを心得ていらっしゃる。充実そして大満足。

2006 Mer Soleil "Silver" Santa Lucia Highlands Unoaked Chardonnay 2007 Domaine Dupeuble Pere et Fils, Beaujolais 2001 Domaine Yves Darviot, Beaune 1er Cru, Les Greves
1998 St. Clement Oroppas Napa Valley Cabernet Sauvignon 2000 Sesti Brunello di Montalcino Kalinda Riesling Sekt Dry


大晦日までお仕事だったパティシエChicoさんも、夜の22時半に駆けつけてくれる。目の前でバーナーで焦がし入れを披露してくれた鮮やかなジンジャー風味のクリームブリュレ。お正月らしい紅と生姜味が最高!

Count Down Party


やばっ!気がつけばあと20分で新年!?酔っ払い集団をよそ目にギャブゥさん夫婦がせっせと茹でてくれた年越し蕎麦。どんなに満腹でも入ってしまう。これぞ正しい年越し。


Count Down Party




Three, Two, One..... Happy New year !!! 024.gif

Count Down Party



今年のカウントダウン、ギャブゥさんからのお題は「勝負服!」。で、勝負に出てみました。みんなも、素敵アラフォーを目指したゴージャス服や正装蝶ネクタイ。小室哲也のはずがどう見てもMr.オクレにしか見えないCくんに大うけ。パーティの最後には、夫が被っていたアフロをみんなで被りまわし。結果、みんなの手元に残ったのは半分以上がアフロ集団の写真。。私のBESTアフロ賞は Chico さんです(笑)

Count Down Party



今年もこうして同じメンバーで年末年始を迎えられたことに大きな感謝と喜びと。大切な人たちへの「ありがとう」は惜しんじゃいけません。このメンバーへはもちろんのこと、日本の家族、日本の友達、アメリカの友人、夫が会社でお世話になっている先輩方、ワインを通じて知り合った方々、テニスでご一緒している皆様、そしてブログでつながっている皆々様。そう、大切なみーんなへ。

ありがとう。今年もよろしくです。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-01-06 09:35 | アメリカのイベント

No.606 Christmas Day 2008

」 をすっかり書きそびれ今年も残すところあと3日ですが、、、2008年クリスマスの幸せ記録。


今年もパティシエChicoさんにブッシュ・ド・ノエルをお願いしようとご連絡した際、「今年は特に予定もないので、」とぽろっとこぼしたのが幸せの始まり。「じゃ、うちにいらっしゃいませんか?」えぇぇ、いいんですかぁぁ!是非是非伺いますっ♪

25日のChicoさんはサンタクロース並みの忙しさ。注文を受けた7台のブッシュ・ド・ノエルと24個のモンブランを作り、(ギャブゥさんばんずさんが紹介されています)、午後皆さんが取りに来られる合間にクリスマスディナーの用意。そんな多忙な一日の結果、どーんっ、こんな豪華なラム(Rack of Lamb)が登場。

Christmas Party


ええ、もう、絶品。すごーく柔らかくて、スパイスもばっちり。付け合せのブリュッセル・スプラウトとバターナット・スカッシュのソテーも最高。お手製のクランベリーソースをたっぷりかけて頂きました。

Christmas Party


〆のChicoデザートは Chocolate Molten Cake。表面かりっとしっとりチョコレートケーキの中に、絶妙に溶けたチョコレート。甘すぎず深みのある大人の味。これはやばい・・・。美味いー☆「Chicoスイーツの中でも1、2を争うよ」と、チョコスイーツが苦手なはずの夫も絶賛。その言葉でどれだけ美味しいかがよくわかる、うんうん。

Christmas Party


残ったラムやChicoさん手作り石鹸、その他のChicoデザート(チョコレート・トフィー!)など、持ってきたプレゼント以上のお土産をたくさん頂いて。毎度のことながらChicoホスピタリティにどっぷりつかった一日でした。


元気で明るく前向きで頑張りやなChicoさん。周りの人を元気一杯にしてくれるChicoさんは、まさにサンタクロースのよう!お忙しい中、最高のお食事と楽しい時間を本当にありがとうございました058.gif ラムのレシピ、ブログで紹介されるのを待ってまーす♪
Christmas Lights
Ho ho ho!

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-30 09:37 | アメリカのイベント

No.594 ワインコルクでコルクツリー(Wine Cork Christmas Tree)

サンクスギビング週末最終日。もうクリスマスモード突入でしょ、ってことで、クリスマスツリー計画。毎年大きな本物のもみの木を飾るんだけど、今年は Durif が飛びかかったりすると危ないね・・・と、小さめの木を Home Depot で購入。

木は小さいけれどアイディア勝負で。今年はワインのコルクを引っ掛けたコルクツリーに決定。実はこれ、ソノマのあるワイナリーで見かけたアイディアに、夫と2人一目惚れ。工作 DIY 夫婦、お気に入りのコルクを選び出し、黙々とコルクオーナメントを作り続ける。。。バランスよく引っ掛けて、さぁ点灯!お、いいねぇ☆

Christmas Tree


ワインのコルクも、こうして再利用できると毎日飲んでる甲斐があるってもの。

Christmas Tree

お部屋も気分も少しずつクリスマスモード。




Cork & Duck Wreath
去年はこんなコルクリースを作ってました。さて来年は・・・?アイディア募集中です。024.gif

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-05 17:20 | アメリカのイベント