カテゴリ:アメリカのイベント( 86 )

No.836 Mother-to-be, Baby Shower 第2弾♪

2年前にベビーシャワーでお祝いした大切な友達ぎゃぶぅさん。その彼女の2人目の赤ちゃんのために2度目のベビーシャワー。そういうのって、うれしいね。

Y's Baby Shower



出産を間近に控えた妊婦さんを親戚や友人が祝福する Baby Shower (ベビーシャワー)という素敵な習慣。「元気な赤ちゃんが生まれますように」という願いをこめて、みんなで集まって食事をしたりゲームをしたりプレゼントを渡したりする楽しいパーティ。

・・・でも、この日はちびたちも数匹、オシャレにゲーム、なーんて雰囲気にはなりそうになく。それはそれでいいよね。みんなでわいわい、食べて話してお祝いするのが楽しいのだから。

集まってくれたのは、主役のぎゃぶぅさんMiyukiさんfrogfreakさんChicoさんayumin。ほとんどがブログを通じて知り合った友人ばかり。ブログの力にいつも感謝するばかり。


持ち寄られたポットラックのお料理。
f0097972_1314690.jpg


素晴らしきは我らがMiyukiさんのマクロビメニュー。
ガーリック、生ローズマリー、バルサミコビネガーでしっとり味付けされたポートベロマシュルームのマリネ。白ワインビネガーとタイムの彩り鮮やか3色ベルペッパーのマリネ。わかめ、ひじき、あらめの海草3種類に大根やビーツが加わって味噌風味ドレッシングで和えられた海草野菜サラダ

f0097972_13143383.jpg


中でもみんなに大好評だったのが、ナッツや海草をアレンジしてツナ風に仕上げたローフードサラダ Mock Tuna Salad。ひまわりの種、セロリ、グリーンオニオン、海草 Dulse Flakes、生ディルのサラダを、マカダミアナッツ、カシューナッツ、松の実、レモン汁、ガーリックのドレッシングで和えた、こりこり歯ごたえのある香ばしいサラダ。前回に引き続き、どれだけ手がかかってるんでしょう。脱帽です、マクロビ大先生。frogfreakさんの豪快ラザニアも美味でしたー。

f0097972_1316141.jpg


ayuminが大きなルクルーゼで届けてくれたのはロシアの伝統料理ボルシチ。ビーツの赤が鮮やか。コクがあって美味しかったぁ。(後日作ってみたよ。今までで一番美味しいボルシチになりました。ありがとう!)

f0097972_1317486.jpg



じゃーん。箱が開いた瞬間、みんなから「きゃあああ!」と歓喜の歓声。Chicoさん特製ベビーシャワーケーキ。「いつものストローラー型のベビーシャワーケーキではないものを、、、」と趣向を凝らして。シックな茶色とブルーのドットに、ふりふりビブ。キュートなテディベアまですべて手作り。

f0097972_13182712.jpg


中から登場したのは、Chicoさんお得意の絶品ふわふわ苺ショートケーキ。見た目だけでなく、お味も完璧を通り越して悩殺もの。アクセント程度に使われているチョコレートクリームがまた最高。手抜きなし。一同心から大絶賛☆

f0097972_1319968.jpg


オムツでできたダイパーケーキは、ぎゃぶぅさんの旦那Sすけがサッカーマンということで、テーマは「サッカー」。喜んでくれたかな。

f0097972_13195813.jpg



あっという間の楽しい時間。ギャブゥさんから頂いたお返しプレゼントは、ルピシアの Tea Honey と名づけられたハチミツ。緑茶、ウーロン茶、ジャスミン、ブラックティーなど、お茶の香りがブレンドされている。私がもらったのは Green Tea 風味の TOKIO。紅茶に入れて飲むのが楽しみ☆

Durif



1人目のプリンセスの成長を見守りつつ、もう1人の家族の誕生までお祝いさせてもらえて、本当に嬉しい限り。ありがとう、ありがとう。健やかな子が無事生まれますように。

※今回私の写真があまりにもひどかったので、、Chicoさんとぎゃぶぅさんの素敵な写真を拝借しました。ありがとうございます。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-04-24 13:51 | アメリカのイベント

No.835 Easter 2010 ついでにカニオ食べ納めの会

イースターって4月4日なんじゃ、、、5月に入ってしまう前にブログブログ(汗)

今シーズンのカニオ食べ納めに、パティシエChicoさんとぎゃぶぅさんご夫妻をご招待。当日は偶然にも(イエスキリストの復活祭)。テーブルも卵仕様。イースターのパステルカラーって本当にかわいい

Crab Party


デュリフもお出迎え。だれがくるの?テティのママ?ここはボクの席ね。けってい。
Crab Party



-+-+-

卵料理の定番、デビルドエッグ。スモークサーモンとクリームチーズが入ったバージョンと、ホースラディッシュとサワークリームにピクルス入りの2種類を用意。豪快に手でつまんでぱくっ。

Crab Party


もう一品は、旬だったグレープフルーツを使って、白身魚と春野菜とグレープフルーツのグラタン。グレープフルーツの酸味が甘口ホワイトソースでまろやかに。ほくほくの鱈、生から茹でた筍、これまた旬のアスパラガスの食感の違いも楽しい。さすがYOMEちゃんレシピ

Crab Party


その他、職場でのイースターパーティのおすそ分けとChicoさんが持ってきてくださったスモークサーモンや豆サラダ、ぎゃぶぅさんが持ってきてくれた鴨のパテと2種類のバゲットも並んで、なんとも豪華なイースターパーティに!

Crab Party


でも、この日の主役はカニオ、キミなのですよ。今回も夫に頑張ってごしごし洗ってもらいました。(実はイースター当日はあいにくの悪天候。港までは行ったものの船からは直接買えず、隣のフィッシュマーケットで購入。でも、大きくて活きのいいカニオブラザーズだったので一安心。)

Crab Party


合掌。今シーズン最後のカニオも美味でした。

Crab Party


そしてデザートはChicoさんの苺ショートケーキ!!!前日誕生日だった夫と、近かったSすけの誕生日のろうそくも立てて。せっかく作ったバースデープレートを忘れてきちゃったChicoさんはいつものご愛嬌(笑)。甘さはちょうど日本人好み。ふわっふわのスポンジは、何度食べても最高に美味しい。豪華前菜とカニオの後でも、みんなぺろりと完食。

Crab Party



-+-+-

この数週間前に遊びに来てくれたW夫妻としゅうくん夫妻もありがとう。(まったく同じ前菜メニューでした。ネタばれ。)しゅうくん奥様の里芋の炊き込みご飯はやばかった。ほくほく里芋と蟹にぴったりの薄味仕上げ。Mちゃんのお手製デザートも美味しかった!元気な赤ちゃん、楽しみにしています♪

Crab Party

-+-+-


蟹といえば白ワイン。この日蟹にあわせた白ワインで印象的だったのは、ぎゃぶぅさんが持ってきてくれたソノマの Tandem Winery のシャルドネ。2002年という適度に熟成された感じがツボにはまる。しゅうくんたちと飲んだフランス・ロワール地方 Gerard Boulay のサンセールも、ソーヴィニヨンブランにしてはリッチでミネラル感もあり、すごくお気に入りだった1本。

2002 Tandem Forter Bass Vineyards Russian River Valley Chardonnay 2007 Gerard Boulay "Clos du Beaujeu" Sancerre Chavignol



今シーズンの蟹は小さめでいまいちと聞いていたけれど、蟹は蟹。みんなで食べれば美味しいに決まってる。飲んで食って大宴会。来年もまた一緒にカニオパーティしましょうね、みなさん024.gif
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-04-21 01:56 | アメリカのイベント

No.819 St. Patrick's Day 2010

3月17日は、緑のお祭りセント・パトリックス・デイ (St. Patrick's Day)。アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。アメリカでも比較的大きなイベントで、当日はみんな緑の服で街に繰り出す。

St. Patrick's Day に食べるものといえばコンビーフ(Corned Beef)。日本の缶詰コンビーフとは違い、本場コンビーフは塩漬けにされたでっかい肉の塊。こんな感じのパック入りが主流だけど、家族2人だと大きすぎるので、今年は Whole Foods で1パウンド(450g)だけカットしてもらう。部位は Brisket Flat。時間はかかるけれど、野菜と一緒にひたすら煮るだけ、特別な調味料も必要ないのでとーっても楽ちん。コンビーフのレシピはこちら

St. Patrick's Day
Whole Foods の人に写真撮ってもいい?と聞くと、Facebook にでも載せるの?と笑われました。。


St. Patrick's Day に欠かせないのが黒ビール。うちはむしろビールが主役!ギネス以外の濃いアイリッシュビールが飲みたい、という夫の希望により、初ブランドの Irish Stout、BEAMISH。(でもギネスのほうが美味しかった。)

St. Patrick's Day

たっぷりのサワークリームとホースラディッシュ(西洋わさび)を添えて。うん、美味♪ でも、コンビーフって縮んでしまうので、1パウンドじゃ足りなかった。



-+-+-

この日のデザートは Sprinkles Cupcake。St. Patrick's Day バージョン。

Sprinkles Cupcakes


なんと緑色の Green Velvet 015.gif (色が濃すぎてよもぎみたいに見えますが、、、汗)

Sprinkles Cupcakes


味は、赤い Red Velvet とまったく同じほのかなチョコレート味。フロスティングはクリームチーズ。右奥の Shamrock がのってる方は Irish Chocolate。ベルギーのダークチョコレートのカップケーキに、リキュールで有名な Baileys アイリッシュクリームのフロスティング。ベルベットのほうがほのかなチョコ味で個人的には好き。舌、、、緑かなぁ。鏡を見るのが怖い。(ちなみに、Green Velvet は Whisper でタダでもらっちゃいました。ラッキー、笑。)


来年も再来年も、こうして美味しく祝えるといいね、夫&Durif 001.gif
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-03-18 16:01 | アメリカのイベント

No.806 プレーリードッグじゃないよ Groundhog Day (グラウンドホッグデー)

明日2月2日は Groundhog Day (グラウンドホッグデー)。アメリカ在住4年目にして、何のイベントだかお祭りなのか、実は知らないことに気づき調べてみた。


Wikipedia によると、グラウンドホッグデーは春の訪れを予想する天気占いの行事。グラウンドホッグは2月2日に冬眠から目覚めるが、穴の外に出て自分の影を見ると、驚いて巣穴に戻ってしまうそう。

晴れ058.gif -> 自分の影を見て驚き、巣穴(冬眠)に戻る -> 「冬はあと6週間は続くだろう」
曇・悪天候057.gif -> 影がないから、冬眠から覚めて外に出る -> 「は間近に迫っている」

つまり、2月2日の天気によって春の訪れが決まるということ?それとも、2月2日の天気に関わらずグラウンドホッグの行動によって決まるの?難しい天気占いだなあ。(理解できない私の頭が弱いのか。。)


まあ、いいや。
この子がグラウンドホッグ。もこもこでとってもかわいい。プレーリードッグみたいと思ったら「グラウンドホッグを飼育していない動物園などでは、プレーリードッグやミーアキャット、ハリネズミなどを代用することもある」らしいので、同種なのだろう。ベイエリアの動物園でも何かイベントあるのかな。


明日のベイエリアは雨模様057.gif ということは、もう春近し。確かに桜にそっくりなアーモンドの花もぼちぼち満開。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-02-02 09:24 | アメリカのイベント

No.805 盛り上がり必至!プレゼント争奪ゲーム White Elephant Gift Exchange

ホリデーシーズンに登場するアメリカのポピュラーなお遊び White Elephant Gift Exchange (ホワイト・エレファント・ギフト・エクスチェンジ)ってご存知ですか?これ、ちょっとユニークなプレゼント交換のゲームで、しかも、とーってもとーっても盛り上がる!024.gif

Doteni Girl's Night

ルール
・1人1つプレゼントを用意する。(10ドル程度など簡単なもの、要包装)
・プレゼントを開封する順番を決める。(くじで番号決め、または時計周り)
・まず1番目の人がプレゼントを1つ選んで open する。
・2番目以降の人は、以下のどちらかを選べる。

  1) 前の人たちが開封した中に欲しいものがあれば steal できる。
  2) まだ未開封のプレゼントを open する。

・プレゼントを steal されてしまった人は、続けて上と同じことをできる。(steal or open)
 ただし、自分の steal されたばかりのプレゼントは取り返せない。
・1つのプレゼントにつき、steal は3回までしか行えない。
 3回 steal されたプレゼントは "dead" あるいは "safe" と呼ばれ、最後に steal した人の物として確定する。

この「steal (奪う)」がポイント。単なるプレゼント交換ではなく、他人に当たったものが欲しければ奪えてしまうという容赦ないゲーム。逆に、自分のプレゼントも他の人に奪われる可能性があり、最後までどきどき、気が抜けない。


そもそも White Elephant は、「無用の長物、維持費だけかかって持て余すもの」という意味の英語の慣用句。(昔、タイの王が白い象の中でも見た目の悪いあまり価値のない象を敵への贈り物として献上したのを起源とする。贈られた側は粗末に扱うこともできず維持費がかさんでやがて破綻してしまう、それが目的でわざと白い象を贈ったと言われている。)

そんな訳で、プレゼントは、安くてウケ狙いで、むしろ「そんな物貰っても困るんだけど、、、」みたいなものでも面白い。もちろん、みんなが欲しいと思うようなプレゼントのほうが、奪う奪われるの攻防は壮絶。6人くらい集まれば十分楽しめ、大人数になればさらに争奪戦になり盛り上がること請け合い!


参考:
White Elephant Gift Exchange
http://en.wikipedia.org/wiki/White_elephant_gift_exchange





-+-+-

そんな White Elephant を、先日気の合うテニス仲間との新年会で提案。しかも旦那抜きの女子会!ビールもカクテルもジャンクフードもデザートも食べたい放題。ただでさえ盛り上がる女子会、酔っ払った状態での白いゾウさんゲームは大騒ぎの壮絶を極める・・・。

Doteni Girl's Night
一度は私のところにやってきた手作りのあみぐるみ。
手足が長くていろんな癒しポーズをとらせられる。しかも黒猫。しかも黒猫。
喜んだのもつかの間、最後の最後で奪われ・・・・・ぬおぉぉぉー!!!(涙)


リベンジ必至です。


※送り迎えしてくれた夫を始めとする優しい旦那様方、本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。にこっ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-01-26 09:54 | アメリカのイベント

No.794 Year End Countdown Party 2009

毎年のことながら明けましておめでとうございますと前後しながら、楽しい記憶はちゃんと残しておきましょう。


今年の年越しは、ブログを通じて知り合ったhaustinさん夫妻と、共通の友達だったことが発覚したMちゃん&Mシャルを招いて。haustinさんもMちゃんもアメリカでばりばり働く超キャリアウーマン。旦那様方は優しいアメリカ人。カウントダウンパーティの始まり068.gif

Count Down Party


いろんな種類のチーズをワインと楽しみたい!という私の我がままで、ずらり並んだチーズ各種。ブリー、ブルー、ゴーダ、ダッチ、チェダー、ハーブゴート、クリームチーズ、、、果物やドライフルーツ、ナッツ、フィグのジャムとあわせていろんな楽しみ方。Milk Pailで美味しいチーズを選んできてくれてありがとう、Mちゃん!

Count Down Party


そろそろメインディッシュの登場。大晦日のハーフムーンベイで仕入れてきたカニオブラザース。みんなに「きゃー!」と喜んでもらえるのが楽しみでして(笑) 恒例の、夫の蟹洗い&茹でパフォーマンスが終了し、

Count Down Party


はい、出来上がり。カニオ(三男)。ブルゴーニュのシャルドネ 2001 Anne Gros は古く枯れた感が好評。カリフォルニアの Robert Biale のソーヴィニヨン・ブランは初めて聞くワイナリーだったけど、すっきりきりりと果実味豊かで、こちらもカニオによく合ってお気に入り。

Count Down Party


さらにこの日のもうひとつのメインディッシュ!haustinさんの旦那様が作ってくれたハム。8パウンド(3600g)!新生児並。日本のハムとはかけ離れた、でもこれがアメリカの王道ホリデーディッシュ。ブラウンシュガーとシナモンでグレイズされて、もー、たまらなくいい香り!

Count Down Party

めったに食べられない特大級の美味ハムに舌鼓を打つ私たちと、肉に食いつくアメリカーンな旦那様を尻目に、・・・・・黙々と蟹味噌を食べ続けるhaustinさんとMちゃん。しばらくの間、一言もしゃべらなかったね。。そこまで堪能してもらえればカニオも本望。




話に花が咲いてるうちに、2009年も残り30分!急げーっ!とばかり年越し蕎麦を茹で、

Count Down Party


haustinさんが持ってきてくれた Gosset のシャンパンも注いで、

Count Down Party


旦那陣 「じゃ、乾杯しようか」
女性陣 「違ーう!蕎麦を食べるのが先なのー!蕎麦は年内に食べなきゃだめなのー!」

なんて国際結婚ならではの漫才を聞きながら蕎麦をすすり(やはりずずずっと幸せそうに食べるのは日本人勢のみ)、TVのチャンネルをニューヨークのカウントダウン(録画)に合わせ、


ThreeTwoOne、、、、、Happy New Year


ここでチュ053.gifってしちゃうのがアメリカ人。はうー。(照れ///)



-+-+-

今年はお近づきになれて本当に楽しかったです。ぽてぽて専業主婦してる私にとって、活き活きと仕事を楽しみ、とっても美人でスタイル抜群のhaustinさんとMちゃんは、まぶしくて刺激的な存在。永住組み同士、これからもよろしくね。

※こういうことしてるから御節作れないんだよなー。作っても贅沢な leftover がたっぷりだから食べられないし。うん、仕方ない仕方ない。(言い訳。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-01-04 07:30 | アメリカのイベント

No.790 Christmas Day 2009

毎年クリスマスには、夫とお小遣いを出し合って、ちょっといいワインを飲むことにしている。今年選んだのは、フランス、ボルドー5大シャトーのひとつ 1994 Chateau Haut-Brion (シャトー・オー・ブリオン)。5大シャトーの中で、ムートンやラトゥールを産出するメドック地区ではなく唯一グラーブ地区から選ばれたワイン。

ワイナリーが提示する飲み頃が2000~2010年なので、2009年の今年はまさに飲み頃。15年も経っているのにまだ力強さが残っていて驚く。後味が驚くほど長い。時間をかけると優しくまろやかに。これだからワインは奥深い。

Christmas Dinner


合わせたのはラム。ワイン単体で飲むよりも、チーズより何より肉と合わせるとぐんっとワインが美味しくなる。時折こうして食とのマリアージュの大切さを再認識させられる。(それにしても、、、肉って難しい。こういう豪快な肉料理は慣れていないから、火の通り具合が難しくて苦手。肉を上手に焼ける人、尊敬、募集。)

Christmas Dinner




Black Cat
今年も素敵なワインが飲めました。そして今年もあと数日。
ありがと、夫。おつかれ、自分。らぶ、デュリフ。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-12-30 04:19 | アメリカのイベント

No.789 近所でクリスマス・ライトアップツアー@Foster City

ローカルネタですが。

友人あるさんからの情報で、フォスターシティのクリスマス・ライトアップが美しい家々を "勝手にコンテスト" してるブログを拝見。フォスターシティの住宅街は円形状に入り組んでいる上に行き止まりが多く、自分が使う通り以外はまったく土地勘がなく未知の世界。なので、住所つきの情報は嬉しい。

Vote for the Best Foster City Lights -- 2009
http://fostercityblog.com/2009/12/vote-for-the-best-foster-city-lights-2009/

クリスマスイブの夜、気分盛り上げに行ってみよー072.gif


-+-+-

細やかな白の立体電飾と、窓を彩るカラフルな縁取り電飾の対比がきれいな、大通り沿いのお家。
Christmas Lights


家をジンジャーブレッドハウスのように色鮮やかに縁取って。(美味しそう。)
Foster City Christmas Lights


私は白一色のシンプルなほうが好きなんだけど、写真的にはカラフルで大きな電球のほうが映えるんだとか。なるほど。
Foster City Christmas Lights


縁取り電飾がベスト☆だったおうち。屋根にはサンタのヘリコプター。
Foster City Christmas Lights


サンタがバスケットをしたり、ジンジャーブレッドがトランポリンしたり、ペンギンが池に飛び込んだり、動きのある電飾で溢れてる。すごいすごい!
Foster City Christmas Lights


今年の人気投票で1位に輝いたおうち。全体感もさながら、窓の外からクリスマスツリーを見せる演出と、庭のポインセチアとのバランスが絵になる。
Foster City Christmas Lights


サンタとトナカイのシーソー。もちろんばったんばったん動いてます。背後の電飾もサーカスのようにきらびやか。
Foster City Christmas Lights


夫お気に入りのサンタさん。うへ。
Foster City Christmas Lights




クリスマスイブの夜。小さい子供を連れた家族も、夜道を散歩しながらライトアップを楽しんでいました。やはり光の量が多ければ多いほど、目に留まって豪華絢爛。どこの町にも頑張ってる家々ってありますよね。見て楽しんでもらえることが、モチベーションになるのでしょう。年末頃まではやっているかもしれません。お近くの方は是非♪

今回見て周ったおうち(巡りやすい順序で):
747 Neptune Ln, Foster City (※シーソー)
1098 Edgewater Blvd, Foster City (※1枚目)
515 Pitcairn Dr, Foster City
1259 Corsica Ln, Foster City
711 Anacapa Ln, Foster City (※ジンジャーブレッドハウス)
1052 Windjammer Cir, Foster City (※サンタのヘリコプター)
999 Flying Fish St, Foster City (※2009年人気投票1位)
394 Pompano Cir, Foster City
Gull Park, Foster City (※対岸のライトアップが水面に反射、残念ながら写真なし)


-+-+-

アイディア賞?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-12-27 10:12 | アメリカのイベント

No.783 ワインコルクでコルク鍋敷き(Wine Cork Trivet)

毎日飲んでは溜まっていくワインのコルク。今年の工作DIY倶楽部は鍋敷きに決定。
※倶楽部と言っても今年は夫が単独で作成。ほんと、楽しむことに関する才能は頭が下がります。

Corks

もう一回り小さくすれば、コースターも出来そう。2つ作ったそうなので、欲しい方いらっしゃいます?



2008年のコルクツリーはこちら
2007年のコルクリースはこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-12-13 03:46 | アメリカのイベント

No.782 クリスマスツリー狩り(Christmas Tree Farm)

サンクスギビングが終わると、文字通りにょきにょき出没し始めるクリスマスツリーファーム。スーパーやHome Depotでもツリー用の生木を売り始める。

これまで、自分たちで切るパターンと、既に切られている木を買うパターンを経験。既に切られている木を買うほうが、「近くで手に入る」「安い」「家まで持って帰りやすい(落とす心配が少ない)」というメリットがあるけれど、自分たちで切るほうが「新鮮、長持ち、枯れにくいから葉が落ちない」。何より夫が主張したのが、「楽しいじゃん!」。そんな訳で、「高いよぉ、、倍ぐらいするよぉ、、、」とぶつぶつ言う私を引っ張り、今年は山へツリー狩りに。


自分でのこぎりで切るクリスマスツリーファーム。CA-92沿いにある Santa's Tree Farm。入り口で、敷地の地図と価格表、のこぎりをぽんと手渡される。

Christmas Tree Farm


クリスマスツリー用の木には様々な種類がある。値段は木の種類によって異なる。サイズは関係なし。

 濃い緑色のダグラスファー (Douglas Fir) ※2006年はこれ
 最も強い香りのするグランドファー (Grand Fir) ※2007年はこれ
 あまりもこもこしていない珍しい形のレッドウッド (Redwood) ※今年はこれ
 枝がもこもこのモントレーパイン (Monterey Pine)
 枝がつんつんしているノーブルファー (Noble Fir)
 平べったい葉っぱのホワイトファー (White Fir)

今年は、今まで選んだことのないレッドウッド。たくさんの木の中から好みの木を見つける。ここ、木の大きさは値段に比例しないので、せっかくだからと、つい大きな木を選んでしまう。

Christmas Tree Farm


交代でぎーこぎーこぎーこ、、、、

Christmas Tree Farm Christmas Tree Farm


切れたー!でもでかい!!夫の身長より大きく、なんと 2m30cm!

Christmas Tree Farm



ネットをかけてくれる作業所まで運ぶ。巨大なネットに包まれ、いっちょ上がり。後は車の屋根に括りつけて、CA-92の山道を慎重に慎重に運転。

Christmas Tree Farm




-+-+-

てっぺんはとてもじゃないけど届かないので、初めて脚立に乗って飾りつけ。でも、ツリーが大きい分、明かりも飾りもすかすか。まぁ、今年は仕方ない。アフタークリスマスセールで買い足して、来年に臨もう。(※背後のTV大河ドラマは夫のネタ。)

Christmas Tree


点灯☆気分も盛り上がるってもんです。

Christmas Tree


渡米最初の年にうちにやってきた、ナットクラッカーのなっちゃん。愛着。

Christmas Tree





Santa's Tree Farm
http://www.santastreefarm.com/
78 Pilarcitos Creek Road
Half Moon Bay, CA 94019

値段はサイズに関わらず、Monterey Pine $45.76、Grand Fir、Douglas Fir、Redwood $54.92、Noble Fir、White Fir $68.65。ネット代 $3.00。$2.00 Off のクーポンあり。


経験から学んだうんちく:
・ちくちくするので軍手必須。車を傷つけないために、シートや毛布があるとよい。
・木を切るとき、根元の葉のついてない部分は長めに取っておいた方が、スタンドに立てるときも、その後の水遣りも断然楽!
・木をツリースタンドに垂直に立てるために、切り口は木と垂直に切ったほうがよい。
・ネット作業所では、ツリーにネットをかけて車に括りつけてくれる。(お世話になったらチップを払いましょう。)でも、ネットをかけてくれる作業場までは自分たちで運ばなければならないので、普通車のうちは大変にならないよう、出来るだけ作業場の近くに生えている木を選んだ。
ネットはしてもらうのをお薦め。家に運び込んでツリースタンドに立てるまでネットが付いていると、コンパクトで作業がやり易い。
・ツリースタンドは、幹の直径より少し大きめのものを選んだほうが水遣りが楽。
・生ツリーは1日に1リットルから3.7リットルもの水を飲むので、水を切らさないよう気をつけてあげる。


ハーフムーンベイ以外のクリスマスツリーファーム情報はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2009-12-11 15:50 | アメリカのイベント