「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:アメリカのイベント( 86 )

No.1274 St. Patrick's Day 2013

カトリックの祭日 St. Patrick's Day(セント・パトリックス・デイ )。アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日で、みんなが緑色やクローバー(Shamrock)の物を身につけてお祝いする日。

今年もコンビーフを3時間かけてコトコト煮込み、

St. Patrick's Day


家族みんなで緑の洋服を着て St. Patrick's Day ディナー。今年のヒット野菜はフェンネル。甘ーい。

St. Patrick's Day


この日に欠かせない大好きなソーダブレッドは、サンフランシスコのアイリッシュベーカリー John Campbell's Irish Bakery にて(こちら)。St. Patrick's Day 前日だったので、店頭には山盛りのソーダブレッド。

John Campbell's Irish Bakery

今年は Irish Raisin Soda Bread(レーズン入りソーダブレッド)。前回の Irish Brown Bread(全粒粉ソーダブレッド)に比べ、レーズンとバターたっぷりで甘みもあり、スコーンに近いパン。我がままを言うと、2つの中間くらいの感じがいいのにな。外はざくざく、中はみっちりふわっと、柔らかい甘さ、の感じがぴったりくるソーダブレッド。

St. Patrick's Day


美味しかったね。また来年。数年後には学校で「レプラコーン(緑の妖精)を捕まえる罠を作る」宿題なんかをもらってくるようになるのかな。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2013-03-20 09:23 | アメリカのイベント

No.1248 Christmas Day 2012

今年のクリスマスはちょっと特別。うちの子ちょうど1ヶ月になりました。





本当に目まぐるしい日々で。「育児はまずは1ヶ月」と言われる1ヶ月をようやく乗り切り、クリスマスだもん、ご褒美。

La Boulange のブッシュドノエル。ロールケーキではなく、ミルクチョコとダークチョコの2層ムース仕立て。土台のスポンジがぱさぱさで残念だったけれど、濃厚チョコはおいしゅうございました。これはランチ。

Bûche de Noël

Bûche de Noël


ディナーも去年のようにチキンを焼く余裕はなく、Safeway でロテサリーチキンお買い上げ。

Christmas Dinner


食後のデザートは Safeway のカップケーキ。日本人ならドン引きしそうな極彩色の激甘フロスティング。夫婦揃ってうちはこういうのも大好き。ぺろり。

Christmas Dinner


-+-+-

連日ご褒美ケーキ。疲れた体は甘いものを欲するんだよなあ、うんうん。

Paris Baguetteショートケーキと抹茶シフォンケーキ。シフォンは軽いというより肌理が粗くてすかすか。個人的にはもっとみっちり詰まったシフォンケーキのほうが好き。でも幸せ。

Paris Baguette


夫の会社のカフェテリアのブッシュドノエルとバナナ&カラメルムースのサブレ・ブルトン。このカフェテリアのスイーツは定評があって、甘さとしょっぱさのバランスが取れたサブレ・ブルトンとカラメルムースの相性はなかなか秀逸。幸せ。

Oracle 300 Pastries


夜中に唐突に食べたくなって24時間営業のサンマテオの Heidi's Pies。一気にパイ4種類。カスタードは中華のエッグタルト風。大好きなサワークリーム・チェリーは相変わらず美味しかったけれどちょっと小さいしサワークリーム少なめで不満。お気に入りは濃厚パンプキン・クリームチーズ。クラストもパイによってパイ生地だったりタルトだったりグラハムだったり。Extra Whipped Cream までもらって、幸せ。

Heidi's Pies


2012年のクリスマスの思い出。来年のクリスマスはどんな日を過ごしてるでしょうね。皆さんも楽しい(忙しくない)クリスマスを過ごされたことを願って。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-12-28 07:42 | アメリカのイベント

No.1243 Thanksgiving 2012

サンクスギビング。感謝祭。今年もパティシエChicoさんのサンクスギビングディナーにお呼ばれ。感謝☆

Thanksgiving Dinner


おうちに到着したときには既に15ポンド(6.8kg)のターキーがこんがり焼きあがっており、家中がいい匂い。

Thanksgiving Dinner


洋ナシとクランベリーの入ったグリーンサラダに、別の種類の洋ナシとナッツ&ゴルゴンゾーラ&はちみつのさくさくパイ生地ガレット。美味しくてもここで食べ過ぎてはいけない。我慢がまん。

Thanksgiving Dinner


これまた毎年恒例Chicoさんの見事なナイフ捌きの解体ショーで、

Thanksgiving Dinner


美しく切り分けられればターキーも本望。

Thanksgiving Dinner


Chicoさんのサンクスギビングディナーはお手本のような王道メニュー。今年は甘く煮込んだヤム芋のグラッセ、Chicoさんの旦那様マークのご希望でブラックアイドピーとベーコンの煮込み、ブリュッセルスプラウトのソテー、栗とマッシュルームとリーク入りスタッフィングは今年はブレッドプティング風で大好評。お手製クランベリーソースとグレイビーソースを添えればなんて豪華な盛り合わせ。Chicoさんのターキーは絶妙な焼き加減で、ターキーとは思えないほど胸肉までとってもジューシー。たっぷりの溶かしバターのお影で表面もぱりぱり!お手製クランベリーソースとグレービーソースも欠かせない。

Thanksgiving Dinner



はちきれんばかりに食べて、しばし休憩、、でもパティシエChicoさんのデザートは別腹。パンプキンパイ。アメリカのパンプキンパイのようにスパイスが効きすぎていないので馴染みやすい。甘すぎず控えすぎず、パイ生地までさっくさく。パンプキンパイが苦手だった夫も、このパイにはうなりっぱなし。そして私は今年も2切れぺろりと。

Thanksgiving Dinner


ターキーのウィッシュボーン。ウィッシュボーン(Wishbone)とは、松葉のように二股に分かれた鶏の鎖骨のこと。この骨の両端を2人で引き合って、長いほうを取ると願い事がかなうという遊び。今年のウィッシュボーン対決、勝利!Chicoターキーのお影でいい年になりそう。

Thanksgiving Dinner



*`*`*`*`*

Autumn

"I'm thankful for my husband, my family, my friends, my beloved Durif, good health, wonderful Thanksgiving meal and Today." 多くの人々と、私が今ここにこうしていられるすべての環境に感謝、の日。皆さんにも暖かい冬が訪れますように。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-11-24 15:43 | アメリカのイベント

No.1241 夢いっぱいのミニチュアタウン Hyatt Regency Snow Village Display@San Francisco

クリスマスツリーのライトアップイベントが行われた Hyatt Regency San Francisco。ホリデーシーズンの見所のひとつが、ミニチュアタウンのディスプレイ Snow Village Display

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


Department 56 というミニチュアブランドのコレクター Len Connacher 氏のコレクション。毎年ハイアット・リージェンシー・サンフランシスコのメインロビー Atrium Lobby を冬景色で彩るのだそう。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


2012年のテーマは Small Town USA.

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


ひとつひとつのミニチュアに明かりが灯り、

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


ダウンタウン、郊外、港町、動物園など、物語が繰り広げられる。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


小さなおうちの中にもクリスマスツリー。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


移動遊園地はちゃんとくるくる動くし。楽しげに眺める人たちまでなんて細やかさ。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting



ミニチュアファンならずとも見入ってしまう emoticon-0171-star.gif 夢のミニチュアタウンの世界はいかが?

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


2012年11月16日~12月31日までの間、1日3回夕方4時・6時・8時、ロビーに .。.:*・゚ 雪 .。.:*・゚ が降り注ぎます。あわせてどうぞ。

Hyatt Regency San Francisco
http://sanfranciscoregency.hyatt.com/hyatt/hotels-sanfranciscoregency/news-details.jsp;jsessionid=B2B1F3A445BD888210EFDA2E98B5FE45.atg06-prd-atg2?newsId=48712208
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-11-19 14:25 | アメリカのイベント

No.1240 ホテルできらきら☆クリスマス Hyatt Regency Tree Lighting Ceremony@San Francisco

ホリデーシーズン到来。サンフランシスコにあるホテル Hyatt Regency San Francisco のクリスマスツリー・ライトアップイベントへ。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


ハイアット・リージェンシー・サンフランシスコのメインロビー Atrium Lobby はギネスブックにも登録されている世界一広いホテルロビーだそうで、その広いロビー一面が胸躍るホリデー仕様にデコレーション。可愛く繊細なミニチュアタウンも登場。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


高さ30フィート(9m)のクリスマスツリーとイベントステージ。余裕を持って1時間ほど前に到着していたので、よい場所に陣取り、リハーサル風景もゆったり見れて。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


イベントは SF Gay Men’s Chorus によるクリスマスソングコーラスでスタート。振り付けも入った賑やかなコーラスに観客ものりのり♪

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


このイベントに来たい!と思ったきっかけ、サンフランシスコのモダンバレエ団 Smuin Ballet(スムイン・バレエ)。ミュージカルダンサーでもある aqua_blueYさんのブログを拝見して以来、とっても観たかったバレエ団。バレエだけでなくモダン、タップなど次々と。次は是非本当のステージで。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


最後にディケンズ衣装のクリスマスキャロルを聴いた後、大きなスイッチを囲んで、観客全員でライトアップのカウントダウン。"Three!Two!One・・・!"

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting


雪のように枝垂れ落ちる3万個のライトとクリスマスツリーが一斉に点灯!ロビー中が大歓声 emoticon-0171-star.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0171-star.gif

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting



こうしてサンフランシスコ各地で行われるクリスマスツリー点灯イベント。毎年、「寒いだろうなぁ、混むだろうなぁ、駐車場大変だろうなぁ」と重い腰を上げられなかったけれど、去年まで来なかったことを後悔するほど印象に残る素敵なイベントでした。外に出ると、同日点灯式だった Embarcadero Center のビルも恒例の縁取りライトアップ。今年一杯楽しませてくれますね。

Hyatt Regency Christmas Tree Lighting



-+-+-

その他も続々、2012年サンフランシスコ・ベイエリアのミネーション&ライトアップイベントは以下。
(Stanford Shopping Center や Santana Row は既に終了。早っ。)

11/18(日) Pier 39 Tree Lighting Celebration
11/20(火) “Snowflakes on Market” 2012 Lighting Ceremony
11/23(金) Ghirardelli Square Tree Lighting Ceremony
11/23(金) Macy’s Great Tree Lighting 2012 in Union Square
11/23(金) Christmas in the Park 2012: Opening Night in San Jose

11/26(月) Castro Tree Lighting Ceremony 2012
11/27(火) 555 California Holiday Tree Lighting 2012
11/29(木) Ritz Carlton Tree Lighting Ceremony 2012
12/01(土) 2012 Holiday Celebration & Tree Lighting At City Hall in Alameda

12/04(火) San Francisco City Hall Tree Lighting Ceremony
12/06(木) 83rd Annual Holiday Tree Lighting in Golden Gate Park

Durif
4年前のでゅ。ずいぶん大きくなったから、もうこの衣装も入らないかも、汗、、
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-11-18 15:43 | アメリカのイベント

No.1223 ハロウィンチップス(Hello Again! Halloween Chips)

ガラスのパンプキンに引き続き、毎年店頭に並ぶのを楽しみにしているのが、コレ。BOO CHIPS。口を開けたオバケの形をしたポテチ。アメリカのざくざくポテチより日本のポテチより更に薄くて軽くて、さくさく食べれちゃう。(以前ハロウィンパーティの飾りにも使ってみた。)

Halloween


こちらは Cost Plus World Market で売られているトルティーヤチップス。かぼちゃ(オレンジ)、オバケ(白)、コウモリ(黒)の3色でかわいい☆(ハロウィン直前になるといろんなお客さんに触られるからか、袋の中でばりばりに壊れてしまっていて無念なのですが。)

Halloween

ハロウィンにむけて Trick or Treat のお菓子商戦も大加熱中。特大袋で山積みされたお菓子たち。もらう行為は楽しいものの、すべてを子供に食べさせる訳にもいかず、パパママが食べたり、会社に持っていったりするそうですね。。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-09-20 01:42 | アメリカのイベント

No.1222 きらきらガラスのパンプキン(Glass Pumpkin Patch)@Palo Alto

毎年毎年、季節先取りが早すぎるよと思うアメリカですが。(9月にはハロウィン&サンクスギビング、はたまたクリスマス用品が店頭に現れ始めるし。)

「今年もハロウィンの季節だなぁ」と実感するのが、スタンフォード・ショッピングセンターのガラスのパンプキンたち。

Halloween



これは Walker & Bowes というガラス工房が毎年展示する Glass Pumpkin Patch。色とりどりにキラキラ光る中から自分のお気に入りを選ぶ楽しみは、まさにパンプキンパッチ☆

Halloween


本物のパンプキンパッチもそろそろ準備を始めている模様。久し振りにハーフムーンベイへ自分だけのお気に入りパンプキンを選びに行こうかな。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-09-17 23:42 | アメリカのイベント

No.1203 Independence Day 2012

4th of July。毎年恒例の独立記念日の野望は、「ジャンキーなフライドチキンを喰いまくる」。これまで Nob Hill Foods、Whole Foods と食べてきたので、今年は Safeway。Whole Foods はお上品すぎ、Nob Hill はかなり塩分こしょう強めだったので Safeway 案外いいかも。カリカリジャンキーなフライドチキンをむっしゃむっしゃ。ごちそうさま。

Fried Chicken
どーん。幸せ。



-+-+-

今年は独立記念日パレードを見に朝からレッドウッドシティへ。市、警察、消防、学校、カルチャースクール、NPO、地元の様々な団体が趣向を凝らしてのパレード。

Redwood City Independence Day Parade


練習の様子も伺え、期待以上。に着飾った周りの観客のファッションがまた楽しくて。ちっちゃい子やワンちゃんたちのバンダナも可愛い

Redwood City Independence Day Parade

実は、この日は最悪な出だし。「いつものパブリックパーキングに停めよう」くらいの考えは甘すぎた。ダウンタウンへの主要な道はすべて立ち入り禁止、私が駐車場事情を調べて行かなかったものだから、迷走に迷走を重ね、夫との車内は超険悪ムード、、、次回はもっと早く到着するか Cartrain で、涙。


-----

夕食にフライドチキンを堪能した後は、花火観賞に出発。去年同様、サンマテオやベルモントの高台から眺めようと観賞ポイントに向かったものの、今年はすごい風と霧。これは厳しい、、と急遽行き先変更。急げ~。向かったのはサンカルロスの土手。正面にレッドウッドシティの花火が上がるはず!

見えなかったらどうしよう、の心配は杞憂に終わる。既に多くの人が寒さの中で待ち体制。

Independence Day


どーん☆花火開始~。

Independence Day


レッドウッドシティの花火は財政難と聞いていたからフォスターシティより規模は劣るかなと思っていたら全然。かなり充実した打上げ花火。遥か遠くにマウンテンビュー Shoreline Amphitheatre の花火やイーストベイの花火、振り向けばフォスターシティの花火もちらほらと見え。

Independence DayIndependence DayIndependence Day
Independence DayIndependence DayIndependence Day


途中で幻想的な月も昇り、風情。

Independence Day


毎年恒例の風物詩。今年も観に来てよかった。夫も写真お疲れ様。

Independence Day

San Carlos 観賞ポイント:
サンカルロスのUS-101の北側、飛行場 Hiller Aviation Museum を通り過ぎ、Skyway Road, San Carlos, CA を突き当りまで進むと、広い湿地と土手に突き当たる。オフィス街なので駐車場も充実。



さ、来年はどこのフライドチキンを食べよう。(先日KFCを食べてちょっとがっかりだったので、、Popeyes とか?)そしてどこから花火を眺めよう。

Durif
ボクのカリカリもなかなかのものですよ。鳥さんとならかえっこしてあげてもいいですよ。

おまけ。人気とは、つまりこうなる。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-07-06 07:05 | アメリカのイベント

No.1197 サンフランシスコ・ゲイパレードの虹の旗(Rainbow Flag in SF Pride Parade)

今週末はサンフランシスコのゲイパレード・ウィークエンド。ニューヨークと並んで世界的にも大々的なゲイパレードのひとつ。最近では同性愛者だけでなく、両性愛者、トランスジェンダー、半陰陽者も含めて 「LGBT」(レズビアン:Lesbian、ゲイ:Gay、バイセクシュアル:Bisexuality、トランスジェンダー:Transgender)と呼称され、パレードも「プライド・パレード」と呼ばれることが多い。
f0097972_264634.jpg


LGBTの社会運動を象徴する虹の旗、レインボーフラッグ。旗の色は7色ではなく「6色」だということ、ご存知でした?(私は昨日のラジオで初めて知りました。詳しくはWikipediaをどうぞ。)オリジナルのフラッグは8色だったのが、布地調達の問題や掲げたときの見栄えの問題でピンクとターコイズが外され、6色(赤、橙、黄、緑、青、紫)バージョンが完成。

日本では虹は一般的に7色と言われるけれど、虹を何色とするかは、地域や民族・時代によって大きく異なり、5色だったり2色だったりもするそうなので、そもそも「7色じゃなくて6色だったんだ」という驚きも日本人だからなのかも。
f0097972_242499.jpg
これは1978年のオリジナルの色と込められた意味。最後は藍色が青に変更されている。
最初、ピンクは女の子を、ターコイズは男の子を意識させるため外されたのかと勘違い。
ピンクに込められた意味を考えると、ピンク(sexuality)は重要だったんじゃ、、




さて、過激な衣装でお祭り騒ぎのプライド・パレード。衣装というか、、衣装なしの方もいらっしゃって(汗)なかなか刺激的ですが、行かれる方は楽しんでくださいね☆

San Francisco Pride | Lesbian Gay Bisexual Transgender Pride
http://www.sfpride.org/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-06-25 02:08 | アメリカのイベント

No.1193 Obon Festival は確かに「お盆祭り」ですが。サンフランシスコ・ベイエリア Obon Festival 2012

6月末から8月上旬にかけて、サンフランシスコ・ベイエリア各地で開かれる Obon Festival。日本語直訳すると「お盆祭り」で、屋台や的屋、夕方には盆踊りが行われるのですが、日本のお祭りとはやはりちょっと雰囲気が違う。こちらの Obon Festival は各地の Buddhist Temple や Buddhist Church に根付いていて、運営は代々に渡る在米日系人の方々

渡米当初、「日系人の方の手によるお祭りは、日本の文化を頑張って再現しようとしてるけど、ちょっと無理があるよね、英語が飛び交うし、雰囲気も寂しいし」なんて、ほとほと生意気な感想を持ったものですが。違うんですよね。Obon Festival は日本のお祭りを再現しようとしてるんじゃなくて、もはや在米日系人固有の伝統・文化として確立されている「行事」。違って当然。私のようにぽんっと渡米したばかりの人間のためではなく、運営されている日系人の方々にとっての、お寺と共に大切に受け継がれてきたイベント。(ようやく気づいたのか、私。)

そんな気持ちで今年は近くの Obon Festival に出かけてみたいと思います。紫蘇や茗荷の鉢植えを安く手に入れるチャンスだし。マウンテンビューの Obon Festival は駐車場も広く規模も大きいそうです。また、昨年は両日1000人を越える盆踊り客を集めたサンノゼは、今年は震災追悼の意を表して Fukushima Ondo を踊るそうです。サンマテオバザーの気合は、出店者のStan LaCieサマからのコメントをご覧ください。

Palo Alto Obon Festival



-+-+-

サンフランシスコ・ベイエリアで開かれる主なObon Festival
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2012-06-17 13:38 | アメリカのイベント