カテゴリ:国立公園:ヨセミテ( 7 )

No.882 ヨセミテ旅行のお気に入りダイナー Happy Burger Diner@Mariposa

ヨセミテ国立公園への道中に、こてこてアメリカンなお気に入りのダイナー Happy Burger Diner がある。はなまるハッピーが目印 058.gif
前回訪れたときは朝だったので朝食メニュー。アメリカンな朝食メニューにも惚れ込んだけれど、

Happy Burger Diner


次はがっつりとアメリカンなバーガーを食べるのだ!と意気込んでの再訪。

Happy Burger Diner


ヨセミテから2時間。閉店9時ぎりぎりに滑り込む。間に合ってよかったー、と話していたけれど、9時半を過ぎてもお客さんは続々。客が来る限り営業し続けてくれるんじゃ?と思うほど。

Happy Burger Diner


天井から壁にいたるまでびっしり敷き詰められた、オールディーズのレコードジャケット。

Happy Burger Diner


この豊富なメニュー!メインはハンバーガー、サンドイッチ、メキシカン。驚くべきはフライメニュー。ポテトだけでなんと14種類!ポテト星人、たまりません。

Happy Burger Diner


夫は 49R Burger(ベーコン、BBQソース、オニオンリング)。私はお店の名前がついた Happy Burger(1000アイランドソース)。カーリーフライを2人でシェア。(でも実は、私のは Happy Burger ではなく普通のマヨの Bacon Burger だった。食べ終わってから気づく、、、アイランドソース食べたかった。次回リベンジ。)

Happy Burger Diner


おおぉ、ビーフのパテ、なかなか美味しい。野菜も新鮮。バンズもふわふわ。ベイエリアのとっても美味しいハンバーガーには敵わないまでも、こんなド田舎で(失礼、、)このレベルのハンバーガーに出会えるとは。

Happy Burger Diner


がっつりかぶりつき、夫もMちゃんも、私も大満足。なんといっても雰囲気がいい。座高低めの大きなビニール張りカウチチェアー。アバウトだけどフレンドリーな店員さん。「ここのバーガーはこの辺りじゃどこにも負けないんだぜ!」と話しかけてくる常連のおじさん。奥には Juke Box にピンボール。勝手に思い描く、古きよきアメリカンダイナー。太い腕にド派手なタトゥーを入れたごっついライダー族も多く(陽気でいい人たちなんだけど)、きっと私たちだけでは素通りしていたであろうお店。それが今では欠かせないヨセミテの定番コース。教えてくれた ayumin に感謝♪


Happy Burger Diner
http://www.happyburgerdiner.com/
5120 Highway 140 (& 12th St)
Mariposa, CA 95338

月~日:朝食、ランチ、ディナー。定休なし。朝は5時半から営業。サイトの営業時間は Until Close at Night となっているが、お店の入り口には一応9:00PMとなっていた。9:00PMを超えても営業していたけれど。気になるメニューはダチョウの Ostrich Burger とバッファローの Buffalo Burger。


f0097972_7132860.jpg

ベイエリアからヨセミテに行くには、北のCA-120か南のCA-140のどちらかを通る。
Happy Burger Diner があるのは、CA-140沿い、マリポサという町。
立ち寄りたければCA-140経由で!

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-07-27 07:29 | 国立公園:ヨセミテ

No.881 マイナスイオンを通り越して ヨセミテ国立公園

日本から来ているMちゃんと一緒に、久し振りのヨセミテ。2年半前の冬以来。今年は雨が多かったので、ヨセミテの滝も期待できるかも。

Yosemite N.P.


久し振りに来ると、やっぱりいいねー、ヨセミテ。

Yosemite N.P.


久し振りに来ても、やっぱりいたねー、ビジターセンターのボブキャット(Bobcat)。ちょっとデュリフっぽくて好き。

Yosemite N.P.



-+-+-

■ ヴァーナル滝のトレイル (Vernal Fall Trail)

今回選んだのはヴァーナル滝へのトレイル。水しぶきがかかるため、通称 Mist Trail と呼ばれている。往復3.0マイル(4.8km)、標高差1,000フィート(366m)、約3時間のコース。距離はそれほど長くないけれど、東京タワー以上(333m)の標高差のため、難易度は「Strenuous」。
実は4年前に初めてヨセミテに来た時、当時体力のなかった夫が途中でへばり(苦笑)、私1人で上まで登った曰くつきのトレイル。

この日の気温は最高98°F(37℃)。

Yosemite N.P.


さあ、出発。のっけから見たこともないような水量!さすが雨(雪解け水)の力。Mist Trail も気持ちいいかも。

Yosemite N.P.


前回夫がへばった中間地点(Varnal Fall Footbridge)までは30分で比較的楽に到着。さて、ここから後半戦。待望の水しぶき Mist Trail。

Yosemite N.P.


トレイルの途中で見えるヴァーナル滝の水量もすごい!目指すはあの滝のてっぺんなり。

Yosemite N.P.


この辺りから水しぶきが飛んでき始める。・・・・・んー、霧、、、っていうより、小雨?・・・・んー、普通に雨なんですけど・・・(汗)あまりに水量が多く、Mist どころか雨の中を傘もささずに歩いてる状態。。。当然服はびしょぬれ、髪は水をかぶったみたい。予想外。マイナスイオンを通り越し、水そのものを浴びながらの登山。




だからこそ見れた、見事な虹。(でも、カメラが濡れないよう必死で保護。)

Yosemite N.P.



後半はかなりの急勾配。険しい岩道を一歩一歩踏みしめながら、黙々と、黙々と登る。あとちょっと。あとちょっと。

Yosemite N.P.


着いたー!024.gif 出発から約1時間。東京タワーを超える高さを足で登ったんだ。疲れたけれど、すごい達成感。

Yosemite N.P.


滝が流れ落ちる瞬間の場所。感動。

Yosemite N.P.


しばらく思い思いの場所で休憩後、今度は下り。狭くて水で滑りやすい岩道は、下りのほうが神経を使う。

Yosemite N.P.

帰りも雨のような Mist Trail を潜り抜け、無事に下まで到着。休憩含め合計2時間。夫やMちゃんは登りがきつかったというけれど、持久力よりひざが弱い私はむしろ下りで足ががくがく。いやー、よく頑張りました。




■ ヨセミテ滝 (Yosemite Falls)

高さ2,425フィート(739m)、北米で最も高く、世界でも6番目に高い滝。ヨセミテ滝の水量は思ったほどではなく。それでも、対照的な上段の Upper Yosemite Fall と下段の Lower Yosemite Fall が一望できて感動。

Yosemite N.P.


Lower Yosemite Fall Trail を歩いてヨセミテ滝のふもとまで。片道0.5マイルの舗装された難易度「Easy」なトレイルは、先ほどのヴァーナル滝のトレイルに比べるとあっけないくらいお散歩道。人も溢れ返る。水着のお姉ちゃん。

Yosemite N.P.



■ グレーシャーポイント (Glacier Point)

最後はお決まりのグレーシャーポイントからのハーフドーム。

Yosemite N.P.


雄大なり、自然。

Yosemite N.P.




Yosemite National Park
http://www.nps.gov/yose/

ヨセミテに行くならこのサイトをチェック。
ハイシーズンの夏は1ヶ月前では園内・園外どこの宿も取れず、今回は片道4時間の日帰り旅行。朝6時に出発して、家に帰ったのは夜中の1時。。

そして今回も遭遇!
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2010-07-24 23:53 | 国立公園:ヨセミテ

No.402 冬のヨセミテ、リベンジ(Yosemite in Winter)

1月5日
ベイエリアにストームがやってきて、巷では停電だ!床上浸水だ!と騒いでいるのに、これはチャンス?とばかり行ってきたのは。

冬のヨセミテ。

・・・災害で困っているベイエリアの方々に怒られそうですが。



-+-+-

■ 冬のヨセミテ (Yosemite in Winter)

「冬のヨセミテが1年で最も素晴らしい。」と聞き、去年の1月、期待を胸に悠々と出かける。ところが、去年は気持ちいいくらいの晴天でほとんど雪が積もっておらず、大きく落胆。雪のヨセミテは1年越しの夢だったのだ。

朝7時出発。天候は晴れ曇り。昨日のストームの面影はなし。CA-140 から向かい、今も手付かずの崖崩れを横目に走る。ここまでは路面も凍っておらず、チェーン規制もなし。ヨセミテ国立公園の入り口を抜けた頃から雪がちらつき始め・・・念願の絶景ポイントトンネルビュー(Tunnel View)に到着!





おー!雪だーーー!
でも・・・霧が濃すぎて、かろうじてエルキャピタン(El Capitan)が左に微かに見える。ハーフドーム(Half Dome)なんて見えもしない!(※この去年との差!

Yosemite N.P. - Tunnel View in Winter


同じように絶景を狙ってきたヨセミテマニア・・・もとい、自然愛好家も口々に「Oh!No!あそこにハーフドームがあるはずなのに!」

Yosemite N.P. - Tunnel View in Winter


川面にハーフドームが反射する絶好のポイントも、期待裏切られ、霧で真っ白。何も見えない。仕方ないので描いてみた。

Yosemite N.P. - Version w/ Half Dome


それでもやはり、冬のヨセミテは噂どおり美しかった。山々は荘厳、メドウは見渡す限り白銀の雪景色。ブライダルベール滝(Bridalveil Fall)は湯煙り温泉のようだったけど。

Yosemite N.P. - Bridalveil Fall




■ この冬の動物たち (Animals in Yosemite)

去年の冬もビジターセンターの前にいたシカたち(Mule Deer)。今年もいました。10匹ほど集団で。人間を見ても逃げようとしない。

Yosemite N.P. - Mule Deer


初コヨーテ(Coyote)!寒そうに雪をかぶる姿がりりしい。ところが、、、餌をあげてる観光客が。野生の動物に餌をあげてはいけません。絶対に。子供たちにも、餌をあげさせるのではなく、餌をあげてはいけないことを教えなきゃいけません。絶対に。

Yosemite N.P. - Coyote in the snow


初ボブキャット(Bobcat)!嘘です。ビジターセンター内の資料館に置かれている展示用ボブキャット。※ちなみに、カリフォルニアにはボブキャットをラベルにしたワインがある。夫婦そろってラベル買いとはまさにこのこと(笑)

Yosemite N.P. - Bobcat in the Visitor Center




■ 土砂崩れ (Rock Slide)

この日天候はもっていたが、前日のストームの影響なのかその前からなのか、CA-120 と CA-140 からの唯一の入り口である Big Oak Flat Road の崖側と川側両の方が土砂崩れ。

Yosemite N.P. - Big Oak Flat Rd. Construction


運よく一車線は確保されていたので、双方時間差の一車線通行で通ることができたけれど、ここが閉鎖されていたら公園内に入ることはできなかった。レンジャーの皆さんに感謝。

Yosemite N.P. - Big Oak Flat Rd. Construction




-+-+-

午前中はちらほらだった雪も、午後からは本降りに。ブリザードに近い状況。もう一度トンネルビューに引き返したら、もうエルキャピタンすら見えなくなっていた。チェーンなしでは4駆でも厳しくなり、今回のヨセミテ日帰り旅行は終了。朝早く来てよかった。

Yosemite N.P.



Yosemite National Park
http://www.nps.gov/yose/

一番いい雪景色は、ストームが空けて晴れ間が覗いたその瞬間。白い雪と青い空と壮大な雪山が一望できる。でも、、、そんな絶好のタイミングに来年も賭ける?
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-01-06 17:20 | 国立公園:ヨセミテ

No.259 ヨセミテに行くならこのサイトをチェック!

■ Yosemite Monthly
http://99km.net/YNP/

びっくりするくらいヨセミテのことがまとまっている便利な日本語サイト。トレイル情報(標高差なども詳しい)、行き方のお薦めルート、宿&ロッジの情報など。ヨセミテに行く前に是非チェック!(追記:ただし、筆者が今はもうアメリカにいらっしゃらないので、最新情報は下のサイトで確認するほうがいいと思います。)

※どこのガソリンスタンドで給油していくといい、などの情報もあって助かる。だって、ヨセミテのガソリンの値段は異常!!最高値なのはエルポータル(El Portal)。まだタイオガロード入り口のクレーンフラット(Crane Flat)やワウォナ(Wawona)のほうが良心的。



■ ヨセミテ国立公園大好き! Yosemite.jp
http://www.yosemite.jp/

あわせてこのサイトも参考に。最新のヨセミテ情報(道路開通など)や食事スポット情報、車以外でのヨセミテへの行き方などもまとまっている。


-+-+-

おまけ。

■ アメリカ国立公園年間フリーパス 2007 $80
(America the Beautiful - National Parks and Federal Recreational Lands Annual Pass)
f0097972_9925.jpg
2006年までは $50 だったのにー、、、
新しくレクリエーション施設への入園が入って値上げ。

ヨセミテの入園料が $20 なので、1年に4回ヨセミテに行くか、グランドサークルのようにたくさんの国立公園を回る場合にはお薦め。各国立公園の入り口で購入可能。

※入園料は国立公園によって異なります。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-06-08 06:06 | 国立公園:ヨセミテ

No.258 クマとの遭遇!ヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)

今回が3度目となるヨセミテ。これまで晩夏と冬に行ったけれど、やはり一番人気の時期はヨセミテ滝がごうごうと流れ落ちる初夏6月!半年前から宿を予約し、やる気満々!・・・だったのに、去年とはうって変わって今年は雪も雨も少なく、滝も大人しめ。なんたる。。

これまではヨセミテビレッジ(Yosemite Village)を中心に観光したので、今回はそれ以外の見所2ヶ所を中心に。ひとつは断崖絶壁タフトポイント(Taft Point)、もうひとつはヨセミテ横断タイオガロード(Tioga Road)。


-+-+-

■ タフトポイント (Taft Point)

タフトポイントは、標高差 1000m の切り立った絶壁。断崖絶壁ぎりぎりの縁まで近づけるというヨセミテの隠れ名所。グレーシャーポイントへの道の途中にあるトレイル入り口から、タフトポイントまで片道 1.1 マイルのトレイルでたどり着ける。徒歩で 30~40分。

IMG_5236


草花を見ながらのゆるやかなトレイルの末、タフトポイントに到着!本当に絶壁。この写真以外の場所は手すりすらない。(よく自殺の名所にならないなぁと思う。)高所恐怖症の人にはありえないポイントだろうけど、まさに絶景。

IMG_5289


足をぶらぶらさせてみる。うつ伏せになって下を覗き込んでみたりもする。
「もういいから!戻ってこい!」 by 高いところが苦手な夫(笑)

IMG_5295

今の時期、野草が咲き乱れていてトレイルもとても楽しめた。ここにはまた来そう。




■ タイオガロード (Tioga Road)

ヨセミテビレッジの北側を横に走るタイオガロードは、5月下旬から11月頃までしか開いていないドライブコース。森、広大な草原(Meadow)、湖、沼地、せせらぎ、岩山など、百面相のように様々な風景が楽しめる。最高標高 9000ft(3000m)!端から端までノンストップで約1時間15分のドライブ。私が運転。頑張った!

オルムステッドポイント (Olmsted Point)
タイオガロードの中で最も景観の美しいポイントのひとつ。湖をバックに雪の残る山々が見渡せる。なんとハーフドームを反対側から見ることも出来る。

IMG_5434


シエスタレイク (Siesta Lake)
ひっそりたたずむ湖。静かな美しさに引き込まれそうになる。この湖は将来、沼地になり、草原になり、いずれは森の一部になる運命なんだそう。ニックネームは Dying Lake。ちょっぴりしんみりした気持ちに。

IMG_5435

タイオガロードは標高が高いので多少防寒が必要。また、ランチを食べるところがなかった。小さなグローサリーが1軒あるけれど、出来合いのサンドイッチも非常に品薄。ヨセミテビレッジで買って持っていくのが正解。※夏になればグリルがオープンするそう。どのあたりだろう?




■ クマ!クマ!!クマーーーーー!!! (Beeeeeeear!!!)

タフトポイントからグレーシャーポイントへ向かう途中、道路に人だかりが。"クマがいるのよ!" とアメリカ人のおばさんに教えてもらう。どこどこ!?

いたーーーーー!!!

IMG_5330_C

しかも2匹!濃い茶色が親クマ、木に隠れている薄い茶色が小グマっぽい。念願のクマとの遭遇!夫も興奮っ。

IMG_5331_C

その後、タイオガロード入り口のガソリンスタンド付近でも見たとの情報あり。冬眠から覚めたクマが山から降りてくる時期?本当に出るんだ。でも、気をつけないと本当に危険。※車の中に食べ物、飲み物、化粧品は置いておかないようにしましょう。




■ 天体観測 (Star Watching)

今回の夫のチャレンジのひとつ、星空撮影。28mm のレンズで 10 分間シャッターを空けていただけでこんなに綺麗な星空が撮れた。すごいすごい。

IMG_5364
夜中10時。普段は賑わうトンネルビュー(Tunnel View)にて。
月がまったく出ていない満天の星空の夜。




-+-+-

滝の水量は残念だったけど、いつもとは違ったヨセミテで大満足。念願のクマも見れたし。次は紅葉の時期に来たーい。

IMG_5426
タイオガロードのオルムステッドポイントより。



IMG_5204IMG_5217IMG_5237IMG_5269IMG_5275IMG_5315IMG_5322IMG_5370IMG_5398IMG_5404IMG_5414IMG_5418
左から:
2枚目: Yosemite Falls (ヨセミテ滝)
3枚目: Lupine (ルーピン、ルピナス)
4枚目: Paintbrush (絵筆のようなので)
5枚目: Snowplant (雪解けの後に咲くヨセミテの代表的な花)
7枚目: Wolf Lichen (森の至るところで見かける黄色い苔)
10枚目: Tayana Lake (タイオガロード沿いにある透明度の高い湖)
12枚目: Marmot (マーモット、モルモット?)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-06-06 08:48 | 国立公園:ヨセミテ

No.165 冬のヨセミテ(Yosemite in Winter)

前回初めてヨセミテに行ったのは、9月頭の Labor Day。そのときも充分楽しんだけれど、アダルトスクールの友人が冬のヨセミテに行ったときのブログを拝見(puppy7さんブログより↓)。
f0097972_112415.jpg

すごーーーーーーーーい!!!!
こんなにも違うもの?!霧がかかっている山々は神々しいとさえ言える。ガイドブックには「雪の降る冬のヨセミテこそ、神々の遊ぶ庭」なんて書かれているのだとか。この景色を自分の目で見たい!ということで、週末日帰りでヨセミテへGo!



-+-+-

■ 土砂崩れ開通 CA-140

朝7時出発。片道4時間のドライブ。サンマテオ・ブリッジ(San Mateo Bridge)から見える素敵な朝焼けは、早起きへのご褒美。
f0097972_1132294.jpg


前回は CA-120 を通って行ったけれど、今回は土砂崩れが開通したというもう1つの道 CA-140 から行くことにした。途中、その土砂崩れ現場に遭遇。
f0097972_1135184.jpg
・・・・・絶句。長さ数十メートルにも渡って道とガードレールが土砂で覆いつぶされている。CA-140 は、開通したといってもこの土砂の区間を迂回した臨時道路ができただけだったみたい。自然の驚異に背筋が寒くなる。。





■ 冬のヨセミテ (Yosemite in Winter)

待望の冬のヨセミテに到着!!!

・・・・・ところが、連日の好天気でほとんど雪が積もっておらず、ハーフドーム(Half Dome)もエルキャピタン(El Capitan)もほんのり雪景色な程度。
f0097972_1141936.jpg


日陰になっているところは多少積もってはいるものの、期待は大きく裏切られる。涙。
f0097972_1144054.jpg


両脇の岩に積もった雪を縫うようにして流れ落ちるブライダルベール滝(Bridalveil Fall)は美しかった。
f0097972_3484427.jpg


好天とはいえ園内には雪が残っており、半数の車はチェーン走行。
f0097972_115331.jpg


ビジターセンターの前にシカの群れが。ゆっくり近づけば、かなりの距離まで近づける。おとなしくてカワイイ。今回一番の収穫?
f0097972_115419.jpg


f0097972_1155911.jpg



-+-+-

冬は観光客がものすごく少ない。ゆえに園内も混まないし快適。冬ならトレイルも歩かないので日帰りで充分。あの荘厳な雪景色が見れたら言うことなしだったのに。。いつか必ず見たい、あの神々しい冬のヨセミテ。
f0097972_1172855.jpg

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-01-10 03:54 | 国立公園:ヨセミテ

No.103 初のヨセミテ国立公園!(Yosemite National Park)

Labor Day の3連休でヨセミテに行ってきました!(初ヨセミテ!)
f0097972_8171728.jpg

3日間とも最高気温97F(36℃)と暑いヨセミテだった。一方、最低気温は57F(13℃)と思ったより寒くなく。9月ということもあって、予期してはいたもののヨセミテ滝(Yosemite Falls)が涸れてしまっていたのは残念。。それでも満喫した3日間ヨセミテ日記公開♪


-+-+-

ハーフドーム (Half Dome) ※標高2695m

「うぉぉぉーー!ハーフドームだーーー!!!」

CA-120でカーブを曲がった瞬間に目に飛び込んできたハーフドーム。ヨセミテのシンボルともいえる、ドームが縦半分に切り取られたような巨大な岩壁。さすがにすごい!感動。
f0097972_8173581.jpg



エルキャピタン (El Capitan) ※麓から1095m
ヨセミテバレー(Yosemite Valley)入り口にそびえる、花崗岩としては世界最大の一枚岩。ロッククライマーの憧れの的と聞いていたので、登っている人を探してみたが見つからず。
f0097972_818256.jpg




グレーシャーポイント (Glacier Point)
ヨセミテバレー(Yosemite Valley)の奥に位置する絶壁のてっぺん。ヨセミテビレッジ(Yosemite Village)から車で約40分、細い山道をうねうね登る。ここからのハーフドームの眺めは最高。遥か眼下には緑に囲まれたヨセミテビレッジの集落が見える。
f0097972_8185923.jpg


夕方から夜にかけて様相を変えていくハーフドームも素敵。
f0097972_8191328.jpg

f0097972_8192411.jpg


8:00p.m.からグレーシャーポイントで夜の天体観測イベントが開かれていて、アポロ13 打ち上げの際に NASA で打ち上げに関わっていたという人が映像スクリーンを使って天体の説明をしてくれた。(いや~、しかし英語がまったくわからなかった。隣で英語のジョークに笑う夫がうらやましかった。。。)夜はかなり寒くなるので防寒具必須。



トンネルビュー (Tunnel View)
ワウォナトンネル(Wawona Tunnel)を抜けたすぐの駐車場は、ハーフドームとエルキャピタン、滝や緑の木々を一望できる最高のスポット。
f0097972_821830.jpg

f0097972_8213452.jpg




マリポサグローブ (Mariposa Grove)
ヨセミテ公園の南にある、巨大セコイアの森。1時間のトラムツアーで出発。日本語ヘッドホンつき。「この、背高のっぽの木たちが、セコイアの木たちです。」という調子で語られる日本語の解説がちょっと面白い(笑)
f0097972_8553560.jpg


セコイアは、体積で比較すると地上で最も大きい生物と言われている。ヨセミテ公園中で最大のセコイアはグリズリージャイアント(Grizzly Giant)という木。樹齢2700年を超えるのだが、数年前までは正確な樹齢がわからず8000年と説明されていたらしい。。。
f0097972_8232861.jpg


その他、火事で真ん中が焼けてしまって洗濯ばさみのような形になった洗濯ばさみセコイア(Clothespin Tree)や、2本の木が根元で同化してしまった仲良しの信頼のセコイア(Faithful Tree)など変わったものも。とにかく大きい!
f0097972_8555096.jpg


倒れてしまったセコイアの根。あんなに大きな木なのに根は地下1.2mの深さしかないらしい。
f0097972_856856.jpg


トラムを途中で降りて、残りはトレイルで歩いて帰る。トラムは説明つきだし楽でいいけど、自分の足で歩くとたくさんの発見がある。
f0097972_8562493.jpg

f0097972_8565291.jpg

f0097972_8571539.jpg

こんなでっかい松ぼっくりも。
f0097972_8252680.jpg





ネバダ滝&バーナル滝 (Nevada Fall & Vernal Fall)
グレーシャーポイントからよく見える2つの滝。この時期でも水が涸れない。
f0097972_8261911.jpg


今回、バーナル滝までのトレイルを歩いた。途中の中間地点の橋までは往復1時間、その先のバーナル滝まで更に1時間。「前半のトレイルは楽々」とガイドブックにあったけど結構急な坂。橋から先は、途中までなだらかだが最後が石階段になり狭くて急。でも、滝の近くまで近づけるし、眼下に見える自然の風景は最高。
f0097972_8271060.jpg




ブライダルベール滝 (Bridalveil Fall)
細くて柔らかい流れなので、風で水しぶきが吹き上げられて白い霧のように左右に広がる。花嫁のベールのような様子がブライダルベールの名前の由来。
f0097972_8275117.jpg

左に揺れたり、
f0097972_828589.jpg

右に揺れたり。
f0097972_8281928.jpg




渓谷とせせらぎ
ヨセミテバレーはマセード川(Merced River)が浸食して作られた渓谷。なので、あちこちに川やせせらぎが流れている。壮大な岩山や滝もさながら、子供とならこんなせせらぎで遊ぶだけの一日も楽しいと思う。
f0097972_8285728.jpg




野生動物 (Wild Animal) とクマ (Black Bear)
ヨセミテでは、クマに注意しなければいけないのは有名。車やテントの中に食べ物を放置しておくと、クマに車ごと破壊されたりする(食べ物だけでなく、香りのするリップクリームや口紅、歯磨き粉などもNG!)。食べ物を車に残しておかないためのフードストレージをグレーシャーポイントの駐車場で発見。一応、お菓子と飲み物を入れてみた。。
f0097972_8301235.jpg

夫はずーーっと「クマを見たい!」と探していたが、結局見つからず(見つからなくてよかったです。。by 嫁)。

一番よく見かけたのは野生のリス。でも、これらの野生動物には絶対餌をあげてはいけない!と園内のいたる所に注意が出されている。野性動物に餌をあげてしまうと、自分で生きていく力をなくすし、肥満になった動物は他の動物の標的になりやすかったり、自然の生態系を崩す原因となり得るからである。
f0097972_831795.jpg
・・・が、そこまで書かれていてもやっぱり餌をやる自分勝手な人たちがいるんだよなぁ。子供に餌をやるよう勧めているお母さん、、、信じられません。



ロッジ 『CEDAR LODGE』
今回宿泊したのは、ヨセミテバレーの西側、CA-140沿いのエルポータル(El Portal)という町にある『CEDAR LODGE』。国立公園入り口(Arch Rock Entrance)から車で12分くらい(ただし、ヨセミテビレッジからこの入り口までが既に30分くらいかかる)。
f0097972_8313580.jpg

部屋はきれいで冷暖房完備、バストイレつき、最低限のアメニティも揃っていて、ステイするだけであれば申し分なかった。
f0097972_8314660.jpg


ただ・・・併設レストランのディナーが最悪。。本当においしくない上に、めちゃめちゃ高い。疲れていたし、ヨセミテビレッジまで戻る元気もなく、結局食べたけれど(朝食ビュッフェは美味しかった)。食事をするなら公園入り口にもう少し近い『Yosemite View Lodge』に行ったほうがよいと思う。宿泊は『Yosemite View Lodge』のほうが多少お高め。

今回の旅行で発見した新しい料理。"ビスケットのホワイトグレービーソースがけ"(写真、中央2つ)。主に朝食メニューで、スコーン状のビスケットに荒引きペッパーが効いた濃厚なホワイト&グレービーソースをかけて食べる。とってもアメリカンで美味しい♪別のカフェでドイツソーセージ風味のホワイトグレービーも食べたがこれも美味。
f0097972_8323218.jpg




走行距離とガソリン
家からヨセミテまでは約200マイル(320km)、約4時間。往復で400マイル(640km)。ところが、ヨセミテ国立公園自体がとっても広く、グレーシャーポイントまで車で行ったりロッジがちょっと離れていたりして、総走行距離は約670マイル!(1000km以上!)

そして、ヨセミテは公園内にガソリンスタンドがないんだけれど、ロッジ近く(El Portal)のガソリンスタンドはなんと 3.97ドル!?通常より1ドル近く高い!!・・・足元を見られてるけど、他に手段がなく入れるはめに。ちなみに、南にあるワウォナ(Wawona)のガソリンスタンドのほうが3.60ドル台と、まだ多少安かった。公園に入る直前で入れておくことをお勧めします。。
f0097972_8334353.jpg



-+-+-

そんなこんなで満喫の初ヨセミテ。
雄大な山々はユタ州のザイオン国立公園を彷彿とさせる。ヨセミテはベイエリアからなら日帰りでも行ける距離だけど、宿泊して朝日が徐々に山肌を染めていく様や、夜の月明かりに白々と照らされた荘厳な山々を見れたのは貴重な体験だった。

また必ず行くだろうな。次回は是非、ヨセミテ滝がごうごうと流れる季節に。歩けなかった他のトレイルや Taft Point にも挑戦したい。※テントは寒くなければ・・・。
f0097972_8351274.jpg

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-06 09:02 | 国立公園:ヨセミテ