カテゴリ:ワイン&ワイナリー( 80 )

No.471 ピノ・ノアールととんかつ(Pinot Noir & Tonkatsu Mariage)

※ナパの偉大な貢献者、ロバート・モンダビ氏死去。謹んでご冥福をお祈りします。この記事は数日前の出来事なので、残念ながら飲んでるワインはモンダビではありません。


-+-+-

毎週金曜のお楽しみはサンフランシスコ・クロニクル誌に入ってくる WINE という別紙セクション。そこで見つけた興味深いペアリング。

ピノ・ノアールととんかつ (え?)

Pork passes Pinot's acid test
There is enough acidity in Russian River Pinot Noirs to take on fried dishes, like Pork Tonkatsu.
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/chronicle/archive/2008/05/02/WIOM10C922.DTL&type=wine


その週はソノマのロシアン・リバー・バレーのシングル・ヴィンヤード・ピノノアール特集(Single-Vineyard Russian River Valley Pinot Noir)だったんだけど、ロシアン・リバーのピノの持つ酸味が、揚げ物の油っこさを洗い流し、揚げたパン粉の風味をよりリッチにするんだとか。

さらに、通常のとんかつソースは甘すぎて、ワインの味を苦く薄っぺらにしてしまう!と、ウスターシェアーソースやレモンの絞り汁を使った自家製ソースのレシピまで載っている。("I like Trader Joe's organic ketchup, which less sweet than most major brands." とケチャップまでご指定。)

そこまで言うなら作ろうじゃないか!とんかつ。(実は初とんかつ。)



-+-+-

で、とんかつと Russian River の Pinot Noir、Freeman をあわせてみました。(Single-Vineyard じゃないけど)。もちろん、自家製とんかつソースつき。

Pinot Noir Mariage

感想。
んー、、、、

実は、とんかつと一緒に食べたときのほうがピノの酸味が強く(強過ぎに)感じられ、まろやかさが飛んでしまったような、、、とんかつは美味しくなった気がするけど、ワインはピノ単体で飲んだほうが美味しい。(え、単なる酒飲み?)

一方、夫は「あうねー」と言いながらワインをくいくい飲んでいた。特に、酸味のあるソースがよくあったんだとか。酸味が強い食べ物と酸味のあるワインを一緒に飲むと、ワインがまろやかになる?

難しいです。マリアージュ。

(後日、「おうちでワイン。」という本にも、やはりとんかつが紹介されているのを発見。やはり正しいマリアージュだったのか。)



-+-+-

とはいえ、ワインが美味しくなる料理、全然合わない料理って本当にあって、先日素晴らしいマリアージュの会にお呼ばれしたばかりだから、少しずつワインにある料理のレパートリーを増やしたい今日この頃。(その節は素敵なワインとベストマッチなお料理を本当にありがとうございました。Kちゃん&Yたちさん。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-05-18 15:18 | ワイン&ワイナリー

No.447 サンタバーバラ&ロサンゼルス旅行記 - ワイナリー編 -

2008年イースターの週末は、サンタバーバラのワイナリーへ。
前回訪れて大ファンになった Melville の 2006 Small Lot Collection のリリースデーだったのだ!

前回は海岸沿い Big Sur (ビッグ・サー)をドライブしながら南下したが、今回は US-101 をひたすら飛ばして約4時間かけてワインカントリーに到着。



■ Melville Vineyards & Winery (メルヴィル)@Lompoc

Small Lot Collection は、通常より生産量がぐっと少ない。ワイナリーかメーリングリストでしか購入できない貴重なワインたち。

・2006 Estate Pinot Noir - High Density (49ケース = 588本)
・2006 Estate Pinot Noir - Clone 115 Indigene (122ケース = 1464本)
・2006 Estate Pinot Noir - Terraces (772ケース)
・2006 Estate Pinot Noir - Carrie's (832ケース)

テイスティングは、Small Lot Collection の Pinot Noir に加え、通常生産の Verna's や Santa Rita Hills の Pinot Noir、Chardonnay、Syrah など。オープン11時丁度に訪れたのに、Small Lot Collection の High Density と Clone 115 Indigene はメーリングリストメンバーからの注文で既に完売!甘かった。。(購入は出来ないけれどテイスティングだけはさせてもらえた。ラッキー。)

Melville


期待どおり、どのピノも大変美味しい。お気に入りは完売した2つよりもフラグシップワインである TerracesCarrie's。赤いベリー系に留まらない複雑なフルーツ味。酸味も深みも最適なバランスのいいピノ。リリースされたばかりなのにこんなに美味しいんだ。相変わらずワイナリーの方の対応も丁寧。こういうところは高ポイント。今回も大満足のメルビル訪問でした。

Melville

お気に入り
・2006 Estate Pinot Noir Verna's  ($26.00)
・2006 Estate Pinot Noir Terraces ($52.00)
・2006 Estate Pinot Noir Carrie's ($52.00)



-+-+-

■ Tastes of the Valleys (テイスト・オブ・ザ・バレー)@Solvang

ソルバングの町中にある共同テイスティングルーム。ここが大当たり!テイスティングルームを公開していない Au Bon Climat (通称 ABC)や予約制の Qupe といったワイナリーの、ハイエンドクラスの試飲ができる。

Tastes of the Valleys


憧れの ABC の Pinot Noir Isabelle (左から4番目)は残念ながら飲めなかったが、Knox Alexander (左から3番目)を飲むことができた。どーんと印象の強い Melville のピノとは対照的な、静かな深みのあるフランスのピノのよう。後味がものすごく長い。ABC 以外のワインもどれも絶品。次回も必ず再訪間違いなしのテイスティングルーム。

Au Bon Climat

お気に入り
・2005 Au Bon Climat Knox Alexander Pinot Noir ($50.00)
・2003 Arcadian Fiddlestix Pinot Noir ($55.00)
・2004 Qupe Hillside Estate Syrah ($45.00)
・2005 Core Wines Elevation Sensation ($44.00)
・2005 Barrack Brand ($46.00)



-+-+-

■ Palmina (パルミナ)@Lompoc

カリフォルニアでイタリア品種のワインを製造するワイナリー。テーブルに座ってチーズや生ハムを食べながらテイスティングできる。お姐さんがフレンドリーで好印象。Arneis、Dolcetto、Refosco など初めて聞く品種もずらり。Barbera はピノとはまた違った適度な酸味と果実味で飲みやすい。Nebbiolo は本場イタリアほど重くはないけどこれはこれで美味しく、土っぽさもいい。どれも新鮮な味で美味しいお薦めワイナリー。

Palmina

お気に入り
・2007 Botasea "Rosato di Palmina" (ロゼ) ($18.00)
・2006 Barbera Santa Barbara County ($22.00)
・2004 Nebbiolo Stoplman Vineyard ($40.00)
・2004 TriTono Malbec Mendoza Argentina ($40.00)



-+-+-

■ Fiddlehead Cellars (フィドルヘッド・セラーズ)@Lompoc

Palmina のお姉さんに薦めてもらったすぐ近くのワイナリー。印象に残っているのはステンレスではなく樽醗酵させた Sauvignon Blanc、ストロベリー味の Rose、オレゴン州の Willamette Valley からブドウを冷蔵輸送して造った Pinot Noir など。ここも全体的に美味しかったので Palmina とセットで訪れるのはいいかも。(ただし、ちょっとお高めかも。)

Fiddlehead Cellars

お気に入り
・2007 Pink Fiddle Rose of Pinot Noir ($18.00)
・2003 Oregon Willamette Valley Oldsville Reserve Pinot Noir (375ml $23.00)



-+-+-

■ Hitching Post Winery (ヒッチング・ポスト・ワイナリー)@Buellton

アカデミー賞受賞映画 『Sideways』 の舞台に起用後、一躍脚光を浴びて大盛況となったワイナリー&レストラン。テイスティングもレストラン Hitching Post II のバーカウンターで。期待のフラッグシップワイン Highliner はカリフォルニアらしい美味しいピノだったが、この日他のテイスティングがあまりに美味しくかすんでしまった。それ以外も残念ながら記憶に残らず。

Hitching Post

お気に入り
・2005 Highliner Pinot Noir ($42.00)



-+-+-

■ Santa Barbara Winery (サンタ・バーバラ・ワイナリー)@Santa Barbara

サンタバーバラ市街地にあるワイナリー。お手頃ワインを多く市場に出している。モダンなテイスティングルーム。Zinfandel と起源が同じと言われている Primitivo、フランス品種 Negrette はまぁまぁ。どれも可もなく不可もなく、飲みやすいお手頃ワインたち。ただ、ワイナリーの売りとするワイン(Pinot Noir など)がテイスティングに入っていない。オープン直後だったのに店員のやる気がなかったなぁ。

Santa Barbara Winery



サンタバーバラはピノ、シャルドネ、そしてロゼが美味しい。商業化したナパに比べるとまだまだ店員さんが親切でフレンドリー。このままの雰囲気を残して欲しいと思う。

Melville Vineyards & Winery
http://www.melvillewinery.com/
テイスティング料: $10.00 で 6種類
Tastes of the Valleys
http://tastesofthevalleys.com/
テイスティング料(Grand Cru Tasting): $25.00 で 6種類
Palmina
http://www.palminawines.com/
テイスティング料: $10.00 で 5種類
Fiddlehead Cellars
http://www.fiddleheadcellars.com/
テイスティング料: $10.00 で 7種類
Hitching Post Winery
http://www.hitchingpostwines.com/
テイスティング料: $12.00 で 6種類
Santa Barbara Winery
http://www.sbwinery.com/
テイスティング料: $5.00 で 6種類(ロゴ入りグラスつき)

※2008年3月現在の情報です。

サンタバーバラ他のワイナリー訪問記:
サンタバーバラへGO! - ワイナリー編 その1 -
サンタバーバラへGO! - ワイナリー編 その2 -



-+-+-

■ おまけ: Ostrich Land (ダチョウランド)@Solvang

夫のたっての希望で?再びダチョウランドにてダチョウに餌やり。クセになる可愛さなんだよね、ダチョウって。ワイナリーを訪れた際には是非お立ち寄りください。子供たちも大喜び間違いなし♪(ほんと?)

Ostrich Land
610 E.Hwy 246, Solvang, CA 93427
(詳しくは前回の訪問記を是非。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-03-25 07:44 | ワイン&ワイナリー

No.421 羊と塔と変なネコ(Mouton and Latour)

こんにちは。変なネコ・・・もとい、雄々しいライオンです。生まれも育ちもおフランス。ぼんじゅ~る。

The Cat on Château Latour


1855年からこうして搭にまたがっています。(もう153年になるのかぁ・・・ふぅ。)ちょっと広がりすぎてやしませんか?時々足がつりそうです。
さて、私は誰でしょう?

The Cat on Château Latour



-+-+-

そんなわけで、すごいものを飲ませて頂いた。

1997 Château Mouton Rothschild (シャトー・ムートン・ロートシルト)
1998 Château Latour (シャトー・ラトゥール)
Mouton & Latour

ムートンとラトゥールは、フランスボルドー地方の5大シャトー。とってもとっても素晴らしいワインだけど、とってもとってもお高い。1997年ムートンが楽天で4万円弱。1998年ラトゥールだと6~7万円なり。もっと古いヴィンテージは軽く100万を超える。

羊が4万円、ネコ7万円。


いやぁ、しかし、至福。至福デス。
つべこべ言わず美味い。この一言に尽きる。いつまでも余韻に浸ってしまって、他のワインに戻って来れない。
そりゃ、この値段を出してでも魅せられてしまう人もいよう。(魅せられても普通は買えないんだけど。)


あの参加費であれだけの素晴らしいワインを用意し、いつもみんなを驚かせてくれる Nori さんのワイン知識には脱帽。最高です!
そして、ラトゥールを持ってきてくださった pap さんにも本当に本当に感謝です。ありがとうございました072.gif
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-02-13 06:56 | ワイン&ワイナリー

No.398 2007年ナパ締め。

12月30日
大晦日前日。2007年最後のナパ。振り返れば今年5回目。晴天に恵まれてよかった。

-+-+-

■ St. Clement Vineyards (サン・クレメント・ビンヤーズ)

Beringer の北、小高い丘の上にある St. Clement Vineyards。

St. Clement Vineyards


1987年のバブル期に日本企業サッポロが買収し、(現在の所有者はオーストラリアのビール会社 Fosters)、Sapporo (サッポロ)のつづりを逆にしたボルドースタイルのワイン「OROPPAS」をリリース。冗談みたいな話だけど、これが結構美味しい。2001~2005 まで Robert Parker 氏が 90 スコア以上をつけるというカリフォルニアワインの中でも優良カベルネ・ソーヴィニヨンのうちの1本となる。

St. Clement Vineyards


テイスティングルームは、まるで家の一室を提供したようなこじんまりとした明るい空間。

St. Clement Vineyards Tasting Room


テイスティングは、赤白混在の Main Tasting (10ドル)や赤ワインのみの Red Only Tasting (15ドル)、歴代 Oroppas を飲み比べる Oroppas Room Tasting (25ドル)など。Oroppas 以外を飲んだことがなかったので、オロパス・テイスティングに後ろ髪引かれつつ、Red Only Tasting。

・2003 Abbott's Vineyard Merlot ($40.00)
・2004 Napa Valley Cabernet Sauvignon ($36.00)
・2005 Oroppas ($55.00)
・2003 Star Vineyard Cabernet Sauvignon ($80.00)
・2003 Howell Mountain Cabernet Sauvignon ($80.00) GOOD!

2005 Oroppas はリリースしたばかり。Robert Parker 91 ポイント。今年からラベルが一新し、"OROPASS" の文字が流れるような文字になっている。ワインメーカーが新しい人になり、歴代 Oroppas の中で最もカベルネの比率が高くなっていた。93% Cabernet Sauvignon、7% Merlot。ブルーベリーの香りとスパイシーな味。Oroppas の特徴であるチョコレート感は薄く、とても感動した 2004 Oroppas のほうが美味しかった。まだ若いのかなぁ。もう少ししてから飲んでみたい。

夫と2人、一番気に入ったのが、最後の 2003 Howell Mountain Cab。香りがよく、ブラックフルーツというよりチェリーの果実味。100% Cabernet Sauvignon なのでタンニンが濃く、私たち好みでお気に入り。






■ Robert Mondavi Winery (ロバート・モンダビ・ワイナリー)

去年初めてのナパ旅行で訪れたのが、ここ Robert Mondavi。1年半振り。相変わらずの盛況ぶり。あ、クリスマスリースだ。

Robert Mondavi Winery


1年半前と同じ、ワイナリー見学ツアーに参加。この時期は15分おきにツアーを実施。1人25ドルでツアーとワインの試飲が含まれる。所要時間は1時間15分。

前回のツアーでも同じことを説明されたはずなんだけど、忘れていて再び勉強になることもいろいろ。ナパでは全米のたった4%のワインしか造られていないとか、モンダビはすべてフランスの樽(French Oak)を使っているとか、Fume Blanc は樽醗酵させた Sauvignon Blanc のことだとか。Fume Blanc と Sauvignon Blanc は同義語だと思ってたし。(前回のツアーの様子はこちら。)

Robert Mondavi Winery


ツアーの最後にテイスティング。

・2003 Stags Leap District Sauvignon Blanc ($23.00)
・2002 Vine Hill Ranch Cabernet Sauvignon ($85.00) GOOD!
・2006 Moscato d'Oro ($25.00)

白と赤とマスカットワインの3種類。・・・だけ?前回はこれに 1999 Cab Reserve が含まれていたのにー!!!カベルネ・ソーヴィニヨンが美味しい。ちょっと辛口だけど、典型的な王道カリフォルニアのカベルネの味がする。マスカットワインは、発砲系のようにしゅわしゅわ。2004 マスカットもこんな微発砲だったっけ。(そうだったよ。by 夫) 2004 マスカットよりはすっきりして飲みやすい。

2004 Cabernet Sauvignon Reserve や To Kalon Cabernet Sauvignon も試飲してみたかったけれど、4杯で30ドル。既にツアーにも参加してますからね。見送り。



-+-+-

年末のナパ締め、これにて終了。来年もいろいろ飲んで、舌経験地を上げたいなー。一滴も飲まずにドライバーを務めてくれた Sub、本当にありがとう。

St. Clement Vineyards
http://www.stclement.com/
Robert Mondavi Winery
http://www.mondavi.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-31 01:00 | ワイン&ワイナリー

No.396 クリスマスにまつわるちょっといいワイン。(Christmas Wines)

12月25日、の数日前。
家でのんびり夫と2人でクリスマス。ちょっと贅沢なフィレミニヨンでも焼いてみる。

最近はまりかけているフランスワイン。"せっかくのクリスマスだし♪" と、初のボルドー5大シャトー。
・・・のセカンドワイン(笑)

1988 Pavillon Rouge du Château Margaux
(パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー)

1988 Pavillon Rouge du Château Margaux, Margaux


ボルドー5大シャトーのひとつ、シャトー・マルゴー。「フランスワインの女王」と呼ばれるボルドー・メドック地区の中でも、シャトー・マルゴーは女王の中で「最も女性的なワイン」と形容されている。

最初の香りは芳醇で、後味がとても長く、果実味深い複雑な味がする。ブルゴーニュのワインみたい。でも、時間が経つにつれて深みではなく残念な味になってきて、すごーく感動はしなかった。

19年も寝てたのになぁ。逆にまだ早かったのかな。もっと若い年の Saint-Julien のほうが好きだったな。セカンドじゃない本物のシャトー・マルゴーなら感動したのかな。いろいろ考えるけど、飲んでる経験が圧倒的に足りないから結論は出ない。これだから、その答えを見つけるために、自分の好きな味を見つけるために、もっともっとワインが飲んでみたくなる。麻薬だ。。




-+-+-

次は、夫へのクリスマスプレゼント。えぇ、私のお小遣いから。

1996 Château Mouton-Rothschild
(シャトー・ムートン・ロートシルト)

1996 Château Mouton-Rothschild, Pauillac


こちらもボルドー5大シャトーのひとつ、シャトー・ムートン。日本ではこの名前が一番有名かもしれない。ラベルの絵を、ピカソ、シャガール、ゴーギャンなど毎年異なる画家がラベルの絵を描いている。

結婚記念年の2005年は、幸か不幸かボルドーの超当たり年で、とてもじゃないけど5大シャトーなんて高くて手が出ない。しかも、20年寝かせたいと思ったら、今から20年は飲めないわけで。10年前のを買ったほうが、10年早く飲むことができる。1996年は比較的当たり年。ムートンの出来はどっしりとした重厚なワインなんだとか。

いつ飲むんだろうな。楽しみ。これでうちのワインセラーにも初の5大シャトーが1本。
(※クリスマス当日まで見つからないように預かってくださった先輩Oさん、ありがとうございました!)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-28 07:18 | ワイン&ワイナリー

No.374 カーメルにもワイナリー@Carmel

モントレーやカーメルにもいいワイナリーがいくつかある。カーメルまで来たので、気になっていたワイナリーにも足を延ばす。



■ Morgan Winery (モーガン・ワイナリー)

カリフォルニアワイン好きの中でも比較的美味しいと評判のワイナリー。ピノノアールとシャルドネを主に栽培している。これまでテイスティングルームを持っていなかったが、今年の夏カーメルのとあるショッピングモール内にオープン。

IMG_0045


テイスティングは、8種類のうち、2種類までなら無料、5種類で5ドル。ワインを購入すればテイスティング料を差し引いてくれる。

IMG_0042


今回のテイスティングワイン。

・2006 Lee Family Farm Verdelho ($15.00)
・2005 Morgan Rosella's Vineyard Chardonnay ($40.00) GOOD!
・2006 Morgan Cotes Du Crow's Monterey ($20.00)
・2006 Morgan Twelve Clones Pinot Noir ($31.00)
・2005 Morgan Monterey Syrah ($24.00) GOOD!

Rosella's という畑のシャルドネは Testarossa でも美味しかったが、Morgan のも好き。苦手な人は苦手なとろとろ樽味だけど。Twelve Clones のピノノアールは、名前の通り12種類のクローンをブレンドしている。以前飲んで美味しかった 2005 は大変出来のよい年だったようで、今回の 2006 はまだちょっと若い感じ。夫が気に入った最後のシラーは、複雑でほどよい重さ。

対応してくれたフランス訛りの女性は、まだ2週間目の素人さん。正直、ワインを全然わかってなくて、質問しても要領を得ず、紙に書いてあるテイスティングノートを棒読み。テイスティングルームはワイナリーの顔だけに、それはちょっといただけません。





■ Talbott Vineyards (タルボット・ビンヤーズ)

サンタルシアハイランド(Santa Lucia Highlands)と呼ばれるこの地域に、非常に有望視されているカリスマ的な畑がある。それがスリーピーホロウ(Sleepy Hollow Vineyard)。私たちが最初に感動したピノも Sleepy Hollow。ギャブゥさんが自作シャルドネのブドウに選んだもの Sleepy Hollow。その Sleepy Hollow Vineyard を一手に所持するのがこのワイナリー。

IMG_0049


アメリカ大統領ブッシュ夫妻の16回目の結婚記念パーティに、このワイナリーの Sleepy Hollow のシャルドネが所望されたほど。(ホワイトハウスのパーティ主催者からお礼のレター。)

IMG_0048


テイスティングは、9種類で8.50ドル。16.50ドルで特別なシャルドネをあと3種類テイスティングできたのだが、今回は通常コース。

IMG_0047


今回のテイスティングワイン。

・2006 Kali Hart Chardonnay ($13.50) GOOD!
・1999 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($35.00、$70.00 for 1.5L size)
・2000 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($80.00 for 1.5L size)
・2004 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($80.00 for 1.5L size) GOOD!
・2005 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay ($43.00) GOOD!
・2006 Kali Hart Pinot Noir ($20.00)
・1999 Case Sleepy Hollow Pinot Noir ($80.00 for 1.5L size)
・2005 Case Sleepy Hollow Pinot Noir ($41.00) GOOD!
・2005 Logan Sleepy Hollow Pinot Noir ($30.00)

とにかくシャルドネが飛びぬけて美味しい。中でも断トツだったのが 2004 Talbott Sleepy Hollow Chardonnay。甘さ、辛さ、酸味を絶妙に備えていて、口の中でどんどん味が膨らんでいく。樽香も強すぎず上品。後味の余韻も長い。ものすごく複雑なシャルドネに感動。1本目の Kali Hart はセカンドラベル的ワインだが、酸と甘さのバランスがとてもよく、さわやかで十分に美味しい。

このワイナリーでよかったのは、古いビンテージを飲ませてもらえたこと。普通はリリースしたばかりの新しいビンテージのみのテイスティングが多いけれど。垂直テイスティング(同じ種類のワインを時系列に飲む)のも嬉しいし、寝かせるとどんな味になるかを想像できる。スタッフのお姉さんも知識豊富で好印象。(とても忙しそうだったけど。)





■ Heller Estate Vineyards (エラー・エステート・ビンヤーズ)

100% オーガニックのブドウでワインを造っているカリフォルニアでも数少ないワイナリーのひとつ。害虫駆除のために農薬散布ではなく狩蜂(カリバチ:wasps)や捕食昆虫をブドウ畑に放つ方法を取っている。除草剤も不使用。雑草を抑える効果のある被覆作物(cover crops)を植えるなどして対応。これらの厳しい項目をクリアした畑のみが、州から Organic Certification を与えられる。

IMG_0060


テイスティングは、5種類で5ドル。2本購入するとテイスティング料を差し引いてくれる。

IMG_0056

今回のテイスティング。

・2006 Heller Estate Chardonnay ($23.00)
・2006 Heller Estate Chenin Blanc ($25.00)
・2003 Heller Estate Merlot ($35.00)
・2003 Heller Estate Cachagua Cabernet Sauvignon ($20.00)
・2004 Heller Estate Cabernet Sauvignon ($35.00)

バニラの香りのするシャルドネと、シュナンブラン&リースリングのブレンドの白ワイン(2本目)が印象的。

ただ。この日ワイナリーは混み気味で、対応する人もいい加減な雰囲気。3本目からは説明もなく、品種すら告げず、ただグラスに注ぐだけ。これではいくら美味しくても、こちらも真摯に飲もうという意識がなくなって残念。以前飲んだ Meritage なんて美味しかったのになぁ。



Morgan Winery
http://www.morganwinery.com/

Talbott Vineyards
http://www.talbottvineyards.com/

Heller Estate Vineyards
http://www.hellerestate.com/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-28 15:29 | ワイン&ワイナリー

No.364 お呼ばれの季節。30ドル以下の美味しいワイン。

ハロウィンも終わり、これからはサンクスギビング&クリスマス。呼んで呼ばれてパーティパーティな季節☆「ワインの1本でも持っていかなきゃ・・・」という時、ワイン選びに困ったことはありませんか?(私たちもワインを飲みなれていない頃、何を買っていいのやら迷いました。)

まだまだ "なんちゃって" ワイン好きではありますが、これまで飲んだ中で、お買い得でこれは美味しい!ワイン15本をご紹介してみようかと。ちょっとしたうんちくを交えて持参すれば、楽しいパーティに花を添えられるかも♪

・身近で手に入るワイン。
  ワイナリーでしか変えないようなプレミアムワインではなく、身近なショップでも
  手に入るワイン。

・今すぐ飲んでも美味しいワイン。
  お手頃ワインは長い年月寝かせなくても今すぐ飲んで美味しいことが多い。

・カリフォルニアワイン。
  フランスワインはわかりませーん。

なお、以下で紹介するワインの年(ビンテージ)は私たちが飲んだビンテージです。同じワインでもビンテージによって良し悪しはありますが、基本は同等レベルの味を期待できると思っています。

(ブルーの枠がついている写真はクリックすると大きくなります。)
(日本でも購入できるワインは楽天価格をつけています。)




-+-+-

☆ こってりとろ~り白ワイン ☆

2006 Flora Springs "Barrel Fermented" Chardonnay
(フローラ・スプリングス・バレル・ファーメンテッド・シャルドネ)
注) Barrel Fermented と明記されているもの!
ナパの白ワイン。口に含んで舌の上でしばらく転がすと、とろ~りとした樽(オーク)独特の感触が広がるのが特徴。ピーチや梨のフルーティな香りのする1本。
価格: BevMo! $21.99
f0097972_1543773.jpg

2006 ZD Wines California Chardonnay
(ゼィーディー・ワインズ・カリフォルニア・シャルドネ)
ZD(Zero Defect = 欠陥、欠点なし)と名づけられたナパのワイナリー。エレガントなラベルがパーティ向き。トロピカルフルーツの香り。
価格: BevMo! Club $25.99、Safeway $25.98、Trader Joe's $27.99
IMG_3604




☆ きりりすっきり白ワイン ☆

2006 Geyser Peak Sauvignon Blanc
(ガイザー・ピーク・ソーヴィニヨン・ブラン)
地元紙サンフランシスコ・クロニクルで、安くて美味しい1本に取り上げられる白ワイン。きりっとしたレモン、ライム、シトラスといった柑橘系の味に定評がある。ワインを飲みなれてない女性でもきっと飲みやすい1本。
価格: BevMo! Club 7.99、Safeway Club $8.87、Trader Joe's $7.99
IMG_3994


2005 Dry Creek Sonoma County Fumé Blanc
(ドライ・クリーク・ソノマ・カウンティ・フュメ・ブラン)
爽やかなヨットのラベルが目印のソノマの白ワイン。フュメ・ブランとはソービニヨン・ブランのこと。若草やレモンの香りとシトラスやライムの味で、前菜にあわせたいきりっと爽快な1本。
価格: BevMo! Club $9.99、Safeway Club $10.99
f0097972_155234.jpg




☆ 軽めの赤ワイン ☆

2006 Saintsbury "Garnet" Carneros Pinot Noir
(セインツベリー・ガーネット・ピノノアール)
注) Garnet と明記されていないものも、飲んだことがないけど美味しいと評判。プラス5ドル程度。
フランスの赤ワインのようなエレガントさがあると評判の赤ワイン。鮮やかなルビー色が美しい。多少酸味が強く、ラズベリー、ブラックチェリー、そしてスパイスの味わい。
価格: BevMo! $17.99、Safeway $21.99楽天 2,880円
IMG_9629


2005 J Wine Russian River Valley Pinot Noir
(ジェイ・ワイン・ロシアンリバー・バレー・ピノ・ノアール)
"J" と一筆書きで描かれた文字が斬新なソノマの赤ワイン。ボトルがパーティの注目を浴びるかも?チェリーやラズベリーの芳醇な香りが印象的。軽めの赤ワインは少し冷やして飲んでも美味しい。
価格: BevMo! $27.99、Whole Foods $27.99
IMG_9460




☆ 中程度の赤ワイン ☆

2003 Sebastiani Sonoma County Merlot
(セバスチアーニ・ソノマ・カウンティ・メルロー)
Sebastiani (セバスチアーニ)も安価で美味しいワインを造るワイナリーとして定評があり、特に赤ワインのメルローは地元紙サンフランシスコ・クロニクルでもよく取り上げられる。濃厚な色、熟したチェリーの香りを楽しめる1本。
価格: BevMo! Club $11.99、Safeway Club $11.98、Trader Joe's $11.99楽天 2,980円
IMG_9344


2005 Frog's Leap Napa Valley Zinfandel
(フロッグス・リープ・ナパ・バレー・ジンファンデル)
100% 有機栽培(オーガニック)なブドウで作られた赤ワイン。コルクには "RIBBIT!" とカエルの鳴き声が書いてあるのもユニーク。様々なベリー系の香りとスパイシーさが魅力的な1本。
価格: BevMo! $24.99、Whole Foods $24.99
IMG_7943.jpg


2004 Ridge Geyserville Zinfandel
(リッジ・ガイザービル・ジンファンデル)
2006年、世界的に注目された「パリ対決」テイスティングにおいて、パリを破って1位に輝いたワイナリー。なんと大塚製薬が所有。1位になったのはカベルネ・ソーヴィニヨンだが、このジンファンデルも適度な果実味とスパイシーさで高い評価。
価格: BevMo! $29.99、Whole Foods $28.98
IMG_3796




☆ どっしりとした重めの赤ワイン ☆

2005 Liberty School Cabernet Sauvignon
(リバティー・スクール・カベルネ・ソーヴィニヨン)
ナパの Caymus (ケイマス)という有名なワインのセカンドラベルとして作られながら、大変お買い得で、カリフォルニアで最もコストパフォーマンスの高いカベルネ・ソーヴィニヨンとも言われている1本。熟したレッドベリーの香り。
価格: BevMo! Club $10.99、Safeway Club $10.98、Trader Joe's $11.99
IMG_8479.jpg


2004 Parcel 41 Napa Valley Merlot
(パーセル 41・ナパ・バレー・メルロー)
ナパの少量生産ワインカンパニーが、質の高いワインをお手頃価格で消費者に提供したいという思いを込めて作っている1本。リッチなブラックベリーやチョコレートの香りのする赤ワイン。
価格: BevMo! Club $15.99、Safeway Club $15.98
IMG_8546.jpg


2003 Raymond Reserve Napa Valley Cabernet Sauvignon
(レイモンド・リザーブ・ナパ・バレー・カベルネ・ソーヴィニヨン)
キリンビールの KIRIN が所有するワイナリー。(ナパには他にサッポロが所有していたワイナリーもある。それも大変美味しい。)ダークチョコレート、ブラックベリー、ブラックチェリーの香りのするエレガントな赤ワイン。
価格: BevMo! Club $24.99、Safeway Club $25.98
IMG_7582.JPG


2004 Clos Du Val Napa Valley Cabernet Sauvignon
(クロ・デュ・ヴァル・ナパ・バレー・カベルネ・ソーヴィニヨン)
ナパでも著名なワイナリー Clos Du Val (クロ・デュ・ヴァル)の定番の1本。比較的いろいろなお店で見かける。ダークフルーツの香りのする、どっしりとしたパワフルな赤ワイン。
価格: BevMo! Club $25.99、Safeway 29.98、Trader Joe's $27.99楽天 4,560円
IMG_4911




☆ スパークリングワイン ☆

2005 Niebaum-Coppola Estate Sofia Blanc de Blanc
(ニーバウム・コッポラ・エステート・ソフィア・ブラン・デ・ブラン)
「ゴッドファーザー」の映画監督フランシス・フォード・コッポラが愛娘ソフィア・コッポラの結婚を祝って造ったスパークリングワイン。ピンクのセロファンに包まれたボトルがパーティを演出。柑橘系と白桃のようなフルーティで、ほんのり甘い。
価格: Safeway Club $15.98楽天 2,709円
IMG_5033


2004 Domaine Carneros Brut Sparkling Wine
(ドメーヌ・カーネロス・ブリュット・スパークリング・ワイン)
フランスのシャンパンの名門テタンジェ(Taittinger)が出資しているカリフォルニアのスパークリングワイン。トロピカルな味、クリーミーで、甘すぎず辛すぎず。グラスに注いだときのきめ細かい泡に注目。
価格: BevMo! Club $19.99、Safeway Club $23.32、Trader Joe's $19.99
f0097972_3312641.jpg



-+-+-

こんな基準でワインを探していると、いい評価がついているのにまだまだ飲んだことのないお手頃ワインが盛り沢山。ワインへの感想もワイン歴もまだまだ未熟ですが、どうぞ大目に見てくださーい。> ワイン有識者の方々。

また、皆さんのお気に入りのお手頃ワインがあったら是非教えてくださいね♪楽しみにしています。





※身近で手に入るとはいえ、Safeway や Whole Foods だけだとラインナップに限界があるので、リカー大手の BevMo! を含めてセレクト。最寄の BevMo! ストア検索はこちら

※表示価格は定価ではなく、BevMo! や Safeway のクラブ価格のものもあります。クラブ入会は無料なので入っておいても損はないはず。

※価格は2007年11月現在のものです。在庫および価格は変動する可能性がありますのでご了承ください。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-17 01:58 | ワイン&ワイナリー

No.328 フランスのピノとカリフォルニアのピノ(Pinot Noir from France vs California)

Testarossa のワインリリースイベントの後、ギャブゥさんちに乗り込んで始まったのはやっぱりワイン!

突然押しかけたにも関わらず、美味しいニースサラダ(by ギャブゥさん)と素晴らしいアルデンテなボンゴレ(by ギャブゥ旦那様)が食卓を彩る。さすがお料理&おもてなし上手。いつも美味しいし、お部屋もカワイイ☆

IMG_8839.jpg



-+-+-

さて。今回のお題は、フランスはブルゴーニュのピノとカリフォルニアのピノの飲み比べ。実は私たち、フランスのピノを飲んだことがなく、勉強も兼ねてご一緒しようという魂胆。

IMG_8824.jpg

左から
2005 Gevrey-Chambertin Domaine Humbert Frères (ブルゴーニュ)
2003 Calera Mills Pinot Noir (南カリフォルニア)
2003 Tandem Sonoma Coast Pinot Noir (北カリフォルニア)

フランスのピノといえば、ロマネ・コンティに代表されるブルゴーニュのピノ。そして、「カリフォルニアのロマネ・コンティ」として日本で人気沸騰のカレラ(Calera)。最後は、カリフォルニアでも気候がピノ生産に適しているソノマのピノの3本。

  「ブルゴーニュとカリフォルニアの違いは?」
  「カレラはロマネ・コンティのクローンらしいけれど、味は似てるの?」
  「カリフォルニアの2本は共に2003だけど北と南。違いはあるの?」


我ながら(もとい、我らながら)、面白いセレクション。せっかくなので味をしめたブラインドテイスティングで!




1本目から飲んでいき、2本目の香りをかいだ時点で「これはわかった」とギャブゥ夫。え?ほんとに??さすがなり・・・。「これは飲みなれた味だからソノマのはず」「これはまだ全然開かないからフランスかも」と、ギャブゥ夫妻はさすがのコメント。私はちびちび飲みながら、言われてみれば確かにそうかも・・・、なんて振り回されっぱなし。

30分以上かけて味の変化も味わって、結局すべてを当ててしまった。すごいねーーー。師匠と呼ばせていただきます。




テイスティングノート:
ブルゴーニュのピノは、香りがなく味も馴染みがなく変な感じ。1時間以上かけてデキャンタージュして随分まとまった感じになったけど、それでもなんとなく水っぽい。セレクションが悪かったのか、もっと寝かせるべきなのか(2005だし)、舌が肥えていないのか。

カレラは驚くほどフルーティなストロベリーの香り!半年前にテイスティングしたけど、こんなに強烈だったっけ。「カレラだとわかると、これが一番美味しく感じる・・・」by 夫。素直。

Tandem は初めて聞いたワイナリーだけど、カリフォルニアの飲みなれた味でほっとする、と全員一致の意見。時間が経つとさらに深みが出てなかなかよいワイン。




-+-+-

最近ではすっかりくつろいでくれるギャブゥさんちの猫たち。私と夫の中で "ネコ欲しい" 衝動がまたもや加速した夕べでした。


IMG_8851.jpg


IMG_8838.jpgIMG_8837.jpgIMG_8842.jpgIMG_8854.jpgIMG_8836.jpgIMG_8856.jpg
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-10-03 04:27 | ワイン&ワイナリー

No.327 ニューリリース・ワインイベント Testarossa@Los Gatos

f0097972_4371914.jpg週末、ロスガトスにあるピノノワールとシャルドネが有名なワイナリー Testarossa Vineyards (テスタロッサ・ビンヤード)で、ニューリリースのワインイベント Harvest Festival が開催。前売りチケット制で、一般$40、クラブメンバーは無料。友人に1枚無料チケットをもらって、一緒に参加してきた。



-+-+-

到着してびっくり。すごい人、人、人。ワイン飲み放題に、ロスガトスのいくつかのレストランから軽食ケータリングもあったため、どのブースも長蛇の列。

IMG_8817.jpg



今回のテイスティングワイン。

2005 Diana's Reserve Chardonnay New Release!
2005 Cuvee Niclaire Pinot Noir New Release!
・2006 Castello Chardonnay
・2005 La Cruz Vineyard Chardonnay
・2005 Rosella's Vineyard Chardonnay Good!
・2006 Palazzio Pinot Noir
・2005 La Cruz Vineyard Pinot Noir
・2005 Sleepy Hollow Vineyard Pinot Noir Good!
・2005 Subasio Syrah


ニューリリースのワインはというと。
2005 Diana's Reserve Chardonnay は深みのあるシャルドネ。いろんな味がする。個人的には Rosella's Vineyard Chardonnay が一番のお気に入り。レモンのような爽快感とピーチの優しい甘み。でも、全体的に Testarossa のシャルドネは適度な樽の香りで、どれも私好みであることを再認識。

2005 Cuvee Niclaire Pinot Noir はなかなか。複数の畑の厳選されたピノのブレンドで、チェリーのふくよかなフルーツ味にスパイシーさ。若い感じもしたけれど(by 友人&夫)、私は若さがつんっとくるワインも好きなのでGOOD。




ワインは美味しかったけれど、ゆっくり飲める雰囲気ではなく。。ケータリングもラスベガスのビュッフェ顔負けの行列だし。(お味は普通。)あの人数で1人$40はちょっとどうかなぁ。人に飲まれてちょっと疲れてしまいました。。

Testarossa Vineyards
http://www.testarossa.com/

-+-+-

その Testarossa がどれくらい人気かというと、ワインへの評価が物語る。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-10-02 04:37 | ワイン&ワイナリー

No.321 買っちゃった220本入りワインセラー(Wine Cellar)

買ってしまいました。

IMG_8683.jpg

220本入りワインセラー。16本入りセラーから一気に格上げ。お買い上げ価格 $950。

私たちの結婚記念年は2005年。2005年のワインをケース買いして、毎年結婚記念日に飲もうか、というアイディアが持ち上がり、そのためにはワインの大量長期保存に絶えうるワインセラーが必要!と購入に至る。既に16本入りセラーには入りきらないワインたちが散在していたし。

今度のセラーは、温度管理だけでなく湿度管理も行ってくれる。カラスドアはUV加工と至れり尽くせり。220本入りとはいうけれど、棚を入れたり、ピノやシャンパンなど太めのワインボトルを入れると実質150本くらいなんだとか。それでも十分なんですけど。アメリカの家だから出来る贅沢。夫は嬉しくて仕方ない様子。


Vintage Keeper Wine Cellar NUVO 220 ※リンク切れ
http://www.vintagekeeper.com/web/new/wc_220_info.htm

購入時は以下の Beverage Factory が販売していたけれど、現在は取り扱い中止になった様子。
http://www.beveragefactory.com/wine/cellars/vintagekeeper.shtml


-+-+-

でもこのワインセラー、完成状態で届いたわけではなかった。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-09-23 06:37 | ワイン&ワイナリー