No.596 暖炉を使う前にちょっと待って!Winter Spare the Air

冬にうっかり暖炉を使うと逮捕されます。

Spare the Air は、大気汚染を減らそうという動き。夏の間は「エアコンを控えよう」「車ではなく公共の乗り物を利用しよう」と言われ、冬の間も関係するみたい。

Spare the Air
夏の間、オゾン汚染(Ozone Pollution)による大気環境が有害なレベルに達すると予測された日は、市民に車の運転を控えるよう呼びかける。(2008年までは促進対策として公共の乗り物が無料になっていたが、2009年は無料にならなくなった。)

Winter Spare the Air
冬の間、大気中の粒子状物質(Particulate Matter or Soot)が体に有害なレベルに達すると予測された日は、Winter Spare the Air Alert を発令して、屋内・屋外共に木材で火を焚くことを禁止する。
Winter air pollution is mainly caused by particulates or soot pollution from wood smoke. Smoke from wood-burning fires is linked to illnesses such as asthma, bronchitis and lung disease, and is especially harmful for children and the elderly.

Winter Spare the Air Alert が発令されている日に暖炉に火をつけたり、屋外のファイヤーピットで焚き火をしてはいけません。ただし、いくつか例外 Exemptions はあるようで。例えば、調理目的なら許可されるそう(推奨はされないけれど)。屋外BBQや炭火焼レストランなどはOKとなる。

知らなかったじゃ済まされない Winter Spare the Air Alert。以下の公式サイトで確認できます。また、E-mail を登録すると Winter Spare the Air 発令日にメールで通知してくれるサービスもあるので、おうちの暖炉を使う方は便利ですね。
f0097972_1124342.jpg


Spare the Air in the Bay Area (公式サイト)
http://www.sparetheair.org/

AirAlert email Notifications (E-mail アラートサービス)
http://baaqmdsparetheair.enviroflash.info/
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-09 08:52 | アメリカ生活を始めよう


<< No.597 地中海はヨーグル... No.595 日本人の口にあう... >>