No.591 紅葉の初ソノマ・ワイン・カントリー@Sonoma

サンクスギビング翌日。朝7時にちょっとだけブラックフライデーを冷やかし、その足でソノマに向かう。ナパには何度か行っているけど、実はソノマは初めて。サンクスギビングの週末だから閉まってるところが多いかなと心配したけれど、ほとんどのワイナリーがオープン。よかったよかった。土日はホリデー旅行者で賑わうんだとか。

今回巡ったのは、ソノマのダウンタウン近辺(Sonoma Valley)ではなく、少し左上の Alexander Valley、Dry Creek Valley、Russian River Valley の地域。紅葉も終盤、この季節のワインカントリーはとても美しい。

Mill Creek Vineyards & Winery



-+-+-

■ Iron Horse Vineyards (アイアン・ホース・ヴィンヤーズ)

細い山道をちょっと不安になるくらい登るとワイナリーに到着。Russian River Valley の中でもさらに厳選された Green Valley という地域にある。

Iron Horse Vineyards


これまで Wine & Spirit 誌の Winery of the year に過去9回も選ばれたり、2007年度 Best sparkling of the year に選ばれたり、アメリカ4政権連続でのホワイトハウス公式スパークリングに採用された等々の経歴のワイナリー。(他のワイナリーも似たような経歴はあるんだろうけど。)期待も膨らむ。

朝一番だったのでテイスティング客は私たちだけ。屋外にテイスティングカウンターが設置されていて、ブドウ畑を一望しながらワインを楽しむ。ヒーターが設置されているので寒くはない。

Iron Horse Vineyards


Sparkling Tasting (テイスティング料:5ドル)
・2004 Ultra Brut (68% Pinot Noir、32% Chardonnay) ($50)
・2005 Wedding Cuvee (87% Pinot Noir、13% Chardonnay) ($38)
・2002 Blanc de Blanc (100% Chardonnay) ($38)
・2004 Classic Vintage Brut (68% Pinot Noir、32% Chardonnay) ($33)
・2004 Russian Cuvee (68% Pinot Noir、32% Chardonnay) ($33) GOOD!

Seasonal Tasting (テイスティング料:10ドル)
・2006 Un-Oaked Chardonnay ($26)
・2005 Estate Chardonnay ($27)
・2007 Rose de Pinot Noir ($18)
・2007 Estate Pinot Noir ($45)
・2005 BDX-3 ($38) GOOD!

ここのスパークリングは、珍しいことにすべてヴィンテージ物。(一般的には何年分かのを混ぜてノンヴィンテージで出荷されることが多い。)好みだったのは 100% シャルドネの Blanc de Blanc と、全体的にドライなここのスパークリングの中でフルーティさが残る Russian Cuvee。期待していた Wedding Cuvee はまぁ普通。ほんのりピンクなのは可愛い。

通常ワインで面白かったのは、マロラクティック発酵をさせないというシャルドネ2種。樽を使わない(Un-Oaked)シャルドネは本当にすっきりだし、樽を使ってある方も樽香はあるのにバターっぽくはない。不思議な体験。




■ Dry Creek Vineyard (ドライ・クリーク・ヴィンヤード)

到着した瞬間、「うわぁ・・・!」と歓声を上げてしまうくらい美しい紅葉に包まれた Dry Creek Vineyard。ツタに絡まったレンガの建物といい、広めのピクニックエリアといい、ナパの V.Sattui を思い出す。

Dry Creek Vineyard


2007年「好きな白は?」と聞かれれば「Dry Creek!」と答えるくらいここの白が大好きで、好みが変わってきたとはいえ期待十分で訪れる。

Signature Wine Tasting (テイスティング料:5ドル)
・2007 Dry Chenin Blanc Clarksburg ($11.50)
・2007 Fumé Blanc Sonoma County ($14.50)
・2006 Chardonnay Russian River Valley ($20.00)
・2006 Old Vine Zinfandel Dry Creek Valley ($28.00)
・2005 Cabernet Sauvignon Dry Creek Valley ($23.00)

Dry Creek Vineyard

このワイナリーで一番有名(flagship)なのはなんといっても Fumé Blanc。フュメ・ブランはソーヴィニヨン・ブランのこと。ナパの Mondavi が樽を使ったソーヴィニヨン・ブランをフュメ・ブランと呼び始めたのが始まりだけど、ここのフュメは樽未使用。大好きだったはずなんだけど、やはり好みが変わっていて Fumé Blanc も Chenin Blanc も大感激とまではいかず。悪くはないけど。

このワイナリーのいいところは、ワインがお手頃なこと。ゆえに商業的な印象も強い。ワイナリーを訪れてよりそう思い、今回対応してくれたお姉さんの緩慢な対応で印象更に下降。いいワイナリーなんだけどな。。




■ Mill Creek Vineyard & Winery (ミル・クリーク・ヴィンヤード・アンド・ワイナリー)

以前ギャブゥさんに飲ませてもらったメルローがとても印象的だった Mill Creek。テイスティングルームの裏には大きな水車がある。水車 = 製粉機 = Mill でぴったりの演出。

Mill Creek Vineyards & Winery


リザーブ・テイスティングは7種類から5つを選択。

Mill Creek Vineyards & Winery

Reserve & Limited Production Wines (テイスティング料:10ドル)
・2004 Merlot - Estate, Dry Creek Valley ($28) GOOD!
・2005 Zinfandel - Beacham Downey Vineyard ($38)
・2005 Syrah - Estate, Corner Pocket ($32)
・2002 Cabernet Sauvignon - Alexander Valley Reserve ($32)
・2001 Reflections - Kreck Estate Vineyard ($65) GOOD!

ソノマにあってピノ・ノアールを造っていない珍しいワイナリー。期待通り、記憶通り、メルローは美味しい。パワフルさと上品さのバランスが絶妙。最後の Reflections はボルドーブレンドでこれも私たちの好み。全体的にどのワインもパワフルすぎない上品さがある。古めのワインもテイスティングで提供してくれる嬉しい。




■ Rochioli Vineyard & Winery (ロキオリ・ヴィンヤード・アンド・ワイナリー)

カリフォルニア内でも人気の高い Rochioli。自らのワイナリーでワインを造るほか、他のトップクラスのワイナリーにブドウを卸している。なかなか手に入りにくく、特に J.Rochioli と "J" が冠された単一畑のワインは、メーリングリストのみの販売で入手も困難。以前飲んだ Rochioli のピノが美味くて、必ず訪れたかったワイナリー。

Rochioli Vineyards & Winery


テイスティングルームは高台にあり、眺めがいい。スタッフもみんなアットホーム。テイスティングは2種類。テイスティング料は無料。Chardonnay、Sauvignon Blanc、Pinot Noir 3種類の中からリリース時期によって提供されるワインが変わる。

・2007 Estate Chardonnay ($36) GOOD!
・2007 Special Cuvee Pinot Noir ($36) GOOD!

Rochioli Vineyards & Winery

シャルドネはアップルの香りのする上品な味。樽やマロラクティック発酵が効き過ぎたカリフォルニアのシャルドネの中では美味しい。Special Cuvee も古典的な Russian River Valley のピノ。上品で嫌味のない味。夫は有名過ぎる Rochioli にはあまり興味がないらしい。




■ Gary Farrell Vineyards and Winery (ゲアリー・ファレル・ヴィンヤーズ・アンド・ワイナリー)

こちらも Rochioli に負けず劣らず素晴らしいワインを造るワイナリー。創設者の Gary Farrell 氏が Rochioli 出身ですから。

Gary Farrell


ここのテイスティングルームも高台にあり、外のテラスから見える景色は最高。室内は窓が大きく取られて陽がたくさん差し込む。今回回ったワイナリーの中で一番高級そうなテイスティングルーム。私たちが帰る頃、テイスティングルームはお客さんで一杯!人気のほどが伺える。

Gary Farrell

Rochioli - Allen Tasting (テイスティング料:20ドル)
・2005 Chardonnay Rochioli Vinyard ($45)
・2006 Chardonnay Rochioli-Allen Vineyards ($45)
・2004 Pinot Noir Allen Vineyard ($100) GOOD!
・2006 Pinot Noir Rochioli Vineyard ($65) GOOD!

どれもすごく少量生産で貴重なワインたち。シャルドネは Rochioli のほうが好み。Allen Vineyard のピノは、美味しいけれどもうちょっとだけ寝かせたい感じ。100ドルだって。そして、私の今回のベストピノが最後の1本!Rochioli Vineyard のピノ。典型的な Russian River Valley。うーん、幸せ。




■ Joseph Swan Vineyards (ジョセフ・スワン・ヴィンヤーズ)

行きつけのワインショップ K&L がお気に入りのワイナリー。なので何度か飲んだことがあり、夫の生まれ年のワインまで飲んだことがある。せっかくなので立ち寄ってみた。倉庫のようなテイスティングルーム。入るとテイスティングルームのすぐ横にワイン樽が高く積まれている。それはいいんだけど・・・ここ、すごい小バエ(汗)ワインの瓶やグラスにまで寄ってくる。「fruit fly って言って、収穫の時期には一緒に入ってきちゃうんだよね」とけろっとした顔。えー。。

Joseph Swan Vineyards


テイスティングは、7種類も飲んで無料。こういうワイナリーが残っているのがナパと違うところ。

・2007 Gewerztraminer Saralee's Vineyard ($18)
・2006 Pinot Noir Great Oak Vineyard ($38)
・2004 Syrah Trenton Estate Vineyard ($27)
・2005 Syrah Great Oak Vineyard ($38)
・2004 Mourvedre ($25)
・2000 Zinfandel Lone Redwood Ranch ($25 -> $18) GOOD!
・2004 Zinfandel Stellwagen Vineyard ($26)

Joseph Swan Vineyards

ムールヴェドル(Mourvedre)の単一品種ワイン?!初めて飲んだけど、香りも骨格もしっかりしていて案外美味しい。夫はシラーもジンファンデルもお気に入りだった様子。ここのジンファンデルは後味が長くていい。あぁ、、ハエさえいなければ。




■ J Vineyards & Winery (ジェイ・ヴィンヤーズ・アンド・ワイナリー)

最後の1件、がんばろー。(ブログもがんばろー。)黒いボトルに黄色の一筆書きで "J" と書かれた斬新なボトルデザインが印象的なワイナリー。ワイナリーの入り口や庭はナパの Domaine Chandon によく似ている。スパークリングワイン系はワイナリーも似てくるのかな。

J Wine


テイスティングルームの内装も、ちょっとしたギャラリーのようにきれいで凝っている。

J Wine


Tasting (テイスティング料:10ドル)
・J Cuvee 20 ($28) GOOD!
・2006 J Chardonnay Russian River Valley ($40)
・2006 J Pinot Noir Russian River Valley ($38) GOOD!
・2005 J Pinot Noir Robert Thomas Vineyard ($65) GOOD!

夫婦揃ってここのピノ・ノアールが大好きで、先日飲んだスパークリングワイン(J Cuvee 20)も美味しかった。期待通り、ピノはやはり好み。でも断然シングルヴィンヤード(Robert Thomas Vineyard)のほうが上品で複雑。



-+-+-

やっぱり Russian River Valley のピノは大好き。上品で、しっかりとした特徴があって、飲んでいて優雅な気持ちになる。でも、まだまだ「これは Rochioli っぽい」とか「Gary Farrell らしい」とか「これはきっと J!」と判断できるほどの舌は持っていない。大きなくくりで Russian River Valley のピノが好き。それでいい気もするけれど。

ソノマはナパとは全然雰囲気が違って、田舎道のドライブだけでも楽しい。テイスティング料も安いし、タダのところだっていくつも残っている。ソノマのほうが好きという人が多いのもうなずける。私たちももう既に再訪したくなってる。思い出に残るサンクスギビングの週末でした。

Dry Creek Vineyard


Iron Horse Vineyards
http://www.ironhorsevineyards.com/
Dry Creek Vineyard
http://www.drycreekvineyard.com/
Mill Creek Vineyard & Winery
http://www.millcreekwinery.com/
Rochioli Vineyard & Winery
http://rochioliwinery.com/
Gary Farrell Vineyards and Winery
http://garyfarrellwines.com/
Joseph Swan Vineyards
http://www.swanwinery.com/
J Vineyards & Winery
http://www.jwine.com/


※今回、ソノマの細い田舎道でたくさんの自転車とすれ違った。しかも、スポーツとして乗っている人たちではなく、普段着でレンタル自転車で走っている家族やカップルたち。道が細い上に自転車に乗りなれていない人たちだから、危なくて危なくて・・・。ソノマって自転車で周るのも主流な町なんでしょうか。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-12-02 05:33 | ワイン&ワイナリー


<< No.592 ラムもカラマリも... No.590 思いやりいっぱい... >>