No.574 手作りたまごぼーろ

料理の偉大な友、オレンジページ。2008年10月2日号で見つけたのは、なんと「手作りボーロ」。材料は、片栗粉、小麦粉、砂糖、卵だけ。作り方も簡単。これはいいかも。

卵ボーロ


材料は混ぜるだけなので簡単なんだけど、、、あとに待っていたのは根性と忍耐の作業。ひたすら丸める、丸める、丸める、、、ころころころころころ。

卵ボーロ

レシピでは "直径1.5cm" となっていたけれど、馴染みのある卵ボーロはその半分くらいの大きさのはず。小さいほうが本物に近くて美味しいんじゃない?と小さく丸め始めたら、、、120個出来るところを500個丸めてしまう。ひたすら丸め続けて1時間半。。最後、根気負けして 1.5cm を100個くらい作ったけれど、結果はレシピどおりの大きさのほうが美味しかった。ちゃんと従わなきゃいけませんね。。


ほんのり黄金色に焼きあがる。口に入れた瞬間・・・まさに「卵ボーロ」。笑っちゃうくらい、卵ボーロ(笑)さくっと、ほろっと、優しいお味。市販のものより甘さ控えめで、手作りならではの温かさと食感。

卵ボーロ


今回は、プレーンときな粉とレモンの三種類。その他、抹茶やピーナッツバター入りやレーズン入りも紹介されていたけれど、一番懐かしいのはやっぱりプレーン。子供に食べさせたい自然なお菓子のひとつ。・・・ころころ作業の悪夢が喉もと過ぎた頃に。

※ちなみに私、お菓子は2年に1回くらいしか作りません。黄金の手を持つ方とお友達になるか、美味しい店を探し当てる能力のほうが断然長けています。(きっぱり。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-10-27 03:33 | たべもの


<< No.575 雰囲気のいい居酒... No.573 キュートなキュー... >>