No.572 キルト Pacific International Quilt Festival@Santa Clara

私が普段お邪魔させて頂いているブロガーの方々は、それぞれ個性的で楽しい情報をたくさんくださる。そんな中のお一人、サンノゼでキルト教室をされているのが麗しのmikaさん。美人で聡明で、ほんわかした雰囲気の mika さんの手からは、mika さんそのものといった優しいキルトがつむぎ出される。

そんな mika さんのキルトが、2年連続で大規模なキルト展に出展決定。Pacific International Quilt Festival は、キルト好きの間では P.I.Q.F. で知られるアメリカ西海岸最大のキルトショー。全米はおろか、日本から出展している人もいるくらい。去年はブログを指をくわえて眺めた mika さんのキルト。今年は何がなんでも実物を!



-+-+-

"Happy 10th Anniversary" と名づけられた作品。mika さんご家族がアメリカで暮らし始めて10年の節目を想って作られた秀作。

Quilt


日本を離れて10年経っても、こんなに繊細な和の心と、優しい色への感性を持ち続けられる。そんな mika さんの感性を見事な技術で表現して、家族への想いも見事に織り込んで、見る人の気持ちまでほんわかさせてくれる。

Quilt


華々しいキルトや大胆でインパクトの強いキルトはいくつもあったけれど、私がひとつ、家に飾って身近に置いておきたくて選ぶなら、間違いなくこの作品だろうと思うと嬉しくなる。

Quilt



実はキルトをこんなにちゃんと見て回るのは初めてで、ただ四角や三角の布の切れ端を縫い合わせるだけだと思っていた私は、作品の複雑さに目からうろこ。縫い合わせる布の曲線の複雑さや、ベースの布にミシン糸で複雑な模様を描く技法にもびっくり。なんて奥の深いアート。キルトという芸術にちゃんと触れる機会を作って下さったことも、mika さんには感謝。

ただし。会場は99%が白人のおば様、残り1%のうち0.9%が日本人の女性というくらい、夫にとってはちょっと居心地の悪い空間だったみたい。来年は、最近キルト好きが発覚した友達をお誘して行ってみようかな。(ついでにガイドもお願いして、笑)


mika さんブログはこちら:
http://d.hatena.ne.jp/mikausa/20081016/1224308623 (PIQF 1日目)
http://d.hatena.ne.jp/mikausa/20081017/1224388096 (PIQF 2日目)
http://d.hatena.ne.jp/mikausa/20081019/1224553933 (PIQF 最終日)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-10-23 06:30 | おともだち


<< No.573 キュートなキュー... No.571 デュリ毛 >>