No.553 サンフランシスコ版ザガット(Zagat San Francisco Bay Area Restaurants 2009)

本日発売。

『Zagat San Francisco Bay Area Restaurants 2009』
f0097972_1412485.jpg


以下、San Francisco Chronicle 引用:
French Laundry, Cyrus top Zagat picks

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2008/09/23/FDVS132LK0.DTL

今年の Winner は、ナパの(いえ、世界の)大御所 The French Laundry (in Yountville)とナパのさらに北にある Cyrus (in Healdsburg)で、30ポイント中29ポイントつけている。これに続くのが、Gary Danko (in San Francisco)、Erna's Elderberry House (nera Yosemite)、Kaygetsu (Menlo Park)。※桂月?!そうなんだ。びっくり。

Gary Danko は、サンフランシスコ&ベイエリアにおいて最も人気のあるレストランとして何年も連続君臨している。それに続くのが、BoulevardSlanted Door、The French Laundry、Michael Mina、Cyrus、AquaDelfinaKokkariChez Panisse

ベイエリアにおける平均外食費用は、昨年の $37.08 より 4.4% アップして $38.70。これは、ラスベガス、ニューヨークシティ、ロングアイランド、マイアミに続き、アメリカ国内で5番目に高い外食産業となっている。(ただし、パリ $80.50、東京 $74.54、ロンドン $72.39、大阪・京都 $70.80 に比べればお手頃といえるだろう。)

一昨年前のザガットで最も苦情が多かったのはサービス面。65%の客がサービスに関して最も気に障ったと述べている。

ベイエリアで重要なポイントを占めているのはワイン。90%の客が食事と共にワインを注文している。オンライン予約率も高く、49%の客がオンラインで事前予約している。(Los Angeles で22%、New York でも17%にとどまる。)

しかし、ベイエリアの食事情を最も向上させているのは、カリフォルニアという環境と土地柄だろう。89%の客はボトルウォーターではなく普通の水で満足し、86%の客は locally grown な素材に気を遣い、71%の客はオーガニックフードに対しよりコストをかけてもいいと判断し、68%の客は "ヘルシー(健康的)" なメニューを求めていると回答している。


-+-+-

去年はミシュランしか買ってなかったんだけど、ザガットのほうがより消費者の声を反映できてていい点も多い。(ただしザガットは、私にとって英語がネイティブ過ぎて難しいのが欠点。。。)まだまだ行ってみたいレストラン満載。このうちひとつは、既に今年の誕生日に予約済み。記念日ごとにひとつずつの楽しみ。まだまだ何年もベイエリアに住めますな。むふふ♪

店頭で $14.95。amazon だと $10.17。10月中旬に発売予定の 2009 Michelin Guide とセットで買うのもいいかも。



・・・さて。ナパの(いえ、世界の)大御所に物申す方はいらっしゃいますでしょうか?(笑)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-09-25 14:14 | レストラン


<< No.554 うにとたらばと山... No.552 お誕生日は無料デ... >>