No.534 出張者ご用達、サンフランシスコの名物、蟹!Crustacean@San Francisco

お久しぶりです。真夏のカニオです。夏の間は氷でカチカチ(冷凍)。選ばれし者から溶かされていくんだって。で、選ばれちゃいました。あれー。

Crustacean

-+-+-

サンフランシスコにある蟹(ダンジネスクラブ)の名店、Crustacean (クラスタシアン)。日本にいる頃からサンフランシスコに出張者に行った人から「この店は絶対お薦め!」と噂に聞いていたレストラン。

とまぁ、日本人にも大変知名度が高いので、入り口で日本人と判断されると、席には日本語のメニューが置かれる。(日本語メニューがあるから出張者に重宝されるという噂も。)

Crustacean


前菜に、揚げ春巻き(Crispy Rice Paper Roll)とイカ乗せグリーンパパイヤサラダ(Papaya Salad with Calamari)を注文。お味はいたって普通。見た目も普通。いいのです。目的は蟹ですから。

Crustacean Crustacean


蟹メニューは、ガーリック味の The Roast Crab、ワイン蒸し(中国酒蒸し?)の Drunken Crab、アジアンな甘辛酸っぱいソースの Tamarind Crab の3種類。ほとんどの人は一番人気の The Roast Crab を注文する。夫のガーリッククラブを一口もらえることを確約しつつ、私は Tamarind Crab をチョイス。日本の焼肉のように前掛けをつけてくれる。はは。

Crustacean

蟹が運ばれてくるとテンションは最高潮!蟹割り器と素手でばりばり剥きながら食べる。当然手は油まみれ、ソースまみれ。でもそんなこと気にしてられない。うまーい。ガーリックローストはもちろん、タマリンドソースもかなりいける。粗挽き黒こしょうががしがしかかっていて食欲増進。忘れちゃいけないのがガーリックヌードル(An's Garlic Noodles)。これをソースにつけて食べるとまた至福。

蟹の甲羅はついてくるけど、蟹味噌は入ってない。衛生上、基本は出さないらしい。ただし、お願いすれば蟹味噌入りの甲羅を持ってきてくれる。"inside にある green stuff" とかなんとか言えばOK。これもやばかった。普段、蟹味噌を美味しいと思わない私もノックアウト。大満足。(※安全性については自己責任でお願いします。)


さて、蟹のお値段。時価です。今回は1杯36.95ドルでした。プライムリブを食べに行ってもそれくらいな感じ。でも、冬にハーフムーンベイで1杯12ドルのダンジネスクラブを買ってきて、家で茹でてポン酢で食す。これもまた幸せなり。



Crustacean
http://www.anfamily.com/
1475 Polk Street
San Francisco, CA 94109
(415) 776-2722

ランチ :金~日:11:30 - 15:30(日曜はランチのみ)
ディナー:月~土:17:00 - 21:30(金土夜は22:30まで)、ドレスコードあり。

ちなみに、Crustacean の元祖店は、同じくサンフランシスコにある Thanh Long。Crustacean はミシュランにも載る高級指向系、Thanh Long のほうがアットホームな位置づけ。メニューは似たような感じだけど(蟹メニューは一緒)、Zagat によると予算は Crustacean のほうが高く設定されている。味はどちらも変わらないという人もいれば、やはり元祖 Thanh Long のほうが美味しいという声も。アットホームさで Thanh Long のほうが yelp の評判はいいみたい。接待に使うなら Crustacean が適しているのかな。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-08-30 04:28 | レストラン


<< No.535 Trader J... No.533 トラフィックスク... >>