No.532 アルカトラズ刑務所へ(Alcatraz Island)@San Francisco

カリフォルニアに来て3年目。今更というか、ようやくというか、アルカトラズ島へ。

ご存知、アルカトラズ島はサンフランシスコ湾に浮かぶ孤島の刑務所。軍刑務所時代から脱走しにくさと苛酷な環境で悪名高かったため、1934年から1963年までの29年間、一般向け刑務所として運営される。周辺の海は冷たく潮流が速いため、島からの脱出はほぼ不可能とされていた。ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ出演映画 『ザ・ロック(The Rock)』 やクリント・イーストウッド主演の 『アルカトラズからの脱出(Escape From Alcatraz)』 でも有名。



ど~んより。ムードたっぷり。

Alcatraz


刑務所の中はオーディオ解説付きの自由見学ツアー。日本語オーディオもあるので、迷わず日本語。(こういうのは詳細までちゃんと理解したい。)囚人役と看守役の語り口調で案内が進んでいくのが面白い。

Alcatraz


3階までそびえる鉄格子の監獄。映画で見た世界そのもの。定時に一斉に囚人が出てきて、陰鬱な表情でずらっと並んでいたと思うとぞっとする。囚人の立場でも、看守の立場でもぞっとする。また同じ1日が始まるのかって。どちらにもなりたくない。

Alcatraz


部屋はすべて独房(1人部屋)。狭ーい。殺風景な独房もあれば、自分の絵や趣味の小物を飾ってある独房もある。受刑態度次第ってことか。見学者も独房に入ることができて、お決まりの「出してくれー」ポーズで写真撮影。

Alcatraz


一番興味深かったのは、実際に起こった囚人の脱獄劇。朝の点呼でカモフラージュのマネキンが見つかり大騒ぎしたストーリなどを、看守役の声優が臨場感たっぷりに話してくれる。

Alcatraz


オーディオの中で何度も語られるのは、受刑者たちの悲しさ、むなしさ、絶望、そして自由への渇望。

Alcatraz


手を伸ばせば届きそうな、穏やかなサンフランシスコの街。「彼らが最も切望するすべてがすぐ目の前に広がっているのに、それは決して手に入らないのである。」 (解説より)

Alcatraz




期待以上に充実した楽しいオーディオ説明で、とても興味深く見学することができました。一度は来てみることをお薦めします。ただし、防寒必須!島なので海風(湾風?)も冷たく8月でもとっても寒かったです。


Alcatraz Island Tour (チケット予約もこちらから)
http://www.alcatrazcruises.com/
大人26ドル、子供16ドル。夏の観光シーズンは大変混むのでインターネットであらかじめ予約しておいたほうがいい。特に夜景が楽しめるナイトツアーは人気(33ドル)。島へのアクセスは Pier 33 よりフェリーで所要時間約15分。(Pier 39 ではありません!)所要時間約2時間半。帰りは自分の都合のいい時間のフェリーで帰ってこれる。(2008年8月現在)


-+-+-

よくある10のQ&A
Alcatraz most wanted - The Top Ten questions answerd.

Q. いつ、どうして、刑務所は閉鎖されたのか?
建物の老朽化と高額な維持費のため(例えば下水施設がなかった)、連邦刑務所としてのアルカトラズは閉鎖された。最後の囚人が島を離れたのは1963年3月21日で、その数ヵ月後に公式に閉鎖となった。

Q. 何人の受刑者が収容されていたのか?総囚人数と平均囚人数は?
A. アルカトラズ刑務所は収容最大数いっぱいになることはなかった。平均収容人数は約260名、最小収容人数は222名、最大収容人数は320名だった。囚人番号は1576番まで発行されているが、実際の囚人の数はそれより少ない。1人の囚人が何回も収容されることがあったが、新しい番号を与えるか従来の番号を使うかといった明確な規定がなかったためである。

Q. 独房はいくつあるのか?
A. アルカトラズには4つの刑務所ブロックがある。A ブロックは連邦刑務所時代には使われていない。B ブロックと C ブロックには336の独房があり、これが一般受刑者用("general population")とされている。規則に従わない囚人は隔離された("segregated") D ブロックに収容された。

Q. アル・カポネ(Al Capone)はどの独房に収容されていたのか?
A. 囚人たちは服役期間中、独房から独房へ移動させられていた。アメリカ・シカゴの暗黒街のボスであったアル・カポネも例外ではなく、アルカトラズに収容されている間(1934~1938年)、いくつもの独房で時を過ごした。他の囚人との殴り合いが原因で D ブロック(隔離棟)にしばし入れられたこともあった。最終的には南カリフォルニアの連邦医療矯正施設に移された。

Q. 看守は何人働いていたのか?
A. 90人の看守が8時間の3交代制シフトで働いていた。1950年代初め、経費削減のため看守の数は減らされていった。

Q. 看守とその家族はどこに住んでいたのか?
A. ある者はサンフランシスコに住んでいたが、多くはアルカトラズ島で生活していた。アパートメントが3つ、木造の家が4つ、デュプレックスが1つあった。刑務所長は刑務所の建物のそばにある大きな家に住んでいた。これらのいくつかは1970年の火事で燃えてしまい、その他の建物はその後政府によって取り壊された。

Q. 脱獄した者はいるのか?1962年の "ダミーヘッド" 脱獄とは?
A. 29年間のアルカトラズ連邦刑務所の歴史の中で、36名の囚人が脱獄を試みた。5名を除く囚人たちは再捕獲あるいは射殺された。2名は溺死。1962年6月に脱獄を試みた3名の囚人は行方不明とされている。この出来事は、クリント・イーストウッド主演の『アルカトラズからの脱出(Escape From Alcatraz)』として映画化された。

Q. アルカトラズ刑務所にガス室はあったのか?
A. ない。アルカトラズには死刑囚監房も死刑執行のための施設もなかった。

Q. 何人の囚人がアルカトラズ刑務所で死んだのか?彼らの死体はどうしたのか?
A. 8名の囚人が他の囚人によって殺され、5名が自殺、15名が病気などで死亡した。死体は家族に送り返されたり、少数ではあるが貧困者墓地に埋葬されたりもした。

Q. 連邦政府はアルカトラズを再び連邦刑務所として再開させる計画はあるのか?現代にアルカトラズと同様の刑務所はあるのか?
A. アルカトラズは現在、国立公園施設として管理されており、今後も継続する予定。現在におけるアルカトラズに代わる "super-max" な施設は、コロラド州のフローレンスにある。

(アルカトラズ島公式パンフレットより)


■  [PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-08-28 04:21 | ベイエリアお出かけ


<< No.533 トラフィックスク... No.531 めちゃうまベトナ... >>