No.506 香港の老舗中華スイーツ 許留山@San Francisco

サンフランシスコ・マカロンツアーの締めくくりに、香港の有名なデザートチェーン許留山(ホウ・ライ・サン)のサンフランシスコ店へ。

許留山 (Creations Dessert House)

場所はサンフランシスコの西のエリア。コリアンやチャイニーズレストランがひしめく地帯。オープンは14時で、14時過ぎに訪れたらお店はもぬけの殻。CLOSED の看板と共に開く気配なし。えー、はるばるサンフランシスコまでこれを食べに来たのに。。

それでも名残惜しく店内を覗きながら待つこと数分。すると店員さんらしき人が登場し、店の鍵を開けてくれる。よかったぁ。この日もサンフランシスコは寒く、いそいそと店内へ。


典型的な中華スイーツのファンシーなメニュー。注文は決まったものの、お店が開いたばかりで準備中、10分くらい放置される。むー。ようやく注文。

許留山 (Creations Dessert House)


私がオーダーしたのは定番マンゴープリン(Mango Pudding)。想像していたより結構なボリューム。マンゴープリンの上にココナッツシャーベットが乗り、マンゴーソースがかかった一品。

許留山 (Creations Dessert House)


果肉そのものや繊維まで入ったむっちり濃厚マンゴープリン。人工的な固さがなく、すごく柔らかい。ココナッツシャーベットがさっぱりな甘さでお気に入り。食べ応え十分。うまーい♪

許留山 (Creations Dessert House)


mintamu さんが注文したのは白玉入り小豆とココナッツジュース(Glutinous rice balls with red bean in coconut juice)。和風な定番の組み合わせにココナッツジュースがマッチ。少し甘めの寒天もよし。これも美味しい♪

許留山 (Creations Dessert House)


この日、サンフランシスコはとても寒くて(あ、いつもか)、こういう冷たいデザートはここで流行るのかなぁ・・・と談話。あまりの寒さに暖かい飲み物を頼むと、「おいてないけど、電子レンジ(Microwave)で暖めてあげるよ」と。出てきたのは、漢方のお茶が妙に甘~くなった代物。う、うーん、、、でも寒いから仕方なく飲んじゃう。

14時に開店し、深夜まで営業していることからもわかるように、ターゲットは明らかにランチ後ではなくディナー後の客。実際、私たち以外に席についている客さんはおらず、To Go でドリンクを買いに来た2組だけ。夜は大繁盛なんでしょうかね。デザートのお味は保障つき。(ただ私の場合、他のお店でちゃんとしたマンゴープリンを食べたことがないので、信頼性に欠けるのですが。)

※2012年に訪れられたeatSFOさんによると、なぜかお店の名前が1文字変わっていたそうです。2008年時点では「許留山」、2012年現在は「楚留山」。メニューは同じだし、「許留山」のホームページには依然ここの住所が載っているのですが。まあ、中国らしいということで。



許留山 Creations Dessert House
http://www.creationsdessert.com/
5217 Geary Blvd.
San Francisco, CA 94118
(415) 668-8812

日~木:14:00 - 00:00、金~土:14:00 - 2:00、無休。現金のみ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-07-19 04:25 | レストラン


<< No.507 処方箋にまつわる... No.505 マカロンツアー(... >>