No.494 フレンチカフェでサンドイッチとカラフルマカロン Pamplemousse@Redwood City

ずっと前から気になっていたのに、初めてお茶をしに入ったのはつい最近。レッドウッドシティのダウンタウンの端っこにあるカフェ Pamplemousse (パンプルムース)。映画館の3ブロック隣。Pamplemousse とはフランス語でグレープフルーツの意味。ロゴも旗もぱんぷるむーす。響きがかわいいくてツボにはまる。

Pamplemousse


陽が差し込む明るい店内。まず目に飛び込むのは、カラフルなケーキとマカロンが並ぶショーケース。特に、20種類はあるマカロンの品揃えはびっくりで、パステルカラーのまんまるスイーツに夫と私の目はくぎづけ。"帰りに買って帰ろう" と暗黙の了承成立。

Pamplemousse


ランチに夫が注文したのはクロックムッシュ(Croque Monsieur)。ハムとエメンタールチーズとベシャメルソースのゴールデンコンビ。ホットサンドメーカーで、まずはオープンの状態のハムとチーズを上からジューっと焼いて、閉じて再び上からジューっと焼く。音も匂いも食欲中枢を刺激する。カリッカリ。焼きたてかつシンプルならではの美味しさ。

Pamplemousse


私が注文したのは、前回からずっと心に決めていたビーツのサンドイッチ(Roasted Beet and Goat Cheese)。クロックムッシュの1.5倍はある。真っ赤なパンが衝撃的!(ビーツの味を知らなければ食欲をそそられない一品かもね。。)ビーツとゴートチーズの相性がバツグン。くるみ入りブレッドもなかなか。歯ごたえのあるハードブレッドと柔らかいビーツ、これまた組み合わせの勝利。ホットサンドならなお嬉しかったな。サラダのドレッシングは、自家製クリーミーハーブ系、癒し系。

Pamplemousse


いつも冒険せずに定番メニューを選んでしまう夫。「あ、セラーノハム(スペインの生ハム)があった、、、」と一言。スペインから帰ってきたばっかりだしね。Fig Jam と組み合わせたセラーノも確かに美味しそう。ちなみに yelp ではクロワッサンが大人気。


お土産に、お店の名前の Pamplemousse (グレープフルーツ)と Yuzu (ゆず)のマカロン。サンフランシスコの名店たちには敵わないけれど、種類の豊富さは喜ばれそう。そしてここ、ケーキが結構美味しい。ムース系、そしてティラミス。日本人の口にも合いそうな上品なお味。

Pamplemousse Pâtisserie et Café
http://www.pamplemoussecakes.com/
2401 Broadway Street
Redwood City, CA 94063
(650) 599-9714
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-07-05 03:13 | レストラン


<< No.495 アメリカで3回目... No.493 ドライブスルー・... >>