No.489 スペイン旅行総括 準備や感じたことや大変だったことあれこれ

■ スペイン旅行日程

2008年5月28日~6月5日

スペイン1日目 ロンドン - セビリア
スペイン2日目 セビリア - カルモナ - ヘレス
スペイン3日目 ヘレス - ジブラルタル - カサレス
スペイン4日目 カサレス - ロンダ - フェンヒローラ - トレモリノス
スペイン5日目 フリヒリアーナ - マラガ
スペイン6日目 グラナダ
スペイン7日目 バルセロナ
スペイン8日目 バルセロナ - ペネデス - カルドナ
スペイン9日目 バルセロナ - ロンドン



■ スペイン、どうしてアンダルシア地方を選んだの?
スペインにはいくつかの地域があり、今回の旅行のメインはスペイン南部のアンダルシア地方。飛行機で降り立つ大都市ではなく、車で自由にドライブをしながら、ひまわり畑を見たり、白い村に立ち寄ったり、ワイナリーを訪れたりしたくてアンダルシアに決定。アンダルシアに行こう!と決めてから見つけて参考になったアンダルシア旅行記ブログが、実は2人の共通の知人ブログだったのも何かの縁。サグラダ・ファミリアへはどうしても行ってみたかったので、最後にアンダルシアからバルセロナへ飛行機で飛ぶことにした。
f0097972_16313332.jpg




■ 参考になったお薦めサイト
Flying Cheap! (格安航空会社およびホテル情報サイト。ぴろりんさん感謝)
http://blog.livedoor.jp/filbert/archives/50855648.html
Barcelona Essentials (バルセロナ総合情報サイト。必見!)
http://barcelona.s28.xrea.com/
まいぺーす:スペイン旅行 (知人のアンダルシア旅行記ブログ。)
http://ownpace.exblog.jp/i5/



■ 飛行機
条件:
・直行で行ける(フランクフルト経由とかでもっと安いのもあったけど却下)
・深夜着は避ける(治安的に)

まずは行きたい街とスケジュールを決めてからエアを取った。目的地に就航している格安航空会社(Ryanair/easyJet/clickair/vueling)と普通の航空会社(British Airwaysなど)を一応比較して、最も合理的と思われるチケットを購入。チケットを取ったは約2ヶ月前と早め。オンラインチェックインや預け荷物無しにするとより安上がりに出来たけど、パソコンを持って行かなかったのと、荷物がどのくらいの大きさや重量になるかが予測できなかったので断念。預け荷物は1個単位で値段がかかるので、1つの大きなバッグにまとめた。運賃は安いのに税金(TAX)が運賃以上に非常に高い。グラナダからバルセロナへの移動はバスや電車も考えたけど、値段と時間を考えると飛行機のほうが合理的だった。

Ryanair (London Stansted - Seville)
自由席
・運賃:15.58 GBP
・預け荷物:12.00 GBP(1個)
・税金/燃料費:51.54 GBP
・空港チェックイン手数料:6.00 GBP
・カード支払い手数料:6.00 GBP
・合計:91.12 GBP

clickair (Granada - Barcelona)
指定席
・運賃:20.16 EUR
・預け荷物:無料
・税金/燃料費:39.84 EUR
・空港チェックイン手数料:無料
・カード支払い手数料:7.50 EUR
・合計:67.50 EUR

 ※UNITEDのカードがここでもRejectされた。
 ※カードが使えなかったらカード会社に電話すべし!

easyJet (Barcelona - London Gatwick)
自由席
・運賃:67.48 EUR(税金等を全て含む)
・預け荷物:15.00 EUR(1個)
・合計:82.48 EUR



■ ホテル
快適性よりも値段と利便性を優先して、なるべく街の中央に近いところを選択。(XX広場徒歩1分とか。)Flying Cheap! サイトを参考にしたけど、結局すべて http://venere.com で予約。ドル安のせいもあるが、それほど格安感はなかった。各街の Information が週末や夕方だと閉まってるので、あらかじめ予約できるところはしておいたほうが良さそう。駐車場がなく公共パーキングだったり、専用駐車場があっても別料金のところが殆ど。

「直前予約サイト」も上記サイトで紹介されていたけど、超高いホテルがちょっと高くなってる感じのばっかりだったので、(私たち的には)あまり魅力を感じなかった。徹底的に比較検討すればもうすこし安くできたかもしれないけど、まぁ妥当な値段で便利な場所に泊まれたと思われる。

スペインのホテルは大きくオテル Hotel、オスタル Hostal、ペンシオン Pension に分かれており、いずれも星でランク付けがされている。お湯が出ない、英語が通じない等のトラブルは避けたかったので、今回はオテルの★★★以上を予約した。

スペインの国営ホテル「パラドール」は、公式サイト http://www.parador.es/ で予約(英語可)。パラドールはWebページが充実しているので予約はとてもスムーズ。20~30歳の割引(Young Getaway)、60歳以上の30%割引(Golden Days)、同じパラドールに夕朝食つきで2泊以上すると20%割引(Two-Night Special)と、いくつか割引プランがあるのでうまく活用できるといい。年齢は申込者1人が満たしていればOKだった(私たちの場合)。ただし、プランが適用できるところと出来ないところがある(予約時に選択肢が出てくるかこないか)。ちなみに「Half-Board」は朝夕食付き。「Full-Borard」は朝昼夕の3食付き。夜の飲み物代以外は全て込みの値段。(参考:パラドールってこんなこんなところ。)



■ レンタカー
条件:
・AT(オートマ)車
・到着空港で借りて、別のロケーションで返せる
・GPS(ナビ)がある(結局人に借りたのでいらなかった)

スペインではナビは必須と感じた。(外国製なので使い慣れるのに少し時間がかかるかもしれないけれど。)ナビがあるのは Hertz くらいだったので、無難に Hertz にした。格安航空会社 Ryanair で飛んだ人専用の割引を利用(かなりお得)。http://www.ryanair.com/ から予約。ヨーロッパはまだまだマニュアル車が主流で、オートマ車の選択肢が非常に少ない。MT(マニュアル)車でいいなら 1/3 くらいの値段から借りれる(エアコン無しとかだけど)。道や駐車場が狭いので小さい車のほうが運転しやすいと思った。

Hertz (Sevilla Airport - Malaga Airport)
3泊4日@258.88 EUR



■ 携帯電話
アメリカで使っている携帯電話は、機種的には欧州の携帯電話網に対応しているけれど、利用しているプリペイドのプランが対応していなかった。電話は緊急用だったので、できるだけ安い(けど通話料は高い)国際プリペイド SIM カードを購入して自分の携帯に入れて使った(英国の電話番号になる)。Telestial.com の Passport Lite SIM Card という商品。カード自体はオンラインで $5 + 送料。通話料は英国からかけると1分 99¢。アメリカからかけると1分 $1.99。電話を受けるのは、英仏西では無料。アメリカでは有料。結局、思ったより使ったので $30 チャージした分を使い切った感じ。

反省点:
Telestialは東海岸の業者。直前に買ったので、安い Ground Shipping だと間に合わず、泣く泣く送料の高い 2-day air で送ってもらった。購入はお早めに。現地の空港とかで同じような物が買えたかもしれないと今になって思う。(そんな自販機があった。)



■ 熱血!アルハンブラ宮殿のチケット事前予約
こちらをどうぞ!


■ スペイン語
英語は、ホテルでは基本通じるが、レストランやタクシーではほとんど通じない。覚えておいて便利だったのは、Hola! (オラ!:すべてに通じる挨拶)、Gracias (グラシアス:ありがとう)、Si/No (シー / ノ :はい / いいえ)、レストランでの Tapa (タパ:小皿)、Media Racion (メディア・ラシオン:半皿)、Una Racion (ウナ・ラシオン:1人前)、cerveza (セルベッサ:ビール)、zumo de Naranja (スモ・デ・ナランハ:オレンジジュース、ナランハがオレンジ)、agua con gas/agua sin gas (アグア・コン・ガス / アグア・シン・ガス:炭酸入り水 / 炭酸なし水)。これらの単語の最後に por favor (ポル・ファボール:プリーズ?)をつければおおよそ通じる。La cuenta, por favor. (ラ・クエンタ・ポル・ファボール:お勘定をお願いします。)みたいな。servisio (セルビシオ:トイレ)も覚えたけれど、スペインではトイレは比較的見つかりやすく、レストランやお店で断らなくても利用できるところが多かった。


■ その他備忘録
・パスポートのコピーは便利。ホテルで求められるときは殆どコピーでOK。
・運転はラウンドアバウト(信号の代わりにぐるっと1周する交差点)さえ慣れれば運転は楽。
・折り畳み傘があると良い。
・英スペイン・スペイン英のミニ辞書は便利。
・コインランドリーは見かけず。
・ガソリンは給油後にレジに行って支払いをするシステム。
・ATM はゴマンとある。
・ドライアーが無いホテルが1回だけあった。シャンプーがないホテルは時々ある。歯ブラシは見かけなかったような。。

※これらは2008年6月現在の情報です。
※ここに書かれてある「高い、安い」「よかった、悪かった」等の感想は、あくまで私たち個人の価値基準に基づいたもので、一意見として皆さんのお役に立てば幸いです。




San Francisco Aerial
(サンフランシスコの街とゴールデン・ゲート・ブリッジを眺めながらFly!)
夫へ。たくさんの素敵な写真ありがとう。ケンカもしたけど楽しかった。またどこか行こう。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-06-30 10:16 | スペイン 2008


<< No.490 大人なカフェでイ... No.488 スペイン9日目 ... >>