No.480 スペイン1日目 ロンドン - セビリア

2008年5月28日(水) 1日目 晴れ

■ 場所: セビリア(Seville)
■ 移動: 飛行機(ロンドン - セビリア) Ryanair €79.12 (2 people)
■ 宿泊: Hotel Alcazar ★★★(@セビリア) €77.04 (ツインルーム)


13:00
ロンドンからセビリアへのフライト。飛行機は Ryanair (ライアンエアー)という格安航空会社。空港は Heathrow でも Gatwick でもなく、Stansted (スタンステッド)という格安航空会社専用みたいな空港。

15:00
Stansted Airport。チェックインカウンターに行くと、預け荷物の手続きおよび支払いは別カウンターとのこと。(後々分かるが、格安航空会社は預け荷物用カウンターがチェックインカウンターと別になっていることが多い。)この手荷物カウンターが結構並ぶ。2時間前に空港に着いててよかった。荷物1つにつき12ポンド。重量が増えるとさらに追加料金。チェックインカウンターに戻り、搭乗手続き完了。

Ryanair

16:30
Ryanair は座席が決まっていないので(早い者勝ち)みんな早くから並んでいるのに、突然搭乗ゲート変更。よくあることらしい。私たちも新しいゲートへ早足で向かう。そんなこんなでようやく搭乗。席は通路を挟んで左右3人掛け。2人並んで座れてよかったよかった。

17:00
定刻に出発。座席は掃除しやすい皮(ビニール?)張り。リクライニングなし、前ポケットなし、ブランケットなし。機内サービスは有料で、ワゴン販売で食べ物や免税品やロトを売りに来る。寒いので防寒必須だけど、席は狭くないし、本当に安く乗りたい人にはありがたい。

Ryanair

20:30
セビリア到着。ロンドンより1時間進んでいるので既に21時近い。でも、外はまだ明るい。Hertz で予約しておいたレンタカーを借りる。夫のご両親からお借りした Tomtom というカーナビのスイッチオン。おー、無事使えそう。よかった。カーナビはイギリス製なので音声案内はブリティッシュ・イングリッシュ。なんと。さて、いざセビリア市内へ。

Sevilla Airport

21:30
Hotel Alcazar チェックイン。明日観光するカテドラルから徒歩圏内の便利な場所。パーキングは12ユーロと別料金。パーキングに停めに行った夫が一言、「世田谷みたいに狭い地下駐車場だった、、、」。明日見るのが楽しみ。

22:00
ホテルでお薦めのバルを教えてもらう。見つからなくてとりあえず人がたくさん入っているレストランに入る。指差しで注文できるバル形式ではなかったので、早速スペイン語メニューと格闘。お皿のサイズは、Tapa(小皿)、Media Racion(メディア・ラシオン:半皿)、Una Racion (ウナ・ラシオン:1人前)。ハモン・セラーノ(スペインの生ハム)、ガスパチョ、スペイン風オムレツ、チョリソ&ポテト揚げをメディア・ラシオンで注文。

Tapas Tapas
Tapas Tapas

ハモンうま☆初ガスパチョはトマトスープというよりオリーブオイルスープ。ガスパチョってこんなオリーブオイルがきついものなのか?どこかでもう一度リベンジしよう。スペイン風オムレツが無難で美味しい。

そんなわけで1日目の夜は更ける。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-06-17 06:45 | スペイン 2008


<< No.481 スペイン2日目 ... No.479 Paris 2008 >>