No.479 Paris 2008

2008年5月の週末、2泊3日でロンドンからパリへ。


パリへはユーロスター(Eurostar)で。海底ユーロトンネルを通ってドーバー海峡を横断し、ロンドンとパリを2時間15分でつなぐ高速列車。つい最近までウォータールー駅 (Waterloo)発着だったのが、2007年11月より新しいセント・パンクラス駅(St. Pancras)に変更。イギリス出国ゲートをくぐった直後にフランス入国ゲートが待ち受ける仕様。面白い。

Eurostar


ベルサイユ宮殿 (Château de Versailles)。最初は倦厭していた日本語ツアーだけど、バンクホリデー(イギリスの祝日)と重なった週末、個人で訪れると入場待ちだけで1時間半はかかると知り、参加。ガイドが大声で叫ぶ従来のツアーでは既になく、全員にイヤホンが配られ快適。悪くない。天井画は何度見ても素晴らしい。これを観に再訪したといってもいいくらい。

Chateau de Versailles


夫が興味を示すのはこんなのばかりだけど。

Chateau de Versailles Chateau Versailles Chateau de Versailles



さて、なんでしょう。答えは下から見上げたエッフェル塔 (Tour Eiffel)。階段もしくはエレベーターで上まで登れるけれど、あまりの長蛇の列にあっさり諦め。

Tour Eiffel


お決まりのコースを周って、

Tour Eiffel Arc de Triomphe Place de la Concorde
Louvre Opéra Garnier


お決まりのカモチェックも怠らず。
(観光名所よりカモ写真のほうが大きいのはどうかと思うけど。)

Mallard



パリで驚いたのは駐車。どうやったらそんなスペースに停められるの??という間隔で車が並ぶ。それゆえなのか Smart のような小さな車がとっても多い。

Paris


っていうか、ぶつかってるから・・・。

Smart Smart Parking in Paris



楽しかったのはクリニャンクール(Clignancourt)の蚤の市。地下鉄を出てすぐのアメ横みたいな露天を抜けてさらに進むと到着。(この露天を蚤の市だと思っちゃう人もいるだろうなぁ。もったいない。)10時からとなっているけれどみんなのんびりで、お店が開いて活気づくのはお昼頃。

Puces de Clignancourt


細く入り組んだ小道に、掘り出し物のお店がずらり。いやぁ、こういうお買い物は楽しい☆

Puces de Clignancourt Puces de Clignancourt Puces de Clignancourt
Puces de Clignancourt Puces de Clignancourt



フランスで一番有名なマカロンのお店 LADURÉE (ラデュレ)。淡い色合いのカラフルな、可愛い可愛いマカロンたち。今ではロンドンの Fortnum & Mason 向かいにも支店がある。散歩のお供にさくっとかじりながら。繊細な柔らかさ。うま。

Macaron Shop


日本のバレンタイン商戦の定番 Jean-Paul Hévin (ジャン・ポール・エヴァン)。実は初体験。うわぁ、柔らかい。とろける。これは美味しい。久しぶりに感動的なチョコレート。ボックスの中はきらきらマロングラッセ。

Jean-Paul Hevin Chocolatier




もっともっとゆっくりと、美術館や郊外にも足を延ばしてみたかったね。ボルドーやブルゴーニュ巡りもいい。田舎のフランスも素敵なはず。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-06-15 03:02 | ロンドン&パリ 2008


<< No.480 スペイン1日目 ... No.478 London 2008 >>