No.477 ナパらしい開放感とスタイリッシュ性を兼ね備えて REDD@Napa

2008 サンフランシスコ&ベイエリア版ミシュランで1つ星の仲間入りを果たしたナパのレストラン REDD

サンフランシスコの Masa's やナパの Auberge du Soleil (共に1つ星)のシェフを務めた Richard Reddington 氏が、2005年11月にオープンしたばかりのレストラン。お料理は「アジア、ヨーロッパ、メキシコを取り入れた創作カリフォルニア料理」といったところ。場所は、French Laundry や Bouchon が立ち並ぶ Yountville のダウンタウン通り沿い。看板控えめ。

REDD


平屋のように低く、広い建物、開放的なガラス張りの外観。レストランの中にも明るい日差しがさんさんと差し込む。とても気持ちがいい。

REDD


ニューヨークからの友人を招いてのディナーだったので、奮発して(笑)、5コース70ドルの Tasting Menu。面白いことに、1コースにつき2種類ずつを2人それぞれに出してくれるので、実質10種類のメニューが楽しめるのだ♪
(※写真をクリックすると大きくなります。)


1コース目:
ハマチ刺身、枝豆、海草、もち米の前菜
Sashimi of hamachi, sticky rice, edamame, lime ginger sauce
ツナのタルタルとアボガド、揚げライス乗せ
Yellowfin tuna tartare, avocado, chili oil, fried rice
意外な味のライムジンジャーソースがライスによくあっていたハマチの前菜。ツナとアボガドもチリオイルで引き締められてGOOD。

REDD REDD



2コース目:
ホタテのグリル、カリフラワーピューレ添え
Caramelized diver scallops, cauliflower puree, almonds, balsamic reduction
ソールとムール貝のサフラン風味
Petrale sole, creamy jasmine rice, mussels, chorizo, saffron curry nage
見た目も美しいシーフードの2品。お気に入りはソールとサフラン風味のソースで、ジャスミンライスと不思議な泡々を一緒に食べると魚介の味がいっぱいでうまーい。

REDD REDD



3コース目:
ウズラのグリル、ポーチドエッグ添え
Wolfe ranch quail, warm lentil salad, poached egg, garlic cream, frisee, bacon bits
醤油風味ポークグリル、アップルピューレ添え
Glazed pork belly, apple puree, burdock, soy caramel
このウズラはやばかった。肉が柔らかいうえに、まろやかなポーチドエッグとすごくよくあう。醤油風味で焼かれた柔らかいポークも美味。アップルピューレが脂っこさを消してくれる。きんぴらごぼうも乗っており。

REDD REDD



4コース目:
ラム肉、揚げアーティチョークとフェンネルソテー添え
Tasting of spring lamb and artichokes, fennel jus
ニューヨークステーキとショートリブ、キャロットピューレ添え
Prime new york steak and shortribs, yukon gold potatoes, horseradish, melted carrots
ここまで来るとかなりお腹一杯で肉はつらくなってくるんだけど、それでも柔らかいラムとビーフは美味しいと感じられた。このメニューは何より野菜が美味しかった!フェンネル、アーティチョーク、甘めのキャロットピューレ、グリーンピースとにんじんのソテー。どれも美味。

REDD REDD



5コース目:
ピーナッツバタームース、バニラメレンゲ、チョコレートムースの盛り合わせ
Peanut butter, milk chocolate gianduja, peanut honeycomb parfait
サワークリームのパンナコッタ
Strawberry pain perdu, sour cream panna cotta
お腹がはちきれんばかりだったので、サワークリームを使ったさっぱり系パンナコッタが人気。今まで食べたパンナコッタの中でベスト。ピーナッツバターのほうも完食ですが。

REDD REDD



ワインは1本。すべてのお料理にあいそうなピノノアールの中から、以前より気になっていたカリフォルニアワイン Roar をチョイス。色が鮮やか華やかで嬉しくなる。2006 だけにフレッシュさがまだまだ残っていたけれど、適度な酸味とベリーの果実味がすごく気に入った1本。

2006 Roar Santa Lucia Highlands Pinot Noir




総評。どれも大変美味しかった。創作技術が絶妙で、意外な味の組み合わせや食感が楽しめるお料理ばかり。野菜も新鮮で味があり大満足。ただし、5コースはかなりのボリューム。最後の肉なんて、夫はほとんど食べられず。えー。ちなみに、最初に出てきたパンはお近くの Bouchon ではなく Acme Bread のもの。こだわり?

ナパという場所柄なのか、開放的で、サンフランシスコの同レベルレストランよりずっとカジュアルな感じでくつろげる。スタッフもにこやかでフレンドリー。でも、そこはプロ。対応は完璧。(ソムリエでない)テーブルについてくれた人でさえワインの知識豊富。再び大満足。


楽しい食事をありがとう、M と旦那様。

REDD


REDD
http://www.reddnapavalley.com/
6480 Washington Street,
Yountville CA 94599
(707) 944-2222
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-06-11 08:20 | レストラン


<< No.478 London 2008 No.476 スパークリングツ... >>