No.426 うれしい・たのしい・大好きスイーツとの出会い

じゃんっ。

Macrobiotic Sweets

(上から時計周りに)
◇ オレンジ&チョコマーブル・マフィン
◇ アボカドとレモンのマフィン
◇ ラムレーズンの豆腐チョコケーキ
◇ ナチュラル・マーブルパウンド

使われている材料はね、砂糖の代わりにメープルシロップやドライフルーツの甘さや米飴だったり、牛乳の代わりに豆乳やココナッツミルクやライスミルクだったり、生地に豆腐が入っていたり、味のアクセントが胡麻や味噌だったり。


-+-+-

マクロビ」という言葉を、私はブログを通じて知り合った Miyuki さんに教わった。

正確には「マクロビオティック(Macrobiotic)」。日本古来の食事のように、玄米などの精白していない全粒穀物、野菜や豆類、海草や果物を基本とする食事法。決してベジタリアンではなく、肉や乳製品や砂糖も摂るが摂取量を減らし、バランスの良い食事をしようという考え方。ダイエットや美容という一面よりもむしろ、アトピーやアレルギー、糖尿病や低血糖症、自己免疫疾患や重大な慢性病の治療食として注目を浴びている。


-+-+-


皆さん興味は持たれるんですけど、味が淡白すぎたり全然甘くなかったりと、自分に合うかどうかは試してみないと本当にわからないんですよ。」と再三忠告して下さっていた Miyuki さん。それでもマクロビに興味を持っていた私に「では、お試しとして。」と、こんな素敵なバレンタインスイーツ詰め合わせ。

これがね、なんて優しい味。確かに甘さは控えめなんだけど、それゆえ素材そのものがしっかり甘さと旨みを提供してくれる。胃と体と、心の満足中枢に優しく優しく沁み込んでいく。



あえて一言で形容するならば 「子供に食べさせたいお菓子



「マクロビ」という流行に惑わされてるつもりはなく、憧れの素敵な方からの心のこもった品だった点を差し引いても、もう一度自分で作ってでも食べたい味だったことに迷いはない。いきなりマクロビの世界に飛び込むのではなく、でも興味と知識を少しずつ増やしていきたいと思うのです。

そんなきっかけをスイーツにのせてくださった Miyuki さんに、両手いっぱいの感謝を。



-+-+-

※今回のお菓子の詳細は素敵な Miyukiさんのブログにて。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-02-19 11:05 | おともだち


<< No.427 うれしい・たのし... No.425 Joseph S... >>