No.418 2008年日本 その六:日本を食い倒れる

長々と日本ブログにお付き合いいただきありがとうございます。最終回。


-+-+-

「この日のランチは何、翌日の夜は何」と、綿密な食スケジュールを作って帰国した食い気最優先の夫婦。

■ 讃岐うどん 大黒屋@松山
松山へ行ったらここは絶対!外せない。讃岐うどんの店、大黒屋。地元民でいつもいっぱい。お薦めは断然「大黒うどん」。しこしこつるつる、歯ごたえ十分の讃岐うどんに、天かす、錦糸玉子、刻み海苔がたっぷり盛られた冷たいうどん。絶品。天ぷらつき「特製大黒うどん」が最近登場。もう1つのお薦め「鯛釜めし」も、鯛のだしでかりかりおこげになった釜飯はやばいくらい旨い。帰省時には欠かせない一品。

Daikoku Udon - 大黒屋
大黒屋 道後店
愛媛県松山市道後喜多町8-21
089-925-5005



■ お好み焼き みっちゃん総本店@広島
広島のお好み焼き界の老舗。広島風お好み焼きといえば麺(そば)。ここのそばは私好みのカリカリ。お好み焼きのキャベツってどうしてこんなに美味しいんだろう。秘伝のたれにノックアウト。

Okonomiyaki - Mitchan
みっちゃん総本店
http://www.okonomi.co.jp/mitchan/



■ 回転寿司 がんこ@大阪
高級寿司ではなくどうしても回る寿司が食べたかったので、大規模寿司チェーンがんこの回転寿司へ。くるくるくる。乾きそうなネタは回らず直接オーダー。どんどんオーダー。穴子一本焼きとしめ鯖うまかったぁ。

Kaiten Sushi
回転寿司がんこ 心斎橋店
http://www.gankofood.co.jp/index.html



■ 焼肉 南大門@京都
日本といえば焼肉。ところが京都の夜は焼肉屋でさえいっぱい。そんな中、ホテルのコンシェルジュが見つけてくれたお洒落な焼肉店。ホルモン最高。タン塩最高。ユッケだって安心。でもね。夫ですら脂たっぷりのカルビはもう卒業らしい。

Korean BBQ
南大門 春夏秋冬
http://nandaimon.jp



■ 和風スコーン スターバックス@大阪
日本のスタバにはきな粉スコーンがあると聞いて以来、日本でスタバを見かけるたびにうずうずしていた。最終日前日、念願の「玄米きな粉小豆スコーン」をゲット。スタバのスコーン自体は特別美味しい訳ではないけれど、小豆ときな粉の組み合わせというだけで大満足。玄米の素朴なぼそぼそ感もいい。「黒豆ひじき赤味噌マフィン」なるものもあるらしい。全国どこでも手に入る。いいなぁ。いいなぁ、日本。

Azuki Scone with Brown Rice & Soybean Flour
スターバックス 玄米きな粉小豆スコーン
http://www.starbucks.co.jp/food/pastry.html




-+-+-

松山のタルトも大判焼きも大阪のたこ焼きも蓬莱の肉まんも宮島のあなごめし弁当ももみじまんじゅうもおばんざいも豆乳しゃぶしゃぶもとんかつも会席料理も日本のフレンチも心行くまで食べた。最終日の早朝、夫は1人松屋で牛丼も堪能。日本の食心残りなし!と思われたが、アメリカに戻って夫と反省会。

夫の心残りは、モスバーガーらしい。あのジューシーモスチキンが食べたかったと。

私の心残りは、コンビニ am/pm のふわふわレアチーズのデザート。社会人時代、時々無償に食べたくなってランチの代わりに食べてた懐かしの味。お腹がはちきれんばかりの焼肉の後でも買えばよかった。



何とも安上がりな食い倒れ夫婦ですが・・・(苦笑)
こうしてまた、次回帰国時の「食べ忘れちゃいけないリスト」が充実していくのでした。ちゃんちゃん。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2008-02-09 05:31 | 日本


<< No.419 オレンジ味のふる... No.417 2008年日本 ... >>