No.397 サンフランシスコ・バレエ 『くるみ割り人形(Nutcracker)』

12月29日
日本では年末に 『第九』 を聞くのが定番のように、アメリカではチャイコフスキーの 『くるみ割り人形(Nutcracker)』 を耳にすると、クリスマスから年末を実感する。

特にサンフランシスコ・バレエ団は、アメリカで最も古く、かつトップクラスの実力を誇るバレエ団で、この季節になるとラジオからは 『くるみ割り人形』 の音楽が頻繁に流れて気分を盛り上げてくれる。


  たったらららった たったったっ♪
  たったらららった たったったっ♪


去年は公演を逃してしまい(それ以前に、くるみ割り人形 = Nutcracker という単語を知らなかった、、)、今年は気合を入れてチケット発売と同時にゲット。実は、本格的なバレエを観に行くのはこれが初めて。どきどきわくわく。当日が待ち遠しくて仕方がなかった。



-+-+-

場所は、サンフランシスコ・シティホールの真向かいにあるウォー・メモリアル・オペラハウス(War Memorial Opera House)。2階のテラスにはくるみ割り人形たちがライトアップ。

Nutcracker - San Francisco Ballet


明るく広々としたホールに、華やかな人々の波。私たちもワインなんか飲んでみたり♪

Nutcracker - San Francisco Ballet


ナットクラッカーもここまで揃うと壮観!うちにも、去年 World Market からやってきたお気に入りのコがいます。

Nutcracker - San Francisco Ballet


ちっちゃい子供たちが大人顔負けのドレスアップ★本当に本当に可愛い♪

Nutcracker - San Francisco Ballet

Nutcracker - San Francisco Ballet


-+-+-

ストーリーは、主人公クララがクリスマスの夜にプレゼントされたくるみ割り人形と共におとぎの国で体験する夢物語。一度は必ず聞いたことのある有名な音楽をバックに、目は美しい舞台にくぎづけ★観に来ていた子供たちも大喜び!



印象的だったのは、出演者が非常に多国籍だったこと。もっと白人ばかりかと思っていたけれど、アジア系や黒人の人も重要なポジションにいて。サンフランシスコならではの特徴かもね、と夫とも話す。

今回特に素晴らしかったのは、最後のメインシーン Grand Pas de Deux (グラン・パ・ド・ドゥ)で登場した、中国出身のプリマドンナ Yuan Yuan Tan (ヤン・ヤン・タン)。華奢で可憐なプリマ。安定したダンスで本当に美しかったー。子供の頃にこういう文化に親しんでいたら、私の人生変わったかも。(いや、変わんないから。)



フリントセンターのブロードウェイ・ミュージカルの質に疑問を抱いている今日この頃。はまってしまいそう、バレエ。

Nutcracker - San Francisco Ballet


San Francisco Ballet
http://www.sfballet.org
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-31 00:51 | ベイエリアお出かけ


<< No.398 2007年ナパ締め。 No.396 クリスマスにまつ... >>