No.379 ダンジネスクラブ解禁(Dungeness Crab Season Opening)

12月1日。
その日は、ラーメン「さんた」の新地オープン日であり、Mitsuwa 全品 20% OFF の日であり。でも普通に考えればベイエリア的に最も待ち望まれていたのは、おそらくダンジネスクラブ(Dungeness Crab)の解禁日。

タンカー事故によるオイル流出の影響もなし!と判断され、いよいよ解禁。

※サンフランシスコで有名な蟹といえばダンジネスクラブ(Dungeness Crab)。ベイエリアでは毎年11月中旬に解禁日となる。解禁日まではオレゴン産などが空輸で送られてくるが、新鮮さでも値段でもやっぱりローカルなダンジネスクラブが一番!




・・・とはいえ、私たちも解禁日初日に!というほど気合が入っていた訳ではないんだけど、

「今日の夕食、何にする?」
「今日から蟹解禁らしいよ。」
「じゃ、食っとく?」

で。気が付けばハーフムーンベイ。思い立ったが吉日デス。



-+-+-

さて。
ダンジネスクラブの美味しい茹で方

茹でる前にたわしでしっかり洗う
 そうしないと泥臭さが残ってしまう。
 かなり凶暴で爪ではさまれると危険なので気をつけて。

塩水で茹でる
 海水と同じくらいの塩分加減で。しっかり塩味をつけると美味しく茹で上がる。

沸騰してから15分
 沸騰したたっぷりのお湯に一気に入れる。再び沸騰したら15分。




こちらが今年初対面のカニオ。凛々しいじゃん。

Dungeness Crab




数分後。どーん。
Dungeness Crab (cooked)



どーーーん。
Dungeness Crab (cooked)



どーーーーーん!
(ちょっと目がいっちゃってます。)
Dungeness Crab (cooked)



今年も漁港の船から直接買おうと思ったのですが、あいにくこの日ボートでは売っておらず。夕方16時頃だったので時間が遅かったのかも。近くの魚屋2軒をはしごしてようやくゲット。ちゃんとローカル(オレゴン産ではなくハーフムーンベイで採れたこと)を確認。

去年のダンジネスクラブより明らかにサイズが大きい。身もぎゅっと詰まって肉厚で美味しい。重油の味もしませんでした(当たり前だよ・・・)。蟹酢やぽん酢、ガーリックバターなどお好みで。

まだ解禁直後とあって1匹約15ドル。一番収穫量が多い時期に時期になるともう少しお手頃になる。オレゴン産だと1匹20ドル近く。




今年は何杯食べるかなー♪
ご一緒したい方はご一報ください。ワイン1本もしくはデザート1品につき、夫が献身的にカニオをお洗い致します。お問い合わせはマネージャのわたくしまで。


-+-+-

ハーフムーンベイの港で船から直接ダンジネスクラブを買う!はこちら
船から買えなくても近くの魚屋で買える!はこちら
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-12-03 16:03 | たべもの


<< No.380 速報。ラーメンさ... No.378 ミツワ恒例全品 ... >>