No.375 ビリー・ジョエルの名曲に乗せてミュージカル 『Movin' Out』

ブロードウェイ・ミュージカル 『Movin' Out』 を観劇。場所はお決まりクパティーノ(Cupertino)のフリントセンター(Flint Center)。

IMG_9464


アメリカが誇るシンガー・ソングライター、ビリー・ジョエル(Billy Joel)が全編全曲を手がけたミュージカル。台詞は一切なく、1人の Piano Man と呼ばれる歌い手の生の歌声と役者のダンスでストーリーが進んでいく。このように有名なミュージシャンのヒット曲を使って作られたミュージカルをジュークボックス・ミュージカル(Jukebox Musical)と呼ぶのだそう。今回のがまさにそれ。


Piano Man はもちろんビリー・ジョエル本人ではなかったんだけど、幕が開いて歌い出した瞬間、本人と聞き間違うほどの声の伸びと歌の上手さ。第一幕の間は夫と「本人・・・?まさかね・・・」と半信半疑で聴いてたほど。

洋楽音痴の私でも数曲、夫のほうはかなり聞き覚えがあったようで、聞き覚えのある曲が流れ始めればノリノリ♪後ろのおばさんはずっと手拍子状態。ノリノリ♪

個人的に "おぉぉっ" と思ったのが照明演出。台詞がない分、照明でもストーリーを示すかのように、色、角度、強さ、照らし方が絶妙だった。


-+-+-

いつも最後はフリントセンターへの愚痴になってしまうんだけど。。今回取ったのは3階最前列のバルコニー席。ところが、「夜の部はバルコニー席は使わないので、1階の一番後ろのブロックの好きなところへ座って下さい」、とのこと。舞台までの距離は変わらないけど、3階席だから見える奥行きや前の人がいない優位点を見越して取ったチケットなのにー。(と、後ろのおばさんも文句気味。)

そして照明!せっかく演出としての照明が最高なのに、操作技師の腕が鈍い!役者に遅れて照明が付いていくこと数回。それはだめでしょ。。

やはり劇場としてはいまいちなフリントセンターでした。(でも近いんだよね。)


Flint Center for the Performing Arts
http://www.flintcenter.com/

Broadway at Flint Center 2007 - 2008 Season
http://www.flintcenter.com/bway/Broadway0708.html


-+-+-



サンフランシスコで開催された Oracle OpenWorld 2007 夜のパーティイベントのメインシンガーだったビリー・ジョエル。COE ラリー・エリソンの基調講演開始前にひょっこり壇上に現れ、会場騒然。

IMG_9584

もう、結構いいおじさんなんですね。

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-29 11:04 | ベイエリアお出かけ


<< No.376 ベイエリアのクリ... No.374 カーメルにもワイ... >>