No.353 またもやリベンジできず・・・Tartine Bakery のホットサンド@San Francisco

サンフランシスコに行く機会があり、ホットサンドリベンジ!!!と意気込んだ、人気ベーカリー Tartine Bakery。相変わらず30分近くぐるぐる駐車場探しに奮闘し(30分あれば家まで戻れるじゃんっ)、ようやく見つけたスペースを死守して店内へ。朝の緩やかな時間の中、ここだけはやはり長蛇の列。


奥ではチョコレートケーキのデコレーションに没頭する女性パティシエ。真剣に取り組む表情が素敵。

IMG_9363




「ホットサンドは12時から」とホームページには書いてあった。Tartine を11時過ぎには出なければいけなかったけれど、淡い期待を残しつつ店員さんに聞いたところ、やっぱり「ホットサンドは12時から」(涙)

ホットサンド以外の唯一の暖かいホットディッシュがクロック・ムッシュ(Croque Monsieur)。焼きたてパンに、ベシャメルソースとグリュイエールチーズ、その上にスモークハムとトマトが乗った、ちょっとスパイシーなオープンサンド。

IMG_9366

焼きたてのパンはさすがに美味しい。優しい味のベシャメルソースがパンに染みこむ。チーズもとろとろ。Tartine の信念を表すような "素朴さ"。この素朴な味もいいのだけれど、ナパの Bouchon で食べたクロック・マダムの感動は大きい。

・・・・・そして、ますますホットサンドへの思いが募る。


-+-+-

戦利品。
前回買えなかったクロワッサンとアーモンド・クロワッサン(夫用)。シナモンとオレンジが詰まったモーニングパン、ポピーシード・レモンケーキ(私用)。定番スコーンは友人へのお土産に。

IMG_9388

アーモンド・クロワッサンはずっしり重量感。底がカットされていて、アーモンドクリームが挟まっている。夫曰く、「クロワッサンは、表面ぱりぱり、中薄っぺらくしっとり、しつこいくらいのバターがいい。これはどちらかというとバターロール。」食べたのが翌日だったのもあるけれど酷評(涙)やはりデニッシュは、買った当日食べなければいけないのでしょうか。


-+-+-

目の前で朝食を取っていたのは、イタリアから来た男性2人組み。泊まっているのは Four Seasons Hotel、前日ディナーは Chez Panisse、今晩は Slanted Door と、なんとも豪勢な旅行客。そんなグルメな旅行客も、Tartine のブレッドプティングには大満足の笑み。

ただやはり、あの混雑は苦手。ウィンドウケースの前で、長蛇の列に急かされるような気持ちであくせくとメニューを決める。大きなテーブルをシェアしながらぎゅうぎゅうに座って、隣になった見知らぬ人と言葉を交わす。カッコよくも聞こえるけれど、休日の朝食ならばもっとゆったり食べたい。次回のホットサンドは To Go に決定。

Tartine Bakery
http://www.tartinebakery.com/
600 Guerrero St.
San Francisco, CA 94110

スコーン編
チョコレートケーキ編
ホットサンド編
モーニングバン編
バナナクリームタルト編



(翌々日談)
普通のクロワッサンもずっしり系。トースターで表面をカリカリにして出すと、これは好評!私も一口。う、うまーーーーー♪ 京都のボローニャのようなほのかなバターの甘さ。クロワッサンはあまり好きではないのに、これは美味いー!モーニングパン、オレンジ味のシナモンロールのように甘あまだけど、やはりパン生地が美味しい。ここの真髄は焼き菓子より "パン" なのねっ。(何を今更。)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-11-05 02:52 | レストラン


<< No.354 居酒屋 たんと ... No.352 サマータイム終了... >>