No.291 テニス Bank of the West Classic 2007 観戦@Stanford

ギルロイ・ガーリック・フェスティバルの翌日、スタンフォード(Stanford)で毎年開催される女子テニストーナメント Bank of the West Classic の決勝を観戦。ギルロイよりもこの日のほうが暑かった。。


この地域で毎年開催される大きなテニス大会は、男子の SAP Open Tennis、女子の Bank of the West Classic のふたつ。企業の冠をかぶったトーナメントはいい宣伝効果。(日本でも東レパン・パシフィック・テニスとかありますねー。)Bank of the West のマスコットキャラクターであるクマのぬいぐるみが来場者全員に配布された。足の裏にはちゃんと Paw が♪

P1030665.JPG


何ヶ月も前からチケットを取るので、誰が決勝まで残るかは運次第。最初からあまり有名な人が参加していなかったのに加え、楽しみにしていたセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)が怪我で欠場、杉山愛もダブルス準決勝で敗退し、ちょっぴり気落ちしながら向かった決勝。


でも、さすが!やっぱり楽しい。自分もやっているスポーツだから、どのショットがどれくらいすごいかが実感できて感嘆と拍手の連続。シングルス、ダブルス、どちらも大満足な決勝だった。来年も観に来よう!

P1030667.JPG


最近ようやく定期的にテニスが出来るようになって嬉しい今日この頃。


Bank of the West Classic
http://www.bankofthewestclassic.com/
「カメラ撮影は禁止」という注意に従い、一眼レフを持っていかなかった律儀な夫。今回の写真は私のコンパクト・デジカメで撮影。ところが入場時にカメラチェックはなく、周りも一眼レフで撮影している人多数!くー、残念。


-+-+-



私がテニス最盛期で頑張っていたのは大学時代。その頃の女子選手といえば、シュテフィ・グラフ(Steffi Graf)、ガブリエラ・サバティーニ(Gabriela Sabatini)、アランチャ・サンチェス=ビカリオ(Arantxa Sanchez-Vicario)、モニカ・セレシュ(Monica Seles)、マルチナ・ヒンギス(Martina Hingis)、リンゼイ・ダベンポート(Lindsay Davenport)など。

TV の Sports Channel でいつも女子テニスの解説をやっているメアリー・ジョー・フェルナンデス(Mary Joe Fernández)も来ていて、この世代の私はちょっと感激。

P1030659.JPG


ところが、今の WTA ランキング選手はほとんど分からない。今回の決勝もどちらも知らないプレーヤー。(SAP Open Tennis のときも同じこと言ってた気が。。)

シングルス優勝者のアンナ・チャクベタゼ(Anna Chakvetadze)は、ロシア出身、現在伸び盛りの若手選手。20歳。今回の優勝で世界ランキングが7位から6位に浮上。打つ球が多彩で前に後ろに強く弱く打ち、相手を翻弄する。

P1030673.JPG


シングルス準優勝のサニア・ミルザ(Sania Mirza)は、珍しいインド出身の21歳。WTA ランキング31位。ハードヒッター選手。端正な顔立ちが魅力的で、そのルックスと実力からインドの国民的なアイドルとなっているらしく、インド人の熱烈的なファンの応援がすごかった。ちなみにダブルス決勝もこの2人が対決し、サニア・ミルザ組が優勝。

P1030672.JPG

この人、ボレーも上手!見ていてほれぼれ。

Singles:
 Anna Chakvetadze (RUS) vs Sania Mirza (IND) 6-3, 6-2
Doubles:
 Sania Mirza (IND)/ Shahar Peer (ISR) vs Victoria Azarenka (BLR)/ Anna Chakvetadze (RUS) 6-4, 7-6

[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-07-31 14:20 | ベイエリアお出かけ


<< No.292 ハーブ菜園 No.290 ギルロイ・アウト... >>