No.279 クレーターレイク国立公園(Crater Lake National Park)

7月5日~8日の3泊4日で国立公園旅行。2~3日目はカリフォルニア州からオレゴン州に突入し、目指したのはアメリカで最も深い湖のあるクレーターレイク国立公園。
f0097972_10143422.jpg


-+-+-

■ クレーターレイク国立公園 (Crater Lake National Park)

クレーターレイクは、火山の噴火口跡に雪解け水が溜まって出来たカルデラ湖。オレゴン州唯一の国立公園。湖の深さは 1,943 ft (592 m)と、世界で第7番目、アメリカでは最も深い。

IMG_7322
ちなみに、世界最深はロシアのバイカル湖(Baikal)。
カリフォルニア州のレイク・タホ(Lake Tahoe)は世界で12番目。



クレーターレイクの特徴は、なんといってもその湖の青さ!光の成分の中で青色が最も水中深くまで届くため、このような紺碧のブルーとなる。水量も豊富なため、冬でもほとんど凍ることはない。

IMG_7142




■ クレーターレイク・ボートツアー (Crater Lake Boat Tours)

クレーターレイクで欠かせないアクティビティがガイド付き2時間のボートツアー。通常ツアーは1日5便。朝8時からチケットが発売されるが、8時の時点で長蛇の列!私たちも慌てて並んで、無事12時のボートツアー・チケットをゲット。1人25ドル。

IMG_7126


ただし、ボートツアーの船乗り場までは急なトレイルを降りなければならない。このクリートウッド・コブ・トレイル(Cleetwood Cove Trail)、片道 1.1 miles (1.8 km)、高低差 700 ft (213 m)。「65階分の階段を上るのと同じ」との注意書きがあったけれど、実際それほどではなく。夫、よく頑張った。

IMG_7155




なんなんだ、このはーー!!!
吸い込まれるような濃い青だったり、鮮やかなブルーだったり。
IMG_7174 IMG_7209 
IMG_7207 IMG_7228

湖の深さや光の当たり方によって刻々と色が変化し、見る者の目を驚かす。透明度も大変高い。"ボートツアーは寒いかもしれないので防寒着を持参。" とガイドに書いてあったけれどその心配はまったくなし。灼熱の太陽が降り注ぐ中、ただただ感嘆のボートツアー。



■ ファントム・シップ (Phantom Ship)

ファントム・シップ(幽霊船)は、40万年前も昔からの岩の侵食によって出来たクレーターレイク内で最古の島。

IMG_7248


ボートツアーで近くを通ったときに撮影。湖に揺らめく姿はまさに幽霊船。空より湖のほうが青いなんてね。

IMG_7221



■ キャッスル・クレスト・トレイル (Castle Crest Trail)

7月は花が野草が満開。赤、オレンジ、黄色、青、水色、紫、白。これはヨセミテでもよく見かける高山植物 Lupine。日本名ルピナス。ただ、このクレーターレイク、ものすごく蚊が多い!!トレイル中は特にひどくて、夫の足はぶつぶつ真っ赤。

IMG_7107



■ 宿泊:マザマ・ビレッジ (The Cabins at Mazama Village)

園内の宿泊施設は2つ。私たちが泊まったマザマ・ビレッジも悪くなかったけれど、やはり憧れは湖沿いに建つクレーターレイク・ロッジ(Crater Lake Lodge)。石と煉瓦造りの歴史を感じさせる建物で、テラスからはクレーターレイクが一望できる贅沢さ。

IMG_7130


朝食を2度もクレーターレイク・ロッジに食べに来てしまった。お目当ては2人して大好物のグラノーラ。ここのは、グラノーラとヨーグルトとフルーツが層になっていて、まるでパフェ!ただ、ヨーグルトがせっかくの香ばしいグラノーラの風味を隠してしまってて、個人的には牛乳で食べるほうが好きかも。

IMG_7319



-+-+-

ボートに乗っているとき、"今、自分は火山の噴火口の中に居るんだ。" と思うと、なんとも感慨深い不思議な気持ちになる。こんな青い碧い湖、他では見られないだろうから。ただひたすら感動。いろいろ企画してくれた夫、ありがとうね。

IMG_7220


IMG_7092IMG_7115IMG_7240IMG_7312_CIMG_7293IMG_7291


クレーターレイク国立公園 (Crater Lake National Park)
http://www.nps.gov/crla/

ベイエリアから車でノンストップで向かうと約7時間半。(今回はランチを食べたり渋滞にはまったりして9時間半。)ラッセン火山国立公園と同様、冬は大変雪深く、湖を1周する Rim Drive が閉まってしまうので必ずコンディションをチェック。夏の時期は蚊が大変多いため、虫除けスプレーを用意していったほうがよい。カリフォルニアに比べオレゴンはガソリンが格段に安いので、園内でガソリン補給しても平気だが、一応園内に入る前に満タンにしておくと安心。公園入り口でもらえる小冊子が役に立つ。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-07-13 01:55 | 国立公園:その他


<< No.280 英語のイディオム... No.278 神々しい聖山 マ... >>