No.261 初バレル・テイスティングと美味しいスパークリングワイン@Napa

ふっと空いた休日。お天気もいいし、そんなときはナパへ。そして、今回訪れたワイナリーはどれも大満足!

IMG_5543



-+-+-

■ Merryvale (メリーヴェール)

ナパ訪問の前日、偶然サンフランシスコ・クロニクル誌で見つけたワインイベント。それが Merryvale のバレル・テイスティング(Barrel Tasting)!その名の通り、ワインを樽(Barrel)から直接試飲できるというもの。(クロニクル誌ありがとー!)

ワイナリーは人気のハンバーガーショップ TAYLOR'S から29号線を挟んだ向かい。中に入って "ここが写真とかで見る有名な Cask Room だったんだ!" と知る。周りを樽に囲まれた重厚な雰囲気のダイニング&テイスティングルームは、定期的なディナーイベントが開催されたり、個人で貸切予約することもできる。(あ、バレル・テイスティングは別の部屋でしたが。)

IMG_5513

今回のバレル・テイスティングはピノノアール。7 ドルで、既にリリース済みの 2004、2005 を通常ボトルから、この夏リリース予定の 2006 を樽から試飲。いずれも100% Pinot Noir。

・2004 Merryvale Carneros Pinot Noir
・2005 Merryvale Carneros Pinot Noir
・2006 Merryvale Carneros Pinot Noir ※これがバレル・テイスティング

2004 はまろやかで上品なとても美味しいピノノアール。香りも大変よく、夫も私もお気に入り。それに比べて 2005 はぐっと若く渋い。来年まで待てば同じような味になるのかな。

そして待望のバレル・テイスティング初体験!ぽんっと蓋を空けて巨大スポイトで吸い出す。へぇぇ、と興味津々。

IMG_5526

2006 は 2005 と同様まだ若さが残っていたけど、樽から出た直後は多少まろやかなんだとか。でもやはりあと数年(といっても2~3年)寝かせたほうが美味しくなるらしい。バレル・テイスティング、貴重な体験でした。



-+-+-

■ Etude (エチュード)

ワイン通 cork&christy さんが気に入っていた念願のワイナリーを訪問。29号線をずっと南に下ってソノマに向かう121号線のほうへ入る。テイスティングルームは事務所?倉庫?という感じの簡素な作りだけど、高い窓から陽が差し込んで気持ちがいい。

IMG_5530

Etude は "エチュード" ではなく "イーテュード" と発音するんだ、と頷きつつテイスティングに進む。テイスティング料は 25 ドルとちょっと高め?

・2006 Etude Pinot Gris Carneros
・2006 Etude Rose' Pinot Noir Carneros
・2005 Etude Pinot Noir Carneros
・2003 Etude Merlot Napa Valley
・2003 Etude Cabernet Sauvignon St. Helena ※GOOD!
・2003 Etude Cabernet Sauvignon Napa Valley ※GOOD!

初めて飲んだピノグリスもピノノアールも無難に美味しいなぁ、と思いつつ飲み進め、一番感動したのが cork さんたちと同様、カベルネ・ソーヴィニヨン。シングル・ビンヤードの St. Helena はフルーティでエレガント、ソフトな口当たり。Napa Valley はフルボディですごいタンニン。飲み終わった後の後味もいい。それぞれ特徴があり、どちらもとても美味しいカベルネだった。でも、それぞれ 100 ドル、85 ドルといいお値段。。購入は見送り。


気が付きにくいけど、Etude の裏庭には色とりどりの花が咲いている。赤、ピンク、黄色、オレンジ、紫、白と本当に美しい。そしてびっくりな物も発見。。おびただしいツバメの巣。写真のような巣が何十個と連なり、大量の親鳥が餌を運ぶため自分の巣を行ったりきたりしている。ここ、ツバメの保護区でもあるらしいのだけれど・・・正直ちょっと苦手な風景デス。

IMG_5554



-+-+-

■ Domaine Carneros (ドメーヌ・カーネロス)

121号線をさらにソノマの方に進むと Domaine Carneros がある。ナパの Domain Chandon(ドメーヌ・シャンドン)と名前も似てるし売りはスパークリングワインだし、ということで混同しがち。でも、今回の訪問で一気に Domaine Carneros の株急上昇!

概観は伝統的な18世紀フランスのシャトースタイル。シンデレラ城の階段みたい。建物の外のテラスにはパラソルとテーブルが並べられ、外で気持ちよくテイスティングが出来る。お酒の弱い友人が「家族でナパに来ると必ずここでピクニックするのよ♪」と言っていたのが頷ける。

IMG_5569

Domaine Carneros では、主にスパークリングワインとピノノアールを製造している。今回は3種類のスパークリングとお目当てだったピノノアールをテイスティング。テイスティング料は 10 ドル。(ピノの料金はおまけだったのかな?)

・2003 Brut Cuvée Sparkling Wine
・2000 Brut Cuvée Sparkling Wine
・2001 Le Rêve Blanc de Blancs

びっくり。どのスパークリングもとても美味しい。夫と2人して Domain Chandon よりずっと気に入ってしまった。Brut Cuvée は 65% Pinot Noir、32% Chardonnay。クリーミーでちょっと甘めなのに後味はすっきり。2000 はなんと6年物。バブルがとても細かくて見た目も素敵。Le Rêve もまた美味しいスパークリングワイン。それもそのはず、全米でも有名なスパークリングワインだそうで、前ビンテージの 2000 Le Rêve は Wine Spectator 誌特集で "The Best Sparkling Wine in America" に選ばれたのだとか!

IMG_5565


・2005 Famous Gate Pinot Noir

ワイナリーの入り口にある大きな門をラベルに描いた Famous Gate は、ワイン好きの知人のピノノアール感を変えたと聞いていて、どうしても飲んでみたかった1本。リッチでエレガント。今日最初に飲んだ 2004 Merryvale Pinot Noir にも近い、とても美味しいピノに2人共大満足。

IMG_5566


-+-+-

バレルテイスティング初体験の Merryvale、念願の Etude、お酒が弱い人でも楽しめそうな Domane Carneros。いずれも大満足のナパ訪問でした。



Merryvale Vineyards
http://www.merryvale.com/
毎月第2土曜・日曜にバレル・テイスティングを開催。7ドル。予約不要。

Etude Wines
http://www.etudewines.com/
週末のテイスティングルームは土曜日のみオープン。平日は要予約。

Domaine Carneros
※URLがセキュリティ上はじかれてしまう。。www domainecarneros.com です。
スパークリングワインとピノノアールのテイスティングあり。各10ドル。

-+-+-



Domaine Carneros のテイスティングカウンターにいたのは、ちょっとイケイケ風な兄ちゃん。夫との会話を日本語風にするとこんな感じ:

兄: 「よぉよぉ、君たちどこから来たんだい?」
夫: 「レッドウッドシティだよ。」
兄: 「あ~!あそこね。知ってる知ってるー。スゲぇいいとこだよな!飯もうめーしさ。ベルモントって知ってるかい?あそこらもイカしてるよなぁ!」
夫: 「・・・・・。」

兄: 「次は○○○っていうスパークリング、行ってみようか!」
夫: 「はーい。」
兄: 「このスパークリングはぁ、マジでスーパークゥル、スーパースペシャル、スーパーバブリーなんだぜ!!見ろよこの泡!喉ごしもすっきりだろ?なぁ!なぁ!?どうだい!」
夫: 「・・・・・。」

兄: 「最後にテイスティングメニューに載ってない "マ・ジ・で・" 特別なメルローがあんだけど、もちろん飲むだろ?」
夫: 「かなり飲みすぎたから今日はもういいや。」
兄: 「え~~~!マジで?マジかよ!もったいね~よ~。後悔するぜ。ホントにいいの?んなこといわないで飲んでこうよ。ま、でも、そういうなら仕方ないなっ。(あっさり)」
夫: 「・・・・・。」

Etude のような落ち着いたワイナリーにはない、観光向けワイナリーの一面を再確認した出来事でした(笑)
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-06-12 07:54 | ワイン&ワイナリー


<< No.262 木漏れ日降り注ぐ... No.260 フィリピン料理っ... >>