No.256 初ケイジャン料理レストラン CreoLa@San Carlos

友人ご夫婦が「ワニを食べた」というレストランに連れて行ってもらった。その名も CreoLa (クレオーラ)。サンカルロス(San Carlos)にあり、El Camino Real 沿いの緑の看板が目印。「ハローレストラン」でも紹介されたことのあるレストラン。

IMG_5163

看板には "ニューオリンズ・ビストロ(A New Orleans Bistro)" と書いてある。ケイジャン料理(Cajun)とニューオリンズの伝統料理クレオール料理(Creole)はよく似た料理で、代表的なメニューは、ジャンバラヤ、ガンボなど。エビや牡蠣、蟹を中心に魚介類がふんだんに使われることが多く、その他自給自足時代の名残で、ザリガニアリゲーターカエルといった土着の食材もよく使われるのだそう。

それで "ワニ" なのかー。納得。


-+-+-

店内は照明をかなり落とした落ち着いた雰囲気。ニューオリンズといえばジャズ。店内にも心地いいジャズがBGMで流れている。メニューには至る所に "Crawfish(ザリガニ)" の文字。残念ながらその日の Today's Special にワニ(Alligator)はないとのこと。無念。それでも期待膨らむ。


Crawfish Hush Puppies (ザリガニ入りフライ)
ザリガニの身をすってコーンミールの衣をつけて揚げたもの。衣はドーナツ生地のようにちょっと甘めでサクサクしていて美味しい。レムラード・ソース(Remulade Sauce)という香草やピクルスのみじん切りを混ぜ込んだマヨネーズベースのソースも美味しい。タルタルソースより酸味がなくマイルド。

IMG_5165


Cajun Jambaraya (ケイジャン・ジャンバラヤ)
スモークされたダック、チキン、辛めのソーセージが入ったスパイシーなジャンバラヤ。人数分の器に取り分けてサーブしてくれた。日本のコンビニで食べたジャンバラヤのように油っこくなく、複雑な味で美味しいご飯料理。

IMG_5167


Shrimp Clemenceau
(エビのガーリックソテー クレオール・トマトソース風味)
夫のメインの一品。中央にぽってり乗っているのはマッシュポテト。エビがぷりぷりで美味しかった。グリンピースは残してしまった。(by 夫) それは単なる好き嫌いですから。(by 嫁)

IMG_5169


A Taste of New Orleans
Fried Soft-Shell Crab & Crawfish Etouffee

(ソフトシェルクラブのフライ&ザリガニのシチュー)
私のメインの一品。お店一番のお薦めメニュー。ソフトシェルクラブは衣も身もサクサクで軽く、蟹の味もしっかりしてとても美味しい。蒸されたザリガニはエビに近い味と食感。クレオール風らしいルーにライスと共に絡み、優しい味でこれもGOOD。でも、ソフトシェルクラブに軍配。写真もいい雰囲気で撮れて、夫もご満悦。

IMG_5168


Cajun Velvet (ピーナッツバターのタルト)
一見こってり!なタルトだけど、軽めのピーナッツバターのムースはしつこくなくて美味しい。タルト生地もサクサク崩れる甘さ控えめ軽めのクラスト生地。

IMG_5172


名前がわからないのですが、、(後日追記:ベニエ?)
ドーナッツ生地を揚げてパウダーシュガーをまぶしたものに、マンゴーとベリーのソースをつけていただく。これも一見油っこい?と思うけれど、さっくり揚がっているし、フルーツのソースが油っぽさを緩和しておなか一杯でも食べれてしまう。これ、ニューオリンズの伝統的なデザートなんだそう。

IMG_5173


-+-+-

どの料理&デザートも満足点。具体的にどういう味?と言われると表現力に乏しい私には難しいんだけど、、、スパイシーなものもあるけれど、全体的にマイルドでどれも日本人の口にあう味付けだと思う。サービスもいい。ちょっと値段高めかな・・・とも思うけれど、知人を連れて行きたくなる穴場レストラン。ランチもいいかもね。

CreoLa
http://www.creolabistro.com/
344 El Camino Real
San Carlos, CA 94070
(650) 654-0882
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-05-31 16:50 | レストラン


<< No.257 アダルトスクール... No.255 Trader J... >>