No.241 ミシュラン2つ星レストラン Aqua@San Francisco

※ミシュランの星も失い名声がた落ちの Aqua は現在一時休業中。この場所には2010年9月に Michael Mina が移転してきました。


サンフランシスコで最も有名なレストランの1つであろう、シーフードのフランス料理レストラン Aqua (アクア)。ご存知のとおり、2007年サンフランシスコ&ベイエリアのミシュランガイドで2つ星★★を獲得した、庶民には素敵すぎるお店。

店内には大きな花瓶に活けられた花。奥へ縦長に続くスペースが、高級感へ踏み入れるワクワク感をかき立てる。実際は、店内は思ったよりずっと明るく、高級フレンチレストランの中では開放的な印象。(※偉そうですが、SFではまだ2回目、高級フレンチ。。)

IMG_4585


メニューは、Appetizer、Entrees、Dessert から1品ずつ選ぶ3コース($72.00)と、シェフお任せの7コース($105.00)がある。実は今回お呼ばれだったにも関わらず全員で7コースを注文。何たる幸せ。

IMG_4586



-+-+-

では、お料理スタート。

Oil Sardine, Cream Soup of Asparagus, Crab Croquette
(オイルサーディン、アスパラガスの冷製スープ、カニのクロケット)

最初の一品はコースにないシェフからの心づけ。オイルサーディンが上品な味。クロケット(コロッケ)も老舗洋食屋さんで出てくるようなサクサクなクリームコロッケ。

IMG_4594



1皿目
California Osetra Caviar "Bombe"
(カリフォルニア産オセトラ・キャビア)
Smoked Sturgeon, Meyer Lemon & Yuzu Gelee

チョウザメの白身の摩り下ろしで作ったドームの中に、たっぷりなキャビアが詰まっている。チョウザメの白身は淡白さなのに美味しく、キャビアの塩気にぴったり。(さすが親子。)周囲にはゆずゼリーのアクセント。

IMG_4598



2皿目
Ahi Tuna & Foie Gras Mosaic
(アヒツナのフォアグラ詰め)
Spiced Mustard Fruits, Muscat Vinegar

生のマグロの真ん中がくり貫かれフォアグラが収まっている。フォアグラって量が多いともたれてくるんだけど、マグロと一緒に頂くとさっぱり&こってりで相殺され、あっという間に食べれてしまう。

IMG_4600



3皿目
Parmesan-Black Pepper Souffle 
(チーズスフレ ダンジネスクラブとウニのバターソースがけ)
Dungeness Crab, Sea Urchin, Chive Butter

これが絶品!テーブルに運ばれてくるなり、ボーイがスフレをさくっと割り、熱々のソースを中に流し込む。この、ダンジネスクラブとウニのバターソースが焼きたてチーズスフレをしっとりさせ、絶妙な食感になる。こちらまでとろけてしまった。。

IMG_4602



4皿目
Maine Scallops
(メイン産ホタテのグリル タンドリースパイス風味)
Tandoori Spices, Cauliflower Couscous, Pickled Lime Vinaigrette

タンドリースパイスが効いたホタテのグリル。下に敷かれたカリフラワーのクスクス仕立てがホタテと対照的な食感のアクセントになっている。でも、1つ前のスフレにやられていたため、ちょっと印象薄。

IMG_4607


まだまだ続きます。

5皿目
Monkfish Roti
(アンコウのロースト ポルチーニソースがけ)
Ramps, Porcini Mushrooms & Sweetbread Fondue

スイートブレッド(Sweetbread)とは、仔牛の胸線という大変貴重な部位なんだとか。このスイートブレッドとポルチーニの上品な濃厚さが淡白なアンコウによくあって美味しかった。どことなく日本テイストな雰囲気も。(アンコウだから?)

IMG_4610



6皿目
Beef Tenderloin
(ビーフ・テンダーロイン)
Glazed Onions, Poppy Seed Pappardelle and Sauce Au Poivre

塩コショウのみ、素材と焼き加減が勝負のテンダーロイン。しかし、かなりお腹が一杯で残してしまった。(私の場合、レア肉が苦手なのも敗因。)後ろに添えられているパッパルデッレ(パスタ)はポピーシード入り。これは美味しかった。

IMG_4613



メニュー外
Fruit Sorbet
(パッションフルーツのシャーベット)

グレープフルーツやグァバの味(が、したと思う)お口直しのシャーベット。かなり酔っ払いモードで記憶もあやふや。

IMG_4616



7皿目
Chocolate Tart
(ピーナッツバタークランチ入り チョコレートタルト)
Peanut Butter Crunch, Candied Mango

"Aqua のチョコレートタルトは美味しい" と聞いていたけれど、本当に美味しかった!粗いピーナッツバタークランチの食感とちょっとした塩味が、チョコレートタルトにぴったり。盛りだくさんなディナーの最後のチョコレートタルトでもぺろっと完食。

IMG_4622



ワインも大満足。以前、Fleur de Lys のワインペアリングで飲んで以来ファンになってしまった MENDELSON の Pinot Noir。今回もとても美味しいピノノアールでワインも進む進む。

IMG_4604



お茶を頼んだところ、様々な茶葉が入った箱を運んできてくれる。お湯に入れるとふわっと広がり、中国茶のような美しさ。

IMG_4628


-+-+-

いやぁ、堪能。特に、スフレとチョコレートタルトがお気に入り。少ない量の料理がたくさん出てくるので、いろいろ楽しめて女性向きなのかも。(そうなると French Laundry の9コースも是非食べてみたくなる!)すべてにおいて、料理の温度や素材の食感、味の濃淡や甘辛のコントラストを意識した料理だなぁと感じた。

サービスもさすが。今回は5人で行ったんだけど、ボーイ数名が5人分の料理を持ってずらっと現れ、一斉にさっとテーブルに並べる。ソムリエも丁寧で好感が持てる対応。Fleur de Lys は隣の席が結構近かったんだけど、Aqua は(少なくともラウンドテーブルは)そんなこともなく落ち着いて食事ができた。

これくらいの値段を出せば、それなりのコストパフォーマンスがちゃんと返ってくるサンフランシスコ。舌が肥える前に、何を食べても幸せに頂けているくらいが、私的にも経済的にも幸せ(笑)


Aqua
http://www.aqua-sf.com/aqua/index.html
252 California Street
San Francisco, CA 94111
(415) 956-9662
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2007-05-07 13:36 | レストラン


<< No.242 子ガモと子グース... No.240 アメリカのびっく... >>