No.154 本物のもみ木でクリスマスツリー(Natural Christmas Tree)

12月のこの時期、アメリカではこんな光景をよく見かける。
f0097972_15414168.jpg


木を車で運んでるのだ。そう、本物の生クリスマスツリーを切って家に飾るためです!
アメリカで初めてのクリスマス。これは参加しなきゃでしょう☆


-+-+-

街中やホームセンターには予め切ってある生木の中から好きなものを選べるものもあるけれど、せっかくだから自分たちで切ってみたい。

今回訪れたのは、CA-92 沿いにある 『Santa's Tree Farm』。入り口でサンタ服でコスプレしたかわいいお姉さんに「好きな木を切ってきていいわよ~」と説明され、いきなりむき出しののこぎりを渡される。


車で道なりに進むと、かなり広い敷地。そして、いろんな種類のもみの木があるのにびっくり。
 濃い緑色のダグラスファー(Douglas Fir)
 枝がもこもこのモントレーパイン(Monterey Pine)
 平べったい葉っぱのホワイトファー(White Fir)
 枝がつんつんしているノーブルファー(Noble Fir)
 最も強い香りのするグランドファー(Grand Fir)など。(姿はこんな木たち。
f0097972_1547444.jpg

種類によって値段が違うけれど、高さや大きさは値段に関係ないみたい。


そんな中、きれいな三角形のもみの木を発見!種類は最もポピュラーなダグラスファー。


伐採開始!
根元をのこぎりでぎーこ、ぎーこ。これが結構重労働で疲れる。。。
f0097972_15451353.jpg

夫と交代で少しずつ切っていく。
f0097972_15453198.jpg


切り倒し完了!ちょうど私と同じ高さ!
f0097972_1546683.jpg



さて。
紐も何も用意してこなかった私たち。とりあえず車の後部座席を倒してトランクを広くし、無理やり木を押し込んで、木をネットで包むサービス所までのろのろ運ぶ。。(手馴れている人たちは、自分たちで車の上にくくりつけ、そのまま帰っていく。)

サービス所で何とか車の上に木をくくりつけ、いつもより安全運転でゆっくりゆっくり帰る。(一度、道のど真ん中に落下したクリスマスツリーを目撃したことがあるので。。)
f0097972_15464699.jpg

おうちに帰ってツリースタンドという木を固定する専用台に設置して完了。ふぅ。




-+-+-

そして、飾りつけ。
気に入った飾りを少しずつ増やしていくのって楽しい。
f0097972_1548116.jpg


待望の点灯式。
家の中が一気に華やかになりました。
f0097972_15592252.jpg

しかし、本物の木ってやっぱり違う。なんといっても香り。家中に木の香りが漂う。見ていてすごく癒されるし。「真っ赤なお鼻の~♪」って歌いながら夕飯作ってます。


-+-+-

Santa's Tree Farm
http://www.santastreefarm.com/
78 Pilarcitos Creek Road
Half Moon Bay, CA 94019

なんと生クリスマスツリーは1日に1リットルから3.7リットルもの水を飲むのだそう!かなり頻繁に水をあげなければいけない。そして当然、枝葉もぼろぼろ落ちる。。感動は簡単には手に入らないらしい。

また、クリスマスツリーはクリスマス後にリサイクルされる。こちらのサイトにZIP CODEを入れると、最寄のリサイクルサービスを検索できる(らしい)。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-12-06 16:08 | アメリカのイベント


<< No.155 ブログサボり中。... No.153 生まれ年のワイン... >>