No.133 もうすぐサマータイム終了(Daylight Saving Time)

夏、日の長い季節に時計を1時間進めて昼の時間を長くするアイディア企画の制度、「サマータイム」。長くなった時間で余暇を楽しむことができるし、照明や冷房の省エネルギー対策としても期待されている。アメリカでは "デイライト・セービング・タイム(Daylight Saving Time)" と言うほうが一般的。


サマータイムはこれまで、4月の第1日曜日から10月の最終土曜日までとされていたけれど、来年2007年から、3月の第2日曜日から11月の第1土曜日までに変更になる。これまでよりサマータイムが約1ヶ月長くなる計算。

Daylight Saving Time - When we change our clocks -
http://webexhibits.org/daylightsaving/b.html




サマータイムの期間を長くする主な目的はさらなるエネルギー削減効果だけど、もうひとつの面白い理由がコレ↓

「ハロウィンで、明るいうちに子供が家々を回ることができる。
(Halloween trick or treaters will get more daylight.)」


ハロウィンは毎年10月31日。従来の制度だと、ハロウィン前にサマータイムが終了してしまうことが多い。時間を元に戻す(時計をプラス1時間する)ので、昨日までの夕方6時の暗さが一気に夜7時の暗さになってしまう。よって、子供たちが Treck or Treat! する時間がより薄暗い時間になってしまうのである。それは危ない!という発想。それでこんな大掛かりな制度が変わるのだからアメリカらしい。



今年は来週末(10月29日)でサマータイム終了。日がどんどん短くなります。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-10-27 11:24 | アメリカ生活を始めよう


<< No.134 あなたにも陪審員... No.132 技術的ではない ... >>