No.114 ゴーヤチャンプルーとゴーヤンブシー

ゴーヤ

沖縄好きの私にとってはちょっと特別な存在の野菜。野菜嫌いの夫もなぜか食べられる偉大なゴーヤ。ようやく中国系スーパーマーケットで発見。英語名は "bitter gourd"。

となれば、ゴーヤチャンプルーでしょ。ゴーヤチャンプルーといえば、スパムでしょ。
f0097972_914061.jpg


ゴーヤチャンプルーは、お店によって "これでもか!" というくらい味が違う。まさに沖縄の家庭代々の秘伝の味。美味しいゴーヤチャンプルーに出会うのも沖縄の旅の楽しみのひとつ。アメリカで手に入るゴーヤは、沖縄ゴーヤよりえぐみがあるけど、まぁ美味しい。
f0097972_9152675.jpg


ちなみに、右のサラダはロメインレタスとイチジクのアンチョビドレッシングあえ。イチジクとアンチョビ、甘さと塩辛さがマッチする。生ハムメロンみたいな感じ?


-+-+-

翌日はゴーヤンブシー。 ※見た目が変わらない・・・。
f0097972_9154327.jpg


"チャンプルー" は沖縄語で "炒め物"、"ンブシー" は "味噌炒め煮" のこと。ナーベラーンブシー(へちまの味噌炒め煮)が有名だけど、ゴーヤでもおいしい。というか、なんでもいいのだ。どうせ炒め物だし、好きなものを入れればいい。



夫曰く、「チャンプルーのほうがゴーヤの味がして好き。」とのこと。ななななんと!野菜嫌いの夫の口からそんな言葉が・・・。やはり偉大なり、ゴーヤ。




■ゴーヤチャンプルー

材料(2人前):
ゴーヤ  1/2本
木綿豆腐 1/4丁
卵    2コ
スパム  1/2缶(1缶340g)
にんにく 1片
サラダ油 少々
ごま油  少々
塩    少々
しょう油 少々

1. ゴーヤはたて半分に割って、種とワタをスプーンでかき出し、薄切りにする。
2. 豆腐は水切りをし、一口大にちぎっておく。スパムは1cm角×5cmの角材状に切る。にんにくはみじん切りにする。
3. フライパンにサラダ油を熱し、スパムをカリカリに炒めて取り出す。
4. サラダ油を足してにんにくを半分炒める。豆腐を入れて、焼き色をつけて取り出す。
5. ごま油を入れて残りのにんにくを炒め、ゴーヤを加える。炒め過ぎ?と思うくらいまで炒める。
6. スパムと豆腐を戻し、塩で味付けをする。
7. 鰹節を振りかけて、混ぜ合わせる。
8. 溶き卵を回しかけ、ざっくりと混ぜ合わせる。

※インターネットでレシピを探すと、しょう油を入れたり入れなかったり、ごま油だったりサラダ油だったり。味の素がまさに秘訣と書いてあるサイトがいくつかあったけど、残念ながらうちには味の素がないので今回は抜きで。八重山(西表島だったかなぁ)で食べたゴーヤチャンプルーにニンニクが入ってて美味しかったのが印象的で、今回も追加。



■ゴーヤンブシー(味噌炒め煮)

材料(2人前):
ゴーヤ   1/2本
木綿豆腐  1/4丁
豚肉バラ肉 200g
だし汁   大さじ3
酒     大さじ1
味噌    大さじ2
みりん   大さじ2
サラダ油  少々

1. ゴーヤはたて半分に割って、種とワタをスプーンでかき出し、1cmの厚さに切る。
2. 豆腐は水切りをし、適当な大きさに切る。
3. だし汁に酒、味噌、みりんを混ぜ合わせる。
4. フライパンにサラダ油を熱し、豚バラ肉を入れて、色が変わってきたらゴーヤと豆腐を入れる。
5. ゴーヤと豆腐に焼き色がついたら混ぜた味噌調味料を加え、かき混ぜる。
6. ふたをして15~20分弱火で煮る。

※今回は豆腐がなかったので省略。代わりにえのきだけが残っていたので加えてみた。味噌味がしみておいしいかった。
[PR]
by shina_pooh_at_sfo | 2006-09-19 05:35 | たべもの


<< No.115 ネ、ネ、ネ、ネズ... No.113 超アメリカンなバ... >>